【2019】電池式ペンライトのおすすめ比較|人気のキンブレシリーズとは

コンサートやライブで盛り上がるための必須アイテムである「ペンライト」。本記事では、ペンライトの種類や選び方を解説!さらには電池式ペンライトのおすすめ人気ランキングから、使い捨てタイプの安いサイリウムまでお教えします。キンブレを手に入れてライブを楽しみましょう。

ペンライトの種類は大きく「2つ」に分けられる!

コンサートで使える電池式ペンライト人気おすすめ商品

コンサートやライブの必需品といえば、「ペンライト」ですよね。アーティストの公式から販売されているペンラもあれば、ドンキや電気屋さんで売っているようなものもあります。

今回は、どんなライブにも適応できる王道の電池式ペンライトを紹介していきますよ。

ただ、ペンライトには種類がたくさんありますので、いざ購入しようと思っても悩んでしまう人が多いはず。そこでまずは、ペンライトを初めて購入しようと考えている人のために、ペンライトの種類を解説します。


種類1. 電池式タイプ

乾電池式タイプのペンライトは、何度も繰り返し使えるのが特徴です。電池が切れてしまったら、交換することでまた使えるようになりますので、エコな商品だと言えますね。

種類によっては色の切り替えができるようになっていて、数種類の発色が可能な商品もあります。

大好きなアーティストを追いかけたい人や、ライブイベントに何度も通う予定がある人、メンバーカラーがあって推しの色を振りたい人でしたら、繰り返し使える電池式が良いでしょう。


種類2. 使い捨てタイプ

2種類の化学薬品を反応させることで発光させるのが使い捨てタイプ。「ケミカルライト」「サイリウム」などと呼ばれ、発光が終了すれば再度光らせることは不可能なので、1度きりの使い捨てとなります。

ライブやコンサートなどのイベントには、あまり行く機会がないという人は、電池式のように、電池を取り替える面倒やライトを維持するコストがないので、使い捨てタイプがおすすめ。

ケミカルライトにはさらに種類があり、光は弱いけれど長時間発光し続ける「一般的なタイプ」と、発光時間は短いけれど強い光を放つ「超高輝度タイプ」がありますよ。


電池式ペンライトの失敗しない「選び方」を解説

電池式ペンライトにも、様々な種類があります。自分に適したペンライトを選ぶ際には、いくつか注意しておきたいことがありますので、実際に購入する前にペンライトの選び方について詳しく理解しておきましょう。


ペンライトの選び方1. 発色数で選ぶ

アーティストのライブでは、歌によってテーマカラーが違うことがありますし、アイドルなどは、アーティストそれぞれにメンバーカラーがあったりしますよね。

また、その日演奏予定の楽曲に合わせてペンライトの色を用意しておいても、当日のサプライズ演奏があり、急に色が必要になることもあるかもしれません。

でも、数色選べるペンライトを持っていればすぐに対応できて、会場と一体になれるから、感動もさらに大きくなるはず。

メンバーカラーを含む色合いであることはもちろん、発色数が多いペンライトを持っておくといざという時に対応できるから安心ですよ。


ペンライトの選び方2. 光の強さで選ぶ

ライブのシーンによって、適切な光の強弱が違いますので、こちらも選ぶ際には参考にしたい要素。

電池式であっても、ボタン電池は乾電池より光が弱いことが多いので注意しましょう。ライブで使用するなら、光が強めの高輝度なものがおすすめです。

しかし、バラードのような静かな曲では光を弱くしたりと、ライブによっては曲調に合わせて、ファンが光の強さを変える場合もありますので、明るければ良いとも言い切れません。

その場合は、光の強さを調節できるタイプのペンライトだと便利ですよ。


ペンライトの選び方3. 重さや持ちやすさで選ぶ

コンサートの状況によっては、最初から最後までずっと振り続けることもあるペンライト。重すぎるペンライトを選んでしまったり、自分の手のサイズには合わないものを選んでしまったりすれば、コンサート終わりには手の筋肉がガチガチになってしまうでしょう。

特に女性が持つ場合は、できる限り軽量で、自分の手に合った握りやすいものがおすすめです。

電池式のペンライトは、100g以上の重量のものから、軽いものでは50g前後のものがありますので、腕の筋力に自信がない人や手が小さい人は、軽量で小さめサイズのものを選ぶようにしてください。


