猫用ミルクの人気おすすめ特集|子猫・成猫・シニア猫に最適な牛乳を大公開

おすすめの猫用ミルクをお探しの方へ。今記事では、猫用ミルクを選ぶポイントから、おすすめの猫用ミルクまで詳しくご紹介します。猫ちゃんでも安心して飲める人気の商品を解説するので、気になる商品があれば、ぜひチェックしてみてください!

猫用ミルクの選び方|購入する前に確認すべき点とは

猫用ミルクのおすすめ

猫の食事やおやつなどに使用される猫用ミルク。ミルクの形状や成分、用途に合わせて様々な種類のものが販売されています。

そのため、猫を初めて飼うご家庭などは「どのミルクを選ぶべきか分からない」と困ってしまうはず。

そこでここでは、猫用ミルクを選ぶ際の大事なポイントをご紹介します。


猫用ミルクの選び方1. 年齢に合わせて選ぶ

猫用ミルクの多くは、猫の年齢や用途に沿ってミルクに配合する成分やカロリーを変えています。もしも年齢に合わないミルクを与えた場合、栄養不足や体調不良などを起こす可能性もあります。

猫用ミルクは、年齢ごとに『子猫用』『成猫用』『シニア猫(老猫)用』の3種類に分かれています。購入する前にはミルクのパッケージを見て、猫の年齢に合った商品かどうかを確認しておきましょう。


子猫には高タンパク&高カロリーのミルク

歯が生え揃わない子猫は固形物を食べられないため、液体のミルクが重要な食事となります。人間と違って猫の成長はとても早く、1年程で成猫へと成長します。

そのため、健康な成猫になるためには子猫時代に必要な栄養をきちんと摂取できるかがポイントなのです。

育ち盛りの子猫には、栄養分豊富な高タンパク&高カロリーのミルクを与えましょう。


成猫は低脂肪のミルク

子猫時代に比べて、成長のペースが穏やかになる成猫時代。そのため、高カロリーの子猫用ミルクを与え続けると太ってしまいます。

猫の肥満は病気を引き起こすリスクが高まる他、体が重くなって運動不足になれば足腰が弱る恐れもあります。

成猫用のミルクを選ぶなら、普段の食事と一緒に与えても太りすぎないようあげ方を工夫して、低脂肪のミルクを与えてください。


シニア猫は低脂肪のミルク

年齢を重ねたシニア猫(老猫)は動きも衰え始めるため、起きている時間よりも寝ている時間が増えてきます。

食欲のあるシニア猫の場合は、成猫と同じようにカロリーの少ない低脂肪ミルクを与えて肥満リスクを減らしましょう。

また、顎の力などが衰えて食事の量が減ってきたシニア猫は栄養不足に陥る危険性もあるため、健康成分の入ったシニア猫用ミルクがおすすめです。


猫用ミルクの選び方2. 粉末タイプか液体タイプかで選ぶ

猫用ミルクは『粉末タイプ』『液体タイプ』の2種類が販売されており、それぞれに異なる特徴があります。適当に選んでしまった場合、せっかく買ったミルクを無駄にする恐れがあります。

粉末タイプの猫用ミルクは、ミルクを作る手間があるものの長期保存が可能です。

対して液体タイプのミルクは、そのまま出せるので便利ですが長期保存には向いていません

与える量や頻度が少ない場合は粉末タイプ多頭飼いなどで与える量も頻度が多いなら液体タイプが人気です。


猫用ミルクの選び方3. 乳酸菌、ドコサヘキサエン酸など栄養素で選ぶ

猫用ミルクと一言で言っても、ミルクに含まれている栄養素は商品によって異なります。健康維持を目的として猫用ミルクを与えているのに、猫に必要な栄養素が入っていなければほとんど意味がありません。

猫用ミルクに含まれる栄養素は、お腹の調子を整える乳酸菌や腎機能や皮膚などの健康に良いドコサヘキサエン酸(DHA)などがあります。

猫の健康維持を考えて猫用ミルクを選ぶなら、飼い猫の健康を保つ必要な栄養素が入っているものがおすすめです。


【注意点】人間用の牛乳を与えるのはNG!

