おしゃれで人気のオイルポットのおすすめ15選【アミ式&フィルター式】

使用した油をろ過して保存しておくオイルポット。ご家庭で揚げ物をする場合はオイルポットがあると重宝します。アミ式orフィルター式はもちろん、一人暮らしにも使える小型のかわいいものから、お手入れし易い主婦の味方のまで揃っているので、これからオイルポットの購入を考えている場合には参考にしてみてくださいね。では、選ぶ際のポイントとおすすめのオイルポットをご紹介します。

揚げ物をする方必見!おすすめのオイルポットを大公開

おすすめのオイルポットを大公開

家庭で揚げ物を行った後、油の保管に困ったことはありませんか。そのような時に使い勝手のいいオイルポットが1つあれば、油をこして保管できるので大変便利です。オイルポットを選ぶ際にはいくつかポイントがあります。また、自分に合った製品を選ぶためには、たくさんあるオイルポットを比較検討することをおすすめします。

そこで今回はおすすめのオイルポットを15個紹介します。特に揚げ物を沢山行うなら、一つは選んでみてはいかがでしょうか。


オイルポットのタイプは主に2種類ある。

オイルポットの種類は2種類ある

市販されているオイルポットは、ろ過方法によって「アミ式」と「フィルター・カートリッジ式」の2種類に大きく分けることができます。オイルポットを購入しようと考えている場合には、まずどちらの方法で油をろ過させるのかを選ぶ必要があります。アミ式とフィルター・カートリッジ式には、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。詳しくご紹介していきます。


アミ式オイルポットのメリット&デメリットとは

最初にご紹介するのは、アミ式オイルポットのメリットとデメリットです。油をこすアミが一体になっていて使い勝手のいいオイルポットは、普段の生活の中に気軽に取り入れられるという点で人気があります。アミの粗さについては、オイルポットを使う環境や個々の好みによって適するものが違ってきますので、購入前によく確認しておきましょう。


アミ式オイルポットのメリット

アミ式オイルポットのメリットは、なんといってもコストパフォーマンスが高いところ。油をこすためのフィルターやカートリッジを購入する費用がかからないのでお財布に優しいことが最大のメリットではないでしょうか。アミの種類や構造は製品によってさまざまなので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。中には、粗いアミと細かいアミの両方が付いている製品もあります。


アミ式オイルポットのデメリット

アミ式オイルポットは、揚げ物をした後の油かすを取ってくれますが、油をこす方法としては簡易的なので、消臭効果まで期待することは難しいです。また、目が細かいアミだと、油を濾すのに少し時間がかかってしまう場合もあるでしょう。コスト面を重視しており、機能については最低限のものが付いていればいいという方にはアミ式のオイルポットが人気です。


フィルター・カートリッジ式オイルポットのメリット&デメリットとは

油をきれいにこしたい、または使用した油を長く使いたいという人に人気なのが、フィルターやカートリッジを使っているオイルポットです。アミ式に比べると、機能面で優れているイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。フィルターやカートリッジ式のオイルポットを購入する前に知っておきたいメリット・デメリットをご紹介します。


フィルター・カートリッジ式オイルポットのメリット

アミ式のオイルポットに比べると、使用後の油をより丁寧にこすことができるというのがメリット。また、使用後の油のニオイが気になる方にも、フィルター・カートリッジ式のオイルポットが人気です。オイルポットはコスト面よりも機能面を重視するという方で、油をきれいな状態にしてより長く使いたいという場合にはおすすめです。


フィルター・カートリッジ式オイルポットのデメリット

油をこすためのフィルターやカートリッジは消耗品ですので、足りなくなったら購入しないといけないというのがデメリット。さらに、オイルポット自体もアミ式のものより価格が高い傾向がありますので、コスト面を考えるとアミ式の方がいいと感じる方もいるかもしれません。コスト面が多少かかっても、より丁寧に油をこしたいという方には、フィルターやカートリッジを使うオイルポットの方が適しているといえるでしょう。


オイルポット選びで大切なこと

オイルポット選びで大切なこと

オイルポットの主要な種類を紹介した後にお届けするのは、大切な選別方法になります。オイルポット選びは

  1. アミ式 or フィルター・カートリッジ式
  2. 本体サイズ
  3. 手入れのしやすさ

の3点を確認しておくことが大切です。ここからは3つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. アミ式 or フィルター・カートリッジ式

