衣類漂白剤の人気おすすめランキング|黄ばみ・黒ずみを落とす最強アイテムとは

衣類用の人気漂白剤をお探しの方へ。今記事では漂白剤の選び方から、おすすめランキングまで詳しくご紹介します。Tシャツやワイシャツの黄ばみや黒ずみ、汚れなどをしっかり落とせるので、使い方や注意点もチェックして、最適な商品をGETしましょう!

衣類漂白剤とは|洋服を白くする薬剤の特徴を解説

衣類漂白剤のおすすめランキング

漂白剤とは化学的に衣類などのしみや色汚れ、臭いの元などを分解する薬剤のことです。塩素系と酸素系、還元型漂白剤の3種類があり、タイプごとに使うべき衣類の種類や汚れの種類が異なります。

一般的な衣類用の洗剤でも落ちないような頑固な汚れでも、漂白剤で洗うことで汚れが落ち、綺麗な状態を取り戻せるのがメリットです。


衣類漂白剤の使い方の正解は?洋服類の汚れを落とすコツとは

衣類漂白剤は全体的な汚れを落としたいのか、部分的な汚れを落としたいのかによって使い方が異なります。シャツの黄ばみなど全体的な汚れを落としたい場合には、洗濯用洗剤と同じ投入口に入れておけば問題ありません。

ソースの汚れなど部分的な汚れを落としたい場合には、落としたい汚れに漂白剤をかけて洗うか、つけおき洗いをするのが効果的です。


【注意点】衣類漂白剤を使用する上で気をつけたいポイント

衣類漂白剤は頑固な衣類の汚れを落とせる洗濯には欠かせないアイテムですが、使う時に注意すべきポイントがあるので押さえておきましょう。ここでは、衣類漂白剤を使う上で押さえておくべき点を紹介していきます。


衣類漂白剤の注意点1. 塩素系と酸素系は絶対に混ぜない

主流となっている酸素系漂白剤を汚れがなかなか落ちないからといって塩素系漂白剤と混ぜてしまうと、塩素ガスが発生してしまい、身体に有害です。気分が悪くなったりめまいがしたりなどの事例もあるので、絶対混ぜてはいけません。

どうしても汚れが落ちない場合には、つけおき洗いをするなど時間をかけて洗うことで、綺麗な状態を取り戻せるので、誤っても2つの漂白剤を混ぜないように気をつけましょう。


衣類漂白剤の注意点2. 小さいお子さんがいるなら誤飲に注意する

小さな子どもは目を離した隙に、何でも口にしてしまうことも考えられます。漂白剤を食べたり飲んだりすることで口や食道、胃などに刺激を感じたり腫れ上がってしまうこともありますので誤飲しないよう注意が必要です。

漂白剤だとわからないような小さな子どもがいる場合には、手の届かない場所に置くなど対策をとっておきましょう。


衣類漂白剤の注意点3. 色物は色落ちに気をつける

漂白剤は色の元となる色素を下から分解する洗剤です。一般的な洗濯用洗剤に比べて洗浄力が強く、長時間色や柄がついた衣類に浸けすぎると、色落ちしてしまうこともあります。

また、衣類に使われている染料によっては漂白剤で色が抜けやすいこともあるので、衣類の目立たない部分でテストするなどチェックしてから使うのがおすすめです。


衣類漂白剤の選び方|汚れや黄ばみを白くできる人気商品とは

衣類用漂白剤には、漂白方法や価格帯などが異なる様々なタイプがあり、何を基準に選べば満足できるのかわからない人も多いでしょう。どこに注目して医療用漂白剤を選ぶと満足できる製品を買えるのか詳しくご紹介します。


衣類漂白剤の選び方1. 種類をチェックして選ぶ

衣類用漂白剤は酸素系・塩素系・還元型と大きく3パターンに分類され、それぞれ成分や適している衣類や汚れなどが異なります。汚れの種類や衣類に合う漂白剤を見つけるために、それぞれの違いを見ていきましょう。


