【決定版】メンズ洗顔料のおすすめ15選。20代・30代・40代・50代に人気の一つとは

毎日の肌ケアで重要になる“洗顔”。男性は女性に比べて、洗顔料を使っていない方も多いかと思います。そこで今回は20代・30代・40代・50代におすすめの人気メンズ洗顔料を15個紹介します。安い&コスパ最強の洗顔料から洗顔方法や洗顔の回数とタイミングまで徹底解説します!

メンズにおすすめの洗顔料の決定版!

メンズにおすすめの洗顔料を大公開

洗顔のときに欠かせないのが「洗顔料」。洗顔料を選ぶときは、自分にあったものを選ぶことが何よりも重要です。自分にあっていない洗顔料だと、吹き出物ができたり、場合によっては肌がかぶれてしまうことも。

今回は洗顔料のタイプから洗顔料選びで重要なこと、さらにはおすすめしたい洗顔料をご紹介。ぜひ参考にして、自分にあった洗顔料を見つけてみてくださいね。


洗顔料のタイプは主に4種類ある。

洗顔料のタイプは主に4種類ある

洗顔料のタイプは主に「ジェルタイプ」、「泡タイプ」、「フォームタイプ」、「石鹸タイプ」の4種類あるのはご存知でしたか。それぞれのタイプの違いについてあらかじめ知っておくことも、自分によりあった洗顔料を選ぶためには重要なこと。

ここでは、おすすめしたい洗顔料を4種類ご紹介します。それぞれの種類でメリットやデメリットについても記載してあるので、あわせて確認してみてくださいね。


ジェルタイプ洗顔料のメリット&デメリットとは

最近人気が高まっている「ジェルタイプ」の洗顔料。水分が多く、使ってて非常に心地が良いのが特徴的です。足りない場合は必要な分だけ補えるのも、ジェルタイプならでは。

但し洗浄力がやや劣ってしまうのがデメリット。毛穴によく詰まるような脂質肌に関しては、あまり適さない場合があります。また、使い心地が良いのでつい肌を何度も擦ってしまう可能性も。敏感肌や乾燥肌の方は注意しましょう。


泡タイプ洗顔料のメリット&デメリットとは

「泡タイプ」は「ムースタイプ」とも呼ばれ、その名の通りポンプを押すと泡がもこもこと出てくるタイプです。その特徴はなんといっても泡立てる必要性がないこと。泡が立ってない場合手でさすって泡立てる必要がありますが、泡タイプは元々泡なのでそのまま洗顔することができます。

一方刺激や洗浄力が強すぎる点が難点。かえって肌に悪影響を与えてしまうこともあるので注意が必要です。さらに時間が経つと泡がしぼんでしまうこともあります。しぼんだ状態だと、毛穴の奥まで洗浄成分がしっかりと届かない場合があります。


フォームタイプ洗顔料のメリット&デメリットとは

最近の洗顔市場でブームになっているのが「フォームタイプ」。とにかくコスパが高いタイプです。洗顔料の中でも最も安く、スーパーやドラッグストアで市販のプチプラ洗顔料が簡単に手に入ります。また必要な量だけ使用でき、足りないときも簡単に足せるのもフォームタイプの特徴です。

しかし乾燥肌やニキビなどで悩んでいる人は少し注意が必要なことも。フォームタイプは刺激が強い洗顔料も多く、汚れだけでなく脂質までとってしまい、肌に悪影響を及ぼすこともあるので気をつけましょう。


石鹸タイプのメリット&デメリットとは

最近はフォームタイプやジェルタイプが主流になりつつあり、石鹸タイプは少数派になっています。ですが石鹸タイプの洗顔料を使用すると、肌に負担をかけずに洗顔できます。洗顔を目的として作られた石鹸タイプは、低刺激を意識した作りなので、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使用可能。さらに泡立ちもよく泡の粒子が細かいので、毛穴までしっかり入り込んで汚れを落としてくれます。

