【PS4/PS4Pro向け】外付けHDDのおすすめ20選|容量不足に人気の一台とは

換装は怖い…容量不足でPS4/PS4Pro向けの外付けHDDを導入しようか迷っている方へ。今記事では、PS4に適した外付けHDDの選び方やおすすめしたい外付けハードディスクを容量別に詳しくご紹介。1TB〜3TBから最大6TBまでの人気の一台をを据え置き型&ポータブルのハードディスクでお届け。

PS4に外付けHDDって必要?

PS4におすすめのHDDとは

PS4で本格的にゲームをしていると、ゲームデータのインストールやプレイ画面の録画などで内蔵HDDの容量はあっという間に減っていってしまいます。

しかし、内蔵HDDの換装はリスクも手間も大きくあまりやりたくないという人も多いでしょう。そこで検討したいのが外付けHDDの導入です。

この記事ではPS4用に導入する外付けHDDを選ぶ際にどういう点に注目するべきかを解説した後で、実際のおすすめ商品を紹介します。

PS4の容量不足に悩んでいる方は、記事を参考にして外付けHDDの導入を検討してみてください。


前提として「外付けHDD」とは?

外付けHDDはPS4の内部のHDDと違い、外部に新たに容量をプラスするHDDになります。USBケーブルで外付けHDDを接続すると、内蔵HDDの容量に加えて外付けHDDの容量も使えるようになるため、HDDの容量不足に悩まされなくなります。

PS4は内部にデータを保存するためのHDDを搭載しています。しかし、HDDは容量に制限があり、使用に伴ってたくさんのデータを保存していると、新しいデータを保存するための容量が足りなくなってしまう時の助けになりのです。


PS4に適した外付けHDDのスペックは「USB3.0」が必須?

PS4の性能を充分に発揮するために、PS4に接続する外付けHDDには一定の性能を求めたいところです。PS4の製造元であるソニーからPS4用に使える外付けHDDの必要要件が発表されています。

具体的には、USB3.0へ対応していることと、HDD自体の容量が250GBから8TBであることが必要であるとされています。


PS4向けの外付けHDDは大きく2種類に分けられる

外付けHDDにはいくつか種類がありますが、その中でPS4用として使える外付けHDDは大きく分けて2種類です。

一つは据え置きタイプであり、もう人つはポータブルタイプです。それぞれの特徴とメリット、デメリットを解説していきます。


外付けHDDの種類1. 「据え置きタイプ」

据え置きタイプの外付けHDDは、文字どおり一つの場所に固定して使うことを前提としています。大容量の商品はこのタイプであることが多いです。

据え置きが前提であるため、多くの商品はコンセントから電源供給を受けなければならず、その点を不便に感じる人もいるかもしれません。

頑丈な筐体の中にHDDが収められており、冷却ファンを備えていてHDDから発生した熱を放熱できるなど、HDDを保護する仕組みがしっかりしている点がメリットです。

PS4をする場所が特に動かずに、収納場所もしっかりあるなら据え置きタイプがおすすめになります。


外付けHDDの種類2. 「ポータブルタイプ」

ポータブルタイプは持ち運びに便利である点が特徴です。据え置きタイプと比べると容量が少ない商品が多い点がデメリット。

ポータブル型はUSBケーブルを介してパソコンやPS4から電源供給を受けるようになっている商品が多いです。本体が小さく配線も少なく済むため、持ち歩かない場合でもポータブル型を選ぶという人もいます。

PS4の容量をちょっとだけ足したい方や、省スペースにしたい方におすすめになります。


PS4に外付けHDDを接続するメリットとは

PS4のHDD容量が足りなくなった場合、内蔵HDDをより容量の大きなものに換装し、元のHDDから新しいHDDにデータを移動させることもできますが、間違えたらデータが消えたりと大きなリスクと手間がかかります。

一方、外付けHDDなら、内蔵HDDの数倍もの容量がケーブルを挿すだけで利用可能になります。

ゲームのインストールデータやプレイ動画などが増えてきてHDDの容量が足りなくなってきた方は、手軽に、安全に容量を増やせる外付けHDDを導入するといいでしょう。


PS4に適した外付けHDDの選び方

ここからは、PS4用の外付けHDDを選ぶ際に考えるべきポイントを解説します。

ゲームのプレイスタイルや、電源供給をどのようにするかなどで選ぶべき製品が絞り込めてきますので、自分の状況にあてはめながら読み進めていってください。


選び方1. ストレージの容量で選ぶ

HDDを選ぶ際には、まず自分にはどのくらいの容量のHDDが必要であるかを考えるべきです。2019年現在、一般に市販、利用されている外付けHDDは、500GBから10TB程度のものが多いです。

プレイ動画を録画・保存したり、ゲームのダウンロード購入を頻繁にしたりなど、HDDの容量を多く使用する使い方をしている人はそれなりの容量が必要になります。使い方によって必要な容量の目安を、以下で解説していきます。