柄物にも使用できる「酸素系漂白剤」

塩素系に比べて漂白力が弱く柄物の漂白にも使える酸素系漂白剤は粉末タイプと液体タイプの2種類があります。より平迫力が高い粉末タイプは油汚れやカビ落としなどに使える反面、衣や金属などとは相性が良くないので注意しましょう。

液体タイプの場合、コーヒーのしみやシャツの黄ばみなどの漂白に適していて、デリケートな素材にも使えます。


消臭、除菌効果も見込める「塩素系漂白剤」

塩素系漂白剤は強い漂白力で、消臭・除菌力も高いアイテムです。しかし、漂白力が強力すぎて色物に使ってしまうと脱色・変色してしまうこともあります。

タオルやTシャツ、ワイシャツなど、色や柄が付いてない衣類に使うのがおすすめです。


白物衣類にのみ使用するなら「還元系漂白剤」

塩素系漂白剤でも汚れが落ちない場合でも、弱アルカリ性の性質を持つ還元型漂白剤なら落とせることもあります。金属のサビがついた場合や、頑固な黄ばみ・黒ずみなどにも対応可能です。かなり漂白力が強力なので、色物は避けて白い衣類に使うといいでしょう。


衣類漂白剤の選び方2. コスパ重視なら市販の漂白剤を選ぶ

漂白剤は日常的に生活の中で使うアイテムだからこそ、切れてしまう前にすぐに手に入れたいですよね。ネット専売品の場合取り寄せに時間がかかってしまい、すぐには使えないこともあります。市販の漂白剤であればスーパーやドラッグストアでも販売されていて価格も安いため、もしなくなってもすぐに手に入れられます。

日頃から漂白する機会が多い方は、市販の漂白剤を選んでおくと、安い上に急いでいる時でもすぐに買いに行けるからおすすめですよ。


【2020最新】衣類漂白剤のおすすめランキング|洗濯で役立つ人気商品とは

漂白剤には、日本の有名メーカー品の製品もあれば、海外製品やネット専売品など数多くのアイテムがあります。ここからは、おすすめの衣類漂白剤をランキング形式でご紹介しますので、商品選びの参考にしてください。


【衣類漂白剤のおすすめ第12位】ソネット 漂白剤

  • 界面活性剤や合成香料などを含んでいないから、肌に刺激を与えにくい
  • オーガニックブランドの漂白剤は、環境への負担を減らしたいと心がけている人におすすめ
  • しみの原因物質を水に溶けやすいよう分解してくれ、酸素の力で無理なく漂白してくれる

できるだけ肌や環境への刺激を避けたいなら、オーガニックブランドのアイテムが気になる人って多いですよね。こちらはドイツのオーガニックブランド『ソネット』の漂白剤で、界面活性剤や合成香料などを含んでおらず、肌や環境への負担が少なく済みます。

色柄物衣類への漂白はもちろん洗濯槽の漂白にも使えて、より洗濯しやすくしてくれるアイテムです。余分な成分を排除した漂白剤だから、肌や環境への影響を考慮しながら洗濯したい人に、おすすめの漂白剤ですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:酸素系漂白剤
  • タイプ:粉末
  • 内容量: 450(g)
  • メーカー:ソネット

【衣類漂白剤のおすすめ第11位】THE LAUNDRESS(ランドレス) オールパーパスブリーチ classic

  • おしゃれなデザインの容器に入っているから、デザイン性も重視したい人におすすめ
  • 酸素系漂白剤で、洋服の色や柄を守りながら汚れを落としてくれる
  • オリジナルフレグランスの香りが付いており、香りが好きな人に人気がある

洗剤や漂白剤って生活感があるデザインの製品が多く、おしゃれなものをなかなか見つけられません。『ランドレス オールパーパスブリーチ』はスタイリッシュなデザインの容器に入っており、生活感を感じさせません。

もちろん見た目だけでなく、黄ばみや皮脂、汗などによる汚れを落として臭いの元も洗い流し、オリジナルフレグランスの香りに仕上げてくれます。

おしゃれなデザインの漂白剤なので、部屋に置くものの見た目にもこだわりたい人は、手放せなくなりますよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:酸素系漂白剤
  • タイプ:液体
  • 内容量: 1,000(ml)
  • メーカー:ランドレス