しかし他のタイプと比較すると泡立ちにくいため、時間をかけて泡立てる必要があります。手間がかかってしまうのが石鹸タイプのデメリットと言えるでしょう。


洗顔料選びで大切なこと

洗顔料選びで大切なこと

それぞれの種類のメリット&デメリットを紹介したところで重要になる“選び方”。洗顔料選びは

  1. 種類
  2. 成分
  3. 価格

の3点を確認しておくことが大切です。ここからは3つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


洗顔料の選び方1. 洗顔料の種類で選ぶ

まず洗顔料選びで重要なのが洗顔料の種類。上記でご紹介した4つの種類のどれに当てはあまるのか、しっかりと確認しておく必要があります。

しっかりと落とせる洗顔料が良いのにジェルタイプを選択した場合、後々後悔してしまうこともあるかもしれません。自分にあった洗顔料を選ぶためにも、自分にあった種類を選ぶことが重要です。


洗顔料の選び方2. 配合された成分をチェックする

洗顔料は基本的に洗顔料は皮質や汚れを落としたり、肌を元の状態に戻すのには重要なアイテム。しかし肌を痛めるような成分が入っていれば、かえって肌に悪い場合があります。中でも注意しておきたい成分が「BHT」「サリチル酸」。これらの成分は刺激が強いため、ピリッとした刺激を感じることがあります。

商品を選ぶ際は、洗顔料の成分表示もしっかりと確認しておきましょう。


洗顔料の選び方3. 価格から選ぶ

市販のただ安い洗顔料だけ探していても、かえって肌に悪影響を与えてしまい、後悔してしまうこともあるかもしれません。

洗顔料は普段使用するものなので、安い洗顔料を求める人はできるだけコスパが良い洗顔料を重視して選ぶのがおすすめ。プチプラ商品だけでなく高級品とも見比べながら、自分の最適な価格帯の商品を選んでいきましょう。


毛穴汚れやニキビ予防に。メンズ洗顔料のおすすめ15選を紹介!

メンズ洗顔料のおすすめを紹介.jpg

ここからはおすすめのメンズ洗顔料を15種類ご紹介します。

それぞれのアイテムにつき「タイプ」「成分」「内容量」といったステータスも一緒に記載しているので、ぜひ確認してみてください。購入後に後悔しないためにも、自分にあった洗顔料はどれなのかしっかり考えながら、最適なひとつを見つけてみてくださいね。


おすすめの洗顔料1. THE FACE WASH(BULK HOMME)

おすすめのメンズ洗顔料はバルクオム

男性用の洗顔料ではめずらしく、生石鹸を使用した洗顔料。「クレイミネラルズ」「ベントナイト」といった国産の土を含んでおり、不要な汚れを落として皮脂を吸着してくれるのが『THE FACE WASH』の特徴です。さらに、「加水分解シルク」「グリセルグルコシド」という潤いを保つ成分も配合されているので、肌の水分蒸発も防いでくれますよ。

泡もきめ細かいので、毛穴の細部の汚れまでしっかり落としてくれるのもポイント。手でも泡立ちますが、洗顔ネットを使用すればよりふわふわの泡にできるのでおすすめです。洗顔料に加えて、潤いを与えてくれる化粧水がセットだからスキンケア意識の高い20代の人はもちろん、40代や50代の人もぜひ購入を検討してみてくださいね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:石鹸タイプ
  • 内容量:100g
  • 添加物情報:不明
  • ブランド:バルクオム

おすすめの洗顔料2. どろあわわ

どろ豆乳石鹸どろあわわ 110g

沖縄の海底になんと数百万年も眠っていたといわれる「マリンホルト」、さらには火山灰の「ペントナイト」の2種類のクレイ(粘土鉱物)からできた石鹸タイプの洗顔料。クレイの洗顔市場では、なんと5年連続して売上ナンバーワンを誇っているほどの人気ぶり。