基本的にPS4をゲームのみで使用するなら1TB未満でOK

PS4本体には、500GBや1TB、あるいは2TBのHDDが元々内蔵されています。ゲームソフトをパッケージで購入し、ダウンロードコンテンツなどもあまり利用しないという使い方であれば、内蔵HDDの容量を大きく上回るような使い方にはならないと思われます。

こうした使い方をする方であれば、外付けHDDの増設は不要であるか、増設するにしても1TB以下の小さな容量で十分だと考えられます。


ゲームをダウンロードする方は3TBあれば安心

PS4に使う外付けHDDの容量は、3TB程度があれば充分足りるというケースが多いです。時々ゲームをダウンロード販売で購入するという程度の使い方なら、それ以上の容量が必要になるということはあまりないでしょう。

ゲームソフト1本の容量はおおよそ20~30GBほど、大作のゲームソフトでも50GB程度であるため、ゲームプレイに使うくらいなら3TBのHDDを用意しておけば充分間に合うというケースが多いと考えられます。


プレイ画面を録画する場合、3TB以上あった方が無難かも

コアなゲームファンなどは、できるだけ容量の多いHDDを追加するべきです。PS4の動画保存機能を頻繁に使ったり、PS Plus加入者で頻繁にゲームのダウンロードをしたりする人などがあてはまります。

こうした方は、少なくとも3TB以上のHDDを購入したほうが、のちのち容量が足りなくなったという後悔をせずに済むでしょう。


選び方2. インターフェースをチェックして選ぶ

インターフェースとは、コンピューターやゲーム機などと、周辺機器とを接続するための規格を意味します。PS4の場合、外付けHDDとはUSBという規格で接続し、内蔵HDDはSATAという規格で組み込まれています。外付けHDDには、他にも有線LANやeSATAという規格で接続できるものもあり、場合によってはUSBよりもデータ転送速度が速いこともあるのですが、これらの規格はPS4との接続には利用できません。

PS4に使う外付けHDDは、ケーブルも含めてUSB3.0に適合したものである必要があります。


選び方3. 稼働方式を確認して選ぶ

外付けHDDはどこから電源の供給を受けるかで2種類に分けられます。一つは、外付けHDD自体が電源ケーブルやACアダプタでコンセントから電源供給を受ける「セルフパワー」方式です。

もう一つは、接続するパソコンやゲーム機などからUSBケーブルを介して電源供給を受ける「バスパワー方式」です。

どちらの方式にもそれぞれメリットとデメリットがあるため、2種類の方式について詳しい特徴を以下で解説します。


稼働方式①「セルフパワー」

セルフパワー方式は電源ケーブルをコンセントに挿して電源供給を受けるタイプで、多くは据え置き型の外付けHDDに採用されています。セルフパワー方式では安定して豊富な電源供給を受けられるため大容量のHDDを駆動させられます。

2019年5月現在、6TB以上の外付けHDDにはセルフパワー方式しかなく、また同容量なら、セルフパワー方式の方がバスパワー方式よりも値段が安い場合が多くなっています。


稼働方式②「バスパワー」

バスパワー方式は、USBケーブルを介してパソコンやゲーム機などから電源供給を受けるタイプで、ポータブル型外付けHDDの多くがバスパワー方式で電源供給を受けます。USBという規格に準拠するため、HDDに供給される電力量には制限があります。

そのため、大容量のHDDは駆動できず、2019年5月現在、バスパワー方式のHDDを選ぶ場合、容量は4TB以下から選ぶ必要があります。


選び方4. コスパの良さで選ぶ

どうせ買い物をするなら、少しでもお得に買い物をしたいもの。HDDのコストパフォーマンスを計る指標の一つに、1TBあたりの価格というものがあります。例えば、4TBのHDDが1万円であったなら、1TBあたりの価格が2500円ということになります。

2019年5月現在、外付けHDDの1TBあたりのコスパがもっともいいのは4TB周辺で、メーカーや売り出しの時期次第では1TBあたり2500円を切るモデルも存在します。

もちろん、不必要なほど大容量のHDDを購入する必要はありませんが、値段と性能を見比べてお得なものを選ぶという選択のしかたもありでしょう。


PS4/PS4Pro用の外付けHDDを選ぶ際の注意点

ここではPS4用に外付けHDDを導入するにあたって、見落としがちなポイントを解説します。せっかくHDDを購入するのですから「こんなはずじゃなかった」という失敗がないようによく注意しておいてください。


注意点1. データが消える恐れがあるため、なるべく丁重に扱う

HDDは熱に弱く、それ以上に稼働中の衝撃には非常に弱くなっています。据え置きの外付けHDDは堅牢な筐体に守られ、冷却ファンによって放熱がされていますが、ポータブル型のHDDは衝撃や熱への対策が充分でないものもあります。

万が一、HDDにほんの少しでも障害が発生した場合、HDD全体のデータが読み込めなくなってしまう可能性が高いため、外付けHDDはなるべく丁寧に扱うことを心がけてください。


注意点2. なるべく保証付きの商品を選ぶようにする

一般に「バスタブ曲線」の名で知られているように、あるゆる工業製品には一定の確率で初期不良が存在します。もちろん、外付けHDDもその例外ではなく、故障率の高い初期故障期があり、その後に比較的品質が安定する偶発的故障期がきます。

