2017年1月18日

名古屋を超えた絶品“ひつまぶし”。東京の美味しい名店10選

その味は本場・名古屋を超え。浅草うな鐵や野田岩、宮川などの有名店から完全個室やお得ランチの老舗まで、絶品の“ひつまぶし”が食べられる東京都内の美味しい名店10店舗を厳選。食べ方次第で何度も食べたくなる贅沢な逸品をご覧あれ!

名古屋の名物を「東京」で頂く

ひつまぶし

名古屋名物のひつまぶし。そのままでも美味しく頂けるうなぎに、薬味をのせたり、お茶漬けにしたりと3パターンの食べ方を楽しめる贅沢な一品です。今回は本場である名古屋にも勝るとも劣らない美味しいひつまぶしが味わえる東京都内の名店を10店舗ご紹介します。一杯で幾通りの食べ方を楽しめる特上の一杯をぜひご堪能あれ!

 

1. 浅草 うな鐵 浅草駅前本店

ひつまぶし うな鐵

出典:http://tabelog.com/

東京で美味しいひつまぶしを語るなら“うな鐵”は欠かせません。都内で初めて開拓された江戸仕立てのひつまぶしが自慢。また、ひつまぶし以外にも多くのうなぎ料理を提供しています。

東京初のオリジナルひつまぶし「浅草ひつまぶし」はうな鐵の看板メニュー。カリッと焼かれたうなぎは食べ方によって表情が変わります。香ばしい香りの鰻に薬味を乗せたお茶漬けは絶品。ランチ時はサラダや香の物がついたお得なセットもあるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

 

2. 入谷鬼子母神門前のだや

明治元年創業、うなぎ専門の調理師会直営の名店のだや。見る者を魅了する黄金色の蒲焼がお目にかかれます。使用するうなぎは関東風と関西風で変えるこだわりよう。

のだや ひつまぶし

出典:http://tabelog.com/

のだやオリジナルの「ひつまぶしうな太郎」は、多くのメディアでも取り上げらている一押しメニュー。タレ焼きと岩塩焼きの2種類があり、とくに人気なのは岩塩焼きだそう。岩塩でカリッと焼き上げることで、鰻本来の旨味や甘さが口の中に広がります。

  • アクセス:東京都台東区下谷2-3-1
  • 営業時間:11:30-15:00/17:30-21:00
  • 定休日:月曜(祝祭日の場合火曜)
  • HP:http://www.at-ml.jp/?in=67764/

 

3. 五代目 野田岩 麻布板倉本店

ひつまぶし 野田岩

出典:http://tabelog.com/

知る人ぞ知る老舗店、野田岩。創業200年を誇る伝統の味や技術を現在も守り続けている名店です。丁寧に作られる料理の数々が、歩んできた歴史を物語っています。

ひつまぶしは「野田岩風まぶし御膳」とメニュー名で、うな丼におだしを添えたシンプルなスタイルです。薬味には珍しくゆずもついており、華やかな香りが鼻をぬけていきます。長い歴史を感じれる至高の一品をぜひ堪能してみてください。

  • アクセス:東京都港区東麻布1-5-4
  • 営業時間:11:00-13:30/17:00-20:00
  • 定休日:日曜・夏季休暇・年末年始・7,8月の土用の丑の日
  • HP:http://www.nodaiwa.co.jp/

 

4. 稲毛屋

ひつまぶし 稲毛屋

出典:http://tabelog.com/

自家割きのうなぎと鶏料理を中心に、各種の珍味を取り扱う稲毛屋。関西風と関東風、両方の美味しいうなぎもいただけるお店です。

ひつまぶしも東西どちらかを選択できます。旨味が凝縮された出汁で頂くお茶漬けは何杯でもいけてしまう美味しさ。一緒に出てくるアサツキと海苔のアクセントも絶妙です。

 

5. 赤坂ふきぬけ

大正12年創業。美味しい本格うなぎが食べられる名店、赤坂ふきぬけ。厳選された国産ウナギを熟練の職人が、伝統の江戸前手法でふっくらと焼き上げていきます。創業以来継ぎ足されている秘伝のタレはまさに“伝統の味”。

赤坂ふきぬけ ひつまぶし

出典:http://tabelog.com/

名物メニューはなんといってもひつまぶし。脂の乗った新鮮なうなぎを柔かく蒸し、丁寧に焼き上げます。そうすることで、旨味が増しとろけるような食感を実現。薬味との相性もよく、うなぎの香りがさらに引き立ちます。リーズナブルな価格で頂けるランチ時が狙い目です。