泡は非常にもっちりしているので、肌への負担も軽減してくれます。敏感肌で困っている人でも『どろあわわ』は安心して使用できますよ。それだけでなく、「豆乳発酵液」「ヒアルロン酸」さらには「コラーゲン」といった保湿成分もたっぷり。もっちり肌を目指している人は、ぜひ購入してみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:石鹸タイプ
  • 内容量:110g
  • 添加物情報:無香料、無着色、無鉱物油
  • ブランド:健康コーポレーション

おすすめの洗顔料3. Non A.(プライマリー)

ニキビ対策洗顔ソープ プライマリー Non A 100g

肌のトラブルを持っている人の相談を、なんと7万件以上分析して開発されたのが『Non A.』。通常石鹸よりもモコモコとした泡が体感できますよ。さらに消炎効果を持つ「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合、ニキビの炎症を抑えて、症状を和らげてくれます。それだけではなく、「ヒアルロン酸」をはじめとした保湿成文も豊富。

洗顔後は乾燥しがちですが、『Non A.』はしっかり潤いを肌に与えてくれます。使用する際は洗顔泡立てネットを使用して、しっかりとした泡を作ることがポイント。そのあとは顔にのせて、軽く抑えながら洗顔しましょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:石鹸タイプ
  • 内容量:100g
  • 添加物情報:無着色、無色料、無鉱物油
  • ブランド:プライマリー
  • 分類:医薬部外品

おすすめの洗顔料4. ダヴ クリーンコンフォート

ダヴ クリーンコンフォート 泡洗顔 130ml

肌の乾燥から守ってくれる「マイクロモイスチャー」を配合した洗顔料、『ダヴ クリーンコンフォート』。マイクロ泡が、毛穴に溜まった汚れや皮脂を吸い上げて落としてくれます

また男性は、毎日の髭剃りなどで角質を落としてしまうことも多く、さらには女性と比較して肌の水分も失いやすいです。そうならないために、保湿成分もしっかり兼ね備えているので、潤いのある肌にしたい人にはおすすめ。30代や40代といった大人の男性の肌をしっかり考えて作られているのも大きな特徴。ぜひ『ダヴ クリーンコンフォート』を手にとって、毎日肌のお手入れをしてみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:泡タイプ
  • 内容量:130g
  • 添加物情報:不明
  • ブランド:ダヴ

おすすめの洗顔料5. ロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース

ロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース 120g

ミネラルがたっぷりと入った「海泥」、さらに「ローズフルーツエキス」が配合された洗顔料『ロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース』。肌のざらつき、もしくは黒ずみが気になっている人におすすめ。

また、ローズフルーツエキスによって肌が引き締められると言われています。使用する際は、手のひらにとってから水もしくはぬるま湯でよく泡立ててから使用しましょう。太古の自然により育った海泥をダイレクトに感じたい人は、ぜひ購入を検討してみませんか。お値段も、Amazon価格で550円と非常にリーズナルです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:フォームタイプ
  • 内容量:120g
  • 添加物情報:無香料
  • ブランド:ロゼット

おすすめの洗顔料6. GATSBY (ギャツビー) 薬用フェイシャルウォッシュ パーフェクトスクラブ

GATSBY (ギャツビー) 薬用フェイシャルウォッシュ パー...

「ニキビ」「肌荒れ」「油」の男性の3大肌荒れトラブルを研究して開発された洗顔料。1gで6Lもの水分を抱え込んでしまうヒアルロン酸と浸透型のコラーゲンによって、肌表面はもちろんのこと、角層内部までしっかり潤いを与えてくれます。さらにビタミンC誘導体のはたらきにより、シミやそばかすの原因であるメラニンの生成を抑えてくれますよ。

使用する際は、手のひらと指の腹をしっかりと使って泡立てます。泡立てたあとは、泡で顔を包み込むようにやさしく洗いましょう(ゴシゴシしないよう注意)。また洗顔後は肌のうるおいが不足しがちなので、化粧水や保湿液で潤いを保つようにするのがポイントです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:フォームタイプ
  • 内容量:120g
  • 添加物情報:不明
  • ブランド:マンダム

おすすめの洗顔料7. オルビス(ORBIS) ミスター フェイシャルクレンザー

オルビス(ORBIS) ミスター フェイシャルクレンザー 11...

