【2020最新】冷風機の人気おすすめランキング|よく冷える家庭用クーラーとは

よく冷えるおすすめの冷風機をお探しの方へ。今記事では、冷風機と冷風扇の違いやメリットから、選び方やおすすめの商品まで詳しくご紹介します。さらに、人気メーカーも解説。リビングや寝室など、広い部屋から狭い部屋まで活用できるので、ぜひ有効活用して暑い季節を乗り越えましょう!

そもそも「冷風機」とは?

冷風機のおすすめ

暑い時期を快適に過ごすための冷房器具はいくつか種類があります。その中の一つである『冷風機』はエアコンと同じ原理で、吸い込んだ空気を冷却し、排出して涼しい風を送り出すアイテム。

エアコンは部屋に固定して使うのに対し、冷風機は小型で持ち運びができるため、取り付け工事不要で購入直後に寝室やリビングなど使用できる部屋を移動して使えます。

エアコンが取り付けられない部屋でも使え、真夏、暑さに我慢している人も涼しく過ごせる便利な冷房器具です。


「冷風機」と「冷風扇」の違いについて

『冷風機』と似た冷房器具に『冷風扇』があります。似たフォルムのため、混同しがちですが、実は全くの別物です。

冷風機は先ほどもご紹介した通りエアコンのような仕組みに対し、冷風扇は水が蒸発する際の気化熱を利用して冷たい風を送ります。そのため、使用すると室内の湿気が高くなるので、換気や除湿器を併用して使用するなどの工夫が必要です。

【参考記事】はこちら▽


冷風機を使用するメリット/選ばれる魅力を紹介!

夏の暑い時期を快適に過ごしたいけど、どの冷房器具が良いのか分からないという人もいるでしょう。そこでここからは、今売れ筋の冷風機ならではの魅力やメリットを詳しくご紹介します。

「エアコン代わりになるのか」「部屋全体がよく冷えるのか」など冷風機への疑問も解決できますよ。ぜひ冷房器具を購入する際の参考にしてくださいね。


冷風機のメリット1. ピンポイントで涼しくできる

家族で同じ部屋にいる時に、それぞれ体感温度が違うため、一人だけ暑いと感じる時ってありますよね。

冷風機は扇風機のように空気を循環させるだけでなく、エアコンのように暖かい空気を本体内部に取り込み、冷たい風を排出して涼しい風を出すため、風の当たる部分は冷たくなります。

しかし、エアコンよりもパワーが大きくなく、排熱が生じるため、真夏でキンキンに部屋を冷やさないのでエアコン代わりにはなりませんが、冷えすぎを防ぎみんな快適に過ごせます。


冷風機のメリット2. 除湿もできる

日本の夏は、湿度も高くなりがちですよね。

冷風扇は気化熱を使って冷たい風を出すため湿気が高まりますが、冷風機は、空気を冷やす時に発生する水をタンクに溜め込むので、逆に湿気を取り除く効果を得られます。

そのため、冷風機には除湿器の機能も備えているものが売れ筋です。

湿気の多い日本の夏では、除湿をすることで快適に過ごしやすくなるため、便利な機能と言えます。強力な除湿機能なら洗濯物も早く乾きますよ。


どの製品がおすすめ?冷風機の「上手な選び方」とは

冷風機の魅力が分かっても、豊富な種類から一つに選ぶのは難しいですよね。

そこでここからは、どこに注目して選ぶと満足のいく品物を買えるのか、詳しくご紹介します。

商品それぞれに特徴があるので、しっかりと確認して納得できる買い物に役立ててくださいね。


冷風機の選び方1. 設置場所の広さに合うサイズを選ぶ

冷風機は部屋全体を涼しくするエアコン代わりというよりも、風の当たる場所を涼しくする冷房器具です。

大型になればパワーがあり涼しい風も出ますが、むやみに大きいものを選ぶと、よく冷えるメリットだけでなく、電気譜代が高くなる他音が大きい、場所を取るなどのデメリットが大きくなってしまう場合も。

寝室なら台や棚にも乗る小型タイプで音の静かなタイプ、リビングで複数人数がいるなら高さが50cm以上の大型タイプで、パワーがそれなりにあるものがおすすめです。環境に合ったサイズをもとに、製品の機能性を配慮して選ぶと失敗を減らせます。


冷風機の選び方2. タンクの容量を確認して選ぶ

冷風機を使用し続けると、多くの冷風機の場合タンクに水が溜まっていき、タンクの水が満水になると、運転が停止し、再開させるには捨てる作業が必要です。

小型タンクよりはなるべく大型のタンクを備えたアイテムを選ぶと、水捨ての回数が減らせるのでおすすめ。小型な本体ほど、タンクも小型になりがちですが、パワーが大きいほど水の溜まる速度は速いです。