故障率の高い初期故障期のリスクを取り除いてくれるのが製品保証です。信頼のおける店舗で大手メーカーの商品を購入した場合、1年間の保証期間がつくことが多いため、リスク低減のためにも保証付きの商品を購入することが望ましいでしょう。


注意点3. 外付けHDDから別の外付けHDDにはデータを移動できない

PS4は外付けHDDを1台しか認識せず、外付けHDDを2台以上に増設するという運用はできなくなっています。

このため、最初に小容量の外付けHDDを購入したものの、容量が足りなくなって大容量の外付けHDDに買い換えた場合、古い外付けHDDから新しい外付けHDDへのデータの移動はほぼ不可能です。

将来、大容量の外付けHDDを必要とすることが考えられるなら、後々の手間を考慮して最初から大容量の外付けHDDを導入しておくことをおすすめします。


【容量別】PS4/PS4Proのおすすめ外付けHDDを大公開!

ここからはPS4用外付けHDDのおすすめ商品を紹介していきます。「1TB以下」などの容量ごとにグループ分けして紹介していくため、自分のプレイスタイルにあったカテゴリー、あるいはそれ以上の容量のカテゴリーからぴったりな商品を探してみてください。


「1TB以下」のPS4向け外付けHDD5選

ここからは容量が1TB以下の外付けHDDを紹介します。このグループは容量が小さい分、ポータブル型でもそこそこ安い価格で購入することもできますので、それほどHDDの容量を必要としない使い方をする方にとっては手軽に導入できる商品が揃っています。


1TB以下の外付けHDD1. バッファロー HD-LC1.0U3-BKF

BUFFALO USB3.1(Gen1)/3.0/2.0対応 PC/家電対応 外付けHDD 1TB ブラック HD-LC1.0U3-BKF
  • USBケーブルをつなぐだけで使えるかんたん仕様
  • 静音設計でゲームプレイ中や夜間の騒音を防止
  • PS4に連動して電源がON/OFFされる省エネ機能で余分な電気代がかからない

パソコン周辺機器メーカーとして国内大手の「バッファロー」から販売されている外付けHDDです。セルフパワー式の据え置き型外付けHDDで、ストレージ容量は1TBです。

筐体とHDDの間に制振ゴムを設置してHDD稼働時の振動を吸収することで振動音を低減させるとともに、冷却ファンを搭載しないことで静音設計になっています。

また、接続した機器に連動してHDDの電源もON/OFFする省エネ機能を搭載。エントリークラスながら必要な機能、あって嬉しい機能をしっかりそなえたコストパフォーマンスのいい外付けHDDで、どなたにもおすすめできる商品です。

お値段は1TBで約1万2,000円程。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:39 × 120 × 187(mm)
  • 重量:1.0kg
  • 稼働方式:セルフパワー式
  • ストレージ容量:1TB
  • インターフェース:USB3.1/USB3.0
  • メーカー:バッファロー

1TB以下の外付けHDD2. アイ・オー・データ機器 HDPT-UT1K

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 1TB ポータブル テレビ録画 PS4 Mac 日本製 土日サポート HDPT-UT1K
  • 手のひらサイズのコンパクト設計で、PS4のそばにおいても邪魔にならない
  • バスパワー方式であるため電源ケーブルをつながなくていい
  • 寝室に置いて稼働させても気にならないほどの静音設計

パソコン周辺機器の製造・販売大手の「アイ・オー・データ」から発売されているポータブル型外付けHDDです。

バスパワー方式ですから、PS4とUSBケーブル1本でつなぐだけでセッティングが完了します。冷却ファンがないこともあって動作音はほとんどせず、その静穏性はメーカーによる公称では「寝室で使っても音が気にならない」レベル。

HDDを使用する際にファンの音が気になっていた方にはおすすめしたい一台になります。

手のひらサイズで非常にコンパクトな点も魅力の一つ。PS4のそばにおいて邪魔にならない小型の外付けHDDをお求めの方は購入を検討してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:約75 × 112 × 14(mm)
  • 重量:約160g
  • 稼働方式:バスパワー
  • ストレージ容量:1TB
  • インターフェース:USB3.1/USB3.0
  • メーカー:アイ・オー・データ

1TB以下の外付けHDD3. Seagate STEA1000307

Seagate Expansion Portable HDD 1TB TV録画対応 電源不要 PS4動作確認済 3年保証 安心コールサポート有 外付け ハードディスク 2.5" STEA1000307
  • 最大手のHDD専業メーカーが製造・販売する安心感
  • 小型軽量かつ高い静穏性でPS4のそばに置いてもゲームプレイの邪魔にならない
  • 保証期間が3年間に設定されており、安心して購入、使用できる

ハードディスクドライブ専業にして最大手である、アメリカ「Seagate」から販売されているポータブル型外付けHDDです。

こちらの商品はTV用として販売されているものですが、容量1TB、USB3.0対応とPS4用外付けHDDとしての規格を満たしており、PS4に接続した後フォーマット(初期化してその機器で使えるように設定)すれば問題なく使用可能になります。