猫に人間用の牛乳を与える人もまれにいますが、基本は猫の健康を損なう危険性もあるためNGです。

牛乳には猫が体内で分解しにくい乳糖が含まれるため、下痢や脱水症状を起こしやすくなります。また、マグネシウムやカルシウムが多い牛乳は、与え続けると猫の尿路結石を引き起こす原因の一つです。

人間にとって無害なものでも、猫にとっては命の危機に瀕することがあるので、猫の健康を考えるなら猫用ミルクを与えましょう。


【子猫用】高タンパク&高カロリーのミルクのおすすめ5選

母乳を卒業して歯が生えるまでは、液体のミルクが大事な食事となる子猫。ここでは、栄養補給が大事な子猫におすすめの高タンパク&高カロリーな猫用ミルクを紹介します。

健康的な成猫に育って欲しいと願う飼い主さんは、栄養たっぷりな子猫用ミルクを選びましょう。


子猫用ミルク1. ワンラック ゴールデンキャットミルク

(まとめ買い)森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 130g×1缶入 猫用 【×3】
おすすめポイント
  • 子猫の成長に必要な栄養素が配合されているので、子猫の健康維持にも問題なし
  • 乳糖を調整してあるので、子猫でもお腹を壊しにくく安心
  • 温度に気を付ければ長期保存可能で人気の粉タイプ

「生まれたばかりの子猫にしっかり栄養を与えてあげたい」。猫の成長を願う飼い主さんなら、栄養素がたくさん入った猫用ミルクを選びたいですよね。

『ワンラック ゴールデンキャットミルク』は、健康維持に欠かせないタンパク質のラクトフェリンの他、DHAやタウリンなど子猫の成長に必要な栄養素をたっぷり配合。母乳に近い成分を配合しているので、歯が生え揃うまでは1日に必要な分量を与えるだけですくすくと育ちます。

子猫の健康を考える飼い主さんにぴったりな子猫用ミルクです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:1,760円(1缶)
  • 内容量:130g
  • 形状:粉末タイプ
  • 栄養:乳酸菌 / DHA / ラクトフェリン / タウリン など

子猫用ミルク2. ロイヤルカナン FHN ベビーキャット ミルク

ロイヤルカナン FHN ベビーキャット ミルク 300g
おすすめポイント
  • ほ乳瓶と乳首の付いたセットのため、買い足す必要がなくリーズナブル
  • 粉用ミルクは小袋に入っているため、新鮮な状態で保存できて便利
  • 生後0日から与えられるので、生まれたての子猫のいる家庭にも人気

「子猫を初めて飼うので、子猫用のアイテムを揃えるのが大変」。生まれたばかりの子猫を育てる場合、ミルクをあげるためのほ乳瓶などを別に揃えなければいけません。

『ロイヤルカナン』の子猫用ミルクは、粉ミルクの他にほ乳瓶と乳首がセット。乳首も細いので子猫の小さな口でもくわえやすく、目が開いていない子猫でもしっかりミルクを飲めます。

偶然子猫を拾ったという人や猫の飼育が初めてという人に人気の商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:1,900円
  • 内容量:300g
  • 形状:粉末タイプ
  • 栄養:ミルクプロテイン / DHA / タウリン / オリゴ糖 など

子猫用ミルク3. エスビラックパウダー

エスビラックパウダー 170グラム (x 1)
おすすめポイント
  • 子猫から老猫まで使用できるミルクなので、まるまる使いきれて経済的
  • 子猫を飼っている飼い主さんからも人気の商品で、安心して使用できる
  • 蓋部分は柔らかい素材でできているため、力の弱い人でも開け閉めしやすい

子猫は歯が生えるとドライフードへ食事を徐々に変える必要があります。しかし、子猫用のミルクだけ残ってしまうと考えるともったいないですよね。

『エスビラック』の猫用ミルクは、子猫以外にも成猫や老猫にも使用可能。また粉タイプのため、お湯や水の量を調節すれば離乳食代わりにも使用できます。子猫の成長に必要な栄養素も入っており、口コミでは「このミルクで子猫がすくすく育った」との声が多く評価の高い商品です。

