【種類別】車載ロッドホルダーおすすめ10選。竿掛けの人気アイテムとは

車の天井や壁に釣り竿を固定できる「車用ロッドホルダー」。竿の収納が簡単に行えるため、釣り人から大人気のアイテムになっています。本記事では、ロッドホルダーの種類や選び方、種類別に分けたおすすめ車載用ロッドホルダーを大公開!ぜひ、釣り好きが重宝するロッドホルダーを手に入れてみてくださいね。

車内をスッキリ収納!車載用ロッドホルダーを紹介します

車載ロッドホルダーのおすすめ

釣り場までの移動で苦労するのがロッド(釣り竿)の運搬。車を使うと竿を載せて運べますが、ロッドむき出しでは車内での収まりがよくありません。そんな時に便利なのが「車用ロッドホルダー」です。

竿掛けと呼ばれることもある車用ロッドホルダーがあれば、釣り竿を車内の天井や壁に固定できます。

そこで今回は、車内をスッキリ効率的に使える車用ロッドホルダーの種類や選び方、さらにおすすめの商品をご紹介します。自家用車で釣りに出かける“釣り好きの方”はぜひ参考にしてくださいね。


そもそも「車載ロッドホルダー」とは?

車載ロッドホルダーとは

車載ロッドホルダーとは、釣りで使う釣り竿を車内に固定するための装置です。車用ロッドホルダーは、天井、窓、壁などを使ってロッドを車内に固定します。

吸盤で簡単に取り付けられるものから、しっかりと固定するタイプまで、様々なタイプが存在する車載ロッドホルダー。

車内を広く使えたり、複数本のロッドを取り付けられたり、タックル(釣り道具)を傷から守るなど、車載ロッドホルダーには多くのメリットがあり、釣り好きに人気のアイテムとなっています。


車載ロッドホルダーを付けるメリット/デメリット

車載ロッドホルダーのメリットとデメリット

釣り竿を固定できる便利な車載ロッドホルダーですが、使用することで得られるメリットとデメリットがあります。

ここでは、車載ロッドホルダー使用の良い面と悪い面をあわせて紹介しますので、導入を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。


車載ロッドホルダーのメリットとは

車に釣り竿を固定して運べるロッドホルダーは、釣りライフに便利さと安全性をプラスするものです。

車載ロッドホルダーを導入すると、車による釣り場までの移動行程中にどんなメリットがあるのか詳しくご紹介します。


メリット① 車に空きスペースが増える

車にロッドを積むと、どうしても社内が狭苦しくなってしまいます。対策として、車用ロッドホルダーを導入すると、車内を広く使えますよ。

というのも、ロッドを天井や壁に固定することで、それまでデッドスペースだった空間を有効活用できるから。

天井や壁沿いにロッドが移動した分、床やその他の場所に空きスペースが増えます。空いたスペースは別の道具の収納に使えますし、自由に使えるスペースが増えてスペース利用の選択肢が広がります。


メリット② 移動中によるタックルの破損を防ぐ

高価な商品も多い、釣り用のタックル。ロッドを天井や壁に固定できれば、アクシデントにより、タックルが何かにぶつかって破損することを防げます。

車での移動時、急ブレーキや急なハンドル操作でロッドが転がったり、開閉時にドアに挟まって思わぬ傷がついたり、壊れたりといった経験はないでしょうか。

車載ロッドホルダーを使うと、予期しないアクシデントから大切なタックルを傷や破損から守れます


車載ロッドホルダーのデメリットとは

車内の空きスペースが増え、安全性も高まる車載ロッドホルダーですが、使用することでマイナスになる面もあります。

どんな部分がマイナスなのか、車用ロッドホルダーを取り付けることで生じるデメリットについて解説します。


デメリット① 車内が窮屈に感じる

車載ロッドホルダーを天井に取り付けた場合、頭上に圧迫感が出て、窮屈に感じるかもしれません。

足元のスペースは増えるのですが、その半面、天井側の空間を占有するので、特に後部座席側は狭く感じる場合があります。

運転手以外の人を載せる場合は、ロッドを積載する場所を片側に寄せるなど、工夫する必要があるでしょう。


デメリット② 走行中の振動によってカタカタ音が鳴る

釣り竿の長さによっては、ロッドホルダーに固定した後、走行中にフロントガラスに干渉して音が出ることがあります。ロッドホルダー取付後にカタカタと音が鳴るのは、運転中の振動が原因です。

音に敏感な人は気になるかもしれませんが、慣れれば気にならなくなるという意見もあり、走行中の音鳴りを感じるかどうかは個人差があるようです。


車載用ロッドホルダーの種類は、全部で3種類ある!