保証期間は3年間と長くなっており、自社製品への自信がうかがえます。しっかりしたメーカーの安心できる商品がほしいという方におすすめしたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:117 × 80 × 14.8(mm)
  • 重量:-
  • 稼働方式:バスパワー
  • ストレージ容量:1TB
  • インターフェース:USB3.0
  • メーカー:Seagate

1TB以下の外付けHDD4. シリコンパワー SP010TBPHDS03S3W

シリコンパワー ポータブルHDD 1TB 2.5インチ USB3.0/2.0対応 PS4 動作確認済 Stream S03シリーズ ホワイト SP010TBPHDS03S3W
  • 2019年5月現在で実売6000円前後と値段が安い
  • 保証期間が3年間と一般のメーカーより長く設定されており、安心して使える
  • マット加工により、指紋汚れや傷が付きにくい

「シリコンパワー」は台湾に本社を置き、おもにSDカードなどのメモリーカードの生産・販売で有名なメーカーです。ストレージ容量は1TB、バスパワー方式のポータブル型外付けHDDです。手のひらに収まるほどのサイズで、PS4のそばに置いてもほとんど邪魔にならないでしょう。

2019年5月時点で6000円前後と値段が安いだけでなく、保証期間が3年間と長く設定されており、安心して使えます。メーカー名ではなく、安く、安心なものを見つけて買いたいという方にぴったりでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:122.5 × 77.5 × 13.3(mm)
  • 重量:-
  • 稼働方式:バスパワー
  • ストレージ容量:1TB
  • インターフェース:USB3.1/USB3.0
  • メーカー:シリコンパワー

1TB以下の外付けHDD5. MARSHAL MAL31000EX3-BK

MARSHAL SHELTER 【据え置き】 3.5インチ 外付け HDD 【1TB】 据え置き USB 3.0 搭載 TV録画対応 ハードディスク MAL31000EX3-BK
  • 1TBで6000円ほどと価格が安い
  • PS4本体に連動して電源がON/OFFされるため節電効果が期待できる
  • LEDを背面に設置されているため、ゲームプレイ時などにランプの明滅が気にならない

MARSHALという、HDDやHDDケースを専門に扱う会社の製品。

ストレージ容量は1TBでセルフパワー方式で駆動します。PS4本体に連動してHDDの電源がON/OFFされる連動機能もそなえているなど、製品仕様としては必要な部分をしっかり押さえられている標準的なものです。

他メーカーの商品と比べると実勢価格がいくらか安い点が特徴で、2019年5月現在、1TBで6000円ほどとなっています。低価格でしっかりとした製品がほしいという方は購入の選択肢に加えてみてもいいでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:約32 ×118 ×184 (mm)
  • 重量:-
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:1TB
  • インターフェース:USB3.0
  • メーカー:MARSHAL

「1TB〜3TB以下」のPS4向け外付けHDD5選

ここからは1TB以上、3TB以下の商品を紹介します。ゲームのダウンロード購入をする人は、後々のことまで考えれば、最初からある程度の容量を備えた商品を購入しておいたほうが無難であるため、このグループから商品を選んでください。


3TB以下の外付けHDD1. アイ・オー・データ機器 AVHD-URSQ2

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 2TB テレビ録画 SeeQVault ディーガ推奨 日本製 土日サポート AVHD-URSQ2
  • 24時間連続録画など高負荷にも耐えられる高信頼のHDDを採用、故障のリスクが低い
  • 防振・騒音対策により、ゲームプレイ中に雑音に悩まされない
  • PS4本体と連動して電源がOFFになり、電気代を節約してくれる

本来はTV録画用のHDDであり、テレビの周辺に置いても気にならないコンパクトで薄い筐体が特徴的です。

テレビ録画用であることから、24時間連続録画など高負荷にも耐えられるハイグレードHDDを採用しており、PS4用として使っても故障率が低いというメリットを受けられます。

筐体には防振・騒音対策を施されているため雑音で集中を阻害されることなくゲームに集中できます。

高信頼性を売りにした商品であり、少々お値段は高くなってしまいますが、なによりも信頼性を重視したいという方におすすめしたいHDDです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:215 × 187 × 35.5(mm)
  • 重量:1.4kg
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:2TB
  • インターフェース:USB3.1/USB3.0
  • メーカー:アイ・オー・データ

3TB以下の外付けHDD2. SEAGATE STEB3000308

Seagate 外付  TV録画対応 3TB 静音 HDD PS4 動作確認済 縦・横置可 省エネ3年保証 USB3.0 ハードディスク 3.5" データ復旧サポート(有償) STEB3000308
  • 縦置きにも横置きにも対応しており、設置の自由度が高い
  • ファンレス設計になっており、雑音でゲームプレイ中の集中を乱されない
  • 3年間の保証がついており、安心して購入・使用できる

ストレージ容量は3TB、縦置きにも横置きにも対応する据え置き型のHDDです。

縦置き・横置きのどちらにも対応している上、厚さがわずか3.6cmとスリムな設計になっているため、テレビやPS4のすき間にすべり込ませればほとんど邪魔にならず設置できるでしょう。

