【2020年】メンズ向けカシミヤマフラーのおすすめ人気ブランド10選

人気ブランドの男性向けカシミヤマフラーをお求めの方へ。今記事では、カシミヤ素材の魅力や選び方から、人気ブランドやおすすめのマフラーまで詳しくご紹介します。デザインはもちろん、暖かさなども加味して、最適な一本をGETしましょう!

そもそも「カシミヤ」とは|素材の特徴を解説

カシミヤとは

カシミヤの繊維は一般的な羊毛と比べると細いのが特徴で、毛先の突起が小さいためチクチク感を抱きにくく、特有の肌触りの良さを実現しています。また、空気を多く含みやすい性質があるため保温効果に優れており、暖かいのも特徴の一つ。

そのため、カシミヤは直接首に巻けるマフラーとして優秀な素材で、寒い冬を乗り切るためには必須になる暖かい素材です。


【2020最新】メンズ向けカシミアマフラーの人気ブランド10選

ここからは、メンズ向けのマフラーを販売するブランドの中で特に人気のブランドを紹介します。

さらに、ブランドごとにおすすめのカシミヤマフラーも紹介していくので、アイテム選びの参考にしてみてくださいね。


メンズ向けの人気ブランド1. Johnstons(ジョンストンズ)

1797年スコットランドで生まれた『ジョンストンズ』は、創業当時からカシミヤやラムズウールなど高級素材を使用したアイテムを作り続けています。現在でも変わらず、原毛の厳選から生産まで一括して行っている珍しい人気ブランドです。

ジョンストンズのマフラーは高品質なカシミヤを使用していることから世界中で高い評価を得ており、プレゼントとしても人気のアイテム。ただカシミヤというだけでなく、その品質までこだわりたい本物思考の男性におすすめです。


おすすめのカシミヤマフラー:カシミヤリバーシブルマフラー

おすすめのカシミヤマフラーはカシミヤリバーシブルマフラー.jpg

出典:zozo.jp

  • 2本分のカラーが含まれているため、コーデの幅が広くコスパが良い
  • 落ち着いた色と鮮やかな色がセットになっており、ワンポイントとしても使いやすい
  • 2つのカラーを見せる巻き方をすることで、マフラーの雰囲気が変わっておしゃれ

カシミヤマフラーは高級だからこそ、複数持つのは難しいですよね。

『カシミヤリバーシブルマフラー』は表と裏で異なるカラーとなっており、1本だけで幅広い着こなしに対応できるマフラーです。カラーは、ネイビーとレッドなど落ち着いた色とカラフルな色がセットになっているので、馴染みやすくワンポイントにもなります。

マフラーも含めておしゃれなコーデを目指したい方は、リバーシブルでコーデに合わせやすいこのマフラーがベストです。

ZOZOTOWNで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:170 (cm)
  • 素材:カシミヤ

メンズ向けの人気ブランド2. POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン)

1967年ネクタイの販売から始まった『ポロ ラルフローレン』は、ポニーのロゴが特徴のブランド。アメリカンなデザインやクラシックなシルエットなど、幅広いスタイルに合うアイテムを生み出し、世界中から人気を集めています。

ポロラルフローレンのマフラーは落ち着いたカラーが多く、ビジネスシーンでも使用できるのがおすすめポイント。ジャケットやコートに合わせやすいので、通勤用のマフラーとして身に着けたい方にぴったりです。


おすすめのカシミヤマフラー:チョークストライプマフラー

  • 首元に映えるストライプ柄がおしゃれで、シンプルなスーツ姿でも地味に見られない
  • マフラー自体はモノトーンカラーなので、通勤用としても使用しやすい
  • 幅広で長めに作られており、巻き方を自由に楽しめ様々なスタイルを楽しめる

スーツやコートは色味や柄がシンプルなため、マフラーもシンプルだと地味な印象になってしまうもの。

『チョークストライプマフラー』はマフラーにストライプ柄が入っており、スマートなデザインがおしゃれなマフラーです。カラーはブラックやグレートモノトーンなので、ビジネスシーンでも活用しやすくスーツ姿をかっこよく見せてくれますよ。

控えめなストライプ柄がさり気ないおしゃれを演出しているので、冬場でも地味な着こなしにしたくない男性に最適です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:168 (cm)
  • 素材:カシミヤ

