ナチュラルナースドッグフードの評価|安全性が高いと評判の餌を解説

ナチュラルナースドッグフードの評価について詳しく知りたい方へ。今記事では、ナチュラルナースドッグフードの特徴や魅力について詳しくご紹介します。なるべく評判のいいドッグフードを購入したいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

ナチュラルナースドッグフードとは?|基本情報を紹介

ナチュラルナースドッグフードの評価は?

ナチュラルナースドッグフードは、オーストラリア原産で『MGMインポートサービス』が販売しています。

動物栄養学者ビル・ウィアドロウスキー氏が長い時間をかけて研究し、腸内フローラに働きかけることで、愛犬の健康を維持する、栄養摂取バランスにこだわったドッグフードです。

内容量は

  • 800g
  • 2.4kg
  • 6kg
  • 12kg

で販売。子犬からシニア犬の餌として与えられる全年齢対応で、主食として食べさせてあげられます。

「食事をナチュラルナースに変えたらトラブルが減った」など、口コミもとても評価が高い商品です。


ナチュラルナースドッグフードの原材料と安全性について解説

ナチュラルナースの主原料は、カンガルーやラムといった、アレルギーに対応したタンパク源を使用しています。

日本よりずっとペットフードに関する規定が厳しいオーストラリアで製造し、出来立てをそのままパッキングしているので、日本で販売されている商品は新鮮さが保てていますよ。

商品は合成添加物も無添加で、材料はヒューマングレードですから、とても安全性の高いドッグフードといえます。


ナチュラルナースの特徴|メリットを徹底解説

ナチュラルナースはなんとなく愛犬に良さそうと感じている飼い主さんのために、さらにナチュラルナースについて詳しく解説していきます。

ここではナチュラルナースのメリットをご紹介します。

購入前にはチェックしてみてくださいね。


ナチュラルナースの特徴1. オーストラリア政府の認証を受けた自然素材を使用

ペット後進国の日本と比較すると、オーストラリアはペットフードに関して大変規定が厳しいことから、ペット先進国と言われています。

ナチュラルナースの原材料は、全て厳しいオーストラリア政府の認証を受けていて、人間が食用として使用できるグレードのものです。

遺伝子組み換え作物などは使われておらず、不安を感じる材料は全く入ってません。


ナチュラルナースの特徴2. 高タンパク・低脂肪のカンガルー肉を使用

ナチュラルナースの主原料は、ワイルドカンガルーです。

カンガルー肉は高タンパクでありながら脂肪が低くアミノ酸バランスに優れるなど、栄養面でも評価できる肉です。また、鶏肉や牛にアレルギーのあるワンちゃんは少なくありませんが、カンガルー肉を使用することでアレルギー対策にもなります。

高タンパク、低脂肪、さらにアレルギーにも配慮している点で、愛犬にとって理想的な主原料になっているのです。


ナチュラルナースの特徴3. 合成添加物が不使用

合成添加物とは、人間が化学合成処理をした添加物のこと。

保存料や酸化防止剤などは天然の添加物と比べると効果は高いのですが、発がん性のあるものもあるなど、大切な愛犬が毎日食べる食事にはなるべく使いたくはないところ。

ナチュラルナースには合成添加物は一切使用していません。毎日のご飯として安心して食べさせてあげられます。


ナチュラルナースの特徴4. 1ヶ月に1度の品質検査を実施

オーストラリアは食品基準がとても厳しい国ですが、ナチュラルナースの製造工場でも1ヶ月に1度と定期的に品質検査を行っています

オーストラリアの基準を満たしているのはもちろんですが、NATAのケミカルテスト、国際基準の品質保証も正式承認されています。

とても高品質なドッグフードを製造している会社だということがわかりますね。


ナチュラルナースをお得な購入方法|Amazon・楽天どっちが安い?

ナチュラルナースは市販のドッグフードと比べると価格は決して安くないので、なるべくお得に購入できたら嬉しいですよね。

Amazon、楽天ではどちらがお得に購入できるのかを比較してみました。

ーAmazonー

ー楽天ー

比較してみると少し楽天の安いように見えますが、送料などでも変わります。

どちらが安く買えるのか、それぞれ見てみるのがおすすめです。


ナチュラルナースのQ&A|気になる疑問を解説

ここではナチュラルナースによくある疑問をQ&A形式で解説します。

こちらも必ずチェックしておきましょう。


ナチュラルナースのQ&A1. 子犬やシニア犬に与えても大丈夫?