タンク容量は1~5L程度と幅広いので、手間をなるべくかけたくない人はタンク容量をしっかりとチェックしておきましょう。


冷風機の選び方3. 作動音の静かな製品を選ぶ

冷風機はコンプレッサーを使用して涼しくするため、なかには動作音が大きいものもあり、うるさくて眠れないことも。

一般的に小型よりも大型の方が音は大きくなる傾向が高いです。動作音は、dB(デシベル)で表されます。ささやき声が大体30~35dB。音が気になる敏感な人や寝室で使う予定なら30~35dBに収まる静音タイプがおすすめです。

パッケージや口コミ評価も参考にして、音がなるべく静かな冷風機を選べば快適に過ごせるようになりますよ。


冷風機の選び方4. 通年で使うなら温風もでる製品を選ぶ

冷風機には、大抵除湿や送風の機能は搭載されています。そのため、夏や洗濯物が乾かない梅雨の時期は重宝しますが、寒くなる秋~春先にかけては使用する機会がなくなり、収納場所を考えなくてはなりません。

冷風機の中には、温風が出るタイプも数は少ないですが、冷風と温風が使えるタイプなら一年中使え、収納場所も必要ありません。

エアコン代わりの他、暖房器具としても使いたい人は温風機能付きも考えてみてはいかがでしょう。


冷風機の選び方5. 電気代の安さをチェックして選ぶ

冷房器具を使用すると心配になるのが電気代ですよね。冷風機はコンプレッサーを使用して涼しい風を送り出すため、扇風機に比べると電気代は高くなり、その差は約5倍。

エアコンと比べると、冷風機の方が電気代は安いのではと思われるかもしれませんが、最新のエアコンはよく冷えるのに省エネになっています。

冷風機の種類によっては、1時間18円ほどの電気代がかかる場合もあり、エアコンと同等の電気代になることも。

冷風機のなかには省エネタイプの電気代が安いものもあるので、消費電力を確認して、光熱費をかけずに使える冷風機を選びましょう。


冷風機の選び方6. 人気メーカーの冷風機を選ぶ

冷風機は様々なメーカーから発売されています。

人気があるメーカーは、安心の日本製で、消費者ニーズを抑えた商品を揃えていることが多いです。さらに音が静か、使いやすいなど商品の機能性に長けているのはもちろん、トラブルがあった時の保証やアフターサービスの充実さなど、ユーザーを満足させる理由が必ずあります。

冷風機に限らず家電製品は、数年は利用し続けるものなので、信頼できる人気のおすすめメーカーから冷風機を選ぶのも、一つの方法です。


迷ったらコレ!冷風機の「人気メーカー」3選

家電は、単価が高いこともあり、適当に選ぶわけにはいきません。

そのため、多くの人がメーカーにもこだわって選ぶ傾向があります。

そこでここからは、冷風機を扱う人気の最新おすすめメーカーを3つご紹介します。迷った時には紹介したメーカーの製品を選べば安心ですよ。


人気メーカー1. 「山善」

山善は、家庭用の電化製品やインテリア家具、健康機器の他、企業向けの機器などを扱う人気の日本製メーカー。

ホームセンターや家電量販店の他、自社製品を扱う通販サイトなど多くの場所で山善の商品を購入できるので、消費者にとって便利に利用できます。

パワフルな冷風機の取り扱いが多いので、暑さがこもりがちで広くてエアコンを使えないガレージや倉庫などにおすすめです。


人気メーカー2. 「コロナ」

コロナは、エアコン、石油ファンヒーターなどの季節家電や給湯機や美容機器なども扱う、創業80年以上の人気老舗メーカー。

CO2ヒートポンプ式の給油機『エコキュート』を初めて開発したのもコロナです。現在でも住環境を快適にするための住宅設備機器や、空調機器など、日本製アイテムを数多く販売しています。

コロナで扱う冷風機は、強力な衣類乾燥除湿機の機能が付いているため、冷風の他強力な除湿機を兼ね揃えた冷風機を探している人におすすめです。


人気メーカー3. 「TOYOTOMI(トヨトミ)」

トヨトミは石油ストーブをはじめ、電気暖房製品や夏物製品なども扱う日本の大手空調メーカーです。機能性の高さはもちろん、デザインにもこだわった商品が部屋のインテリア性も高めてくれます。

なかでも夏物製品は、冷風機や扇風機、窓用エアコンなど種類豊富に販売。

冷風機は、温風も出るため、一年中使えるのが最大の魅力。収納スペースの少ない一人暮らしにもおすすめの商品です。


【2020】冷風機のおすすめ人気ランキングTOP7

冷風機はエアコンのように工事をせずに気軽に取り入れられる冷房器具で、エアコン設置ができない部屋に置きたいという人もいるでしょう。しかし、いざ購入しようとすると種類の多さからどれが良いのか迷いがち。

