吸水タオルのおすすめ15選|お風呂上りの髪の毛や掃除にも便利な人気商品を解説

おすすめの吸水タオルをお探しの方へ。今記事では、吸水タオルの特徴や選ぶポイントから、おすすめの吸水タオルまで詳しくご紹介します。拭くだけでしっかり水を吸ってくれる人気のタオルを解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

吸水タオルの選び方|購入する前に確認すべき点とは

吸水タオルの選び方

吸水タオルは普通のタオルよりも多く吸水でき、速乾性に優れた便利なアイテムです。そんな吸水タオルですが、いざ購入したいと思っても、どのような基準で選べば良いのかわかりませんよね。

そこでここからは、吸水タオルの選び方について紹介していきます。吸水タオルを購入する前にこれらの選び方を確認することで、自分に合った人気アイテムを見つけやすくなりますよ。


吸水タオルの選び方1. 用途に合った「タイプ」を選ぶ

吸水タオルには様々な大きさや厚さがあります。目的に応じたタイプを選ばなければ取り回しがきかず不便に感じてしまうでしょう。

吸水タオルには主に以下の3つのタイプがあります。

  • 食器拭きや掃除などの普段使いできるタイプ
  • 洗髪後頭に巻くと便利なキャップ・ターバンタイプ
  • 洗車後に車体を拭く時に使う車用タイプ

吸水タオルをどのようなシチュエーションで使うのか決めておき、自分の使い方に合ったものを選ぶと良いでしょう。

ここからはそれぞれのタイプについて詳しく説明していきます。


使い勝手のいい「普段使いタイプ」の特徴とは

普段使っているタオルで水を拭くと、すぐに濡れてしまいなかなか水を吸い取ってくれませんよね。

そんな時に役立つのが普段使いタイプです。普通のタオルよりも吸水性に優れ、なおかつ速乾性も高いので作業効率が上がります。水回りの掃除や食器を拭く時に役立つでしょう。犬や猫などのペットを拭く時も吸水タオルを使えば短時間で拭けるため、ペットのストレス軽減にも繋がります。


髪の毛専用「キャップ・ターバンタイプ」の特徴とは

髪の毛が長い女性は髪を乾かすのに時間がかかりますよね。

キャップ・ターバンタイプは髪の毛を包み込むように頭に巻くので、髪の毛全体の水分を効率よく吸収してくれます。お風呂上りに巻いておき、しっかり水分をとっておけばドライヤーをかける時間短縮につながるため、髪の毛を傷めずに済むでしょう。

ただ、髪の毛とタオルの間にすき間があると吸水力が低下するため、髪の毛の長さにあった商品を選んでください。


洗車の際におすすめ「車用タイプ」の特徴とは

洗車後はしっかり水分をとっておかないと水滴が残ってしまい、汚れたように見えてしまいますよね。

車用タイプは化学繊維の素材を使っていることが多く、吸水性に加えて速乾性に優れています。素早く水分を吸収でき、車体に水滴が残る前に拭けるため、綺麗な車体をキープできるでしょう。

天然繊維に比べて値段が安いので、購入しやすいのもメリットです。


吸水タオルの選び方2. 使い心地の良い「素材」を選ぶ

吸水タオルで肌や髪の毛を拭く際、ごわごわしていたり吸水性が悪かったりすると使いたくなくなってしまいますよね。

吸水タオルの素材には、綿やマイクロファイバーが使われることが多いです。吸水性や肌触りを考えて自分に合った商品を選ぶと良いでしょう。

ここからは綿とマイクロファイバーそれぞれの特徴を詳しく解説していきます。


肌が弱い人は「綿」がおすすめ

綿は数多くのタオルの中でも、最もポピュラーな素材です。今治タオルなどの有名メーカーでも使用されています。肌に優しく敏感肌の人でも荒れにくいので、万人受けする素材といえるでしょう。しかし吸水性と速乾性はマイクロファイバーほど高くはありません。

顔や体などの肌に直接触れる部分を拭きたい場合や、赤ちゃんのような肌が弱い人におすすめの素材ですよ。


吸水性を求める人は「マイクロファイバー」がおすすめ

マイクロファイバーは極細の化学繊維のことで、速乾性と吸水性に優れています。綿などの天然素材に比べて、安い価格で販売されていることも多いため、手に入れやすいでしょう。

しかし化学繊維のため、肌が弱い人には合わない可能性があります。犬や猫などの動き回るペットがいる家庭や、お風呂上がりに頭に巻いて髪の毛の水分をとりつつ他の作業をしたい人におすすめです。