製品の保証期間は3年間に設定されており、長期間の安心が約束されています。手頃な価格で高信頼の商品を買いたいという方におすすめの商品です。

3TBでお値段は1万円以下とコスパ◎の一台になります。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:176 × 120.6 × 36(mm)
  • 重量:-
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:3TB
  • インターフェース:USB3.0
  • メーカー:Seagate

3TB以下の外付けHDD3. バッファロー HD-NRLD2.0U3-BA

バッファロー HD-NRLD2.0U3-BA 2TB 外付けハードディスクドライブ スタンダードモデル ブラック
  • 2019年5月現在8000円前後と値段が安い
  • 防振ゴムとファンレス設計によりゲームプレイ中の集中を乱す不快な騒音をカット
  • テレビ録画用としても使われるため放熱対策は万全、熱による故障のリスクが低い

バッファローから販売されているストレージ容量2TBの据え置き型外付けHDDです。

注目すべき点はまず、8000円前後と安い価格でサポートのしっかりしている大手メーカーの製品が手に入るというところです。防振シリコンゴムを使用するとともにファンレス設計にして、ゲームプレイの集中を乱す不快な稼働中の騒音を低減しています。

テレビ用としても販売されている商品であり、連続稼働を前提にしていますのでファンレスとはいえ放熱対策も万全です。

値段が安いだけでなく基本的な機能もしっかりしているため万人におすすめできる商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:114 × 33 × 171(mm)
  • 重量:0.9kg
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:2TB
  • インターフェース:USB3.1/USB3.0
  • メーカー:バッファロー

3TB以下の外付けHDD4. アイ・オー・データ EC-PHU3W2D

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 2TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W2D
  • 実勢価格で8500円前後(2019年7月現在)と値段が安い
  • 寝室で使っても気にならない騒音レベルを実現し、稼働音がゲームプレイの邪魔にならない
  • バスパワー方式、かつコンパクトな本体でPS4周りをすっきりまとめられる

アイ・オー・データから販売されている、ストレージ容量2TBのポータブル型HDDです。

ポータブル型なので本体サイズは小さく軽く、PS4本体のそばに置いても邪魔になりません。また、騒音はアイ・オー・データ独自の評価基準で「寝室で使っても気にならない」というレベルに抑えており、ゲームプレイ中の集中を阻害されることがありません。

データ転送速度の速いUSB3.1を搭載し、価格が安いながらも使い勝手のいい商品。ポータブル型HDDですっきりとPS4周りをまとめたいという方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:75 × 112 × 20(mm)
  • 重量:230g
  • 稼働方式:バスパワー
  • ストレージ容量:2TB
  • インターフェース:USB3.1/USB3.0
  • メーカー:アイ・オー・データ

3TB以下の外付けHDD5. MARSHAL MAL32000EX3-WH

MARSHAL 3.5インチ 外付け HDD ホワイト White 白 2TB【大容量】 据え置き USB 3.0 搭載 TV録画対応【繋ぐだけ簡単設定】ハードディスク マーシャル SHELTER 2000GB MAL32000EX3-WH
  • 実勢価格で7000円を切る(2019年7月現在)という価格の安さ
  • LEDランプが背面に配置されており、ランプの明滅がゲームの集中を阻害しない
  • スリムな縦置きにも転倒の心配がない横置きにも対応、環境に合わせて最適な置き方が選べる

HDD専業メーカー、MARSHALから販売されている据え置き型外付けHDD。まず上げられるメリットは、2TBで実勢価格8000円を切るという安さです。

スリムで場所をとらない縦置きにも、転倒の心配がない安定した横置きにも対応しており、環境に合わせて置き方を変えられます。また、LEDランプを背面に配置しており、ランプの明滅が気になってゲームの集中が削がれることがありません。

とにかく安く外付けHDDを導入したいという方には有力な選択肢の一つになるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:36 × 187 × 112(mm)
  • 重量:-
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:2TB
  • インターフェース:USB3.1/USB3.0
  • メーカー:MARSHAL

「3TB〜5TB以下」のPS4向け外付けHDD5選

ここからはストレージ容量3TBから5TBの外付けHDDを紹介します。容量あたりのコスパはこのグループが一番優れています

もちろん、不必要に大容量のHDDを購入する必要はありませんが、3TBも4TBもほとんど値段が変わらないということもありますので、幅広く商品を見比べて検討してみてください。


5TB以下の外付けHDD1. SEAGATE STGD4000400

Seagate Gaming Portable HDD 4TB PS4 動作確認済 2.5" 外付 電源不要 Mac 対応3年保証 正規代理店品 安心コールサポート有 青 STGD4000400
  • PS4用に設定されてあり、つなぐだけで設定手順が表示、操作に迷うことがない
  • 100本以上のゲームを保存できる大容量ストレージによりHDD残量を気にせずゲームが楽しめる
  • 高速な転送速度により快適にゲームがプレイできる