車載ロッドホルダーの種類

車に取り付けられるロッドホルダーには、取り付け方により、大きく分けて3つの種類があります。

釣りのシーンにより「シーバスロッド」「オフショアロッド」「フライロッド」などロッドを使い分けます。

また、軽自動車では使用できないロッドホルダーもあります。ここからは、ロッドホルダーのタイプについて詳しく解説します。


種類① 2~3本の安いロッドを運ぶなら「簡易タイプの車載用ロッドホルダー」

簡易取り付けタイプは、車の側面を利用してロッドを固定するものです。同タイプを2個購入して後部座席の窓ガラスに吸盤で固定します。固定に使った側のドアは、開閉できないのがネックですが、簡単に取り付けできて価格も安いのが利点です。

安いロッドを2〜3本持ち運ぶなら簡易タイプが手頃でおすすめです。車種やロッド種類も選ばす、軽自動車やフライロッドにも対応します。


種類② 軽量ロッドを数本運びたいなら「ベルトタイプの車載用ロッドホルダー」

軽めの釣り竿を数本運ぶ場合は、ベルトタイプの車載用ロッドホルダーが向いています。ベルトタイプは、両サイドのアシストグリップにベルトを引っ掛け、ベルトの上に竿掛けして運ぶ方式です。

様々な幅の車に対応するので軽自動車でも使用可能。取り付けも取り外しも簡単で、収納もしやすいのがポイント。

ベルトの上に載せるため、ロッドへのダメージも少なく、シーバスロッド、オフショアロッドにも対応します。


種類③ 多くのロッドを運ぶなら「アームタイプの車載用ロッドホルダー」

重量のあるロッドをたくさん持っていきたい場合は、アームタイプの車載用ロッドホルダーがおすすめです。アームタイプは車のサイドにバーを配置して固定します。耐久性が高く、天井にぴったり沿って取り付けるため、圧迫感が少ないのが特徴です。

ただ、高価で取り付けに手間がかかるのと、車種によっては取り付けできないことがネックポイント。

その代わり、アームタイプシーバスロッド、オフショアロッド、フライロッド、いずれのロッドにも対応するため、釣りが趣味で毎週のように出かけるのであれば付けることをおすすめします。


車載用ロッドホルダーを購入する時の選び方とは?

車載ロッドホルダーの選び方

車のタイプによっては取り付けできないロッドホルダーもあります。

購入後に「取り付けられない製品だった…」と後悔しないために、事前にチェックするポイントや上手な車載用ロッドホルダーの選び方を紹介します。


選び方① 車の室内高・室内長によって選ぶ

まずは、取り付ける車の室内空間サイズを測りましょう。特にアームタイプは適合する車種が細かく決まっているので、事前のサイズ計測と適合車種チェックはマストです。

良い商品でも、自分の車には合わないことがあります。簡易タイプとベルトタイプは取付可能な範囲が広いです。車内空間が狭い車で圧迫感なく使いたい場合、アームタイプだと空間を広く使えます。


選び方② 置きたい釣り竿の本数を選ぶ

どのタイプにするか迷ってしまうなら、釣り竿の本数で決めるという方法もあります。アームタイプは高価で、取り付ける車を選びますが、運べる釣り竿の本数はダントツに多いので運ぶ竿の本数が多い人におすすめです。

釣り竿は数本しか運ばないということなら、ベルトタイプ、多くても3本くらいまでなら簡易タイプでも大丈夫です。自分が使いたいロッドの数により、向いているロッドホルダーは変わります。