肌のベタつきやかさつきを防ぎたい人に、ぜひおすすめしたい洗顔料『ミスター フェイシャルクレンザー』。実は、男性は女性と比較して皮脂量は3倍、さらには水分量は1/3ほどしかありません。「肌荒れはするけど手入れがめんどくさい」という男性向けに開発されました。

この商品の最大の特徴は、「クレイ」と「炭」を配合しているところ。ベタつきに悩んでいる人でも、この2つの成分が皮脂に吸着することで汚れを落としてくれます。クリームタイプですが、「ラウリン酸」という石鹸タイプに含まれている洗浄成分を配合。肌にも非常に配慮されていますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:クリームタイプ
  • 内容量:110g
  • 添加物情報:無香料、無油分、無着色
  • ブランド:ロゼット

おすすめの洗顔料8. メンズビオレ ディープオイルクリア洗顔

メンズビオレ ディープオイルクリア洗顔 130g

あの大手企業「花王」が販売しているスキンケア発想の洗顔料『メンズビオレ ディープオイルクリア洗顔』。天然成分由来のねばり泡が大きな特徴で、ゴシゴシこすることなく肌に付着している汚れを落としてくれますよ。さらにメントール(清涼成分)が配合しているので、爽快感も感じることも可能。

洗ったあとの肌のテカリが気になる人も、この洗顔料であれば抑えてくれますよ。使用する際は2cmほどの適量をとり、水もしくはお湯で泡立てて洗いましょう。アクアミントのさっぱりした香りになっており、とにかく爽快感がほしい人はぜひ手にとってみてください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:クリームタイプ
  • 内容量:130g
  • 添加物情報:不明
  • ブランド:花王

おすすめの洗顔料9. Oxy パーフェクトウォッシュ

オキシー (Oxy) パーフェクトウォッシュ 大容量 200g

男性用の洗顔料でも絶大な人気を誇っているのが『Oxy パーフェクトウォッシュ』。男性に起こりがちな肌のベタつきを防いでくれる効果があり、脂質を洗い流してくれます。それだけでなく、殺菌成分が配合されているのも大きな魅力。ニキビに悩んでいる人にもおすすめです。

オイリーな肌から解放されたい人は、ぜひ購入して『Oxy パーフェクトウォッシュ』ならではの爽快感を味わってみてくださいね。ちなみに爽快感を重視しているため、無添加ではなく香料を含んでいます。敏感肌の人は肌荒れの可能性があるので、使用する際は注意しましょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:フォームタイプ
  • 内容量:200g
  • 添加物情報:香料
  • ブランド:オキシー

おすすめの洗顔料10.ダヴ クリーンコンフォート 泡洗顔

ダヴ クリーンコンフォート 泡洗顔 130ml

肌に悩みを持っている30代もしくは40代の人におすすめしたい洗顔料『ダヴ クリーンコンフォート 泡洗顔』。泡タイプの洗顔料で、1プッシュするだけでボリューミーな泡が出てきます。めんどくさい洗顔料の泡立ても必要ないのが特徴で、毛穴の汚れまでしっかりと洗えますよ。

さらに「マイクロモイスチャー」という保湿成分も入っているので、肌の乾燥が気になる人にもおすすめ。爽やかで清潔感のある香りも大きな魅力です。価格もリーズナブルなので、気になる人はぜひ『ダヴ クリーンコンフォート 泡洗顔』を購入してその良さを体感してみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:泡タイプ
  • 内容量:130ml
  • 添加物情報:香料
  • ブランド:ダヴ