子猫から老猫まで幅広い猫の年齢に使用できるミルクを探している人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:1,507円
  • 内容量:170g
  • 形状:粉末タイプ
  • 栄養:カゼイン / 葉酸 / タウリン / フラクトオリゴ糖 など

子猫用ミルク4. ミオ 子猫のミルク250g

ミオ キャットフード 子猫のミルク 【母乳に近づけた成分】 【国産】 猫 250グラム (x 1)
おすすめポイント
  • 子猫がよく飲んでくれるとの声も多く、味にうるさい子猫にも最適
  • 産後の母猫にも与えられるため、親子猫の栄養補給にぴったり
  • 国産のミルクなので、海外製のミルクでは心配という方にも人気

子猫が健康に育つためには、ミルクをきちんと飲んでもらわないといけません。しかし、味にうるさい猫ちゃんだと途中で飲んでくれないことも…。

『ミオ 子猫のミルク』は、購入者から「子猫がよく飲んでくれる」と評判の高い商品。付属のスプーンも小さめサイズで使いやすく、ほ乳瓶の口からそのまま入れられるのでこぼしたりする心配もありません。

子猫が美味しいと感じる味や香りの子猫用ミルクを探している人に最適です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:1,999円
  • 内容量:250g
  • 形状:粉末タイプ
  • 栄養:カゼイン / 大豆たんぱく / タウリン / オリゴ糖 など

子猫用ミルク5. キャティーマン ねこちゃんの国産牛乳 1歳までの成長期用

キャティーマン (CattyMan) ねこちゃんの国産牛乳 1歳までの成長期用 200ml×24個入り 【ケース販売】
おすすめポイント
  • 着色料と香料も無添加のため、子猫の健康を気にする飼い主におすすめ
  • お湯や水に溶かす必要がなく、すぐに用意できて便利な液体タイプ
  • 一度空けても保存の手間がいらない使い切りサイズ

子猫に飲ませるミルクだからこそ、不必要な成分を含む商品は避けたいもの。しかし、中には見た目や保存のために添加物が入っているミルクもあります。

『キャティーマン』の猫用ミルクは、着色料と香料が無添加。また、下痢の原因になる乳糖も含まれておらず、お腹の弱い子猫にも安心して与えられます。

ミルクには九州産の生乳を使用しており、製造や保管も全て日本で行っているのも安心できる要素の1つです。

安全性の高い製品にこだわる飼い主さんは、ぜひチェックしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:145円(1個)
  • 内容量:200ml
  • 形状:液体タイプ
  • 栄養: 植物油脂 / 乳たん白 / ラクトフェリン / タウリン など

【成猫用】低脂肪ミルクの人気おすすめ4選

大人へと成長した成猫は食事ではなく、おやつや水分補給代わりとしてミルクを飲む機会が増えます。

栄養十分な成猫には、子猫用ではなくカロリー控えめな低脂肪ミルクがぴったりです。そこでここでは、成猫用の低脂肪ミルクのおすすめをご紹介します。


成猫用ミルク1. ワンラック キャットミルク

ワンラック (ONE LAC) キャットミルク 270g
おすすめポイント
  • 猫の成長具合に適したあげ方を守れば、子猫から成猫まで使えて便利
  • 栄養成分も豊富に入っているので、病気などで食欲の落ちた成猫の栄養補給に最適
  • 健康具合や食事量に合わせて分量を調節しやすい粉タイプの猫用ミルク

市販されている猫用ミルクの多くは、子猫用のものが多め。成猫でも使用できるものなら便利ですよね。

『ワンラック キャットミルク』は、子猫から老猫全ての猫に使える粉ミルクタイプ。パッケージに記載された分量を守れば、成猫でもカロリーを摂りすぎることなく適切な量を与えられます。また、成長して子猫を産んだ際や年齢を重ねて老猫になっても同じミルクを使えるため便利です。

飼い猫の年齢問わず与えられるミルクは、年齢の異なる猫を飼う多頭飼いの家庭にもぴったりの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:1,548円
  • 内容量:270g
  • 形状:粉末タイプ
  • 栄養:乳たんぱく質 / DHA / ミルクオリゴ糖 / タウリン など