【種類別】人気の車載ロッドホルダーおすすめ10選

車載ロッドホルダーおすすめ

選び方や種類がわかったところで、具体的に車用ロッドホルダーのおすすめ商品を見ていきましょう。

ここからは、竿掛けタイプ別に人気の商品を詳しく紹介するので、ロッドホルダー選びの参考にしてくださいね。オフショアやシーバス、フライなど、各種のロッドにどの商品が向いているかまで解説しますよ。


安くて取り付け簡単!簡易型車用ロッドホルダーのおすすめ3選

取り付け方が簡単で値段も安い、簡易型の車用ロッドホルダーのおすすめ商品を3つ厳選してご紹介します。価格が手頃で手を出しやすく、ロッドホルダー初心者も抵抗なく試すことができます。

まずは簡易型から使ってみて、徐々に他のタイプに変えていっても良いでしょう。


簡易型車用ロッドホルダーのおすすめ① プロックス ピタッと! マルチハンガー

プロックス ピタッと! マルチハンガー PX825G グレー

『ピタッと! マルチハンガー』は、車内の窓ガラスに吸盤で吸着して取り付けるタイプのロッドホルダー。窓に2個並べて取り付ければ、ホルダーのくぼみの部分が竿掛けとなります。固定して運べる釣り竿の本数は最大4本です。

簡単に取り外しできるため、フィッシング後は、一時的に車外の窓に取り付け、ウェアを干すためのハンガーフックとして使うことも可能。ロッドを運ばない時は、クーラーに固定して竿掛けとして利用できます。

持ち運ぶロッドの本数が少ない人、釣りに行く頻度が少ない人、他の用途にも車をよく使う人には、取り外しが簡単で値段も安く、マルチに使えるのでおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • ロッドの取り付け可能本数:4本
  • 耐荷重:5kg
  • メーカー:プロックス
  • 対応ロッド:ー

簡易型車用ロッドホルダーのおすすめ② Aチーム製品 吸盤釣りロッドラック

Aチーム製品吸盤釣りロッドラック/ホルダーfor車/トラック/SUV – 簡単なインストール – で釣り極を安全(1ペア)

吸盤で固定する簡易タイプの、取り付け方も簡単な車用ロッドホルダーです。運べるロッドの本数は最大4本。1パッケージに1ペア(2個)入っているので、商品を2つ購入する必要はありません。

吸盤式で簡単にとりはずしできるので、釣り以外の用途に車を使うことも多い人、家族で車を共有している人、持ち運ぶ釣り竿の本数が少ない人におすすめです。ロッドの竿掛け以外に、バケツやクーラーボックスを掛けるフックとして使うこともできますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • ロッドの取り付け可能本数:4本
  • 耐荷重:ー
  • メーカー:Aチーム
  • 対応ロッド:ー

簡易型車用ロッドホルダーのおすすめ③ アーマード・ヒロ カールロッドホルダー

【アーマード・ヒロ】 カールロッドホルダー 硬さが違う 車内収納専用 簡単取外し ※盗難防止用には向きません カーリーロッドホルダー

コイル状のユニークな車載ロッドホルダーがこちら。助手席と運転席の車のヘッドレストをはずして、製品の両端の輪っかを通すことで装着が完了します。ロッドホルダーの装着に手間をかけたくない人におすすめ。

また、コイルはロッドとリールの重量に耐えられる強度に設計されています。

軽い釣り竿を使用している人、持ち運ぶ本数が少ない人、天井に取り付けるアームタイプのロッドホルダーが取り付けられない車種の人向きですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • ロッドの取り付け可能本数:使い方により複数本可能
  • 耐荷重:ー
  • メーカー:ARMORED.HIRO
  • 対応ロッド:ー

軽量ロッドを手軽に積める!ベルト型車用ロッドホルダーのおすすめ4選

ベルト型ロッドホルダーは、比較的装着が簡単で、簡易タイプよりも多くの本数の釣り竿を積載できます。軽量のロッド中心ならベルト型ロッドホルダーはおすすめです。

ドアの上にあるアシストグリップにベルトを取り付けて装着します。製品によっては使用できない車種もありますが、比較的幅広い車種に対応。軽自動車でも使用可能な製品がありますよ。