まず、オイルポットを選ぶ際にポイントとなるのが、油をこす方法です。アミ式を選ぶか、それともフィルター・カートリッジ式を選ぶかということは事前に決めておくといいですね。先にご紹介したように、それぞれにメリット・デメリットがあります。特にフィルター・カートリッジ式のオイルポットは消耗品の購入に関する費用が掛かってきますので、コスト面をしっかり考慮に入れておきましょう。


2. 本体サイズ

オイルポットを選ぶ際には本体のサイズも重要なポイントです。なぜなら油は冷暗所に保管するのが基本になるので、環境によっては場所が限られてくるからです。想定される保管場所に応じたサイズでないと、使いにくいですよね。購入した後に保管場所を決めるのではなく、あらかじめ保管場所を決めてから購入した方がサイズも、ピッタリのものを選ぶことができるでしょう。


3. 手入れのしやすさ

油を入れるオイルポットは、お手入れがしやすいかどうかも考慮に入れて選ぶようにしましょう。お手入れしにくいものを選んでしまうと、汚れも溜まりやすくなってしまいます。保管している油の質にも悪影響を与える可能性がありますので、いい状態で油を保管しておきたいならこまめにお手入れがしやすいオイルポットを選ぶようにしましょう。


オイルポットのおすすめ15選

では、ここからは市販されているオイルポットの中から、特に人気の高いおすすめの製品を厳選してご紹介していきます。ろ過方法やサイズが異なるのはもちろん、オイルポット自体のデザインもさまざまなものを集めました。せっかく使うなら気に入ったデザインのものを使いたいもの。厳選した15個のオイルポットの中からお好みの品を探してみてくださいね。


1. 貝印 2重口 1.2L 油だれストップ設計 DZ-0709

貝印 2重口 オイルポット 1.2L 油だれストップ設計 テフ...

貝印のオイルポットは、シンプルなデザインが目を引く一品。キッチンに置いていても違和感なく使えそうなところがポイントです。また、リーズナブルな価格ながらも、機能面も充実しているのが特徴でもあります。

まず1つめにご紹介したい機能が、油を注ぐ部分が2重口になっていること。2重になっていることにより、保存していた油を注ぐ際に液だれしにくくなるという効果が期待できます。2つめはアミが細かいということ。細かい揚げかすもキャッチしてくれます。3つめはテフロンフッ素樹脂加工が施されているのでお手入れが簡単なこと。以上3つを踏まえて油をいい状態で保管するのに役立ち多くの人に人気の商品になります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:アミ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):133×172×150mm
  • 容量:1.2L
  • 材質:本体/鉄(フッ素樹脂塗装加工)、ハンドル/フェノール樹脂(耐熱温度150度)、こし網- こし枠/18-8ステンレス、二重口/66ナイロン(ガラス繊維)

2. m.design MONO オイルポットmini 0.8L MAD-10

m.design MONO オイルポットmini 0.8L M...

万年のオイルポットはコンパクトサイズで、狭い場所でも保管しやすいのがポイント。カラーもモノトーンでシンプルなので、使いやすそうですね。オイルポットには塗布式シリコンコート加工が施されていますので、お手入れも簡単に出来て便利です。

鉄製のため、水分が残っているとさびが発生する可能性がありますので、お手入れの際には水分が残らないように注意しましょう。「あまり大きいサイズのオイルポットは場所を取る」と考えている方や、「たくさんの油を保存することはあまりないので小型サイズのオイルポットがいい」と思っている方には特におすすめの製品です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:アミ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):幅134×高さ104×奥行187mm
  • 容量:0.8L
  • 材質:本体- 中皿- フタ/鉄(シリコン加工)、中アミ/ステンレス、取っ手/フェノール樹脂

3. アイリスオーヤマ 活性炭 900ml カートリッジ1個付 白 H-OP900

アイリスオーヤマ オイルポット 活性炭 900ml カートリッ...

「アイリスオーヤマ」のオイルポットは木質系活性炭カートリッジを使用しているのが特徴。細かく丁寧に油のろ過が行われるので、使用済みの油をいい状態でポットに保管できます。オイルポットの構造は、上から細密こしあみ・ろ過ポット・活性炭フィルター・注ぎ口リング・保存ポットとなっています。

また、カートリッジは1個で約10回使用できるので経済的。気になるニオイをシャットダウンしつつ、使用後の油の色をきれいに保ちたいという方にもおすすめの製品です。しかも、本体にはフッ素加工が施されていますので、日々のお手入れもしやすくなっているのも良いですね。良い状態で油を保存したいと考えている方は選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:カートリッジ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):幅18.5×高さ17.8×奥行15.5cm
  • 容量:約900ml/保存ポット:約900ml(適正容量)/ろ過ポット:約800ml(カートリッジ接続時の満水容量)
  • 材質:ふた- ろ過ポット:スチール(フッ素樹脂加工) 取っ手:フェノール樹脂(耐熱120℃) リング:66ナイロン(耐熱200℃) こしあみ:ステンレス鋼

4. パール金属 1.2L H-5070

パール金属 オイル ポット 1.2L 受皿付 フッ素加工 オー...