成猫用ミルク2. キャティーマン ねこちゃんの国産低脂肪牛乳

キャティーマン (CattyMan) ねこちゃんの国産低脂肪牛乳 全猫種用 200ml×24個入り 【ケース販売】
おすすめポイント
  • 乳糖ゼロの低脂肪ミルクで、健康が気になる成猫でもあげ方を気にせず与えられる
  • 成猫なら1日で使い切れるサイズのため、保存の手間がなくて人気
  • 国産の生乳を原料としているので味も美味しい

ミルクが好きな成猫でも、お腹の弱い猫に与えるとなると少し心配ですよね。

『キャティーマン ねこちゃんの国産低脂肪牛乳』は、お腹を壊す原因となる乳糖を完全に分解。他のミルクでは下痢になってしまう成猫でも安心して与えられます。また、通常の商品よりも低脂肪なので、運動習慣がなく肥満になりがちな室内飼いの猫にも与えられて便利。

グルメな猫でも美味しいと満足してくれるであろう生乳使用のミルクは、猫の体調を気遣う成猫にもぴったりな商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:212円(1個)
  • 内容量:220ml
  • 形状:液体タイプ
  • 栄養:生乳 / タウリン など

成猫用ミルク3. ペッツルート 無添加 やぎミルク

ペッツルート (Petz Route) 無添加 やぎミルク 50g
おすすめポイント
  • 50gと少量サイズなので、ミルクを飲む頻度が少ない成猫にもおすすめ
  • 保存料や着色料など無添加のミルクなので、成猫にも安心して与えられる
  • 1袋ごとの小分けサイズなので、お出かけにも持ち運びやすい

成猫にとっておやつや水分補給目的のミルクは、あくまでも補助食。量が多すぎると保存が面倒に感じてしまう方も多いのでは。

『ペッツルート 無添加 やぎミルク』は、低脂肪なやぎのミルクを原料にした粉末ミルク。 ミルクは10gずつパックに小分けされているため、開封後の温度管理などの保存の手間も必要ありません。また、50gと使い切りやすいサイズ感なので、大量にミルクが残ってしまうことも防げて便利。

保存や管理などに手間をかけたくないという人に最適なミルクです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:835円
  • 内容量:50g
  • 形状:粉末タイプ
  • 栄養:カリウム / カルシウム / ナトリウム など

成猫用ミルク4. ミルク本舗 オランダ産ヤギミルク

ミルク本舗 オランダ産ヤギミルク 100g
おすすめポイント
  • 低脂肪かつ栄養価の高いヤギミルクは、成猫の健康維持におすすめ
  • 乳糖が含まれていないミルクなため、お腹の弱い猫にも安心して使用できる
  • ミルク1杯分に対して粉ミルクは少ない分量でOKなので、コスパが良い

「低脂肪のミルクは、栄養素がきちんと摂れているのか不安…」。通常の猫用ミルクに比べてカロリーが控えめな分、低脂肪のミルクでは栄養補給になっているのか心配になることも。

『ミルク本舗 オランダ産ヤギミルク』は、牛乳の約20倍ものタウリンを含むヤギのミルクが原料。お腹を壊す乳糖も含まれておらず、猫や犬など様々な動物に与えられるのもポイントです。

栄養価が高く低脂肪のヤギのミルクは、病気がちな成猫にも人気の高い商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:1,498円
  • 内容量:100g
  • 形状:粉末タイプ
  • 栄養:タンパク質 / ビタミンA / カルシウム など

【シニア猫用】低脂肪ミルクの人気おすすめ3選

成猫の頃よりも運動量が少なくなり、病気にかかるリスクも高くなるシニア猫。食欲が少ない時や栄養補給に与えるなら、シニア猫専用のミルクがおすすめです。

ここでは、シニア猫にも与えやすく味も美味しいと評判のシニア用低脂肪ミルクをご紹介します。


シニア猫用ミルク1. キャティーマン ねこちゃんの国産牛乳 7歳からのシニア用

キャティーマン (CattyMan) ねこちゃんの国産牛乳 7歳からのシニア用 200ml×24個(ケース販売)
おすすめポイント
  • 軟骨を形成するグルコサミンやコンドロイチン配合で、シニア猫の健康が気になる人におすすめ
  • ごはんにかけてふやかしたりそのまま飲んでも美味しい液体タイプ
  • 常温保存可能なので、冷やしたり温めたりせずそのままの温度であげられて便利