  • アクセス:東京都港区赤坂3-6-11
  • 営業時間:【月-金】ランチ 11:00-14:30/ディナー17:30-22:30
  • 【土・日・祝】ランチ11:00-15:00/ディナー17:00-21:30
  • 定休日:無休
  • HP:http://www.fukinuki.jp/

 

6. 大塚三浦屋

ひつまぶし 三浦屋

出典:http://tabelog.com/

職人が目利きした新鮮な食材のみ使用した料理が味わえる大塚三浦屋。他では決して真似できない“プロの味”を堪能できます。

備長炭でじっくりと炙った鰻は表面はカリッと香ばしく、中はふわふわと柔らかい食感に。薬味とお出汁はお替り自由ですので、思う存分美味しいひつまぶしが楽しめます。

  • アクセス:東京都豊島区北大塚2-11-4
  • 営業時間:【月-土】ランチ11:30-13:30/17:00-22:00
    ※12月のみ、お昼の営業はお休みしております
    【日・祝日】17:00-21:00
  • 定休日:年末年始
  • HP:http://www.miura-ya.com/

 

7. 十番うなぎ はなぶさ

海外製の食器やグラスを使用し、味だけでなく目でも楽しめる、十番うなぎ はなぶさ。名古屋特有の「地焼き」という伝統的な調理法で、柔らかくしっとりとした味わいを堪能できます。

はなぶさ ひつまぶし

出典:http://tabelog.com/

メインのうなぎを引き立てるひつまぶしは、本場の名古屋の名店に負けない美味しさ。上質な脂の旨味は薬味をのせてもしっかりと感じられます。鰹出汁をかけてお茶漬けにすれば、さらに上品な味わいに。満席になることも多いので事前予約をしておきましょう

  • アクセス:東京都港区麻布十番2-8-8 ミレニアムタワー 5F
  • 営業時間:ランチ11:30-15:00/ディナー17:30-22:00
  • 定休日:無休
  • HP:http://jyu-ban-unagi.com/

 

8. 藍の家

平成25年には大田区の優良店にも選ばれた「藍の家」。完全個室制となっており、終日予約がいっぱいになる人気店です。

藍の家亭 ひつまぶし

出典:http://tabelog.com/

養殖ブランドうなぎ「坂東太郎」を使用したひつまぶしが食べられる珍しいお店です。身が厚く脂がのっており、天然物にも負けないおいしさを誇ります。入荷した時のみ味わえる限定メニューですが、一度は食べておきたい一品です。

  • アクセス:東京都大田区西蒲田7-27-5
  • 営業時間:11:30-14:00/17:10-20:30
  • 定休日:月曜(祝祭日の場合火曜)
  • 食べログ:http://tabelog.com/

 

9. うな匠

ひつまぶしを中心に、うな重やうな丼も取り揃えるうなぎの専門店、うな匠。愛知県三河一色の国産うなぎを使用しています。

うな匠 ひつまぶし

出典:http://tabelog.com/

名物ひつまぶしは豪華な2段構造。外はパリッと、中はふわっとした優しい食感です、芳ばしい香りが食欲を増進させ、あっという間に完食してしまいます。都内でボリューム満点の国産を鰻を頂ける美味しい名店です。

  • アクセス:東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkiba 8F
  • 営業時間:11:00-23:00
  • 定休日:無休
  • 食べログ:http://tabelog.com/

 

10. 宮川 目黒店

昭和11年創業から地元の人に長年愛され続ける名店、宮川。長年継ぎ足し続けている秘伝のタレは甘すぎず、一度食べたら病みつきになる味わいです。

宮川 ひつまぶし

出典:http://tabelog.com/

ひつまぶしはお櫃で提供してくれます。そのままでも美味しいのですが、最後のお茶漬けは特におすすめです。ふっくらとしたうなぎにワサビの旨味が相性抜群。ご飯は硬めに炊いているため、出汁を入れてもしっかりとした食感が残っています。

  • アクセス:東京都目黒区目黒4-12-3
  • 営業時間:11:30-14:00/17:00-20:00
  • 定休日:火曜
  • 食べログ:http://tabelog.com/

 

まとめ

都内で頂ける美味しいひつまぶしのお店10店舗をお届けしました。一度で三度の食べ方を楽しめる“ひつまぶし”。その魅力は奥が深いです。名店の薬味やお出汁の違いを見極めて、ぜひ自分好みの美味しい食べ方を見つけてくださいね。

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。