HDD最大手、アメリカSeagateからが製造・販売するポータブル型外付けHDDです。ストレージ容量は4TBと一般のゲームプレイには充分な容量を備えており、ゲームソフト1本あたり20GBから50GBとすると、100本以上のゲームを保存できます。

USB3.0による高速な転送速度は内蔵HDDと遜色のない速度を実現し、快適なゲームプレイを約束してくれます。信頼あるメーカーによる大容量のHDDをなるべく低価格で購入したい方におすすめの、コスパ抜群の外付けHDDです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:113.5 × × 20.7(mm)
  • 重量:225g
  • 稼働方式:バスパワー
  • ストレージ容量:4TB
  • インターフェース:USB3.0
  • メーカー:Seagate

5TB以下の外付けHDD2. SEAGATE STEB4000304

Seagate 外付  TV録画対応 4TB 静音 HDD PS4 動作確認済 縦・横置可 省エネ3年保証 USB3.0 ハードディスク 3.5" データ復旧サポート(有償) STEB4000304
  • Seagate製の4TB外付けHDDでありながら実勢価格が1万円を割っており非常にお得
  • 厚さ3.6cmとコンパクトであり、縦置きにも横置きにも対応できて置き場所に困らない
  • 3年間の保証期間がついており、安心して購入・使用できる

一流メーカー製の4TBの外付けHDDが1万円前後で購入できるのは非常にお得だといえるでしょう。PS4と接続してフォーマット(初期化と初期設定)すれば、細かな設定が不要で簡単に使える点がメリットです。

自社製造品ということもあってか、保証期間は3年間と長く設定されているのも嬉しいところ。信頼あるメーカーの製品が安く、しかも長い保証期間がついて購入できるため、4TBの容量を求める方にはぜひおすすめしたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:176 × 120.6 × 36(mm)
  • 重量:-
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:4TB
  • インターフェース:USB3.0
  • メーカー:Seagate

5TB以下の外付けHDD3. WESTERN DIGITAL WDBBKG0040HBK-JESN

WD HDD 外付けハードディスク 4TB Elements Desktop USB3.0 WDBBKG0040HBK-JESN / 2年保証
  • シンプルな外観でテレビ周り・PS4周りに置いても自然に馴染ませられる
  • 一流メーカーの自社製外付けHDDドライブを1万円前後という低価格で購入できる
  • 2年間の保証つきで、安心して購入・使用できる

アメリカのHDD、フラッシュメモリ製造メーカーであるWESTERNDIGITALが製造・販売している外付けHDDです。ストレージ容量は4TB、セルフパワー駆動方式です。

保証期間は2年間と一般のメーカーよりも長く設定されており、大手メーカーの自社製造品であることと加えて安心感があります。

静音設計・効率よく内部の熱を放熱する仕組みが設けられており、長時間稼働させても騒音を発生させにくくなっています。存在を忘れてしまうほどシステムの中に自然に溶け込んでしまうHDDをお探しの方は選んでみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:48 × 135 × 165(mm)
  • 重量:0.95kg
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:4TB
  • インターフェース:USB3.0
  • メーカー:WESTERN DIGITAL

5TB以下の外付けHDD4. アイ・オー・データ HDCZ-UT3WB

アイ・オー・データ機器 USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)/2.0対応 外付ハードディスク 3TB ホワイト
  • 据え置き型としてはコンパクトな設計になっており、簡単に設置できる
  • 内部に空気の層を作らない設計と筐体表面の凹凸が内部の熱を効率的に逃がし、ファンレスでも充分な冷却性を確保、熱による障害発生を回避
  • ファンレス構造や防振ゴムの働きにより作動音を低減、ゲームプレイ中に集中が妨げられない

アイ・オー・データから販売されている、コンパクトな据え置き型外付けHDDです。コンパクトさは設置性を高めてくれるとともに、内部の空間が少ないことで静音設計にもつながっています。

筐体内部で断熱材の働きをする空気の層がない分だけ放熱性がよくなっており、特徴的なデザインで表面積を大きくしていることもあってファンレスでもHDDの駆動による熱を外に逃がす構造になっています。

ストレージ容量は3TB、接続はUSB3.1で高速度のデータ転送が可能と充分な実力を秘めており、コンパクトかつ高性能なHDDが良いという方は購入を検討してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:34 × 172 × 115(mm)
  • 重量:0.8kg
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:3TB
  • インターフェース:USB3.1/USB3.0
  • メーカー:アイ・オー・データ

5TB以下の外付けHDD5. MARSHAL MAL33000EX3-BK

MARSHAL SHELTER 【据え置き】 3.5インチ 外付け HDD 【3TB】 据え置き USB 3.0 搭載 TV録画対応 ハードディスク MAL33000EX3-BK
  • 標準的な機能を備えながら、同容量の他メーカー品と比べると実売が9000円前後と価格が安い
  • LEDが背面に配置され、ランプの明滅でゲームの集中を乱されない
  • 縦置きにも横置きにも対応し、設置の自由度が高い

HDD、HDDケースを手がけるMARSHALが販売する、ストレージ容量3TBで据え置き型の外付けHDDです。

初期ではパソコン用に設定されていますが、PS4に接続後、初期化と初期設定を行えば問題なく使用できます。PS4本体と連動して自動的に電源ON/OFFされるため、余計な電気代がかからないようになっています。