そこでここからは、冷風機のなかでも人気アイテムをランキングでご紹介します。

強力なものから省エネのものまで、幅広くラインナップしています。購入前に最新の売れ筋をチェックし、後悔のない買い物をしてくださいね。


人気ランキング7位. エスケイジャパン 冷風機 SKJ-RS26PA

  • 風量を3段階調整ができて、好みの風量で快適に過ごせる
  • 手動で風向きを変えるルーバー調整ができるため、本体を動かさなくても風向きの微調整が可能
  • キャスター付きなので、女性でも移動が簡単で便利

「冷風機を使う場所はその時によって違うため、持ち運びが大変。」という場合には、エスケイジャパンの冷風機がおすすめ。

本体は22.5kgありますが、キャスターが付いているため、女性でも簡単に移動が可能です。掃除や、使わない時期の片付けも負担が少なくて済みます。強力で涼しい風が出てくるルーバーは、手動で上下に調整できるため、風向き調整は、本体を動かさなくても可能。

大きめの冷風機は重量もありますが、キャスター付きで移動しやすい冷風機なら女性の一人暮らしでも安心ですね。

楽天で詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:30.0 × 50.7 × 61.5 (cm)
  • 重量:25.5kg
  • 消費電力:1115W
  • タンク容量:ー
  • 温風: ×
  • メーカー:エスケイジャパン

人気ランキング6位. スイデン ポータブルスポットエアコン SS-16MXW-1

スイデン ポータブルスポットエアコン(白) SS-16MXW-1
  • 排気の方向を上と横の2か所から選べるため、設置場所に合わせて快適に使える
  • オフタイマーが1・2・4時間で選べるので、切り忘れ防止で省エネにもなる
  • 壁に寄せられるため、スペースが少なくて済む

夏場の屋外の作業でばててしまいそうな人には、スイデンの『ポータブルスポットエアコン』が人気です。

コンセントがあればどこでも設置出来て、部分的に涼しい風を送り出してくれます。排気口から温風が出ますが、上と横の2方向で選べるため、直接当たらない方向を選べば快適です。オフタイマーが1.2.4時間で選べるから、切り忘れを防ぐことができ省エネにも貢献。

屋外のテントの中やDIYなどで暑いなか、屋外にいなくてはならない時に使えば熱中症予防も期待できるおすすめ商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:ー
  • 重量:22.0kg
  • 消費電力:450W/560W
  • タンク容量:ー
  • 温風: ×
  • メーカー:スイデン

人気ランキング5位. タンスのゲン どこにでも置ける移動式エアコン

  • 排気ダクトが伸縮するジャバラ式なので、邪魔にならずに必要な時だけ伸ばせる
  • チャイルドロック付きで誤作動を防止するため、子供やペットがいても安心
  • リモコンがセットになっているため、離れた場所からの操作ができて便利

「真夏は寝る時に暑苦しくて眠れない」という人もいるでしょう。そんな時はタンスのゲンの家庭用冷風機『どこでも置ける移動式エアコン』が便利でおすすめです。

寝る時に付けると、涼しい風で入眠しやすいメリットがあります。また、朝まで付けていると温度調整ができずに調子を崩しがちですが、24時間設定できるオン・オフタイマーが内蔵されているため、寝た後に切れるように設定しておけば体にも負担がかかりません。

寝苦しい熱帯夜でも、快適な温度で寝やすいので、ぜひ購入を検討してみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:37.5 × 56.0 × 50.5 (cm)
  • 重量:15kg
  • 消費電力:418W
  • タンク容量:-
  • 温風: ×
  • メーカー:ー

人気ランキング4位. 山善 ミニスポットエアコン YMS-183

山善(YAMAZEN) ミニスポットエアコン (単相100V) キャスター付き YMS-183
  • 冷風が出てくるダクトが動くので、好きな場所に風向きを調整できる
  • 取っ手とキャスターが搭載され、移動がしやすい
  • 厚さが30cm以下と、薄い小型サイズなので、場所を取らない

「ガレージが夏には蒸し風呂のようになって、長くはいられない」と悩んでいる人には、山善の『ミニスポットエアコン』が効果的です。

エアコンを設置できない場所でもピンポイントで涼しい風を送ります。本体から温風が出るため、部屋全体を涼しくはできませんが、厨房や倉庫など部分的に涼しくしたい場所にはおすすめです。

自分の周りをしっかりと涼しくしてくれるので、暑い環境で夏場の作業を諦めていた人は、ぜひ取り入れて作業に役立ててください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:47.5 × 27.5 × 61.0 (cm)
  • 重量:約23kg
  • 消費電力:ー
  • タンク容量:ー
  • 温風:×
  • メーカー:山善