深いブルーカラーがおしゃれなオイルポットは「パール金属」の製品。小型サイズで収納に際して場所を取らないという点もメリットですね。また、リーズナブルな価格でオイルポットが手に入るのも魅力的。限られた量の油が保管できればいいという場合にはピッタリの製品です。

構造はシンプルで付属の細かいアミを使って油を濾すタイプのもの。油を保管するための基本的な機能を備えていればいい、という方にも人気のオイルポットです。ちなみに、容量は1.2Lで重量は本体と受け皿合わせて360gと軽量なのもいいところ。手軽に油を保管することができますね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:アミ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):ポット(約)/幅190×高さ165×奥行135mm
  • 容量:1.2L
  • 材質:本体- ふた- 受皿/鉄(ふっ素樹脂加工)、こし網ワク部/ステンレス鋼、アミ部/18-8ステンレス鋼、取っ手- つまみ/フェノール樹脂(耐熱温度140度)

5. 18-0 二重アミ式 オイルポット 1.2L

18-0 二重アミ式 オイルポット 1.2L

一菱金属のオイルポットは、アミが二重構造になっているのがポイント。目の粗いアミと細かいアミがセットになっているので、細かい揚げかすを逃さずキャッチしてくれることでしょう。アミが1つだけのものに比べると、より丁寧に油をこすことが可能です。

また、オイルポットはステンレスでできており、見た目がシンプルなのもいいところ。二重アミ構造になっているにもかかわらず、片手で持てるくらいの小型サイズなので保管する際に場所を取らないので使い勝手も抜群ですね。アミ式のオイルポットをお探しの方に、ぜひともおすすめしたい製品です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:アミ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):φ130×H120mm
  • 容量:1.2L
  • 材質:18-0ステンレス

6. 丸五産業 ファミリーコスロン

丸五産業 ファミリーコスロン

丸五産業のオイルポット「ファミリーコスロン」の特徴は、強力なフィルターで油をしっかりろ過するということ。油こしと上容器の間にパルプ100%のフィルターをセットして使う構造のため、本体の高さがあります。購入する場合には、事前に倒れないような安定感のある保管場所を決めておくといいですね。

ろ過された油は、容量が約1.2Lある下容器に溜まっていく仕組みになっています。さらに油こし部分の網で大きめお揚げかすをキャッチできるので、より丁寧に油をこすことが可能。本格的な仕様のオイルポットをお探しの方におすすめの製品になります。価格は約3,7000円。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:フィルター、アミ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):直径13×高さ21cm
  • 容量:上容器1L、下容器1.2L
  • 材質:本体/18-8ステンレススチール、ろ網/18-5ステンレススチール、おもり/18-0ステンレススチール、ろ過紙/天然パルプ100%

7. ホーロー オイルポット 1.1L HO-OP

ホーロー オイルポット 1.1L HO-OP

ホーローのオイルポットは、可愛らしいデザインが施されているのが特徴。「キッチン用品は、使うたびに気分が明るくなるようなもので揃えたい」という方に人気の製品です。フタのすぐ下に細かい目のアミが付いており、丁寧に油をこしてくれます。

片手で持てるくらいのコンパクトサイズで、本体重量も620gと軽量なのが特徴。重たいポットは避けたいという方にもピッタリですね。また、本体に注ぎ口が付いていますので、保管しておいた油を再度使いたい時にも便利です。デザイン面を重視したおしゃれなオイルポットなので、キッチンを華やかにしてくれる一本になります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:アミ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):幅175×高さ160×奥行125mm
  • 容量:1.1L
  • 材質:ホーロー用鋼板

8. パール金属 ジーヴォ ホーローオイルポット1.1L HB-1508

パール金属 ジーヴォ ホーローオイルポット1.1L(ホワイト)...