販売価格は大手メーカーのものと比べると実売で9000円前後(2019年7月現在)と安く設定されているにも関わらず、必要な機能を充分に備えたモデルです。コスパのいいHDDをお求めの方におすすめしたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:32 × 118 × 184(mm)
  • 重量:-
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:3TB
  • インターフェース:USB3.0
  • メーカー:MARSHAL

「5TB〜8TB以下」のPS4向け外付けHDD5選

ここからは5TBから8TBのPS4向け外付けHDDを紹介していきます。PS4で頻繁に録画した動画を保存したり、PS PLUSに加入してゲームのダウンロードをしたりする人は、このグループからHDDを選んでいただくのが良いでしょう。


5TB以上の外付けHDD1. アイ・オー・データ機器 EX-HD6CZ

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 6TB テレビ録画 TV接続ガイド付 PS4 Mac 故障予測 日本製 土日サポート EX-HD6CZ
  • 6TBのHDDとしては安価な価格設定でコストパフォーマンスが高い
  • 防振ゴムとファンレス構造で「リビングで使っても音が気にならない」レベルに騒音を抑え、快適にゲームプレイができる
  • 無駄のない構造と筐体表面の凹凸により、ファンレスでも充分な放熱性を実現、熱による障害を防ぐ

ストレージ容量は6TB、接続はデータ転送速度の速いUSB3.1接続で、こちらも音量を意識した一台です。

2万円を切る実勢価格で販売されており、6TBの外付けHDDの中では価格が安く、コストパフォーマンスを重視してHDDを選びたい方には有力な選択肢になるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:34 × 172 × 115(mm)
  • 重量:1.3kg
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:6TB
  • インターフェース:USB3.1/USB3.0
  • メーカー:アイ・オー・データ

5TB以上の外付けHDD2. SEAGATE STEB8000100

Seagate 外付 8TB 静音 HDD PS4 動作確認済 縦・横置可 省エネ3年保証 USB3.0 ハードディスク 3.5" 有料データ復旧サポート 日本語サポートコールSTEB8000100
  • 最大手HDDメーカーSeagateが製造・販売する安心感
  • PS4で使用できる最大容量8TBのHDDを搭載しており、最高の環境でゲームがプレイできる
  • 3年間の製品保証がついており、安心して購入・使用できる

縦置き・横置き両対応や、静音機能や省電力機能、PS4本体と連動しての電源ON.OFFなど、基本となる機能はもちろん一通り押さえられています。

PS4で使用できる最大容量である8TBのHDDを搭載しており、ゲームのダウンロードやプレイ動画の録画などを、HDD容量を気にせずに行えます。余計なことに気をとられずに、PS4の性能をフルに発揮してゲームを堪能したいという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:176 × 120.6 × (mm)
  • 重量:-
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:8TB
  • インターフェース:USB3.0
  • メーカー:Seagate

5TB以上の外付けHDD3. アイ・オー・データ HDCZ-UTL6K/E

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 6TB テレビ録画 コンパクト PS4 Mac 故障予測 日本製 土日サポート HDCZ-UTL6K/E
  • 1TBあたり2700円ほどとコストパフォーマンスの高い価格設定
  • 騒音が気になりにくい設計で、ゲームプレイの邪魔になりにくい
  • 縦置き、横置き両方に対応しており、設置の自由度が高い

アイ・オー・データから販売されているストレージ容量6TBの据え置き型外付けHDDです。縦置きにも横置きにも対応した厚さ3.5cmのスリムボディは、テレビ周りのすき間やテレビの背面などにスペースを無駄にすることなく設置できます。

昔なら6TBとなると大きな幅を使っていましたが、いまではそれは気にしなくても大丈夫なくらい小さくなりました。

縦置き・横置き両方に対応しており、価格が安く扱いやすい手ごろなHDDがほしいという方に最適なHDDです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:34 × 172 × 115(mm)
  • 重量:1.3kg
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:6TB
  • インターフェース:USB3.1
  • メーカー:アイ・オー・データ

5TB以上の外付けHDD4. シリコンパワー SP050TBPHDA60S3K

シリコンパワー ポータブルHDD 5TB 2.5インチ USB3.0対応 IPX4 防水 耐衝撃 キズに強い PS4 動作確認済 3年保証 SP050TBPHDA60S3K
  • ポータブルHDDで5TBの大容量を実現
  • 防水性能や耐衝撃性能を有し、万が一、水濡れや落下させてしまっても壊れにくい
  • 3年間の動作保証がついており、安心して購入・使用できる

HDDやメモリーカードなどの製造・販売メーカーであるシリコンパワー製のポータブル型外付けHDDです。この製品は水濡れや衝撃にも耐性がある点が売りになっており、大切なPS4のデータをしっかり保護してくれる上、万が一の時のための保証も3年間に設定されています。

