自走式草刈機のおすすめ8選|庭の雑草を安全に刈れる人気商品を徹底解説

おすすめの自走式草刈機をお探しの方へ。本記事では、自走式草刈機の特徴から選び方、おすすめの自走式草刈り機まで大公開!庭の草刈りができるものはもちろん、安全に使用できる商品も紹介していますので、気になった方はぜひチェックしてください!

自走式草刈機の魅力とは

自走式草刈機のおすすめ

自走式草刈機とは、軽く押すだけで駆動するエンジンを搭載した草刈機です。

電動式の刈払い機と違い持ち上げる必要がないため安定性が高く、広範囲の草刈りも安全に楽にできるのが魅力。エンジンを搭載していますが免許や資格も必要なく、乗用タイプの草刈機に比べると小回りも効くため、自宅の庭や自家畑などで効率的に草刈りをしたい方に最適です。


自走式草刈機の選び方|購入する前に確認すべき点とは

いざ、自走式草刈機を購入しようと思っても、多くのメーカーからいろいろな種類の自走式草刈機が販売されており、どのような基準で選ぶべきか悩んでしまう方も多いはず。

そこで、自走式草刈機を購入する前に確認しておきたいポイントを詳しく解説します。


自走式草刈機の選び方1.自分に合った「刈り取り方法」

自走式草刈機は大きく分類すると、以下の2種類に分けられます。

  • ロータリーナイフタイプ
  • ハンマータイプ

刈り取り方法によって使いやすさや適した場所が変わるため、用途に合わせて適したタイプを選ぶことが大切です。以下では、それぞれのタイプの特徴とメリット、デメリットを解説します。


家庭用におすすめ「ロータリーナイフ」の特徴とは

ロータリーナイフ式の自走式草刈機は、水平に配置された刈刃が回転して草を刈るタイプ。ハンマーナイフタイプに比べると小型で、価格も維持コストも安い傾向にあります。密集した草や背の高い草には対応できないこともあり、石などの障害物にも弱いのがデメリット。

小型で比較的取り扱いやすいため家庭用として人気の高いタイプです。


草の後処理がしやすい「ハンマーナイフ」の特徴とは

ハンマーナイフタイプの自走式草刈機は回転ドラムにY字型の刃が並んたタイプで、草を細かく粉砕しながら刈り取ります。成長し切った草丈のある雑草や小笹やヨシなどの硬い草にも対応でき、刈草は粉砕されるので刈跡も綺麗です。

デメリットはロータリーナイフタイプよりも高額で、刃数が多いため刈刃を交換する手間とコストがかかってしまうこと。

ロータリーナイフでは対応しきれない背の高い草や硬い草など、ヘビーユースにおすすめのタイプです。


自走式草刈機の選び方2. 除草したい面積や草丈に合ったものを選ぶ

自走式草刈機は機種によって刈り取れる幅や草の高さが変わります。一度に刈り取れる幅が狭くて広い面積を刈り取るのに時間がかかったり、除草したい草の背が高すぎて対応できなかったりとすることがあるため、除草したい場所の面積や草丈を確認して選ぶことが重要です。

一度に刈り取れる幅は刈幅、草の高さは刈高として表示されています。

同じ面積を刈り取るのでも、刈幅の広い草刈機の方が狭いものよりも往復させる回数が少なるため、広い場所を刈りたい方は刈幅の広いものを選ぶと効率的。また、空き地などで背の高い雑草を刈る必要があるなら、なるべく刈高の高いものを選ぶと良いでしょう。


自走式草刈機の選び方3. 斜面で使いたい人は「斜面適応角度」を確認して選ぶ

傾斜のある草地では自走式草刈機が横滑りしてしまったり、均等に草が刈れなかったりすることがあります。

傾斜地で使用する機会が多い場合は、斜面に適応できる自走式草刈機を選ぶことが大切です。

ローターリーナイフの斜面刈りタイプやスパイダーモアというタイプの自走式草刈機は車輪が大きめで駆動力を高めており、傾斜地での使用に向いています。あらかじめ除草したい傾斜地の勾配を計測しておき、対応できる斜面適応角度の自走式草刈機を選ぶようにしましょう。