メンズ向けの人気ブランド3. FAIRFAX(フェアファクス)

『フェアファクス』は1976年東京の青山で創業したブランドで、ネクタイメーカーとして始まりました。様々な海外ブランドを日本市場へ紹介していることでも知られており、幅広いアイテムを取り扱っています。

フェアファクスはアメリカのスタイルに時代ごとのトレンドを取り入れた、オリジナルデザインのアイテムが魅力的。スタンダードなのに新しさを感じるスタイルは、年齢を重ねてもお気に入りのマフラーを愛用したい男性にベストです。


おすすめのカシミヤマフラー:カシミヤマフラー FMS-14

  • フリンジが短いので複雑な形でも巻きやすく、首元がスッキリした印象になる
  • ボタンにフリンジが引っかからないので、ほつれなどが起きにくい
  • 多様な巻き方や結び方にチャレンジできるので、マフラーコーデを楽しめる

マフラーのフリンジはおしゃれな反面、巻くときに邪魔になってしまうことも。

このマフラーはフリンジが非常に短く作られており、好きな形に巻きやすくすっきりとした印象に見えるのが特徴です。また、ボタンなどにフリンジが引っかかるリスクも少なく、マフラーをほつれや傷みから守ってくれるのも嬉しいポイント。

マフラーの巻き方で自分なりのおしゃれを表現したい方は、フリンジが短く扱いやすいこのマフラーがおすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:180 c(m)
  • 素材:カシミヤ

メンズ向けの人気ブランド4. Aquascutum(アクアスキュータム)

『アクアスキュータム』は1851年イギリスで誕生し、紳士服店から始まったブランドです。防水加工を施したウール生地や暖かいトレンチコートなど、今なお続くアイテムを生み出し王室御用達ブランドにも選ばれています。

アクアスキュータムのマフラーは、ワンカラーのデザインが多くコーデやトレンドに流されない使いやすさが魅力。ビジネスシーンでもプライベートでも使用しやすく、外出時の定番マフラーを求める男性に最適です。


おすすめのカシミヤマフラー:カシミヤマフラー AQ-321

  • 装飾のないシンプルなデザインなので、身につける人の年齢や性別を問わず誰にでも似合う
  • コーデやシーンを選ばず身につけられるので、利便性が高くいつでも使いやすい
  • 流行に左右されないので、長年愛用していても古臭いデザインにならない

マフラーをプレゼントする時には、いつでも使えるものを贈りたいと思うもの。

このカシミヤマフラーは、余分な装飾のないベーシックなデザインで、年齢や性別に関係なく使えるので、どんな方にも似合うマフラーです。また、モノトーンのカラーはシーンやコーデを選ばずいつでも使えるので、活躍の場が広く身につけやすいのもポイント。

もらった人に喜ばれるマフラーを贈りたい方は、ベーシックだからこそ使いやすいこのマフラーがプレゼントにぴったりですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:165 (m)
  • 素材:カシミヤ

メンズ向けの人気ブランド5. Paul Smith(ポール・スミス)

1970年イギリスで誕生した『ポール・スミス』は、ウェアを中心に幅広いアイテムを展開しているブランド。ネクタイやシャツなどのオリジナル製品を販売し始めたことから、メンズから多くの支持を集めていることも知られています。

ポール・スミスは伝統的なスタイルに遊び心を加えたデザインなど、身につけやすいおしゃれ感が特徴的。落ち着いた印象になりやすい冬の着こなしでも、自分らしいスタイルを表現したい男性にべストなブランドでしょう。


おすすめのカシミヤマフラー:ストライプ&チェック ダブルフェイスマフラー

おすすめのカシミヤマフラーはストライプ_チェック_ダブルフェイスマフラー.jpg

出典:zozo.jp

  • 異なる2つのデザインが同時に映えることでおしゃれに見える
  • 落ち着いた馴染みやすいカラーとデザインなので、さり気ないワンポイントとして利用できる
  • 微起毛のカシミヤを使用し、ソフトな肌触りが心地よく負ける

マフラーをワンポイントに活用したくても、派手めなデザインは少し勇気が必要なことありますよね。

『ストライプ&チェック ダブルフェイスマフラー』はマフラーのカラーは同じでも、表面と裏面で違うデザインが描かれており、巻いたときに見えるデザインの共存がおしゃれです。