人気ランキング3位. ナヴィック クレシード CLECOOLIII-W

ナヴィック(NAVIC) CLESEED(クレシード) クレクール3ホワイト 移動式スポットクーラー【単相100V 50Hz/60Hz冷房能力800W(3000BTU) 定格消費電力350W】 CLECOOLIII-W
  • 除湿と加湿、両極の機能を持ち、季節関係なく一年中快適な空間創りに役立つ
  • 設定温度に達した後は送風になり、省エネ効果も得られる
  • すっきりとしたコンパクトデザインで、持ち歩きも簡単

冷風機は電気代がかかって光熱費が高くなりそうですよね。そんなお悩みには、ナヴィックの家庭用冷風機『クレシード クレクール3』が解決。

設定した温度よりも実際の温度が高い時はコンプレッサーが作動し、冷風が出ます。一方設定した温度に達した場合にはコンプレッサーがオフになり、送風に自動で切り替わるため、余計な電力を使いません。

除湿機能に関しても、設定湿度より2%低くなると運転が止まるため、省エネで家計の負担を減らしたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:37.5 × 28.5 × 50.0 (cm)
  • 重量:13.2kg
  • 消費電力:350W
  • タンク容量:2.6L
  • 温風:×
  • メーカー:ナヴィック

人気ランキング2位. コロナ どこでもクーラー CDM-10A2

コロナ 衣類乾燥除湿機 除湿能力10L (木造11畳・鉄筋23畳まで) スカイブルー CDM-10A2(AS)
  • 付属の排気ダクトを使えば、屋外に排熱を逃がして効率的に快適な室温を実現
  • タンクが満水になったら自動停止し、音楽で知らせてくれるので捨て忘れを防止できる
  • 上部に操作パネルが搭載されているので、操作しやすい

「梅雨時期には、室内干しをしていると湿気が気になる」とお悩みの主婦や、一人暮らしの女性にもおすすめなのが、コロナの家庭用冷風機『どこでもクーラー』です。

除湿量は1日で10Lと強力で、湿度の高い日でも干している洗濯物が早く乾きますよ。タンクは5.6Lと大きいため、水を捨てる作業を頻繁に行わなくて良いのも便利です。

湿気が多くて不快に感じる環境でも強力に除湿できるため、雨でも生乾きの洗濯物に悩まなくてすみますね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:25.0 × 38.6 × 60.0 (cm)
  • 重量:13.5kg
  • 消費電力:220/240W
  • タンク容量:5.8L
  • 温風: ×
  • メーカー:コロナ

人気ランキング1位. トヨトミ スポット冷暖エアコン TAD-22JW

トヨトミ スポット冷暖エアコン ホワイト TAD-22JW(W)
  • 冷風と温風モードがあるため、1年中快適な温度で過ごせる
  • リモコン付きで、離れた場所からの操作が可能で便利
  • 工事や室外機不要なため、エアコンを取り付けられない場所でも使える

収納場所がないので、購入をためらっている人にはトヨトミの家庭用冷風機『スポット冷房エアコン』はいかがでしょう。

冷風機の他に、温風が出るため、夏以外でも寒い秋や冬にも使えて、一年中役立ちますよ。そのため、収納する必要がなく、部屋に設置しておけます。排熱を出すダクト用の窓パネルが付いていることで、手軽に設置が可能。

季節によって空調機器を出し入れする手間がかからないので、多機能の冷風機を探しているならおすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • サイズ:32 .0× 44.0 × 69.0 (cm)
  • 重量:26kg
  • 消費電力:冷風590/690W、温風W600/730W
  • タンク容量:ー
  • 温風:◯
  • メーカー:トヨトミ

業務用を購入する際は、アンペア数をチェックして選ぼう!

家庭用の冷風機に比べて業務用の冷風機は強力でよく冷える一方、消費される電力も比例して多くなります。そのため、家庭用以外を家庭で使う場合、電気契約しているアンペア数によっては、オーバーしやすく、ブレーカーが度々落ちるなどのデメリットも。

普段使用している電力を控えるなど不便に感じてしまうかも。

快適に過ごせるように、必ずアンペア数を確認してから購入へと踏み切りましょう。


冷風機を使って、効率よく部屋を冷やそう!

冷風機はエアコンを取り付けられない部屋や、自宅を涼しい風で過ごしやすくできる除湿機能も搭載された空調機器です。

湿度の高い日本の夏をカラッと涼しくし、雨の日で乾きにくい洗濯物の室内干しも強力なものなら短時間で乾かす効果も。

冷風機を正しく設置して、涼しく快適な空間を作り出し、暮らしをより良い環境に導いてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