吸水タオルのおすすめ15選|おしゃれな人気商品を大公開

吸水タオルは効率よく水分を吸収できるので、非常に人気のある商品です。しかし使用用途やサイズなど、それぞれ特徴が異なるため、どれを購入すれば良いのか悩んでしまうかもしれません。

そこでここからは、おすすめの人気の吸水タオル15選を紹介します。


【普段使いタイプ】吸水タオルのおすすめ5選

食器を拭く作業や体を拭く時は、水分のふき取りに時間がかかってしまいますよね。

サイズの大きい大判タオルは広い場所の掃除やお風呂上がりの体拭き用に、コンパクトなタオルはキッチン周りに使うと良いでしょう。掃除をする際、時間をかけずに水分を吸収したい人や、お風呂上がりに効率よく体を拭きたい人におすすめです。

そこでここでは普段使い用の吸水タオルのおすすめ5選を紹介します。


普段使いタイプのおすすめ1. シービージャパン ヘアドライタオル

シービージャパン ヘアドライタオル パープル 吸水 速乾 マイクロファイバー カラリ carari
  • 素材にマイクロファイバーを使っているため、吸水性と速乾性が高い
  • カットパイルという肌に優しい仕上げをしているので、肌触りが良い
  • 髪の毛を巻きやすい専用サイズのため、しっかりと髪の毛の水分を吸収してくれる

普通のタオルで髪の毛の水気を拭くと、すぐにタオルが濡れてしまいます。そのため何度もタオルを絞らなければならず面倒に感じることも。

『シービージャパン ヘアドライタオル』の素材はマイクロファイバーを使っており、吸収性が高いです。マイクロファイバーは繊維の間に隙間があるため、一般的な面のタオルと比べておよそ3倍もの吸水力があり、大量の水でも拭けるでしょう。

一度にたくさんの水分を吸収するタオルが必要な人におすすめの人気商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:マイクロファイバー
  • 枚数:1枚

普段使いタイプのおすすめ2. AIFY 吸水タオル

AIFY 吸水タオル バスタオル 人間 犬 ペット 超吸水 60x120cm 犬タオル ペットタオル マイクロファイバー タオル 超吸収タオル タオルドライ 体拭き ひも付き ふわふわ やわらか ハンカチタオル付属 速乾 毛落ちしない 髪 ドライヤー時間短縮 ベージュ
  • 60×120cmと大判サイズなので、この一枚で体全体を拭ける
  • こすらずに押さえつけるだけで水分を吸収するため、肌が弱い人でも荒れにくい
  • 高密度パイルを使用しており、通常のパイル生地と比べて毛落ちが少なく長く使える

肌の弱い人は刺激に敏感。こするように水分を拭こうとすると肌が荒れてしまうので、普段から気を遣ってしまいますよね。

『AIFY 吸水タオル』は高密度パイルを使っているため、ふわふわの使い心地で肌に優しいです。また、普通のタオルと比べて吸水性に優れており、こすらずに押さえるだけで水気をとることができます。

肌が弱く普段使うタオルだと肌が荒れてしまいがちな人は、こちらの商品を使えば肌荒れ防止につながるのでおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:マイクロファイバー
  • 枚数:2枚

普段使いタイプのおすすめ3. ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル

ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル ピンク
  • ピンクやグリーン、コーラルなど4種類のカラーを選べるため、自分の好みに合わせた商品を選択できる
  • 一般的なマイクロファイバータオルよりも毛足を長くしているので、ふんわりとした使い心地になっている
  • 髪の毛にしっかり巻けるようにデザインされており、落ちにくい

お風呂上がりのあとのドライヤーをかける時間短縮には、吸水タオルを使ってヘアドライをすると効果的です。しかしせっかく巻いてもすぐに落ちてしまっては、タオルドライの効果が半減してしまいますよね。

『ハホニコ ヘアドライマイクロファイバータオル』は美容師が考えた吸水タオルです。髪の毛に巻いた時に落ちにくいようデザインされているため、しっかりと頭にホールドしてくれます。

頭に巻いても落ちにくいヘアドライ用の吸水タオルをお探しの人におすすめしたい人気商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:マイクロファイバー
  • 枚数:1枚

普段使いタイプのおすすめ4. 驚異の吸収力! マジッククロス

驚異の吸収力! マジッククロス(3枚組)
  • ハサミで好きな大きさにカットできるので、使用する場所に合わせたサイズを作れる
  • 安価なのにもかかわらず3枚入っているので、コスパが良い
  • 横50cm×縦40cmの大判サイズのため、たくさん使える

