車用ボディカバーのおすすめ特集|雨風や汚れから車体を守る人気商品を解説

おすすめの車用ボディカバーをお探しの方へ。今記事では、車用ボディカバーの必要性や選ぶポイントから、おすすめの商品まで詳しくご紹介します。屋外に車を置く際、雨風はもちろん、ホコリや傷から車を保護できる人気商品を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、車用ボディーカバーは必要?

車用ボディカバーのおすすめ

車用カバーは、雨や風、雪、紫外線や黄砂などから車体を守ってくれるアイテムです。

駐車場に停車している間悪天候から車体が傷つくのを防ぎ、紫外線などから塗装の劣化を防止してくれます。また、車全体をカバーするタイプであれば、盗難やいたずら予防の効果も。

大切な愛車を様々な外的要因から守りたい方にとって、車用ボディカバーは必要不可欠なアイテムといえますよ。


車用ボディカバーの選び方|購入する前に確認すべき点とは

車用ボディカバーは、アイテムによって様々な特徴を持っています。

そこでここから、購入前に知っておきたい車用ボディカバーの選び方を解説

用途や目的によって選び方が異なるため、しっかり把握して自分のニーズに合ったものを見つけましょう。


車用ボディカバーの選び方1. 車にあったサイズを選ぶ

車のサイズと合っていないものを選んでしまうと、きちんと車体を守れなくなってしまいます。

大きすぎると車とカバーの間に隙間が生じ、風が吹いたときにホコリが入ったり傷ついたりする恐れが。また、台風のような強風時はカバーが吹き飛ばされてしまうケースも考えられます。

一方、カバーが小さすぎると車全体をカバーすることができず、はみ出した部分だけが汚れたり紫外線による劣化が進んだりしてしまうのです。

最適な大きさはぴったりサイズから車より一回り大きめのサイズといわれているので、目安として覚えておいてくださいね。


ぴったりサイズを求めるなら純正品がおすすめ

純正品とは車種専用のボディカバーのことで、車のサイズや形状を採寸して作られているためぴったりフィットさせることが可能。

隙間からホコリが入ったり風で飛んでいったりする心配がないため安心して使えます。

ディーラーなどで販売されているので、ぴったりサイズを求める方やサイズ選びが苦手な方は視野に入れておきましょう。


車用ボディカバーの選び方2. 駐車場所に合うタイプを選ぶ

車用ボディカバーには、ハーフタイプとフルカバータイプの2種類があります。

ハーフタイプは、ボンネットや上部のみを保護するタイプ。着脱が簡単で、価格もリーズナブルなものが多くなっています。しかし、部分的にしかカバーできないため、カバーされていないところは劣化しやすいデメリットもあるため注意。