自走式草刈機の選び方4. 使いやすい「ギア性能」を選ぶ

ギアチェンジ機能で前進と後進の切り替えができる場合、草刈機の向きを変える時に大きく旋回する必要がなく、効率的な除草作業が可能になります。また、狭い場所で方向転換をする時や斜面での作業の時に、機体がぶつかったり倒れてしまったりする心配も少なくなります。

ギアレバーは足元に付いているタイプと手元に付いているタイプがあり、手元に付いているタイプの方が操作性が良く便利です。


自走式草刈機の選び方5. 使い勝手が良くなる「機能」を選ぶ

自走式草刈機はかなりの振動がかかり、操作中や操作後に手が震えるような感覚が気になる方も多いでしょう。

稼動時の振動を抑える低振動タイプのものは、体への負担も軽減してくれるのでおすすめです。

また、住宅街で使用する場合は稼働音も気になりますよね。稼働音を抑える静音機能が付いているタイプなら、近所にも迷惑になりません。他にも、操作する人の体形に合わせてハンドルの高さや角度を変えられるハンドル調整機能や、斜面の上面と側面を同時に刈れる二面刈り機能など、便利に使える機能が付いているかを確認しましょう。


自走式草刈機のおすすめ8選|庭の手入れが簡単にできる人気商品を大公開

負担の多い草刈りの作業を効率的に行える自走式草刈機。広い面積の草刈りも楽々行えますが、どの自走式草刈機を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、自走式草刈機のおすすめ商品を厳選してご紹介します。


自走式草刈機のおすすめ1. HAIGE 自走式 エンジン草刈り機 HG-CK165B

HAIGE 草刈り機 自走式 エンジン 4サイクル 6馬力 ロータリー HG-CK165B 【西濃】
  • 刃の内側に後輪がありバーナイフ回転径のギリギリまで草が刈れるので、フェンス沿いや壁沿いもを刈りたい方におすすめ
  • 小回りのきく三輪車方式で、操作性と旋回性が高い
  • 12万円台と手ごろな価格なので家庭用に購入しやすい

フェンス沿い、壁沿い、狭い場所などでは、大型の自走式草刈機では刈り残しが出てしまうことも少なくありません。

「HAIGE」の『HG-CK165B』は、旋回性の高い三輪式のロータリーナイフタイプ。後輪をバーナイフの内側に配置しているため、壁やフェンスのギリギリまで草刈りできますよ。バーナイフの刈幅は約61cmとワイドなので広い草地にも対応。

狭い場所やフェンス沿いなどで使い勝手の良い自走式草刈機を探している方に、おすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ロータリーナイフ
  • 草幅:610 (mm)
  • 草高:25/40/55/75 (mm)
  • 斜面適応角度:ー
  • ギアチェンジ:◯
  • その他機能:ハンドル調整、三輪車旋回性

自走式草刈機のおすすめ2. クボタ 自走式草刈機カルモ

  • 重さ約26㎏と軽量なタイプで、扱いやすい自走式草刈機を探している方におすすめ
  • 本体がコンパクトで最大50度の斜面に適応しているので、狭い場所や急な斜面も刈れる
  • 150cmの長いハンドルは折りたたむことができ、車のトランクへの収納も可能

自走式草刈機は50㎏以上する重たいものが多く、女性や高齢者の場合、操作はもちろん運搬や移動も負担に感じる方も多いはず。

「クボタ」の『自走式草刈機カルモ』は、約26㎏という圧倒的な軽さが特徴。機体が軽いためエンジンをかけずに楽々移動でき、トラックや車への積み下ろしもしやすいですよ。また、ハンドルは折り畳み可能で、収納スペースも節約できます。

取り扱いしやすい軽い自走式草刈機なら、こちらの商品がイチオシです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ロータリーナイフ
  • 草幅:300 (mm)
  • 草高:19/31(mm)
  • 斜面適応角度:50 (°)
  • ギアチェンジ:◯
  • その他機能:ハンドル調整、ハンドル折りたたみ可能