吸水タオルを使おうとした時、細やかな場所に届かずに拭けないと不便ですよね。特にキッチンなどの水回りは拭きづらいと感じる人も多いのではないでしょうか。

『驚異の吸収力! マジッククロス』は簡単にハサミなどでカットできるため、自分の好きな大きさにして使えます。自由な大きさにできるので普通のタオルでは届かない場所の水気もとれるでしょう。

吸水タオルを自分の使いやすいサイズに調整したい人は、こちらの人気商品が使いやすくおすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:レーヨン、ポリエステル
  • 枚数:3枚

普段使いタイプのおすすめ5. 今治 フジヤマタオル

Imabary 高吸水 高速乾 高消臭【Amazon限定】登山 スポーツ 旅行 に快適 今治 フジヤマタオル (あい)
  • 43グラムと軽量なので、マラソンや登山などのスポーツ時に携帯しやすい
  • ブルーやグリーン、オレンジなどのカラーバリエーションがあり好きな色を選べる
  • 首回りに巻くと暖かいため、おしゃれなマフラーのように使える

スポーツをしていると汗をかくので、吸水タオルを使うとたくさんの汗を吸い取ってくれ便利です。しかし、重いタオルを持っているとランニングなどをしている時に邪魔になってしまいますよね。

有名ブランドの『今治 フジヤマタオル』の重さは43グラムととても軽いため、携帯していても負担になりません。また、コンパクトに収納できるため、スポーツ時にもかさばらずに持てるでしょう。

スポーツをする時に負担にならない軽さの吸水タオルを探している人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:コットン、ポリエステル
  • 枚数:1枚

【キャップ・ターバンタイプ】吸水タオルのおすすめ5選

お風呂上がりのあとは肌の保湿をしたり髪の毛を乾かしたりと、やることが多く大変ですよね。そんな時はキャップ・ターバンタイプの吸水タオルが使いやすいでしょう。

ドライヤーの乾燥時間を減らしたい人や、髪を乾かしつつ他の作業を行いたい人におすすめです。そこでここではキャップ・ターバンタイプの吸水タオルおすすめ5選を紹介します。


キャップタイプのおすすめ1. シービージャパン タオルキャップ シロクマ

シービージャパン タオルキャップ シロクマ 吸水 速乾 キッズキャップ マイクロファイバー カラリズーイ carari
  • 子どもが喜びそうなかわいい白くまがデザインされているので、嫌がらずにかぶってくれる
  • キャップタイプなのでサイズを調節する必要がなく、被るだけで簡単に髪の毛の水分を吸収できる
  • 頭囲が44から80センチまで対応しているので、子どもから大人までかぶれる

子どもはお風呂上がりでも関係なしに動き回るので、髪を乾かすタイミングが難しいです。髪の毛を濡れたままにしていると、冬の寒い時期には風邪をひきかねませんよね。

『シービージャパン タオルキャップ シロクマ』は子どもが好きなかわいいデザインの吸水キャップです。白くま以外にも犬や猫などがあるので、好みのデザインを選ぶとかぶってくれるでしょう。

子どもが吸水タオルをなかなかかぶってくれないと悩んでいる人はこの人気商品を試してはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:マイクロファイバー
  • 枚数:1枚

キャップタイプのおすすめ2. ヘアドライタオル ドライキャップ 【2枚セット】

ヘアドライタオル ドライキャップ 【2枚セット】 速乾 髪タオル 長い髪専用 軽量 シャワーキャップ 強い吸水性 お風呂上がり タオルキャップ ふわもこ ヘアターバン ヘアキャップ バス用品(ライトグレー+頬紅赤)
  • 壁などに吊る用の縄がついているため、置くスペースをとらない
  • 髪の毛の長さに関係なく簡単に着用できるので、多くの人が着用できる
  • ドライキャップにボタンがついており、髪の毛を包んだまま作業しても外れにくい

風呂上がり後にタオルを髪の毛に巻いて水分を取ると、早く髪の毛が乾くので便利です。しかしタオルを巻いたまま作業していると、動いた際にタオルが落ちてしまうことがありますよね。

『ヘアドライタオル ドライキャップ 』は吸水タオルにボタンがついています。髪の毛に吸水タオルを巻いたあと、ボタンを止めれば固定されるため、動いてもタオルは落ちません

お風呂上がり後にタオルを巻いたまま作業することが多い人におすすめの人気商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:マイクロファイバー
  • 枚数:2枚

