犬心ドッグフードの評価とは|種類に応じた特徴や魅力を徹底解説

犬心ドッグフードの評価について詳しく知りたい方へ。今記事では、犬心ドッグフードの種類や特徴を詳しくご紹介します。商品によって魅力も異なるため、違いを把握して、飼っているワンちゃんに合う餌がないかチェックしてみてください!

そもそも犬心ドッグフードとは?|ブランドを詳しく紹介

犬心ドッグフードの評価とは

犬心は、動物栄養学に基づいた病気中のワンちゃんのための療法食を扱うブランド。ワンちゃんの症状に合わせたドッグフードをラインナップすることで、健康的な長生きをサポートしてくれます。

さらに、ナチュラル品質を掲げた原材料選びによって、自然な美味しさと安全性を確保。弱っているワンちゃんでも元気に食べられると、口コミでの評価が高いブランドですよ。


犬心ドッグフードの特徴3選|メリットを徹底解説

犬心のドッグフードは、どんな点が他のドッグフードよりも優れているのか、知りたい人も多いはず。

そこでここでは、犬心のドッグフードの3つのメリットを紹介するので、与えるか迷っている人はぜひ参考にしてくださいね。


犬心の特徴1. 犬にとって最適な栄養バランス

犬心のドッグフードの特徴として挙げられるのが、犬にとって最適な栄養バランスが考え抜かれていることです。病気で療養中のワンちゃんの健康を支えるために、必要な栄養素をしっかりとれるように作られています。

また、食事だけで栄養バランスが整い、サプリメントのようなもので補う必要がないので、ご飯を考えることが手軽になると高い評価を得ています。


犬心の特徴2. 免疫力を高めることに注力している

病気で療養中のワンちゃんは、元気な時と比べて他の病気になりやすい傾向があります。そこで、犬心にはワンちゃんが元々持っている免疫力を高められる原材料が使われているのです。

免疫力を高めることで病気になりづらく、元気に過ごしやすくなります。特に、免疫力は加齢とともに落ちてしまうため、しっかりと食事でケアしてあげることが必要ですよ。


犬心の特徴3. 動物栄養学に基づいた療法食

犬心のドッグフードを選ぶ、大きなメリットといえるのが療法食であること。療法食とは、病気で元気をなくしているワンちゃんのために作られたドッグフードのことで、薬とは違ったアプローチの治療方法として扱われています。

つまり、病気がちなワンちゃんほど犬心のドッグフードを用いて、食事から適切なサポートを行うのが、ワンちゃんの健康づくりにとても有効なのです。


犬心ドッグフードの選び方とは|病気や気をつけたい健康面で選ぼう

犬心のドッグフードを購入する場合、ワンちゃんが療養している病気や気をつけたい健康面の悩みから選ぶようにしましょう。症状などにより大きく6種類の商品が販売されているため、病気や悩みに合わせることでより効果的なドッグフードを与えることができますよ。

もし、選んだもので良いのか不安な場合は、かかりつけの獣医師へ相談してから購入するか決めましょう。


犬心ドッグフード6選|愛犬が健康に過ごせる人気フード特集

ここからは、犬心が販売しているドッグフードの中でも評価が高いおすすめ商品を紹介します。

ドッグフードごとの特徴やおすすめのワンちゃんなども解説していくので、参考にして愛犬が美味しく食べれたり健康でいられたりするものを購入しましょう。


犬心ドッグフードのおすすめ1. 犬心 糖&脂コントロール

犬心 糖&脂コントロール

  • カロリーと脂肪を抑えることで、ワンちゃんが太るのを防いでくれる
  • 血糖値の上昇を上手くコントロール配分にすることで、糖尿病などの予防に効果的
  • 消化しやすいタンパク質を選ぶことで、体作りと腸内環境の健康を両立している

人間と同じように、メタボや肥満が心配なワンちゃんも多いはず。

『糖&脂コントロール』は、低カロリーと低脂肪を実現することで、栄養の過剰摂取を防ぎメタボや肥満といった7種類の病気のケアを可能にしました。さらに、血糖コントロールやタンパク質の効率的な摂取にもこだわることで、最適な体作りをサポート。

食べすぎ等による病気をまとめてケアできるので、食べるのが好きな食いしん坊なワンちゃんにおすすめです。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • 値段:約2,900円
  • 内容量:1kg
  • カロリー:325kcal/100g
  • 健康ケア:高血糖、高脂血

犬心ドッグフードのおすすめ2. 犬心 元気キープ

  • がんや腫瘍が利用しづらい大麦などを使っているから、ワンちゃんが元気になれる
  • 免疫力を高める素材を配合することで、他の病気になりづらくさせる
  • タンパク質やアルギニンをしっかり配合し、きちんと栄養補給ができる

がんや腫瘍はワンちゃんにとっても重篤な病気だからこそ、少しでも元気をつけさせてあげたいと思うもの。

『元気キープ』は、がんや腫瘍が利用しにくい高品質の大麦や玄米を用いることで、元気に過ごすエネルギーは蓄え、がんや腫瘍は栄養不足になるように作られています。加えて、はなびらたけや冬虫夏草をブレンドすることで、免疫力もしっかりサポート。

免疫力や活力が低下しているワンちゃんのケアに最適なので、がんや腫瘍で両湯中のワンちゃんにぜひ食べさせてあげてくださいね。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • 値段:約4,300円
  • 内容量:1.25kg
  • カロリー:420kcal/100g
  • 健康ケア:がん、主要