また3メールの落下テストに合格してたり、防水対策もしてたりとあらゆる事態を想定した一台になります。

2019年7月現在、6TB以上のポータブルHDDが存在しないため、ポータブルHDDでできるだけ大容量のものを選ぶなら、5TBのものを選ぶ必要があります。ポータブルHDDでできるだけ大容量のものが欲しいという方におすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:138.5 × 23.2 × 85.9(mm)
  • 重量:-
  • 稼働方式:バスパワー
  • ストレージ容量:5TB
  • インターフェース:USB3.0/USB3.0
  • メーカー:シリコンパワー

5TB以上の外付けHDD5. LaCie STHA8000800

LaCie HDD 外付けハードディスク 8TB d2 Professional USBタイプC ブラック 5年間保証 STHA8000800
  • 洗練されたデザインで部屋のインテリアに違和感なく自然に溶け込む
  • Seagate製のブランドHDDを採用し、信頼性とパフォーマンスが約束されている
  • 5年間の保証期間がついており、安心して購入・使用できる

LacieはフランスのHDDメーカーで、高い信頼性と洗練されたデザインに定評があり、特にMacユーザーの間で人気の高いHDDメーカーです。

世界的に有名なデザイナー「Neil Poulton」氏が手がけた洗練した製品デザインが特徴です。

故障率が低くデータ転送速度の速いSeagate製の高信頼・高パフォーマンスのシリーズである「BarraCuda Pro」をHDDとして採用、製品保証期間は5年間と他メーカーを圧倒する長期期間を定めています。

少々高価ではありますが、性能と信頼性、デザイン性を兼ね備えたHDDをお求めの方におすすめしたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 本体サイズ:60 × 130 × 188.5(mm)
  • 重量:1.4 kg
  • 稼働方式:セルフパワー
  • ストレージ容量:8TB
  • インターフェース:USB3.1/USB3.0/Type-C
  • メーカー:Lacie

ブランドで選ぶのもアリ!高性能な外付けHDDを販売する人気メーカー3選

外付けHDD選びに迷ったら、メーカーから選んでみるというのも一つの考え方です。大手メーカーなら商品にも一定の信頼がありますし、保証などのサポート体勢もしっかりしています。

国内外の多数のメーカーが外付けHDDを製造・販売していますが、ここではバッファロー、エレコム、東芝という国内3社を代表として取り上げて、それぞれのメーカーの特徴や製品の傾向などを解説します。


人気メーカー1. 『BUFFALO(バッファロー)』

BUFFALO ミニステーション USB3.1(Gen1)/USB3.0用ポータブルHDD 1TB HD-PCFS1.0U3-BBA

バッファローは1975年創業と長い歴史をもつパソコン周辺機器メーカーです。外付けHDDはもちろん、無線LANルーターやマウス・キーボードなどの周辺機器や、パソコン内部パーツのメモリ、ハードディスクなど、パソコン関連全般を取り扱っています。

この業界では大手であり、一般の家電量販店などでも多く販売されているため、実際の商品を手にとって見やすく、サポートも受けられる点が魅力です。パソコン関連にあまり自信がないという方にもおすすめのメーカーです。

バッファローの外付けHDDを見る


人気メーカー2. 『ELECOM(エレコム)』

BUFFALO ミニステーション USB3.1(Gen1)/USB3.0用ポータブルHDD 2TB HD-PCFS2.0U3-BBA

バッファローと同じくパソコン関連の周辺機器を取り扱う企業です。外付けHDDはもちろんのこと、無線LANルーターや電源タップ、スマートフォン関連アクセサリーなど幅広く取り扱っています。

自社で生産設備をもたず、国内外のメーカーの製品を自社ブランドで販売するという手法をとっています。バッファローと同じく一般家電量販店で多く販売されているため、実際に商品を手に取って見られる、かんたんにサポートを受けられるためパソコン関連にあまり自信がないという方におすすめのメーカーです。

エレコムの外付けHDDを見る


人気メーカー3. 『東芝』

東芝 Canvio 2TB USB3.0対応 外付けポータブルHDD ブラック バッファローサポート対応 国内メーカー 小型 PC Mac コンパクト HD-TPA2U3-B/N

東芝はその設立が明治にまでさかのぼる歴史ある日本の総合電機メーカー、重電メーカーでもあります。そんな東芝は2018年までdynabookブランドでノートパソコンを製造・販売しており、HDDは現在でも自社製造しています。

東芝の外付けHDDの特徴は、まずその信頼性にあります。ただし、販売価格は他のメーカーと比べると同等かやや割高であることが多いです。何よりも信頼性を重視したい方には東芝製品が良いでしょう。

東芝の外付けHDDを見る


PS4をより楽しめるような外付けHDDを選んでみて

PS4に使える外付けHDDには多くの種類があります。PS4用として販売されているものを使ってもいいですし、パソコン用、あるいはテレビ用として販売されているものでも、接続後、フォーマットしてやれば普通に使用可能になります。

とにかく商品数が多いので、選択肢が多くて迷ってしまうかもしれませんが、容量や接続方法、価格など、自分にあった条件で絞り込んでいけばそれほど悩むことはなくなるはずです。記事を参考に、ぴったりな1台を見つけてください。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事