年齢を重ねたシニア猫は足腰が弱ってしまい、寝たきりになってしまうことも。できるだけ長く一緒にいたいと考えるなら、健康に必要な栄養素が配合されたミルクを選びたいですよね。

『キャティーマン』のシニア猫用ミルクは、猫のしなやかな動きに欠かせないグルコサミンやコンドロイチンを配合。軟骨形成をサポートする成分は、年齢と共に足腰が衰えがちな猫の足腰の健康維持に繋がります。

ただ美味しいだけではなく栄養素もたくさん入った猫用ミルクは、シニア猫の健康を考える飼い主にぴったりの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:135円(1個)
  • 内容量:200ml
  • 形状:液体タイプ
  • 栄養:グルコサミン / コンドロイチン / タウリン など

シニア猫用ミルク2. ワンラック キャットシニアミルク

ワンラック (ONE LAC) キャットシニアミルク 280g 280グラム (x 1)
おすすめポイント
  • シニア猫の栄養バランスを考えた配合で、内臓が弱っている猫でも飲みやすい
  • 整腸成分のあるビフィズス菌とミルクオリゴ糖配合で、便通の悪いシニア猫に最適
  • 食欲をそそるかきエキス配合で、食欲不振のシニア猫にもおすすめ

食欲が減ると栄養不足で体力が落ちてしまうこともあるシニア猫。しかし、缶詰やカリカリでは量を食べられない猫も多いはず。

『ワンラック キャットシニアミルク』は、シニア猫でも負担をかけず栄養を摂取できるよう配合量を調節。腎臓や心臓に配慮して、脂肪分だけでなくナトリウムやカリウムなどのミネラル分を控えめにしています。

また、消化性の良いたんぱく質や腸内細菌を整えるビフィズス菌やミルクオリゴ糖などを配合し、シニア猫の健康をサポート。

「シニア猫でも手軽に栄養を採ってほしい」という飼い主の願いを叶えてくれる猫用ミルクです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:1,467円
  • 内容量:420g
  • 形状:粉末タイプ
  • 栄養:動物用ビフィズス生菌 / ヌクレオチド / ミルクオリゴ糖 / タウリン など

シニア猫用ミルク3. ミルク本舗 オトナのヤギミルク

オトナヤギミルク50g
おすすめポイント
  • 低脂肪で栄養価の高いヤギミルクなので、安心してシニア猫に与えられる
  • 人工香料や保存料を含まないオーガニック製品で、餌などにこだわりのある飼い主にもおすすめ
  • 一度に多くの量を食べられないシニア猫でもぴったりな少量サイズ

成猫に比べて様々な機能が衰えるシニア猫。年齢を重ねた猫には、今以上に与えるものにも気を配りたいですよね。

『ミルク本舗 オトナのヤギミルク』は、低脂肪で高たんぱくなヤギのミルクを使用。ミルクは無添加無調整のオーガニック食品のため、抵抗力の低い病気がちな猫にも安心して与えられます。

水やお湯に溶かして水分補給用に飲ませるのはもちろん、食事にふりかけて使えばごはんで補えない栄養補給にも最適です。

「シニア猫の健康のためにも、安心して飲ませられるミルクを選びたい」という人に、ぜひ試して欲しい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:798円
  • 内容量:50g
  • 形状:粉末タイプ
  • 栄養:たんぱく質 / カリウム / カルシウム など

飼い猫の年齢に合わせて美味しいミルクを与えてみて。

子猫用の主食としてだけでなく、成猫やシニア猫のおかずや水分補給に使用できる猫用ミルク。

猫用ミルクは種類によって栄養価や用途が異なるため、飼い猫の年齢を考慮して適切なミルクを選ぶことが大切です。

食欲がない時や元気がない時も飲みやすく健康維持にも最適な猫用ミルクで、飼い猫の健康をサポートしてあげましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事