ベビーソープのおすすめ12選。赤ちゃんの肌に安全な人気商品を比較!

赤ちゃんの体を洗うのに使用する「ベビーソープ」。そこで今回は、ベビーソープの特徴やボディソープとの違いから、選び方やおすすめ商品まで紹介します。肌に優しい弱酸性の石鹸やオーガニックのボディソープをメインに解説するので、ぜひお子さんの肌に合うベビーソープを選びましょう!

「ベビーソープ」と「大人向けボディソープ」の違いについて

ベビーソープと大人のボディソープの違い

ベビーソープは大人向けの市販ボディソープとは異なり、肌に配慮した安全性の高い成分を使っています。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので刺激を与えすぎないよう、無香料、無着色、低刺激にこだわっている商品が多く、安心して使えるところが大きな違いです。

また、乾燥しやすい赤ちゃんの肌を保湿できるような成分を含んでいる商品も多く、赤ちゃんの肌に合わせて作られています。


ベビーソープっていつからいつまで使うものなの?

ベビーソープは、新生児である生後0ヶ月から使用できる商品がほとんどです。汗をかきやすい赤ちゃんの体を清潔に保つため、お風呂や沐浴時に使用することができます。

成長して優しい成分で洗う必要はないかなと感じる1~2歳の間に卒業することが多いですが、絶対にそうしないといけないわけではありません。

赤ちゃんの肌質に合わせて、ベビーソープを卒業する時期を決めてみてください。


ベビーソープの「選び方・比較方法」を解説!

ここからは、気になるベビーソープの選び方をご紹介します。

毎日使うものだからこそ、赤ちゃんの肌に優しい商品を選びたいですよね。

どこを比較して選ぶといいのか、購入前の参考にしてみてください。


ベビーソープの選び方1. なるべく弱酸性のベビーソープを選ぶ

ボディーソープは、主に弱酸性とアルカリ性に分かれています。

アルカリ性のボディーソープは皮脂とよく馴染み、汚れをしっかり落とせるところが特徴。一方で、洗浄力が強い分肌の負担になり、肌荒れなどに繋がる可能性もゼロではありません。

そこで、デリケートな赤ちゃんの肌には弱酸性の商品がおすすめ。人の肌は弱酸性に保つ力があるので、肌質と同じ弱酸性の商品を使えば強い刺激になることなく肌に負担をかけずに使えます


ベビーソープの選び方2. 成分が心配な場合、オーガニックの製品を選ぶ

赤ちゃんの肌に直接触れるベビーソープは、どのような成分を使っているのか気になるパパやママも多いでしょう。

香料や着色料、添加物などが含まれていると、赤ちゃんの肌にとっては刺激となり、肌荒れにつながる可能性も。成分を重視して選びたい場合は、植物由来成分を使っているオーガニック商品を選ぶといいでしょう。

最近は、洗浄成分にも植物性のアミノ酸洗浄成分を使用している商品もあり、赤ちゃんの肌を労わりながら使いたい場合におすすめです。


ベビーソープの選び方3. ベビーソープの種類を確認して選ぶ

実際にベビーソープを手にするパパやママの使いやすさにもこだわりたいところ。

ベビーソープは、固形石鹼、液体タイプの2種類が主流です。

固形石鹼は無添加でシンプルな原材料で作られていることが多いため、原材料にこだわりたい場合におすすめ。液体タイプの場合は泡で出てくるポンプ式が主流になってきており、わざわざ泡立てる必要がなくクリーミーな泡で洗えるところがメリット。

使い心地や重視したいポイントに合わせて、選んでみてください。


ベビーソープの選び方4. 初めて買うならなるべく少なめのベビーソープを選ぶ

コスパが良いからといって初めから大容量タイプのベビーソープを買ってしまうと、赤ちゃんの肌に合わなかった時に使えなくなってしまい、もったいないことに。

ベビーソープを初めて使用する場合は、試しで使える少量のタイプから始めてみましょう。赤ちゃんの肌に合っていることが分かってから、大容量タイプに買い換えれば無駄なく使うことができます。