【衣類漂白剤のおすすめ第10位】太陽油脂 パックス 酸素系漂白剤

パックス 酸素系漂白剤 430g
  • 衣類の汚れに直接働きかけてくれるので、おむつなど汚れが付きやすいものにもおすすめ
  • 無香料だから、肌への刺激を避けたい人に人気がある
  • 実売価格500円以下と安いから、コスパ重視な人におすすめ

汚れが目立ちやすいから漂白したくても、生地を痛めないか心配な人は多いです。『太陽油脂 パックス 酸素系漂白剤』は過炭酸ナトリウムでできた酸素系漂白剤で、衣類の黄ばみやしみなどを、お湯に溶かすと発生する酸素の気泡が優しく漂白してくれます。

無香料で余分な成分が含まれておらず、肌への刺激を避けたい人にもおすすめです。汚れに直接働きかける酸素系漂白剤なので、赤ちゃんの衣類など汚れが目立ちやすいものでも、汚れを落として綺麗にできるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:酸素系漂白剤
  • タイプ:粉末
  • 内容量: 430(g)
  • メーカー:パックス

【衣類漂白剤のおすすめ第9位】花王 ハイドロハイター

  • 赤土や鉄サビなどの落ちにくい金属系の汚れも、この洗剤なら綺麗に落とせる
  • つけおきして濯ぐだけなので、使い方も簡単
  • 鉄分の多い水での洗濯が原因の黄ばみの回復にも使えるなど、落としにくい汚れの漂白におすすめ

赤土や鉄サビなどがひとたび服に付いてしまうと、一般的な漂白剤ではなかなか汚れを落としきれません。『花王 ハイドロハイター』は還元系漂白剤なので、洗っても落ちにくい鉄サビや、赤土に触れてできた黄色いしみもしっかり落としてくれます。

実売価格は200円台の市販品だから、一時的な使用でも苦になりにくい価格です。なかなか落ちない金属汚れを落とせる漂白剤は、土木作業や工事などで汚れてしまった服でも、綺麗な状態を取り戻せますよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:還元系漂白剤
  • タイプ:液体
  • 内容量: 150(g)
  • メーカー:花王

【衣類漂白剤のおすすめ第8位】紀陽除虫菊 オキシウォッシュ

紀陽除虫菊 オキシウォッシュ 酸素系漂白剤 [粉末タイプ / 680g] 除菌 消臭 衣料用漂白剤 (掃除洗濯/粉末洗剤/日本製)つけおき 食べこぼし 黄ばみ除去
  • 酵素系漂白剤なので、柄物の黒ずみなどの漂白でも変色させにくい
  • 洗濯物意外にも台所や浴室など様々な用途で使えるので、収納場所に困らない
  • 油汚れを元から分解してくれるので、いやな臭いも防げる

洗濯物や台所、バスルームなど、別々の漂白剤を購入していると、物があふれてしまって置き場に困る人も多いでしょう。『紀陽除虫菊 オキシウォッシュ』は洗濯物だけでなくカーペットやキッチン、浴室や玄関など、様々な用途で使える酵素系漂白剤です。

配合されている酸素が汚れを浮き上がらせ、分解して落とせるから、柄物のTシャツの黒ずみなども変色させずに洗浄できます。多用途で使える漂白剤は、マンションなど収納場所が限られている人でも、これ1つで漂白できるから便利ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:酸素系漂白剤
  • タイプ:粉末
  • 内容量: 680(g)
  • メーカー:器用除虫菊

【衣類漂白剤のおすすめ第7位】arau. アラウ 酸素系漂白剤

arau. アラウ 酸素系漂白剤 800g 無添加 天然ハーブの香り
  • 部屋干し臭の原因菌を除去してくれるから、いやな臭いが気になりにくい
  • 合成界面活性剤と塩素系漂白剤が無添加なので、赤ちゃんの服にも使いやすい
  • ほのかに香る天然ハーブ100%の香りが、心地いいと人気がある