一方、車体をすっぽり覆うフルカバータイプは車全体を守ってくれ、車体が見えなくなるので防犯面も優れている反面、取り付けに手間がかかってしまうのが難点です。

それぞれの特長を活かすため、駐車場が屋内であればハーフタイプ、屋外であればフルカバータイプがおすすめですよ。


車用ボディカバーの選び方3. 傷を予防するなら裏起毛付きが◎

ボディカバー自体が薄いと、外からの衝撃を吸収しきれずに傷ついてしまう可能性があります。また、風によって車と擦れ、塗装が剥がれたり傷ついたりすることも。

裏起毛が施された車用ボディカバーなら車体が傷つきにくく耐久性も高いため、このような傷から車を守りやすくなります。

裏起毛がついていないものと比較すると価格は高くなりますが、もしもの場合の修理代と比べると結果的に安くなるケースのほうが多いでしょう。

とにかく車を傷つけたくないという方は、裏起毛がついたボディカバーを選ぶことをおすすめします。


車用ボディカバーの選び方4. 固定に便利なベルトや紐付きも

屋外でボディカバーを使用していると、台風のような強風が襲ってきたとき飛ばされてしまわないか心配ですよね。

ベルトや紐がついているタイプのものなら、強い風が襲ってきても車と固定することで飛ばされてしまうことを防げます

ゴムのみで固定されているものは使っているうちに伸びてカバーが外れやすくなるので、伸びない紐や固定ベルトを使用しているタイプだと安心です。

また、ベルトの長さを調節できるものや、裾部分を巾着袋のように絞れるものだと、車への密着度が高まってカバー力がアップ。

風対策をしっかり行いたい時は、ベルトや紐でしっかり固定できるものを選びましょう。


車用ボディカバーのおすすめ10選|車をしっかり守る人気のボディカバーを紹介

車用ボディカバーの選び方がわかったら、次はおすすめの車用ボディカバー10選を紹介していきます。

人気アイテムばかり揃えたので、それぞれの特徴と自分のニーズを比較検討しながら、お気に入りのものを見つけて大切な愛車を守ってください。


車用ボディカバーのおすすめ1. iCar Live カーカバー

現役製備士監修 iCar Live カーカバーボディカバー 車カバー 5層構造 裏起毛タイプ 雪 紫外線対策 雨 防炎 災害 汎用 サイズ 黄砂 PM2.5 選べるサイズ 軽 SUV ワゴン セダン 各車対応 (3M(430×175×150)
おすすめポイント
  • 5層構造となっているため、あらゆる汚れを防いでくれる
  • 車のプロである現役整備士から口コミまで、圧倒的な高評価を得るほどのクオリティ
  • カバーをかけた後でもファスナーを開けることで車内へ入れるので、忘れ物も気軽に取りにいける

「車用ボディカバーを購入するのなら、品質が良くしっかり車を守ってくれるものが良い。」そのように思う方も少なくないのではないでしょうか。

「iCar Live」の『カーカバー』は、5層構造で車をしっかりカバーしてくれます。

1層目は防水防塵性能の高い素材、2~4層目までは水浸透防止層、5層目は愛車を傷つけないための裏起毛素材と、圧倒的な保護力のボディカバー。

高いクオリティを誇るため、愛車が傷つかないようにこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象車種(サイズ):430×175×150cm
  • タイプ:フルカバー
  • 裏起毛:◯
  • 固定方法:ゴム、ベルト

車用ボディカバーのおすすめ2. NUOMAN ボディカバー

NUOMAN 車 カバー 自動車 ボディカバー カーカバー 裏起毛タイプ 防風防水 5層構造 サイドのジッパー 防輻射紫外線防塵 黄砂対策 汎用 サイズ ハッチバック Mpv 各車対応 (2XL:485cm*185cm*160cm)
おすすめポイント
  • 7つの蛍光反射ストリップが付いているので、夜間でも見やすい
  • UV反射率が95%と高いため、日中の駐車も安心
  • 伸縮性のあるボトムバンドと中央固定バックルで、耐風性も高い

夜間駐車している時、ボディカバーが目立たなくてぶつけられたりしたら本末転倒ですよね。

「NUOMAN」の『ボディカバー』は、7つの蛍光反射ベルトがあるため夜でも視認性が高くなっています。さらに、側面にはカバーした後車内に入るためのジッパーがありますが、そちらも蛍光反射テープが施されているので見やすさ抜群。

まわりに存在をアピールしてくれるボディカバーは、街灯が少ない場所に駐車している方にとって見逃せませんよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象車種(サイズ):485×185×160cm、軽自動車(ミニカ・ミラ・スズキKクラスサイズ)
  • タイプ:フルカバー
  • 裏起毛:◯
  • 固定方法:ゴム、固定ベルト

車用ボディカバーのおすすめ3. ANBEN 車カバー ハーフ

ANBEN 車カバー ハーフ カーボディーカバー 裏起毛タイプ 防水性アップ 自動車カバー 黄砂対策 防水防塵防輻射紫外線 蛍光反射ストリップ付き ゴムバンドで長さを調整 生地サイズ幅:130cm長:400cm CD-S
おすすめポイント
  • 着脱は簡単なのに、しっかり車体にフィットするので保護力キープ
  • 裏起毛が施されているので、塗装が擦れたり剥がれたりしない
  • 高強度高密度の素材を採用しているため、耐久性が高く車が傷つきにくい

「車用ボディカバーは着脱が手間。」頻繁に車を使用する方だったら、正直面倒くさいと感じる時もありますよね。

「ANBEN」の『車カバー ハーフ』は、着脱しやすいハーフタイプのうえ、車体と固定するためのフックは伸縮性のある素材を使用しているので着脱が楽チン。

さらにベルトは長さ調節ができるので、愛車のサイズに合わせればより手間なく使うことができます。

少しでも楽にボディカバーを着脱したいと思っている方は、ぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象車種(サイズ):400×130cm
  • タイプ:ハーフ
  • 裏起毛:◯
  • 固定方法:ゴム、固定バンド