野生で生きる動物は、年齢関係なく同じ食べ物を食べて生きています。

ナチュラルナースはそうした理念に基づき開発されていて、子犬からシニアまで全年齢に対応

ただ、まだ固いドッグフードを食べるのが難しい離乳期の子犬には、成犬と同じ状態で与えるのは無理がありますので、水でふやかしてからあげるなどの工夫は必要です。


ナチュラルナースのQ&A2. 1日の最適な給餌量は?

ナチュラルナースの給餌量は、年齢と体重により目安が決められています。

子犬、成犬、老犬と年齢によって餌の頻度やタイミングなど気をつけたい点も一緒にご紹介します。


子犬の場合

おおよそ1歳未満を犬の幼年期と言いますが、この時期は消化器官が未発達なため、一度にたくさんの食べ物を消化することができません。少量ずつ分けて与えるようにしましょう。

1日4回ぐらいからスタートし、生後3ヶ月~ 4ヶ月ぐらいから3回、生後6ヶ月を過ぎた頃から2回を目指します。

  • 体重1~5kg:20g~60g
  • 体重5kg~10kg:60g~90g
  • 体重10kg~15kg:90g~120g
  • 体重15kg~20kg:120g~140g
  • 体重20kg~25kg:140g~180g
  • 体重25kg~30kg:180g~230g

成犬の場合

成長期を過ぎた成犬の食事回数は、朝晩の2回が適正。消化器官も発達し、消化もしっかりできるようになってくるので、何度も与える必要はなくなります。

与えすぎると肥満が心配なので、体重管理しながら給餌量を守って与えるのがおすすめ。その日のワンちゃんの様子をみながら量を調節してあげましょう。

  • 5kg~10kg:60g~90g
  • 10kg~15kg:90g~120g
  • 15kg~20kg:120g~140g
  • 20kg~25kg:140g~180g
  • 25kg~30kg:180g~230g
  • 30kg~35kg:230g~280g
  • 35kg~40kg:280g~330g
  • 40kg~45kg:330g~380g
  • 45kg~50kg:380g~420g

老犬の場合

7歳以上の老犬になると消化器官は衰えてくるので、成犬に比べると一度に食べ物を消化できる量が減ってきます。

1回に与える量を減らし、回数は1日3回~4回に分けてあげるといいでしょう。もちろん、愛犬の体調には十分注意を払いながら量を調節してください。

  • 5kg~10kg:60g~90g
  • 10kg~15kg:90g~120g
  • 15kg~20kg:120g~140g
  • 20kg~25kg:140g~180g
  • 25kg~30kg:180g~230g
  • 30kg~35kg:230g~280g
  • 35kg~40kg:280g~330g
  • 40kg~45kg:330g~380g
  • 45kg~50kg:380g~420g

ナチュラルナースのQ&A3. 賞味期限はどのくらい?

ナチュラルナースの賞味期限は、特に「○日」というのはありません。

それぞれ製品に記載されているので、そちらを確認しましょう。ただし、記載の賞味期限はあくまで未開封の状態での期限になるので、注意すること。

開封後の保管ですが、ナチュラルナースには防腐剤のような合成添加物は使用していないため、カビなどが発生する心配があります。

直射日光、高温多湿を避けて、なるべく早めに使い切るようにしてください。


【総評】ナチュラルナースなら安全で高品質なドッグフードを食べさせてあげられる。

口コミ評価の高いナチュラルナースですが、大切な愛犬に食べさせるならしっかりと情報収集をしておきたいですよね。

今記事ではナチュラルナースの魅力から多くの人が抱く疑問などについて、詳しくご紹介しました。

「涙やけが良くなった」「体臭がなくなった」など、良い評判ばかりで安全性の高いドッグフードですから、ぜひ大切なワンちゃんのご飯としてお試しくださいね。


【参考記事】他にもある高品質で本当に良いドッグフードを紹介します!▽

【参考記事】安いけど高品質なドッグフードを紹介!▽

【参考記事】アレルギー対策におすすめのドッグフードはこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事