デリケートな赤ちゃんの肌だからこそ、まずは様子を見るところからスタートすることが大切です。


ベビーソープのおすすめランキング12選|人気が高い赤ちゃん用グッズとは

ここからは、人気の市販ベビーソープをランキング形式でご紹介します。新生児から使える商品や乾燥肌でも安心して使える成分にこだわった商品、売れ筋商品がランクイン。

売れ筋商品ばかり揃っているので、ぜひチェックしてみてください。


【ベビーソープのおすすめランキング第12位】ジョンソン すやすやタイム ベビー全身シャンプー

ジョンソン すやすやタイム ベビー全身シャンプー 泡タイプ 400mL
  • お休み前に使いたくなるアロマ成分を配合しており、赤ちゃんの心地いい眠りをサポート。
  • 赤ちゃんに優しいことが確認できた成分のみ使用しており、デリケートな肌に優しい。
  • 水と同じくらい低刺激になっており目にしみにくい独自の処方なので、全身に安心して使える。

毎日使うベビーソープで、赤ちゃんが心地よく眠りにつけるお風呂タイムにしたいなぁと思うもの。お風呂上がりにすやすや寝てくれたら、パパ・ママとしては嬉しいですよね。

「ジョンソン」の売れ筋商品『すやすやタイム ベビー全身シャンプー』は、お休み前に使えるようにと独自開発のリラックス効果が高いアロマ成分を配合しています。睡眠の質を高め、すやすや眠るのに一役買ってくれるはず。原材料は90%以上が天然由来成分で、デリケートな赤ちゃんの肌を労わりながら使えるところも嬉しいポイント。

心地良い香りに包まれるバスタイムになれば、お風呂上がりに気持ちよく眠りにつけるので、ぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:400ml
  • 成分:水、コカミドプロピルベタイン、ラウリン酸PEG-80ソルビタン、デシルグルコシド、フェノキシエタノール、ココイルメチルタウリンNa、安息香酸Na、香料、クエン酸、オクトキシグリセリン
  • タイプ:弱酸性
  • メーカー:ジョンソン

【ベビーソープのおすすめランキング第11位】無添加 泡で出てくるベビーせっけん

無添加 泡で出てくるベビーせっけん 250ml [並行輸入品]
  • 固形石鹼と同じ無添加成分を使っているので、肌を労わりながら洗える。
  • ボトル付きで500円以下で購入できるため、コスパがよく購入しやすい。
  • 環境に配慮したサトウキビを使ったバイオマスプラスチックボトルを使用している。

毎日使うベビーソープだから、コストを念頭に置いて選びたいもの。

「ミヨシ石鹸」の人気商品『無添加 泡で出てくるベビーせっけん』は、ボトルタイプで500円で買えるコスパのいい商品となっています。毎日のお風呂に使えるところが魅力的。無駄な成分を使わず赤ちゃんの肌を労われるよう固形石鹼と同じ成分を使い、きめ細かな泡で優しく洗うことができます。

リーズナブルな価格帯ながら安心・安全にこだわったボディケアグッズ。「毎日使うものだから、コスパの高いものが欲しい!」というパパやママにぴったりです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:250ml
  • 成分:水、カリ石ケン素地、石ケン素地
  • タイプ:ー
  • メーカー:ミヨシ石鹸

【ベビーソープのおすすめランキング第10位】ミルふわ 全身ベビーソープ

ミルふわ 全身ベビーソープ 泡タイプ 本体 450mL
  • セラミドやオリゴ糖などのうるおいケア成分を配合しており、赤ちゃんの乾燥が気になるママやパパにおすすめ。
  • もっちりとしたきめ細かな泡なので肌から落ちにくく、短時間で綺麗に洗える。
  • アミノ酸洗浄成分で肌に負担をかけないよう、優しく洗うことができる。

冬など乾燥しやすい時期には、赤ちゃんの肌思いの乾燥ケアができるベビーソープがあると嬉しいですよね。

「ミルふわ」の『全身ベビーソープ』は、油分と水分のバランスに着目したうるおいケアができるようになっており、オリゴ糖などの保湿成分と肌の水分を逃さないセラミドなどの保湿成分のW保湿が可能。

柔らかくもっちりとした泡で包み込み、うるおいケア成分を補給することができます。肌を労わる保湿成分がたっぷり配合されているので、「赤ちゃんの肌の乾燥が気になるけどケア方法に悩む」というパパやママにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:450ml
  • 成分:水、ココアンホ酢酸Na、BG、塩化Na、ココイルグルタミン酸K、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラフィノース、水添レシチン、イノシトール、セラミド3、フィトステロールズ、ベタイン、シロキクラゲ多糖体、グリチルリチン酸2K、エチドロン酸、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール
  • タイプ:弱酸性
  • メーカー:WAKODO