おすすめの洗顔料11. 資生堂 メンズ クレンジングフォーム

資生堂 メン クレンジングフォーム 130g 洗顔フォーム

こちらも大手企業「資生堂」が販売している洗顔料『資生堂 メンズ クレンジングフォーム』。肌のベタつきや古い角質を取り除きたい人におすすめしたい商品です。泡が非常にきめ細やかなので、洗顔にはもちろんのことシェービングフォームとして使用するのもおすすめ

シェーバーで肌を傷つけることも少ないです。使用する際はまず手のひらに少量取り出し、水もしくはぬるま湯で泡立てましょう。そのあとはゴシゴシするのではなく、顔を優しく包み込むように洗うのがポイント。ちなみにシェービングの際は、洗顔時より量を多めにして使用してくださいね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:フォームタイプ
  • 内容量:130g
  • 添加物情報:不明
  • ブランド:資生堂

おすすめの洗顔料12. ウーノ ホイップウォッシュ

ウーノ ホイップウォッシュ (ブラック) 130g

こちらも「資生堂」が販売している洗顔料。オイリー肌をなんとかしたいという人にぜひおすすめで、余分な皮脂を落としてサラサラにしてくれる「クレイ成分」を配合しています。さらに脂質のほかに余分な角質まで落としてくれるので、アブラやテカリで悩んでいる人にも効果的。

使用する際は、日の当たる場所や高温はなるべく避けて使用してください。ちなみにこの「ホイップウォッシュシリーズ」には、黒ずみもしくは毛穴の汚れが落とせる「スクラブ」、保湿成分が含まれている「モイスト」とあるので、自分の肌に合わせて購入を検討してみてくださいね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:クリームタイプ
  • 内容量:130g
  • 添加物情報:不明
  • ブランド:資生堂

おすすめの洗顔料13. マンダム ルシード 薬用オイルクリア洗顔フォーム

LUCIDO (ルシード) 薬用オイルクリア洗顔フォーム (医...

40代からの肌のケアにぜひおすすめしたい洗顔料『ルシード 薬用オイルクリア洗顔フォーム』。脂質を溶解する成分と吸着度の高いパウダーを配合しており、頑固な肌の汚れも落としてくれますよ。

さらにサラサラ感をもたらすパウダーも配合されているので、洗ったあとはスベスベな肌にしてくれます。それだけでなく、香料、パラペンが含まれていないのも大きな特徴。香料などが配合されている場合、敏感肌の人は注意が必要ですが、この洗顔料であればそういった心配も必要ありません。40代以降で肌が気になってきた人は、ぜひ手にとってお手入れを始めてみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:フォームタイプ
  • 内容量:130g
  • 添加物情報:無香料
  • ブランド:マンダム
  • 分類:医薬部外品

おすすめの洗顔料14. ウーノ ホットジェルクレンズ

ウーノ ホットジェルクレンズ 洗顔料 130g

こちらは、ジェルタイプの洗顔料『ウーノ ホットジェルクレンズ』。女性用化粧品におけるクレンジング技術を、男性向けにアレンジした商品です。「天然クレイ洗浄成分」を配合しており、余分な角質や皮脂を落としてくれるだけでなく、アブラ汚れや毛穴汚れも洗浄してくれますよ。

使い方も簡単で、手にジェルをとって肌につけるだけ。洗い上がりも、肌に潤いを残しながらしっとりとしたものにしてくれます。仕事終わりのリラックスタイムにまさにぴったりの商品です。ちなみにさっぱり感がほしい人は、同じタイプの『ウーノ クールジェルクレンズ』がおすすめ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:ジェルタイプ
  • 内容量:130g
  • 添加物情報:不明
  • ブランド:資生堂

おすすめの洗顔料15. ニベアメン フェイスウォッシュ フレッシュ

ニベアメン フェイスウォッシュフレッシュ(洗顔料)

最後にご紹介したいのは、花王が販売している洗顔料『ニベアメン フェイスウォッシュ フレッシュ』。皮脂吸着成分が配合されているもっちりした泡が、皮脂の汚れを落としてくれます。さらにメントール(清涼成分)も入っているので、爽快感も味わえちゃいますよ。

使用する際は、適量をとってから水やぬるま湯でしっかり泡立ててから優しく洗いましょう。ちなみにキャップを外すと、最後まで無駄なく使うことが可能。クールシトラスの爽やかな香りがする『ニベアメン フェイスウォッシュ フレッシュ』で、肌の汚れを落としませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:フォームタイプ
  • 内容量:100g
  • 添加物情報:微香性
  • ブランド:花王

洗顔料のおすすめブランドを5選を紹介します!