ただ、事前に対応車種をよく調べてから購入するようにしましょう。


ベルト型車用ロッドホルダーのおすすめ① オルルド釣具 車載用ロッドキャリー「キャリルドA」

【オルルド釣具】 車載用ロッドキャリー 「キャリルドA」 ロッドキーパーベルト・ロッドホルダーに/ルアーロッド等リールを付けたままの釣竿の車載・収納に/最大5本まで対応 レッド qb500081b01n0

車内天井脇のアシストグリップに取り付けるベルト型ロッドキャリーです。アシストグリップが車内の前後左右、計4箇所にある車であれば装着可能。他タイプのロッドホルダーが取り付けできない場合にもおすすめです。

ベルトは2本セットで、長さ調節可能。釣り竿固定のため、片側にはリング、もう反対側にはベルクロが付いています。価格が安く、比較的簡単に取り付けできるロッドホルダーですよ。

ロッドを5本程度運ぶ人、アームタイプが取り付け不可の車や軽自動車を使用している人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • ロッドの取り付け可能本数:5本
  • 耐荷重:ー
  • ベルトの取り付け幅:75~150cm
  • メーカー:オルルド釣具
  • 対応ロッド:ー

ベルト型車用ロッドホルダーのおすすめ② CAMPAM 車載ロッドホルダー

CAMPAM ミニバン 1BOX 適合 車載 車内用 ロッドホルダー ロッドキャリー ロッド キーパー ルアー 船 ボート スピニング ベイト リール対応 CAM-BKBL

こちらも、車内のアシストグリップに取り付けるタイプのベルト式ロッドホルダー。アシストグリップが4箇所ある車であれば、装着可能です。

軽自動車、ワンボックス、ステーションワゴンなど、幅広い車種に対応します。竿掛け部の固定にはバックル式を採用しており、ワンタッチで脱着できるのも便利な点。

また、積載する竿やリールの種類も問わないので、どんなタイプの釣り竿も使えるところも嬉しいポイント。

シーバスロッドやオフショアロッドをよく使う人にもおすすめ。もちろん、フライロッドにも対応していますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • ロッドの取り付け可能本数:5本
  • 耐荷重:ー
  • ベルトの取り付け幅:75cm~160cm
  • メーカー:CAMPAM
  • 対応ロッド:リールのジャンル、竿の種類は問わない

ベルト型車用ロッドホルダーのおすすめ③ Booms Fishing ロッドキャリー

Booms Fishing VRC ロッドキャリー 車専用 ブラック

ベルトの取り付けは、車内の4箇所のアシストグリップを使うベルトタイプのロッドキャリーです。

取り付け幅の範囲が広いので、対応する車の種類が多いのが特徴。ベルクロによる固定はハードタイプほど強くないので、車の振動により揺れることもあります。また、天井から吊り下げる形になるので、車内がやや狭く感じられるかもしれません。

しかし、取り付ける車や載せるロッドの種類を選ばず脱着も簡単なので、多くの釣り好きにおすすめできる商品です。軽自動車でも、室内長がフィットすれば使用可能ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • ロッドの取り付け可能本数:5本
  • 耐荷重:4kg
  • ベルトの取り付け幅:75cm~160cm
  • メーカー:Booms Fishing
  • 対応ロッド:ー

ベルト型車用ロッドホルダーのおすすめ④ エクセル ロッドキャリーホルダー

X'SELL(エクセル) ロッドキャリーホルダー ロッド5本セット可能 BB-861 ブラック

この商品は、アシストグリップが2列目と3列目に装備されている車種に取り付けることができます。カラーは黒とモスグリーンの2色から選択可能です。

釣り竿を分解せず、伸ばしたままでセットできるのが最大のメリットと言えます。車幅に合せて調節できるため、様々な車種に取り付けられるのも魅力です。

セット可能なロッド数は5本までで、大量のロッドを持ち運ぶ必要のない人におすすめします。コンパクトに収納でき、使用しない時も邪魔になりません。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • ロッドの取り付け可能本数:5本
  • 耐荷重:ー
  • ベルトの取り付け幅:約78~145cm
  • メーカー:X’SELL(エクセル)
  • 対応ロッド:ー