ペンライトの選び方4. その他の機能で選ぶ

ペンライトには、他にも便利な機能がありますので、簡単にご紹介します。

  • メモリー機能:色を変える順番を覚えさせることができる機能です。機種によっては、10色以上も色変えが可能なのですが、あまりに種類が多すぎるとなかなか好きな色に変えられず、ライブに集中できないことがあります。そんな時に、メモリー機能で事前に色を登録しておけば、曲に合わせてすぐに色をチェンジできますよ。
  • Bluetooth連携機能:スマホとペンライトを連動させ、スマホで操作が可能になります。色の変化や光の強さも簡単に変えられますので、使い勝手が向上しますよ。

このように、便利な機能が付いたペンライトを選ぶのもおすすめです。


電池式ペンライトおすすめ人気ランキングTOP13

ペンライトの種類や選び方を理解していただいた上で、ここからは実際のおすすめ商品をご紹介していきます。

まずは電池式ペンライトをランキング形式で見ていきますので、特徴などから自分に合ったペンライト選び、メーカー選びの参考にしてくださいね。


【おすすめランキング第13位】SUPERPETER ペンライト

SUPERPETER ペンライト コンサートライト 応援用品 高輝度 15カラー LED蛍光  手動切替 自動切替 (収納用巾着 メタル用紙 日本語説明書付き)一個
  • 2本セット2000円以下と安い値段なのに、とても高品質なコスパの良い商品
  • 自動切替にすれば2秒ごとに15色が自動で切り替わり、様々な使い方が楽しめる
  • ペンライトケースが付属しているため、持ち運びの際に傷つけることなく安全に運べる

ペンライトデビューでなるべくコスパ重視で選びたいなら、こちらのペンライトがおすすめです。

2000円以下と安い値段ですが、さらに2本セットというのが驚き。しかも、高品質なLEDを使うなど、機能にも満足できる商品です。全部で15色に切替可能なのですが、自動切替ボタンが付いているのが特徴。2秒ごとに色が自動で切り替わりますから、コンサート中はもちろん、結婚式やイベントなど様々な使い道で活躍してくれますよ。

一緒にコンサートに行くお友達と半額ずつ出し合えば、さらにお得に購入できる商品です。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:250 × 30 (mm)
  • 本体重量:ー(電池入りの場合69g)
  • 電池:単4電池 × 2本
  • 機能:手動切替と自動切替が可能
  • 発色数:15色
  • 発色カラー:ホワイト、レッド、ブルーなど。
  • 付属品:ラメシート、ペンライトケース

【おすすめランキング第12位】ターンオン ミックス ペンラ PRO 24色

MIX PENLa (ミックス ペンラ) PRO 24色 ボタン電池式 ペンライト ホワイト ワイド Mサイズ
  • 特許取得済5色LEDを搭載したペンライトなので、微妙な色合いも綺麗に再現できる
  • ライトのチラつきがない仕様だから、危険な光過敏性発作の心配がない
  • カラーを好きな順番に設定できるので、コンサートに集中して楽しめる

様々な色を放つペンライトは多いですが「鮮やかで綺麗な色のものが欲しい!」という人におすすめしたいのが、たくさんの人気商品を販売するターンオンの『ミックス ペンラ PRO』です。

最も特徴的なのが、特許取得済みの5色LEDを搭載している点。黄色と白のLEDを独立させた技術で、従来のLEDよりも色崩れしずらい美しい発色のペンライトになっています。また、ライトはチラチラとする不快な「フリッカー」がありませんので、「光過敏性発作・痙攣」などを引き起こす危険が少なく、安心して使えるのも嬉しいです。

24色と豊富なカラーを鮮やかな発色で見せてくれるライトがあれば、ライブコンサートもより楽しめるようになりますよ。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:214 × 30 × H125 (mm)
  • 本体重量:ー(電池入りの場合60g)
  • 電池:アルカリボタン電池(LR44型) × 6本
  • 機能:カスタム設定
  • 発色数:24色
  • 発色カラー:エンジレッド、ホワイト、レッド、ブルーなど。
  • 付属品:ー

【おすすめランキング第11位】やまと興業 ハイパワーチアライト フル

  • 持ち手が手にフィットして持ちやすい形状なので、長時間使っていても疲れにくい
  • メモリー機能を搭載しているから、色を記憶させればイベントに集中できる
  • ECOモードにすることで電池寿命最大30%アップするので、長時間利用できる