【ベビーソープのおすすめランキング第9位】メリーズ ベビー全身泡ウォッシュ

メリーズ ベビー全身泡ウォッシュ ポンプ400ml
  • 低刺激、アルコールフリー処方で、敏感な赤ちゃんの肌を考慮している。
  • セラミドなどの保湿成分を配合しているので、子供の肌の乾燥が気になる場合におすすめ。
  • きめ細かな泡で肌を包み込み、流す時には泡切れが良いので、短時間でスッキリ洗える。

新生児から使える便利なポンプ式のベビーソープを探しているママやパパは、意外と多いはず。

「メリーズ」の人気商品『ベビー全身泡ウォッシュ』は、新生児から利用できるポンプ式のベビーソープとなっています。赤ちゃんの肌に優しい処方となっており、セラミドなどの保湿成分も配合されているところがポイント。カサカサ肌をしっとりと潤わせてくれます。

無香料、無着色の低刺激で使いやすさにも考慮しているため、「生まれて間もない赤ちゃんでも安心して使えるベビーソープを!」と考えている場合は、ぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:400ml
  • 成分:水、グリセリン、PG、PEG-150、ココイルグルタミン酸Na、ラウリルヒドロキシスルタイン、ラウレス-21、EDTA-2Na、ラウレス-6カルボン酸、水酸化Na、リンゴ酸、安息香酸Na
  • タイプ:弱酸性
  • メーカー:メリーズ

【ベビーソープのおすすめランキング第8位】アロベビー ベビーソープ

  • ラベンダー油やダマスクバラ花油など植物の香りに癒されながら使える。
  • 成分の99%以上が天然由来成分となっており、肌に優しい処方となっている。
  • ポンプ式でクリーミーな泡がすぐに使えるので、泡立てる必要がなく使いやすい。

赤ちゃんの肌に直接触れるものだからこそ、どのような材料を使っているのか気になりますよね。

「アロベビー」の『ベビーソープ』は天然由来成分を99%以上使用し製造しているため、植物の力で洗浄できるところが嬉しいポイント。開発から生産まで全てを国内で行っているだけでなく、国産の原材料にもこだわっており、世界的なオーガニック基準である「エコサート認証」も受けていて比較的安心して使えますよ。

ラベンダー花水やダマスクバラ花油など植物の恵をたっぷり取り入れたオーガニックベビーソープ。原材料にまで着目し、安全性に考慮しながら選びたいパパやママにおすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:250ml
  • 成分:水、プロパンジオール、タンカン果実水、ラベンダー花水、ラウリルグルコシド、ラウリルベタイン、グリコシルトレハロース、ココイルグルタミン酸2Na、加水分解水添デンプン、カプリル酸グリセリル、ココイルグルタミン酸Na、PCA、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、ウンデシレン酸グリセリル、ラベンダー油、ダマスクバラ花油、安息香酸Na(*はオーガニック原料)
  • タイプ:ー
  • メーカー:アロベビー

【ベビーソープのおすすめランキング第7位】オルナオーガニック ベビーソープ

オルナ オーガニック ベビーソープ 泡 無添加 ボディソープ 「 敏感肌 優しい使い心地 ボディーソープ 」「 赤ちゃん用 石鹸 全身シャンプー 」300ml
  • コラーゲンやヒアルロン酸を配合した高保湿になっており、赤ちゃんの肌を労りたいパパやママにおすすめ。
  • 植物由来のアミノ酸洗浄成分で汚れを落とし、肌の負担となりにくい。
  • リフレッシュできるアロマの香りがほんのり漂い、心地よくバスタイムが楽しめる。

とにかく高保湿にこだわり、子供の柔らかい肌を維持できるようにしてあげたいというママは多いはず。

「オルナ」の『オーガニック ベビーソープ』は、3種類のコラーゲンに4種類のヒアルロン酸、4種類のビタミンC誘導体にセラミドと美容液のように贅沢な保湿成分が配合されています。これだけ贅沢に成分を配合していても着色料や合成香料を使わない7の無添加を叶えており、安心して使えるところも魅力的。

「かさついた素肌をそのままにしておきたくない」というパパやママの気持ちに答える高保湿な商品なので、ぜひ赤ちゃんの肌を当商品でケアしてあげてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:300ml
  • 成分:水、ラウレス硫酸Na、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ペンチレングリコール、セラミドNP、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、プラセンタエキスなど
  • タイプ:ー
  • メーカー:オルナオーガニック