パール金属のオイルポット「ジーヴォ ホーロー」は、シンプルな見た目が印象的。ホーロー製なので酸やアルカリにも強いのがメリットです。さらに表面はガラスなのでお手入れもしやすいですね。衛生面も考えていい状態で油を保存できるでしょう。外側と同様に、オイルポットの内側も白1色なので油の量や色が見やすいのも特徴。

白いカラーは容器の汚れも確認しやすいので、清潔さを保ちたい時にも役立つことでしょう。お手入れの際に食器洗い機や乾燥機は使えませんが、保管中に転倒する可能性を低くするために、少し重厚な感じのするオイルポットが欲しいという場合にはおすすめです。おしゃれなアイテムを揃えたいという方は選んでみてくださいね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:アミ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):約幅17.5×高さ20×奥行12.5cm
  • 容量:1.1L
  • 材質:ホーロー製

9. パール金属 プローズ 1.2L オーバル型

パール金属 プローズ シリコーン加工 オイル ポット オーバル...

今までの丸型と違い、卵のような形をしたパール金属のオイルポット。丸型と違い、少し注ぎやすさを考慮した一品になります。収納にも適しており、購入者からは人気の高いオイルポットです。(財)製品安全協会のSGマーク認定商品なので品質面でも安心できますね。

『プローズ』はシリコーン加工が施されているうえにフッ素含有されているため、お手入れが簡単にできるのも嬉しいポイントになりますね。細長い形状のオイルポットを探している方は選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:アミ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):(約)幅200×高さ155×奥行110mm
  • 容量:1.2L
  • 材質:本体- ふた- こし網ワク部/鉄(ふっ素含有シリコーン樹脂塗装)、アミ部/ステンレス鋼、取っ手- 蓋つまみ/フェノール樹脂(耐熱温度150度)

10. 富士ホーロー 1.5L レッド 「活性炭カートリッジ付」 OP-1.5C・R

富士ホーロー オイルポット 1.5L レッド 「活性炭カートリ...

「富士ホーロー」のおしゃれなオイルポットは、活性炭カートリッジ付きなのがポイント。活性炭を活用することで、不純物をしっかり取り除いてくれる効果が期待できます。不織布のフィルターよりも優れている点ですね。

また、オイルポット本体はホーロー製なので腐食に強いのもメリット。キッチンに欠かせないオイルポットを長く使うことができますね。オイルポットの構造は、上からフタ・こし網・活性炭取付けワク・本体となっています。カラーバリエーションはレッドの他にもピンク・ホワイト・ニューイエローと豊富に揃っていますので、お好みに合わせてチョイスしてみてくださいね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:アミ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):幅19.8×高さ17.2×奥行15.6cm
  • 容量:1.5L
  • 材質:鉄ホーロー

11. ホーローオイルポット・ホームピッカーSC-10 ホワイト

ホーローオイルポット・ホームピッカーSC-10 ホワイト

大一アルミニウムのオイルポットはシンプルなデザインが目を引く一品。何よりの特徴は、油の濾し方です。2重こしアミ構造になっており、細かい揚げかすまでキャッチすることができます。上下2段にわたってステンレスメッシュが使われており、油を濾す際に活躍。

よりいい状態で油を保管できると人気の高い製品です。また、18-8ステンレス鋼を使用しており、お手入れも簡単。衛生面でも機能的なオイルポットとなっています。ご紹介しているのはホワイトカラーのポットですが、同じシリーズにはレッドやキャメルといったカラーもあるので、お好みにあわせて選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:アミ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):外径125×高さ182×最大幅175㎜
  • 容量:1L
  • 材質:本体:ホーロー用鋼板- こしアミ:ステンレス- こしアミ枠:アルミニウム

12. エコ・ラ・ロッカ 深型油受けフッ素オイルポット 1.3L DER-5228

エコ・ラ・ロッカ 深型油受けフッ素オイルポット 1.3L DE...

和平フレイズのオイルポット「エコ・ラ・ロッカ」は、フッ素樹脂加工が施してある製品。汚れがつきにくいうえに、お手入れもしやすくなっているので、日々の管理が楽に行えます。また、油を保管しておく部分が深いので、油が酸化しにくい仕組みになっているのも嬉しいポイントですね。

同じシリーズの製品には油受けが深型でない種類もありますが、油をいい状態で保管しておくという面では、深さがあるポットの方がおすすめです。シンプルなデザインなので、キッチンにおいても違和感なく使えることでしょう。深い油受けのオイルポットをお探しの方は選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:アミ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):170×130×215mm
  • 容量:1.3L
  • 材質:本体/鉄(フッ素樹脂加工)

13. Panasonic 天ぷら油クリーナーレッツフライ 黒 TK-CT10-K

Panasonic 天ぷら油クリーナーレッツフライ 黒 TK-...