各面のデザインは、ストライプ柄とチェック柄という似た雰囲気。馴染みやすい2つのデザインが交わることで面白いデザインへと変わるので、マフラーをさり気ないワンポイントとしてコーデに取り入れたい方に最適ですよ。

ZOZOTOWNで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:184 (m)
  • 素材:カシミヤ

メンズ向けの人気ブランド6. TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

創業者である菊池武夫さんの名前をそのままブランド名にした『タケオキクチ』は、1984年に誕生したブランド。菊池武夫さんは、日本人で初めてパリにメンズ向けのお店をオープンするなど日本のデザイナーの先駆者のような存在です。

タケオキクチのマフラーはファッション性の高いデザインが豊富で、一見地味に見えても身につけると柄が映えておしゃれな首元に。目立たたせてもさり気なくても映えるデザインは、スマートにマフラーを着用したい男性にぴったりです。


おすすめのカシミヤマフラー:ウォッシャブルヘリンボン マフラー

  • 洗濯ができるので、汚れを気にせずに使える
  • 縦に入ったストライプがスマートに見え、厚着をしやすい冬でも膨れた印象にならない
  • 日本製で100%カシミヤなのに価格が安いので手に入れやすい

カシミヤマフラーは汚れたときの対応が難しく、購入をためらってしまうこともありますよね。

『ウォッシャブルヘリンボン マフラー』は洗濯のできるウォッシャブルアイテムで、汚れても長く清潔に使用できるマフラーです。マフラーには縦のストライプのようなヘリンボンデザインが施されており、横に膨らまずスマートな印象になります。

デイリーユースがしやすいマフラーが欲しい方には、洗いやすいこちらのマフラーがベストですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:1.75 (m)
  • 素材:カシミヤ

メンズ向けの人気ブランド7. SHIPS(シップス)

1975年に上のでオープンしたテントから始まり、1977年に現在の1号店をオープンさせた『シップス』。男性向けと女性向けそれぞれのラインで商品を展開しており、性別を問わず人気を集めているブランドです。

シップスのデザインは、伝統的な要素に現代的なトレンドやスタイルを加えたオリジナリティが人気で、懐かしいのにモダンな雰囲気が魅力的。ベーシックな雰囲気はオンオフ問わず使用でき、様々なスタイルのファッションを楽しむ方におすすめです。


おすすめのカシミヤマフラー: ネイビー タータン チェック マフラー

おすすめのカシミヤマフラーはネイビー_タータン_チェック_マフラー.jpg

出典:zozo.jp

  • 柔らかいカシミヤをよりソフトに仕上げることで、暖かい肌触りになっている
  • キャメルとネイビーの定番のチェックが、コートの色味と合わせやすい
  • 質の良い素材を使用していても価格を上げておらずコスパが高い

カシミヤは高級な素材だからこそ、コスパの良いマフラーがあったら嬉しいですよね。

『ネイビー タータン チェック マフラー』には、カシミヤの中でも特に繊維が細く柔らかいものを使用しながら、1万円台という価格を据え置いたこだわりのマフラーです。さらに、アザミを使用した伝統的な起毛方法を用いることで、暖かいソフトな肌触りにしています。

品質の良いカシミヤをより柔らかく仕上げているのに据え置きの安い価格なので、コスパの良いマフラーを求める方にベストです。

ZOZOTOWNで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:164 (cm)
  • 素材:カシミヤ

メンズ向けの人気ブランド8. LACOSTE(ラコステ)

『ラコステ』は1933年にテニスプレイヤーのルネ・ラコステが創業したブランド。ウェアや時計など、販売されているアイテムには特徴的なワニのマスコットが描かれており、幅広い世代から愛されています。

スポーツ選手であったことから、スポーツアイテムを中心に販売されており、他のアイテムもスポーツテイストのデザインが多いのが特徴です。見た目の印象が重くなくスタイリッシュなデザインのため、冬でもスッキリとしたコーデを好む方に最適ですよ。


おすすめのカシミヤマフラー:リバーシブルカシミアマフラー

  • 厚みの出ないシルエットなので、スーツやコートに合わせてもスマートな印象になる
  • リバーシブルなので色味を簡単に変えやすく、巻いたときに色味が加わることで様々なスタイルに挑戦できる
  • コンパクトなサイズなので、カバンに入れて気温に合わせて付け外しできて便利