【ベビーソープのおすすめランキング第6位】キューピー 全身ベビーソープ

キューピー 全身ベビーソープ(泡タイプ) ポンプ 400ml
  • 弱酸性で低刺激となっており、赤ちゃんの肌に負担をかけないで使える。
  • 目にしみにくく全身に使用できるので、初めてのママやパパでも使いやすい。
  • 柔らかい赤ちゃんの肌を労り、保湿成分のスクワランとシアバターが配合されている。

泡切れがよく全身に使えるベビーソープなら、短時間でささっと洗いやすいですよね。

「キューピー」の『全身ベビーソープ』は、目にしみにくく髪の毛も体も洗えるところが特徴。ポンプ式でふんわりきめ細かな泡がすぐに作れるので、時間をかけずに洗えるようになっています。もちろん、泡切れもよく余分な石鹸が肌に残りにくくなっているところもポイント。

忙しい毎日だからこそ、お風呂の時間を効率よく済ませたいと思っているパパやママに寄り添うポンプ式で全身に使えるベビーソープなので、一度使ってみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:400ml
  • 成分:水、DPG、ラウロイルメチルアラニンNa、ココアンホ酢酸Na。グリチルリチン酸2K、スクワラン、シア脂、ラウリン酸、クエン酸
  • タイプ:弱酸性
  • メーカー:キューピー

【ベビーソープのおすすめランキング第5位】アラウベビー 泡全身ソープ

arau. アラウベビー 泡全身ソープ 本体 450ml
  • ラベンダー油やライム油の天然精油の香りで、心地よく使える。
  • 合成界面活性剤や保存料を使っておらず、赤ちゃんに配慮している。
  • きめ細かな泡で体を優しく包み込めるため、負担をかけずに洗える。

赤ちゃんの肌にほのかに残る、ベビーソープの優しい香りもチェックしておきたいもの。

「アラウベビー」の『泡全身ソープ』は、香る天然ハーブとしてラベンダー油とライム油の精油を配合しており、天然由来の柔らかい香りの中で洗えるようになっています。保湿成分にも植物由来のエキスを使用しており、シソ葉エキスやローズマリー葉エキスが肌を労わってくれるところもポイント。

香りに関して口コミでも評価されていますよ。お風呂の時間を楽しみにできる香りまでチェックして購入したいパパやママは、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:450ml
  • 成分:水、カリ石ケン素地、グリセリン、クエン酸、ラベンダー油、ライム油、シソエキス、ローズマリー葉エキス、BG
  • タイプ:弱酸性 or アルカリ性
  • メーカー:アラウベビー

【ベビーソープのおすすめランキング第4位】ミノン ベビー全身シャンプー

MINON(ミノン) ベビー全身シャンプー 泡タイプ 350mL
  • 泡切れがよくさっと流せるので、汚れだけを取り除くことができる。
  • 無駄な成分を使わないシンプル処方となっており、肌を労わって使える。
  • ママたちの声で決まる日本マザーズ協会の「マザーズセレクション大賞」に選ばれている。

赤ちゃんの肌に優しい成分で作られているベビーソープなら、毎日気兼ねなく使えますよね。

「ミトン」の売れ筋商品『ベビー全身シャンプー』は、植物性の肌に優しいアミノ酸系洗浄成分を使用しているところが特徴。無駄な成分を使わず5つの成分のみで作られているシンプル処方で、安心して使えます。

また、「ミノン」というブランド名には「Non allergic(アレルギーの原因となる物質を極力カット)・Non alkaLINE(弱酸性)・Non toxic(低毒性)」という意味があり、肌を労わるブランドとして確立しているところも魅力的。

無駄な成分を含まず素肌を優しく洗えるので、「毎日使うから負担のないものが欲しい。」と考えているパパやママにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:350ml
  • 成分:水、ココイルグルタミン酸K、BG、水酸化K、メチルパラベン、安息香酸Na
  • タイプ:弱酸性
  • メーカー:ミノン

【ベビーソープのおすすめランキング第3位】ピジョン 全身泡ソープ

ピジョン 全身泡ソープ しっとり ボトル 500ml (0ヵ月~)
  • 赤ちゃんを抱っこしまま使えるポンプ式で、パパやママが快適に使える。
  • 新生児から使用でき、初めてのバスタイムにもおすすめ。
  • 2019年たまひよ赤ちゃんグッズ大賞の「スキンケア部門ベビーソープ泡」で1位になった人気商品。