自走式草刈機のおすすめ3. 共立 自走式草刈機 HR663

  • サイドクラッチ式なので旋回が楽に行え、大型の草刈機ながら小回りが効く
  • 回転式フロントカバーと刈刃交換スタンド付きなのでナイフの交換作業が簡単
  • パワフルなエンジンとハンマーナイフで、背丈の高い草や硬い草を刈りたい方に最適

高く成長してしまった雑草やヨシなどの硬い草などは、ロータリーナイフタイプでは対応できないことも多いもの。

「共立」の『自走式草刈機 HR663』は、8馬力のエンジンと3列に並んだハンマーナイフで、背丈の高い草や硬い草もパワフルに粉砕していきます。サイドクラッチ方式で、旋回が楽に行え小回り性能も抜群ですよ。

刈り取るのが大変な背丈のある草や硬い草もスイスイ刈り取れるので、パワフルな自走式草刈機を探している方におすすめします。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ハンマーナイフ
  • 草幅:650 (mm)
  • 草高:20~80 (mm)
  • 斜面適応角度:ー
  • ギアチェンジ:◯
  • その他機能:ハンドル調整、緊急停止スイッチ、サイドクラッチ式

自走式草刈機のおすすめ4. イセキアグリ ハンマーナイフモアー HR532-K

  • 回転式フロントカバーは草丈により自動開閉し、草をしっかりキャッチできる
  • 前輪は360°回転するので旋回しやすい
  • 刈り取った草は32枚のフリーナイフで細かく粉砕されるため、面倒な残幹処理を省きたい方におすすめ

刈った後の草を処理する残幹処理は、広い草地などでは重労働で手間も時間もかかります。

「イセキアグリ」の『ハンマーナイフモアー HR532-K』は約1m以下の草に対応でき、刈り取った草は32枚のフリーナイフが細かく粉砕します。粉砕された草はチップ状の緑肥となり早く土に返ってくれるため、手間のかかる残幹処理をする必要がありません。

残幹処理の手間を省きたいという方は、ぜひこちらのモデルを選んでみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ハンマーナイフ
  • 草幅:520 (mm)
  • 草高:20~80 (mm)
  • 斜面適応角度:ー
  • ギアチェンジ:◯
  • その他機能:ハンドル調整、前輪360°回転

自走式草刈機のおすすめ5. プラウ 自走式 芝刈機

  • 5万円台という低価格なので、家庭用に安価な自走式草刈機を探している方におすすめ
  • 60Lの集草バッグが付いており後片付けが楽
  • ワンタッチクリップノブでハンドルが折りたためるので、収納スペースを取らない

自宅に広い芝地がある場合、家庭用の電動草刈機では除草に時間がかかってしまいますが、10万円以上する高額な自走式草刈機にはなかなか手が出ないという人もいるでしょう。

「プラウ」の『自走式芝刈機』は、5万円台と低価格で家庭用として購入しやすいのが魅力です。刈幅48cmのバーナイフを採用しており、広い芝も効率的に刈れます。大容量の集草バッグが付いているので、後片付けもしやすく足元も汚しません。

自宅の芝地の手入れ用に手頃な価格の自走式草刈機を探している方は、ぜひこちらの商品を試してみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ロータリーナイフ
  • 草幅:480 (mm)
  • 草高:20~80 (mm)
  • 斜面適応角度:ー
  • ギアチェンジ:◯
  • その他機能:ハンドル調整

自走式草刈機のおすすめ6. 共立 自走式草刈機 HR402

  • 重量は71kgとハンマーモアタイプとしては軽量でコンパクトなので、女性や年配の方でも取り扱いやすい
  • 22枚のフリーナイフで、長い雑草はもちろん、小笹やトウモロコシの残渣まで粉砕できる
  • ミニサイズのハンマーナイフタイプなので、自家用畑や空き地用におすすめ