「洗濯物を部屋干しするとなんとなく臭う。」洗剤を使って洗濯機で洗っただけだと、部屋干し中のいやな臭いが気になる人って多いですよね。『アラウ 酸素系漂白剤』は同じシリーズの洗剤と合わせて使うことで、部屋干し臭の原因菌の99.99%以上除去が可能です。

合成界面活性剤と塩素系漂白剤を無添加だから、赤ちゃんの服にも気兼ねなく使えます。部屋干し臭がしにくくなる漂白剤だから、普段室内に洗濯物を干している人は、手放せなくなりますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:酸素系漂白剤
  • タイプ:液体
  • 内容量: 800(g)
  • メーカー:アラウ

【衣類漂白剤のおすすめ第6位】シャボン玉 酵素系漂白剤

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g
  • 鼻をつくようないやな臭いがしないから、洗っていて不快感を感じにくい
  • 酸素系漂白剤で、柄物にコーヒーなどのしみが付いても取り除きやすい
  • 1個あたり500円程度と安いから、コスパ重視の人におすすめ

塩素系の漂白剤だと、鼻をつくような臭いがして苦手な人が意外と多いです。『シャボン玉 酵素系漂白剤』は酸素系漂白剤だからいやな臭いがしません。白い服だけでなく柄物も変色させずに漂白でき、日常的な使用にも人気があります。

コーヒーや紅茶、緑茶などがTシャツに付いても、これを使えば漂白できるから安心です。漂白してもいやな臭いがしないのにしっかり漂白できるから、日常生活での快適さを重視したい人でも、満足できる使い心地ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:酸素系漂白剤
  • タイプ:液体
  • 内容量: 750(g)
  • メーカー:シャボン玉石けん

【衣類漂白剤のおすすめ第5位】オキシクリーン 酸素系漂白剤

オキシクリーンEX2270g (原産国アメリカ) 酸素系漂白剤 [除菌 /消臭 /漂白] 界面活性剤入り 詰替え不要の専用プラ容器
  • 漂白剤に界面活性剤も加えられているから、洗浄力が高い
  • 一度に使用する量がわずかなので長持ちしやすく、コスパ重視の人に人気がある
  • 優しい微香タイプなので、ふんわり香りを漂わせたい人におすすめ

汗や皮脂などが衣類に蓄積すると、汚れがどんどん落ちにくくなり困ってしまいますよね。『オキシクリーン 酸素系漂白剤』は漂白力がある過炭酸ナトリウムに洗浄力がある界面活性剤も含まれているから、汚れをしっかり落としてくれます。

一度に使用するのはほんの少しで良く、コストを抑えたい人にもおすすめです。少量でもしっかり洗浄・漂白できるアイテムは、靴下などの脂汚れやしみが気になっている人でも、黄ばみを取り除いてすっきりとした色に仕上げられますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:酸素系漂白剤
  • タイプ:粉末
  • 内容量: 2,270(g)
  • メーカー:オキシクリーン

【衣類漂白剤のおすすめ第4位】ライオン 白さと菌にブライトSTRONG

  • 通常の洗濯だけでは落としきれない汚れも分解してくれるから、黄ばみや黒ずみなどを取り除ける
  • 汚れの再付着を防ぐ成分が含まれているから、ずっと綺麗な状態をキープしやすいと人気がある
  • 洗濯機での残り湯洗いにも使えるから、コスパを重視したい人におすすめ

毎日のように着用している服って、綺麗に洗濯したつもりでも部分的な汚れが気になってしまいがちです。『ライオン 白さと菌にブライトSTRONG』は洗浄強化成分が配合されていて、洗剤だけでは落としきれない頑固な汚れも取り除いてくれる漂白剤です。

汚れの再付着を防止する成分も含まれていて、次の汚れがつくのも防いでくれます。汚れの色素を分解してくれる漂白剤は、Tシャツの首元の黄ばみが気になっている人でも、綺麗な状態を取り戻せるから使ってみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:酸素系漂白剤
  • タイプ:液体
  • 内容量: 510(ml)
  • メーカー:ライオン