車用ボディカバーのおすすめ4. Coverify ボディカバー

車カバー ボディーカバー 軽自動車 カーカバー 自動車 4層構造 裏起毛 防水防塵防輻射紫外線 (シルバー, 365*165*170CM)
おすすめポイント
  • 耐久性が高く破損しにくい素材を使っているため、長く愛用しやすい
  • バックルと強力ゴムで車にフィットさせるので、隙間からのホコリや傷を防いでくれる
  • 専用収納バッグ付きなので、出先で使いたい時もOK

雨風にさらされるボディカバー。多少の劣化は致し方ないとしても、できるだけ長持ちするほうが良いですよね。

「Coverify」の『ボディカバー XXXL』は、耐久性が高く、シワになりにくい190Tポリエステルタフタ生地を採用。柔軟性があって破損しにくくなっています。

また、4枚重ねを厳重に2本針で縫い合わせることで、頑丈な仕上がりとなっているのも魅力。

激しい消耗にも耐えられる強度を誇るため、丈夫で長持ちするボディカバーを探している方に人気です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象車種(サイズ):365×165×170cm、軽自動車
  • タイプ:フルカバー
  • 裏起毛:◯
  • 固定方法:ゴム、固定ベルト

車用ボディカバーのおすすめ5. LINFEN 車カバー

LINFEN 車カバー 防水性アップ ボディカバー カーカバー 自動車カバー 防水防塵防輻射紫外線 黄砂対策 弾力な防風ロープ付き (自動車3L:470×180×150cm)
おすすめポイント
  • 防風ロープ、強力ゴム、固定バックルと、3段階の強風対策が行えるので安心
  • 耐水性の高い210T防水材料を使用しているため雨に強い
  • 高密度のガタフ生地を採用することで、衝撃や紫外線に強く耐久性が高い

台風などといった強風の日は、ボディカバーが風で飛ばされたり、隙間ができて傷ができたりするのが不安になりますよね。

「LINFEN」の『車カバー』は、4つの弾性フックが付いているのでボディカバーと車輪を固定して、車とのフィット感をアップさせています。さらに、フロントとリアには強力ゴム、中央部には固定バックルを使用することで強風対策が万全な設計に。

強風の日も安心してボディカバーを使いたい方におすすめとなっていますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象車種(サイズ):470×180×150cm
  • タイプ:フルカバー
  • 裏起毛:×
  • 固定方法:ゴム、固定ベルト、防風ロープ

車用ボディカバーのおすすめ6. Softclub ボディーカバー

ボディーカバー 不織布 車カバー SUV車対応 裏起毛 4層構造 防水防塵防輻射紫外線, 四季対応 カーカバー (445*185*152CM, グレー)
おすすめポイント
  • 防湿性や通気性に優れた不織布を使っているため、車内の蒸し暑さを軽減できる
  • ステッチをより強くする2本針縫製なので、強度が高く長持ちしやすい
  • 4つの蛍光反射ストリップがとても目立つため、夜間でも高い視認性を誇る

「陽射しの強い夏場にフルカバータイプを使うと、車内の暑さがとんでもないことに…。」直射日光を避けられるとはいえ、密閉されたあとの蒸し暑さはたまりませんよね。

「Softclub」の『ボディーカバー』は、4層構造になっていて外層に高密度不織布を使用しているため優れた防湿性を発揮。

また、中層はPPフィルムと二層高比重不織布で通気性も高めているので、フルカバータイプにありがちな蒸し暑さを軽減してくれます。

少しでも蒸し暑さを軽減したい方は、チェックしておいてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象車種(サイズ):445×185×152cm、コンパクトSUV
  • タイプ:フルカバー
  • 裏起毛:◯
  • 固定方法:ゴム、防風ベルト

車用ボディカバーのおすすめ7. アラデン ボンネット保護カバー

アラデン ボンネット保護カバー 適合目安:車長4.51m~4.95m/車幅1.65m~1.85m 一般車 BC1
おすすめポイント
  • ボンネット部分を雨や紫外線から守ってくれ、ヘッドライトのくすみも防げる
  • ゴムをサイドミラーに引っかけるだけで取り付けられるので楽チン
  • 幅広い車種に対応できて使いやすい

「ガレージや屋根の長さが足りなくて、ボンネット部分がはみ出てしまう…。」そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

「アラデン」の『ボンネット保護カバー』は、ゴムを左右のドアミラーに引っかけることでフロント部分をカバーしてくれます。国産・外車問わずに幅広い車種に対応できるのも特徴。

雨や紫外線、鳥のフンなどからボンネットを守ってくれ、ヘッドライトのくすみや劣化なども防止してくれます。

車体の前方を重点的に保護したい方にとって、非常に役立つボディカバーですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象車種(サイズ):370×45×220cm
  • タイプ:ハーフ
  • 裏起毛:ー
  • 固定方法:ゴム