ジャケットやコートにマフラーを組み合わせると、首元の印象が重くなってしまうことありますよね。

『リバーシブルカシミアマフラー』は幅が狭くやや短めに作られており、コートと組み合わせても厚みなくスマートな印象になるマフラーです。リバーシブルなので色味を変えたり巻いたときのデザインの変化など、簡単に雰囲気をアレンジできるのも魅力。

短めサイズで何周も巻く必要がないので、スーツ姿でもゴワゴワしないつけ心地を目指す方にぴったりです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:140 (cm)
  • 素材:カシミヤ

メンズ向けの人気ブランド9. TAVARAT(タバラット)

『タバラット』は2014年に大阪で立ち上がったブランドで、ベルトやネクタイなどメンズ向け日本製アイテムを販売しています。タバラットのデザインは「まじめに楽しむ」というコンセプトのような、シンプルでも身につきけやすいカジュアルさが特徴です。

また、長さや素材など様々なマフラーが販売されており、比較的安い価格帯なのも魅力的。プライベート用と仕事用を分けて用意することもでき、スタイルやコーデに合わせてマフラーを選びたい方にベストですよ。


おすすめのカシミヤマフラー:日本製 カシミヤマフラー

[タバラット] 日本製 カシミヤマフラー 毛布の町のカシミヤ・起毛 メンズ (オレンジ) Tps-050-or
  • カラーバリエーションが多いので、自分に似合う色味のマフラーを手に入れられる
  • カシミヤのほど良い光沢感が、マフラーの色味を上品に見せてくれる
  • 日本国内で紡績されたカシミヤを使用することで、高い品質を実現している

マフラーのカラーは種類が限られており、プライベート用にしては地味な印象になってしまうことも。

このカシミヤマフラーは、定番のブラックやグレー、ネイビーだけでなく、ワインレッドやオレンジといった鮮やかなカラーが加わった全5色のバリエーションです。

また、カシミヤ特有の光沢感が上品さを演出し、さり気ない高級感がマフラーの雰囲気をグッと引き上げます。スタイルに合ったカラーを身につけたい方は、カラーバリエーションが豊富なこのマフラーがぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:180 (m)
  • 素材:カシミヤ

メンズ向けの人気ブランド10. BURBERRY(バーバリー)

1856年にイギリス・ロンドンで誕生した『バーバリー』は、ブランドの代名詞であるトレンチコートをメインに、アクセサリーやコスメなど様々なアイテムを生み出している高級ブランド。

バーバリーのマフラーにはチェック柄やロゴ柄など、少し派手めのデザインが魅力的に仕上がっています。冬のコーデをよりおしゃれに楽しめるデザインなので、モノトーン以外のファッションにも挑戦したい方にベストなブランドです。


おすすめのカシミヤマフラー:GIANT CHK CS

[バーバリー] BURBERRY カシミアマフラー グレーチェック GIANT CHK CS 8016395 SC:CS A1345 GREY [並行輸入品]
  • 落ち着いたグレーにチェック柄を施してあり、使いやすいおしゃれなマフラーに仕上がっている
  • ベースカラーと異なる色味でチェック柄を描くことで、主張しなくても目に入る自然なワンポイントになる
  • 通勤用でもプライベートでも使えるデザインなので、どんなシーンでも活躍してくれる

冬コーデはシックな色味になりやすいので、使いやすいモノトーンなカラーのマフラーが欲しい方も多いはず。

『GIANT CHK CS』は、定番のグレーにバーバリー特有のチェック柄を施すことで、オンでもオフでも活躍するマフラーに仕上がっています。チェック柄にはブラックとホワイトが使用されており、パターンの存在感が増しておしゃれな印象に。

ベーシックなのに飽きのこないおしゃれなデザインは、マルチに活躍する冬の定番マフラーが欲しい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 長さ:168 (m)
  • 素材:カシミヤ

カシミアマフラーを使って、冬ファッションをお洒落に着こなそう!

寒い冬でも暖かいカシミヤは、マフラーに最適な素材。チクチクしない肌触りの良さもプラスされ、一度使うと冬には欠かせない定番のアイテムになりますよ。

ただ、冬のコーデは地味になりやすいため、マフラーのカラーやデザインもおしゃれに着こなすには重要なポイント。おしゃれに体温調節ができる暖かいカシミヤのマフラーで、厳しい寒さを乗り切りましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