【衣類漂白剤のおすすめ第3位】激落ちくん オキシキング 安全 無添加 酸素系漂白剤

激落ちくん オキシキング 安全 無添加 酸素系漂白剤 500g (漂白 消臭 除菌) 粉末タイプ 日本製
  • 界面活性剤が含まれておらず、敏感肌の人が家族にいても気兼ねなく使える
  • 大容量でコスパが高いから、Tシャツやワイシャツなどの日常的な除菌・漂白におすすめ
  • 無香料の漂白剤は、香りが苦手な人に人気がある

家族に肌が敏感な人がいると、できるだけ刺激が少ない漂白剤だと嬉しいですよね。『激落ちくん オキシキング 無添加』には、界面活性剤や香料などが含まれておらず、過炭酸ナトリウムや酵素などの働きでしっかり漂白・除菌・消臭してくれます。

洋服に使えるのはもちろん、キッチンやおもちゃ、排水溝などの除菌にも使えて、活用の幅が広い製品です。無添加の漂白剤だから、肌が敏感な赤ちゃんの肌着の洗濯も、この製品なら気兼ねなく使えますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:酸素系漂白剤
  • タイプ:粉末
  • 内容量: 500(g)
  • メーカー:レック

【衣類漂白剤のおすすめ第2位】ハイター 衣料用漂白剤

ハイター 衣料用漂白剤 特大/2500ml
  • 強力な漂白力の塩素系漂白剤だから、黄ばみや黒ずみも取り除ける
  • 除菌・消臭効果もあり、洗い上がりの服を清潔に保てる
  • つけおき洗いにも使えるから、頑固な汚れの漂白におすすめ

白い衣類に食べ物を落としてしまうと、酸素系漂白剤ではなかなか色落ちできず、跡が目立ってしまいますよね。『ハイター 衣料用漂白剤』は白無地衣料専用の塩素系漂白剤で、黒ずみや黄ばみなども綺麗に落としてくれます。

洗濯機での使用だけでなくつけおきにも使えるから、頑固な汚れの漂白や除菌・消臭にもおすすめです。衣類に白さを取り戻せる漂白剤だから、なかなか黒ずみや黄ばみが落とせないTシャツやワイシャツでも、元どおりの白さになりますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:塩素系漂白剤
  • タイプ:液体
  • 内容量: 2,500(ml)
  • メーカー:花王

【衣類漂白剤のおすすめ第1位】ワイドハイターEXパワー

ワイドハイターEXパワー 大サイズ 本体 1000ml
  • 漂白・消臭・除菌・抗菌できる漂白剤だから、洗い上がりの衣類を清潔に保てる
  • 汚れの元から分解しながらも、酸素系漂白剤だから色柄物にも使える
  • さわやかな花の香りだから、洗い上がりも漂白剤のいやな臭いがしない

毎日汗をたっぷりかいてしまうと、洗剤で洗濯をしてもいつの間にかいやな臭いが取れなくなってしまうことってよくありますよね。『ワイドハイターEXパワー』は漂白・消臭だけでなく除菌や抗菌もできる漂白剤で、臭いの元になる汗や皮脂汚れを分解してくれます。

ツンとしないさわやかな花の香りだから、漂白剤のいやな臭いも感じられません。臭いの元から分解できる漂白剤は、汗をたっぷりかいた運動部の子どものTシャツも、綺麗に洗濯できるからぜひ使ってみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 種類:酸素系漂白剤
  • タイプ:液体
  • 内容量:1,000 (ml)
  • メーカー:花王

衣類漂白剤を使って、毎日の汚れを綺麗に落とそう!

洗剤では落ちない汚れを落としてくれる漂白剤。衣類の色や生地の種類、汚れの種類などによって適している漂白剤のタイプが異なるので、注意して選ぶのが大切です。この記事では、漂白剤のおすすめ商品をランキングで紹介してきました。

漂白剤をうまく活用しながら落ちにくい黄ばみや黒ずみ、しみなどを落として、衣類を美しく保っていきましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事