ママやパパが使いやすいよう配慮されていると、赤ちゃんの体が洗いやすくて助かりますよね。

「ピジョン」の人気商品『全身泡ソープ』は、赤ちゃんを抱っこしたままでも片手で使えるポンプ式になっているところがポイント。ポンプの先も斜めにカットしてあるので、ピンポイントで泡を乗せやすくなっています。ベビーソープの成分には、独自の保湿成分「ピジョンベビーリピッド」が配合されているので、潤いを与えながら洗えるところも魅力的。

使いやすいボトルタイプになっているため「使いやすさを重視したい」と思っているパパやママにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:500ml
  • 成分:水,グリセリン,ラウラミドプロピルベタイン,PEG-20ソルビタンココエート,ココイルメチルタウリンNa,ラウロイルメチルアラニンTEA,セラミド2,イソステアリン酸コレステリル,グリチルリチン酸2K,PPG-4セテス-20,DPG,ラウロイルアルギニン,ラウリン酸,クエン酸,クエン酸Na,フェノキシエタノール,エチルヘキシルグリセリン,エチドロン酸
  • タイプ:ー
  • メーカー:ビション

【ベビーソープのおすすめランキング第2位】アトピタ 全身ベビーソープ

アトピタ 全身ベビーソープ 泡タイプ ポンプ式
  • ポンプ式なのでママやパパが泡立てる必要がなく、とても便利。
  • ヨモギ葉エキスなどの潤い補給成分が、かさつく肌のケアをしてくれる。
  • 無香料、無着色で防腐剤無添加なので、肌に負担となる成分をできるだけ少なくしている。

乾燥しがちな赤ちゃんの肌に潤いを補給できるベビーソープを探しているママは、意外と多いはず。

「アトピタ」の人気商品『全身ベビーソープ』は繰り返すかさかさした肌に着目し、ヨモギ葉エキスなどの潤い補給成分を配合しているところが特徴。泡で出てくるポンプ式なので、常にクリーミーで柔らかい泡で洗えるようになっています。

保湿を重視し、しっとりと潤うベビーソープなので、「赤ちゃんの肌の乾燥が気になる」と悩んでいるママに選んでほしいおすすめボディケアグッズです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:350ml
  • 成分:水、コカミドプロピルベタイン、PEGー8、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドメチルMEA、ラノリン脂肪酸コレステリル、ヨモギ葉エキス、ラウリン酸、TEA、ラウリン酸ポリグリセリルー10、カプロイルメチルタウリンNa、BG、クエン酸、EDTAー2Na
  • タイプ:ー
  • メーカー:アトピタ

【ベビーソープのおすすめランキング第1位】ピジョン ベビーソープ

ピジョン ベビーソープ ケース付(医薬部外品)(0ヵ月~) 90g
  • 植物性の無香料、無着色の固形石鹼で、赤ちゃんの肌を労わりながら使用できる。
  • きめ細かな泡立ちで優しい肌当たりなので、赤ちゃんに優しい。
  • ケースがセットになっているため、石鹸の置き場所に困らない。

0か月から使えるベビーソープなら、敏感な肌にも安心して使い続けられるもの。

「ピジョン」の人気商品『ベビーソープ』は、無香料、低刺激で0か月の新生児から使える植物性の固形ソープとなっているところがポイント。きめ細かな泡が肌を優しく包み、スクワランやセラミドを配合しており、肌を労わりながら洗えるようになっています。

0ヵ月から使える優しい泡立ちで皮脂を取り過ぎない商品なので、肌を労わりながら汚れを落としたいと思っているママにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:90g
  • 成分:脂肪酸石けん、水、白糖、グリセリン、ソルビット、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、スクワラン、塩化Na、エチドロン酸4Na、HEDTA-3Na
  • タイプ:ー
  • メーカー:ピジョン

万が一、赤ちゃんの肌に合わない時の対処法は?

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、いくら肌に配慮した成分を使っていても市販のベビーソープによっては合わない場合があります。

使用してみて「赤ちゃんの肌にあっていないかも」と思ったら、すぐに使用を中止するようにしましょう

気になる症状がある場合には皮膚科にも足を運び、そのままの状態にしないことが大切。赤ちゃんの肌を見ながら、使うようにしましょう。


ベビーソープで敏感な赤ちゃんの肌を優しく洗おう!

敏感な赤ちゃんの肌に合わせて使える、ベビーソープ。

大人用のボディソープとは異なり、原材料からこだわった肌に優しい成分で作られているところが特徴です。パパやママが使いやすいようポンプ式の商品も多く、お風呂タイムが快適になるところも嬉しいポイント。

ぜひ、使ってみたいベビーソープを売れ筋商品から見つけて、毎日のケアに取り入れてみてください。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