車用ボディカバーのおすすめ8. NEVERLAND カーカバー

NEVERLAND カーカバー 420D 自動車カバー 車 ボディーカバー 車体カバー 軽自動車 軽い 防水 防風 雪対策 紫外線カット 黄砂対策 汎用タイプ 汎用サイズ ブラック(軽自動車360*170*145CM)
おすすめポイント
  • 防水や撥水に優れた素材を使用し、縫い目にも防水処理を施しているため雨に強い
  • 汎用性が高く、幅広い車種に対応できる
  • 6ヶ月の品質保証が付いているため、万が一の時も安心

「せっかく車用ボディカバーを購入したのに雨が浸水してきて車が濡れた…。」そんな経験をしたことがある方も多いのでは。

「NEVERLAND」の『カーカバー』は、420D超高密度のオックスフォード材質を採用。防水性抜群のPUコーティングと高い防水水圧を組み合わせることで、優れた撥水性や防水性能を発揮します。

また、縫い目にも防水処理を施しているので、隙間からの浸水も防止。

高い防水性能を備えているので、雨からしっかり愛車を守りたいという方に人気です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象車種(サイズ):360×170×145cm、プリウス、シビックなど
  • タイプ:フルカバー
  • 裏起毛: ×
  • 固定方法:ゴム、固定ベルト、防風ロープ

車用ボディカバーのおすすめ9. AUTOSKY 車カバー

AUTOSKY 車カバー ボディカバー 防水性アップ カーカバー 自動車カバー 防水防塵防輻射紫外線 黄砂対策 (自動車2L:440×180×160cm)
おすすめポイント
  • 紫外線を99.95%ブロックしてくれるため、塗装や内装の劣化を防止できる
  • 6つの蛍光反射ストリップがあるため、夜間でも安全性が高い
  • 税込4000円以下と安い価格なので購入しやすい

直射日光や紫外線を浴び続けると、塗装や内装の劣化が早まってしまいますよね。

「AUTOSKY」の『車カバー』は、黒のコーティングを採用して、UPF+50に相当する紫外線の99.95%をブロック。フルカバータイプなので直射日光からもしっかり車を守ってくれます。

また、燃焼しづらい材質を使用したりスクラッチ防止で傷つきにくい設計であったり、幅広い性質を兼備。

紫外線による塗装や内装の劣化スピードを抑えたい方は、ぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象車種(サイズ):440×180×160cm
  • タイプ:フルカバー
  • 裏起毛:ー
  • 固定方法:ゴム、固定ベルト、防風ロープ

車用ボディカバーのおすすめ10. GunHyi 自動車ボディカバー

GUNHYI 自動車ボディカバー 4層構造, 裏起毛タイプ 防水防雪防塵防輻射紫外線屋 外のカーカバー ,フィットセダンワゴン(470 * 180 * 150 CM)3L
おすすめポイント
  • 引っ張りや傷に強い素材を使っているので、耐久性が高く車をしっかり守ってくれる
  • 4層構造となっており、防水やUVカット、通気性、車への擦れ防止など高性能
  • 前方の一部だけ黒い生地となっているため、前後がわかりやすくかぶせる時手間がかからない

屋外に駐車する方にとって、猫などの動物のひっかき傷やいたずらによる傷はどうしても気になってしまいますよね。

「GunHyi」の『自動車ボディカバー』は、耐引裂性に優れた強度の高い素材を使用しているため、ボディカバーの上からひっかかれても安心です。

また、裏地はコットンになっているので車への衝撃を和らげてくれ、カバーの擦れによる塗装の劣化も防止。

頑丈で強度の高い素材を採用したボディカバーは、大切な愛車を傷つけたくない方の強い味方となってくれますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象車種(サイズ):470×180×150cm
  • タイプ:フルカバー
  • 裏起毛:◯
  • 固定方法:ゴム、固定ベルト

車用ボディカバーを使って、傷や汚れから車体を守ろう!

雨風や紫外線、傷や汚れなどから愛車を守ってくれる車用ボディカバー。様々な種類があるため、特徴を把握した上で自分に最適なものを選ぶことが大切です。

中には「車用ボディカバーは必要ない」と思う方もいるかもしれませんが、使うのと使わないのでは車の劣化速度に大きな差が生まれます。

車用ボディカバーを活用しながら、大切な愛車と少しでも長く付き合っていきましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事