キャップタイプのおすすめ3. [WALKPRO]タオルキャップ ドライキャップ

[WALKPRO]タオルキャップ ドライキャップ ヘアドライタオル ヘアターバン お風呂上がり 大人 子供用 髪の毛乾かす専用 速乾 吸水 マイクロファイバー 吸水タオル 強い吸水性 ふわもこ バス用品 2枚セット
  • マイクロファイバーを使用しており、普通のファイバーと比べて吸水量と吸水速度が7倍と多くの水分を短時間で吸える
  • お風呂上がりに簡単に髪を包み込めるので、お肌が乾燥する前にお手入れができる
  • 収納に便利なサスペンションがついており、洗濯後の片付けが楽

お風呂から出たあとに吸水タオルを頭に巻くと、素早く水分を吸収してくれるため便利ですが、巻き方に手間取ってしまうとかえって時間がかかってしまいますよね。

『WALKPRO タオルキャップ ドライキャップ』は結び方の説明があるので、吸水タオルを初めて頭に巻く人でも簡単にできるでしょう。簡単4ステップでさっと巻け、時間がかかりません。

お風呂上がりに素早く吸水タオルを頭に巻きたい人は、この商品を使ってみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:マイクロファイバー
  • 枚数:2枚

キャップタイプのおすすめ4. 超吸水極厚ヘアタオル

超吸水極厚ヘアタオル(ヘアキャップ)仕上げのドライヤー時間を短縮する速乾吸水ヘアターバン水分吸収ヘアドライ
  • 従来品に比べて3倍の厚みがあるため、一度巻けば多くの水分を吸収できる
  • 髪の毛専用の長い毛足を採用しており、髪の毛一本一本に絡みやすく吸水効率が良い
  • 商品を使ってみて満足できない場合は代金を返してくれるため、安心して試せる

吸水タオルはドライヤー時間の短縮になるなどの効果があります。しかし髪の毛が長い人や毛量の多い人は乾燥するのに、どうしても時間がかかってしまいますよね。

『超吸水極厚ヘアタオル』は髪の毛専用の長い毛足を採用しています。一度頭に巻けば髪の毛の一本一本に毛足が巻き付くため、吸水効率が高く時間短縮につながるでしょう。また従来品の3倍厚みがあり、たくさんの水分を吸収できます。

髪の毛が長い人や毛量の多い人におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:マイクロファイバー
  • 枚数:1枚

キャップタイプのおすすめ5. マーナ(MARNA) ふんわりドライターバン

マーナ(MARNA) ふんわりドライターバン ピンク うる髪ヘアエステ マイクロファイバー S415P
  • ターバンにシャーリングがついているので、しっかりと頭にフィットして水分を吸収できる
  • 生地が厚く肌触りが良いため、気持ちよくつけられる
  • キャップにターバン、ターバンロングと3通りの使い方に対応しており、自分に合ったつけ方を選べる

ヘアドライ用の吸水タオルはあらかじめ形が決まった状態で販売されています。しかし、人によっては売られている形状がフィットしない場合、使わなくなってしまうかもしれません。

『マーナ ふんわりドライターバン』はキャップタイプやターバンタイプ、ターバンロングタイプと3通りの付け方が選べます。備え付けのループを締めればキャップに、緩めればターバンになるので、とても簡単ですよ。

吸水タオルを使う時、自分に合った形状を選びたい人におすすめの人気商品といえます。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:ポリエステル、ナイロン
  • 枚数:1枚

【車用タイプ】吸水タオルのおすすめ5選

車は大きいので、水分の拭き上げに時間がかかってしまいますよね。車用の吸水タオルは一度に多くの水分を吸収できる大判サイズや、耐久性のあるタイプなどが発売されています。

ここでは効率よく車体の水分を拭ける人気吸水タオルのおすすめ5選を紹介します。


車用タイプのおすすめ1. 【 CARZOC 】 マイクロファイバー 超吸水 タオル

【 CARZOC 】 最優秀賞受賞 マイクロファイバー 超吸水 タオル 洗車職人のこだわり 洗車の時短に 3枚セット ( 40cm × 40cm )
  • 吸水タオルが手にフィットするので、車を拭きやすい
  • マイクロファイバータオルの中でも厚みを持たせているため、一度の拭き取りで多くの水分を吸収できる
  • 超極細繊維をつかっており、コーティング車にも使える

洗車後は水滴が残らないようにタオルで車体を拭く人が多いです。しかし車は拭く範囲が広いので、タオルが大きすぎても小さすぎても効率がよくありませんよね。

『CARZOC マイクロファイバー 超吸水 タオル』は40×40cmの一番使いやすいサイズです。窓やミラーを拭く際に邪魔にならず、丁度よさを実感できるでしょう。また、抜群の吸水、速乾性を兼ね備えているので使い勝手もいいですよ。