洗顔料のおすすめブランドを大公開

ここからは、洗顔料を選ぶ際におすすめしたいブランドを5社ご紹介します。それぞれのブランドによって、「商品の特徴」「価格帯」「向いている人」などそれぞれ異なります。

ブランドごとの洗顔料の特徴をしっかり抑えておくことは、より自分にあった洗顔料を選ぶためには非常に重要なこと。ぜひ参考にして、肌をどんどん綺麗にしましょう。


おすすめブランド1. 花王

【花王】メンズビオレ ミクロスクラブ洗顔 130g ×10個セット

しっとりとしたなめらかな肌ざわりを求める人におすすめしたいのが花王の洗顔料。人気商品「ビオレ」をはじめ、「ニベアメン」など信頼のおける商品が多いのが特徴で、大手ならではの安心感が得られやすいです。

さらに大きな特徴が、「メンズビオレ」といった男性向けの洗顔料が販売されているところ。男性ならではの肌にあった洗顔料を手にとって、潤った肌にしてみませんか。

花王の洗顔料を見る


おすすめブランド2. 資生堂

ウーノ ホイップウォッシュ (ブラック) 130g

オイリーな肌をなんとかしたいひ人におすすめなのが資生堂の洗顔料。大手ならではの品数の豊富さが特徴で、「石鹸タイプ」「ジェルタイプ」「フォームタイプ」などさまざま。

年齢層も20代から50代まで幅広い層の人が使用できますよ。ちなみに価格帯は、健康コーポレーションなどと比較すると高めなので注意してくださいね。

資生堂の洗顔料を見る


おすすめブランド3. ロゼット

ロゼット洗顔パスタ 海泥スムース 120g

ロゼットは1929年に日本で初めてクリーム状の洗顔料を発売しており、歴史と伝統を着実に積み重ねてきました。

そんなロゼットの洗顔料は、ニキビの原因となる古い角質を落としてくれる洗顔料が多いのが特徴。さらに肌感にもこだわっており、うるおいを持ったすべすべ肌にしたい人にはロゼットの製品はおすすめです。価格もリーズナブルですよ。

ロゼットの洗顔料を見る


おすすめブランド4. バルクオム

BULK HOMME THE FACE WASH 洗顔料 100g

本格的なスキンケアを求めている男性にぜひおすすめしたいのがバルクオムの製品。バルクオムの製品は「洗顔料」「化粧水」「乳液」の3つに分けられて販売しており、しっかりとしたステップでスキンケアが可能。

それだけでなく、男性の肌のために考えられた商品が多いのも大きな特徴。本格的なスキンケアを始めようと思っている人は、ぜひバルクオムの洗顔料はいかがでしょう。

バルクオムの洗顔料を見る


おすすめブランド5. 健康コーポレーション

健康コーポレーション どろ豆乳石鹸 どろあわわ 110g [並...

健康コーポレーションの洗顔料の特徴として、石鹸タイプのモノが多いことが挙げられます。上記でも紹介した『どろあわわ』をはじめ、『くろあわわ』『くろあわわ<桃>』など商品の種類もさまざま。

石鹸タイプなので手間はかかりますが、そのぶん肌に負担がかからない製品が多いです。敏感肌で洗顔料の刺激が気になっている人は、ぜひ健康コーポレーションの洗顔料を手にとってみてくださいね。

健康コーポレーションの洗顔料を見る




LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事