犬心ドッグフードのおすすめ3. 犬心 消化器ケア

犬心 消化器ケア

  • 犬に合う食物繊維を配合することで、腸への負担をやわらげられる
  • 腸内細菌やミネラルのバランスを整えることで、消化器トラブルを抑えてくれる
  • 消化が良く栄養のある素材を選ぶことで、胃腸が疲れさせず栄養を補給できる

大切なワンちゃんだからこそ、下痢や嘔吐などの症状を見るととても心配になりますよね。

『消化器ケア』は、犬にベストな食物繊維を配合することで、腸への過剰な負担を抑え消化器トラブルを抑えてくれるドッグフード。さらに、ワンちゃんの善玉菌やミネラルバランスを最適化することで、腸内環境を健康に整えてくれます。

早ければ2週間という短い期間で症状が改善に向かうため、消化器トラブルの症状が見られたワンちゃんにすぐに与えてあげましょう。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • 値段:約4,000円
  • 内容量:1.25kg
  • カロリー:410kcal/100g
  • 健康ケア:消化器トラブル

犬心ドッグフードのおすすめ4. 犬心 皮膚サポート+

  • 亜鉛やアミノ酸をたっぷり配合し、肌のバリア機能をしっかりサポート
  • 腸内環境や免疫力を整えることで、体調不良などによる皮膚へのダメージをケア
  • ビタミンCやポリフェノールによって、健康的な皮膚の健康状態を維持してくれる

犬は毛に覆われていますが、皮膚の炎症や乾燥肌などで苦しんでいるワンちゃんもおり、普段からケアに気をつけている人も多いはず。

『皮膚サポート+』は、亜鉛やアミノ酸をバランスよく配合することで、皮膚のバリア機能が維持しやすくなるようにサポートしてくれます。さらに、腸内環境や免疫力強化といった内蔵からのケアも行うことで、皮膚が弱くなってしまう原因へアプローチ。

皮膚の健康を様々な視点からケアしてくれるので、皮膚が傷つきやすいワンちゃんにベストなドッグフードです。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • 値段:約4,100円
  • 内容量:1.3kg
  • カロリー:380kcal/100g
  • 健康ケア:皮膚トラブル

犬心ドッグフードのおすすめ5. 犬心 低たんぱくバランス

  • 塩分やタンパク質の総合的なバランスを見直し、幅広い病気の対策ができる
  • 併発しやすい心臓病と腎臓病を同時にケアできる
  • 飼い主の手間を大きく軽減できるので、餌やりに悩むことがなくなる

心臓や腎臓といった内臓の健康管理は難しく、元々弱いワンちゃんへの餌に悩んでいる人もいますよね。

『低たんぱくバランス』は、塩分やタンパク質、ミネラルのバランスを見直し、総合的に最適な栄養調整を施したご飯。特に、併発しやすい心臓病と腎臓病をどちらも予防できるようにすることで、ワンちゃんの健康をしっかりサポートしてくれます。

難しい心臓や腎臓のケア手軽にできるので、心臓病や腎臓病への不安があるワンちゃんにぴったりですよ。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • 値段:約4,100円
  • 内容量:1.3kg
  • カロリー:360kcal/100g
  • 健康ケア:心臓病、腎臓病、尿路結石など

犬心ドッグフードのおすすめ6. 犬心 シニアサポート+

  • 老犬がなりやすい3つの病気への対策を行うことで、加齢による健康状態をサポートする
  • 免疫バランスを整える成分を配合し、病気絵の抵抗力を底上げしてくれる
  • 消化や代謝の衰えに合わせた内容になっており、内臓への負担を抑えてくれる

ワンちゃんの長生きを望む一方で、加齢による病気のなりやすさに悩んでしまうことも。

『シニアサポート+』は、年齢を重ねた老犬の体や病気に合わせた商品で、高脂肪を始めとした3つの病気にしっかり働きかけるように作られています。さらに、免疫バランスをキープする2つの成分を配合し、他の病気への耐性も確保。

長生きのリスクを抑えたバランスの良いご飯なので、年齢を重ねてた高齢のワンちゃんに与えて上げてくださいね。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • 値段:約4,000円
  • 内容量:1.3g
  • カロリー:360kcal/100g
  • 健康ケア:腰決勝、肝臓病、がんなど

初めて犬心ドッグフードを与える際の切り替え方法とは?|徐々に切り替えよう

初めて犬心のドッグフードを与える場合、おすすめなのは今あげている餌に少しずつ混ぜていくこと。味や香りに敏感なワンちゃんほど、急に餌が変わると食べてくれなくなる可能性があるため、慣らしてことでスムーズに餌を食べてもらえますよ

また、ワンちゃんと餌の相性をチェックすることもでき、少しずつ購入していくことでドッグフードのロスをなくすことにも繋がります。


【総評】犬心は食事で愛犬の健康をサポートできる。

犬心のドッグフードは病気中のワンちゃんのために作られており、療養中に必要な栄養素をしっかり摂取できるのが魅力。ただ、病気などに合わせた内容になっているため、ワンちゃんの症状や病気と一緒に購入する物を選ぶことが大切です。

そのため、今回紹介した商品の特徴などを踏まえて、ワンちゃんにベストなドッグフードを与えてあげましょう。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事