車を拭きたい時に「しっくりくるタオルがないな」と感じている方はこの商品がおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:マイクロファイバー
  • 枚数:3枚

車用タイプのおすすめ2. AutoGo 洗車タオル

AutoGo 洗車タオル 40CM*40CM 3枚セット
  • マイクロファイバーに適した染料を使っているので、色落ちしない
  • 毛落ちしにくい素材を使っているため、拭き取り作業時に車体に繊維がつきにくい
  • 3枚入っており、車体の拭き取り以外にも使える

車体をタオルで拭く時に気になるのが、繊維くずの付着です。せっかく水分を拭き取れても毛落ちして繊維がくっついてしまえば汚れているように見えてしまうので、気になってしまうかもしれません。

『AutoGo 洗車タオル』は毛落ちしにくい素材を使っています。車の拭き取りに使った際、繊維がつきにくいので、車体が綺麗に見えるでしょう。

車体をタオルで拭いた時につく繊維が気になる人は、この人気商品がおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:マイクロファイバー
  • 枚数:3枚

車用タイプのおすすめ3. veleno 大判マイクロファイバー洗車タオル

veleno 洗車タオル マイクロファイバータオル マイクロファイバークロス 大判 2枚セット 速乾 吸水力抜群 洗車拭き取り
  • 34cm×75cmと大判サイズなので、一度に多くの水分を吸収できる
  • 商品についているタグは簡単に千切れるため、車を傷つける心配がない
  • 2枚ついており、1枚は車用、もう1枚は家事用と使い分けができる

車体は思っているよりデリケートです。タオルのタグ部分でさえ傷の原因になるため「少しこすっただけでも小さな傷がついてしまうから、ふき取り作業はタオルを使いたくない」という人もいますよね。

『veleno 大判マイクロファイバー洗車タオル』は商品タグを引っ張るだけで簡単にとれるよう工夫されています。ふき取りの前にタグをとっておけば、車体がこすれて傷付いてしまう心配がありません

タオルを使って車を拭く際に、絶対に傷をつけたくない人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:マイクロファイバー
  • 枚数:2枚

車用タイプのおすすめ4. HOTOR マイクロファイバークロス

洗車タオル より大きい より厚い 6枚セット 40x40cm 吸水 速乾 洗車職人のこだわり 洗車 家事用 掃除 ふき取り 厚い繊維 マイクロファイバークロス HOTOR
  • タオルの周りをフランネルで包んでいるため、耐久性があり変形しづらい
  • サイズと厚さを調整しているので、タオルを絞りやすい
  • 車以外に家電商品や窓ガラス、キッチンなどの作業にも使える

吸水タオルを使っているとすぐへたってしまったり、形がいびつになったりしてがっかりしてしまうこともありますよね。

『HOTOR マイクロファイバークロス』はフランネル素材でタオルの周りを包んでいるため高い耐久性を実現。さらに変形もしにくい作りになっています。また、吸水タオルサイズは40cm×40cm、厚さは0.5cmとちょうど良い大きさで、使い勝手の良さも実感できるでしょう。

吸水タオルを長く使い続けたい人におすすめの人気商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:マイクロファイバー
  • 枚数:6枚

車用タイプのおすすめ5. MONOTONE マイクロファイバー 10枚セット

coolbit(クールビット) マフラータオル スカイ HCT-SP3 SKY
  • 超微細繊維が汚れや水分を吸収するので、洗剤を使わなくても良い
  • 便利な吊り下げループが付いており、乾燥する時に吊っておけば乾きやすい
  • シックなモノトーンカラーなので、車や部屋に置いても生活感がない

吸水タオルはブルーやオレンジなど、カラフルな配色が多いです。この配色が目立ってしまうため、車や部屋に置くと生活感が出てしまい、なるべくなら置きたくないと敬遠される人もいるのではないでしょうか。

『MONOTONE マイクロファイバー 10枚セット』はシックなモノトーンカラーです。車や部屋に置いても目立たないので生活感が出ません。またベースと縁の配色を変えており、おしゃれに見えます。

部屋や車などに置いてもマッチする吸水タオルをお探しの人におすすめの人気商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 素材:マイクロファイバー
  • 枚数:10枚

吸水タオルの使い心地の良さをぜひ実感してみて下さい。

吸水タオルは吸水性や速乾性に優れ、効率よく水分を拭きとれる便利な商品といえるでしょう。有名ブランドがおしゃれなデザインを発売していたり、安い値段で多くの枚数がパッケージングされていたりと、様々な吸水タオルが市販されています。

この記事を参考に自分に合った人気吸水タオルを選んで、水分をふき取る時間を短縮しませんか。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事