パナソニックのオイルポット『レッツフライ』は、活性炭内蔵のエコカートリッジを使って油をろ過する製品。使用後の油の気になるニオイや色をリセットするのに役立ちます(※エコカートリッジは約10回を目安に交換することが推奨されています)。いい状態の油をキープしておくためにも、カートリッジの交換はこまめに行うようにしましょう。

また「リターン注ぎ口」が付いているので、ポットの外側に油が垂れるのを防いでくれます。さらに、オイルポットを使う際には、使用した油を冷ましてからというものもありますが、『レッツフライ』は180℃以下の熱い油でも大丈夫なのも嬉しいメリットですね。約1万円以上とお値段は高いですが、家事の時短効果も期待できるパナソニックの一台を選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:カートリッジ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):高さ17.0×幅20.7cm(ハンドル含む)
  • 容量:ろ過容量 0.6L
  • 材質:ステンレス

14. フッ素コート 0.9L KWP-0.9

フッ素コート 活性炭 油ろ過ポット W 0.9L KWP-0.9

高木金属のオイルポットは、表面にフッ素樹脂塗膜加工が施されている製品。日々のお手入れのしやすさに大きく関わってくる重要な点ですね。オイルポット購入の際には、付属品として活性炭ろ過フィルターが1つ付いてくるのも嬉しいポイント。活性炭フィルターを活用することで油の酸化防止にもなりますね。

活性炭に加えて、酸価値抑制剤の効果で、長く使える油にできます。また、ろ過容量は約2L。油をためる部分が深いつくりなのも使い勝手の良さにつながっています。シンプルで使い勝手のいいオイルポットを探しているという方に、ぜひおすすめしたいオイルポットです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:アミ、フィルター
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):17.4×14.7×19cm
  • 容量:0.9L
  • 材質:本体/鉄、表面加工/フッ素樹脂塗膜加工、取っ手/フェノール樹脂、つまみ/フェノール樹脂、こしアミ/ステンレス、活性炭油ろ過フィルターW/パルプ- レーヨン- 活性炭- ケイ酸マグネシウム(使用温度/180度以下)(ろ過容量/約2L)

15. カクセー オイルポット アルファ 0.8L 高性能活性炭カートリッジ付き グリーン

カクセー オイルポット アルファ 0.8L 高性能活性炭カート...

「カクセー」のオイルポットは、本体・ろ過中容器がポリメチルペンテン(TPX)で作られており、保管する油の状態が一目でチェックできるのがメリット。容器には分量を量りやすいようにメモリも付いているので使い勝手抜群ですね。

0.8Lの油を一度に濾すことが可能です。また、天然バルブが主原料の高性能活性炭カートリッジ付きというのも嬉しいポイント。高性能活性炭カートリッジには活性炭とポリエステル繊維が織り込まれているため、ろ過性能がグンとUPした一品に。約8Lの油を使用した際、もしくは、前回の使用から約2ヶ月以上が経過している場合などが推奨されているカートリッジの交換ポイントです。管理がしやすい一台を探してる方は選んでみて。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:カートリッジ
  • 本体サイズ 幅×高さ×奥行き(cm):約W14×H22×D19cm
  • 容量:0.8L
  • 材質:[本体- ろ過中容器]ポリメチルペンテン(TPX) [蓋]ポリプロピレン [漉し網]ステンレス [布]不織布(レーヨン) [活性炭]木質系活性炭

揚げ物を良くするならオイルポットを有効的に使ってみて

有効的に使用するならオイルポットを使用してみて

オイルポットをこれから購入するという方、もしくは、オイルポットを新調したいという方に向けて、いろいろな種類の製品を取り上げご紹介してきました。オイルポットは製品ごとにサイズが違うのはもちろん、油のろ過方法の違いやデザイン性の違いなどもあります。

選ぶ際には、どのくらいの量の油が保管したいのかという点を考えておくことも大切ですし、ろ過方法によって発生するコストの違いにも着目していくことが重要です。もちろん、長く使い続けるには、気に入ったデザインであることも必要条件ですね。自分にあった一台を見つけてくださいね。


【参考記事】おすすめの料理鍋について大公開▽


【参考記事】キッチン用品のプレゼントを考えている方はこちら▽


【参考記事】料理で使いたいホットプレートのおすすめについて徹底レクチャー▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事