耐久性抜群!アーム型の車用ロッドホルダーのおすすめ3選

アーム型のロッドホルダーは取り付けにやや手間がかかりますが、耐久性も高く、がっちり固定できるので、長く使いたい人には一番おすすめの商品。また、最も人気があるタイプでもあります。

持ち運べるロッドの数が多いので、釣りが生活の中心にある人には使い勝手が良いでしょう。


アーム型の車用ロッドホルダーのおすすめ① カーメイト ロッドホルダー inno

カーメイト ロッドホルダー inno 釣り竿 車載 ホルダー 確実ホールドのクランプ式 5本積み IF16

カーメイト社の、車の天井に固定して使用するアーム型ロッドホルダーです。釣り竿の固定はクランプ式で、確実にホールドすることができます。

バス・トラウトだけでなく、シーバス・オフショア・フライロッドも積載可能なので、楽しめる釣りの種類が幅広く、様々なロッドを使用する人におすすめです。

カーメイト製品は積めるロッドの本数別に製品種類が分かれていますが、この商品は5本の釣り竿を運べるタイプ。

注意点としては、適合車種が限定されますので、購入前にメーカーの最新適合表で対応製品を確認してから購入するようにしましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • ロッドの取り付け可能本数:5本
  • 耐荷重:ー
  • サイズ:124 × 145 × 20 cm
  • メーカー:カーメイト(CARMATE)
  • 対応ロッド:トラウトロッド、シーバスロッド、オフショアロッド、フライロッド

アーム型の車用ロッドホルダーのおすすめ② カーメイト ロッドホルダー inno Jフックスタンダードタイプ 10本積み IF3

ロッドを多数持ち運びたい釣り好きにおすすめの、10本のロッドを積載できるアーム型のロッドホルダーです。

竿掛け部の固定にはJフック型を採用しており、片手でも脱着可能な簡単な取り付け方法なので、持ち運ぶロッドの数を絞りたくない方には一番のおすすめです。

圧迫感を感じることなく、重量のある竿や、太い釣り竿を取り付けることができます。四駆や大型のミニバンでも利用できて、オールマイティな商品ですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • ロッドの取り付け可能本数:10本
  • 耐荷重:7kg
  • サイズ:124 × 145 × 20cm
  • メーカー:カーメイト(CARMATE)
  • 対応ロッド:ルアーロッド、バス・トラウトロッド

アーム型の車用ロッドホルダーのおすすめ③カーメイト ロッドホルダー inno デュアルホールドタイプ 8本積み IF7

カーメイト ロッドホルダー inno トヨタ ハイエース専用 デュアルホールド 8本積み IF11

カーメイトのアーム型ロッドホルダーの8本積みタイプです。持ち運ぶロッドの本数が増えそうな時は、別売のオプションを使用することで、10本まで本数を増やすことができます。

長く使えて、固定力も高く、人気の国産アームホルダー。取り付けにやや手間と時間がかかりますが、使い勝手もよく、車内の空間を広く使えるので、見た目と快適性を重視する人に向いてます。

車幅や車種によって適合製品が変わるので、適合表で確認後の購入がおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • ロッドの取り付け可能本数:8本
  • 耐荷重:7kg
  • サイズ:124 × 145 × 20 cm
  • メーカー:カーメイト(CARMATE)
  • 対応ロッド:ー

愛車に合わせた“使いやすいロッドホルダー”を見つけよう。

人気の車載ロッドホルダー

釣り竿を車で運ぶためのロッドホルダーの種類と選び方、各タイプのおすすめ品をご紹介しました。

ロッドホルダーには、予算を押さえて手軽に導入したい人向けから、手間と費用がかかっても快適性と収納力を重視したい人向けまで、バリエーション豊かな製品タイプが揃っています。

自分の愛車と釣りスタイルにマッチしたロッドホルダーを設置して、さらに楽しく快適な釣りライフを送っていきましょう!


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事