自家用の畑や空き地の草刈りが必要な場合、ロータリーナイフでは力不足だけれどハンマーモアタイプでは重過ぎて使いにくいと感じる方も多いでしょう。

「共立」の『自走式草刈機 HR402』は、コンパクトで軽量なミニサイズのハンマーモア。エンジン出力は4.3馬力ながら、腰程度の高さまでの雑草、小笹、トウモロコシの残渣などを、22枚のフリーナイフで効率的に粉砕。重さ71kgとハンマーモアとしては軽量で小回りがきくため、女性や年配の方でも取り扱いしやすく、狭い場所でもすいすいと入れます。

操作しやすいハンマーナイフタイプを探している、女性や年配の方に最適のモデルです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ハンマーモア
  • 草幅:400 (mm)
  • 草高:20~90 (mm)
  • 斜面適応角度:ー
  • ギアチェンジ:◯
  • その他機能:ハンドル調整

自走式草刈機のおすすめ7. イセキアグリ ウイングモア クローラタイプ WMC747P

  • 後輪はゴムクローラを採用しているので、ぬかるみのある土地など軟弱地で使用したい方におすすめ
  • 平面時の刈幅は710cmとワイドで、広々とした草地も効率的に刈ることができる
  • らくらく旋回機構付きで小回りもきき操作性が高い

水はけが悪い場所や斜面の下では、ぬかるみに車輪を取られ本体が進んでくれないことがあります。

「イセキアグリ」の『ウィングモアクローラタイプWMC747P』は、グリップ力の高いスパイク車輪の前輪と、ぬかるみでもすいすい進めるゴムベルトを採用したクローラタイプの草刈機。軟弱地でも車輪が取られることなく、スムーズに作業が行えるのが魅力です。

湿地や斜面など通常の自走式草刈機では対応できない場所で使用したい方にぴったりです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ハンマーナイフ
  • 草幅:710 (mm)
  • 草高:10/30/50/70 (mm)
  • 斜面適応角度:ー
  • ギアチェンジ:◯
  • その他機能:ハンドル調整、二輪駆動、ゴムクローラー、らくらく旋回機構付

自走式草刈機のおすすめ8. クボタ 自走式草刈機 GC-K502EX カルマックス

  • -5度から53度まで幅広い角度に対応しているため、斜面の多い土地で使用したい方に最適
  • ハンドルは上下56.5度、左右206度、最長210cmと可動域が広いので、あぜの上からなど作業環境に合わせて楽に操作できる
  • 四輪駆動方式の大径車輪は強力な駆動力と抜群の安定感があり、急な斜面でも横滑りしにくい

高いあぜなど急な斜面では、自走式草刈機が横滑りしてしまい対応できないことも多いもの。

「クボタ」『自走式草刈機カルマックス』は、-5度から53度までの斜面に対応できるスイング式の法面草刈機。角度を上下左右に幅広く調節できるハンドルは伸縮式で、傾斜の上から刈ることも可能。大径の車輪にはグリップ力を高めるリブとラグが付いており、四輪駆動式で急な斜面でも横滑りすることなく駆動しますよ。

斜面の多い土地で使いやすい自走式草刈機なら、こちらのモデルがおすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:ロータリーナイフ
  • 草幅:500 (mm)
  • 草高:15~20(mm)
  • 斜面適応角度:-5~53 (°)
  • ギアチェンジ:◯
  • その他機能:ハンドル調整、ハンドル折りたたみ可能

家庭用自走式草刈機で庭の手入れが簡単になりますよ。

広範囲の草刈りも楽に行える自走式草刈機ですが、10万円以下の家庭向けの安価なものから30万円以上するプロ仕様のものまで、いろいろなタイプと機能の草刈機があります。

今記事では、自走式草刈機の選び方や人気のおすすめ商品をご紹介しました。

どの自走式草刈機を購入すべきか迷ってしまった方は、使用したい土地の条件、機能、予算などを照らし合わせ、用途にぴったり合った自走式草刈機を見つけてください。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事