ライブやコンサートで応援に夢中になっていると、長時間ペンライトを振り続けることになりますから、出来るだけ疲れにくいペンライトを探している人は多いのではないでしょうか。そんな悩みを解決してくれるのが、話題のペンライトを数多く販売するメーカー、「やまと興業」の『チアライトフル』。

持ち手の形が独特で、手のひらにフィットしやすくなっているから、長時間握り続けても疲れにくくなっています。色は18色を搭載し、メモリー機能で記憶させておけばボタン一つで切り替えができ、ライブに夢中になっている時に、操作負担が少ないのも便利。

手の小さな女性でも握りやすいフィット感なので、疲れ知らずでより熱い声援を送れますね。

公式サイトで見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:H280 × 40 × 40 (mm)
  • 本体重量:106g
  • 電池:単4電池 × 3本
  • 機能:メモリー機能
  • 発色数:18色
  • 発色カラー:ホワイト、レッド、ブルー、イエローなど。
  • 付属品:電池

【おすすめランキング第10位】ルミカ 大閃光ブレード100

大閃光ブレード100
  • ボタン電池を使ったペンライトだから、制限のあるコンサートでも使える
  • 小さなボタン電池を使って軽量化しているため、長時間使い続けても疲れない
  • シンプルなボタン操作で色変えでき順送り逆送りも簡単なので、好きな色にすぐチェンジできる

「ボタン電池の明るいペンライトが欲しい」という人におすすめなのが、ペンライト界では知らない人はいないメーカー「ルミカ」の『大閃光ブレード100』。

ボタン電池のペンライトは明るさが不十分なものが多いのですが、高輝度LEDを搭載しているから乾電池式と変わらない明るさのペンライトになっています。さらに、重さの軽いボタン電池なので、長時間使い続けても疲れない軽量仕様。

大好きなアイドルのコンサートで乾電池のペンライト制限で泣いていた人も、 大閃光ならきっと満足できる使用感ですよ。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:全長213 (mm)
  • 本体重量:ー(電池入りの場合68g)
  • 電池:ボタン電池LR44 × 6個
  • 機能:ー
  • 発色数:15色
  • 発色カラー:ホワイト、レッド、ブルー、オレンジなど。
  • 付属品:ストラップ

【おすすめランキング第10位】ミラックス ペンライト コンサートライト

ペンライト コンサートライト 高輝度 15色カラーチェンジ ライブ応援グッズ ライブスティック (ロングバージョン)
  • カラーも豊富でちゃんと使えるのに、1000円と安い値段のお得感あるペンライト
  • 好きなカラーで常時点灯、点滅点灯のどちらも対応してくれるから、防災やイベントなど使い方いろいろ
  • 発色が綺麗で鮮やかだから、コンサート会場でも目立てる

「優れたペンライトが欲しいけれど、なるべく値段が安いものを探している」という人でもきっと満足していただけるのが、「ミラックス」が販売するペンライトです。

1000円という値段が安いペンライトなのですが、カラーは15色も揃っているなど十分な機能を備えています。

ずっと同じ色を点灯させる常時点灯や、点滅点灯にも対応していますから、コンサートで盛り上がる際に使えるのはもちろん、防災グッズやイベント時の誘導など、様々な使い方ができるペンライトです。

Amazonでも光量について高評価の口コミが多い商品ですから、安い値段でも満足度の高いペンライトになっています。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:355 × 30 (mm)
  • 本体重量:70g
  • 電池:単4電池 × 3本
  • 機能:ー
  • 発色数:15色
  • 発色カラー:ホワイト、レッド、ブルーなど。
  • 付属品:ストラップ

【おすすめランキング第9位】LUYING ペンライト コンサートライト 2本入り

LED ペンライト コンサートライト 2本入り 15色カラーチェンジ LEDサイニューム 単4電池式 ライブ お祭り 応援 パーティー イベント 災害時 緊急時 被災時 ストラップ付き (2本セット)
  • 小型で超軽量60gのペンライトなので、長時間振り続けても疲れ知らず
  • 凹みのあるグリップは、しっかり握れて落下の心配なし
  • シンプルな構造でDIY可能だから、好きなアイドルの名前をペンライトシートに入れて楽しめる

ジャニーズのコンサートツアーに通い詰めている女性でも使いやすい軽量なペンライトなら、「LUYING」のペンライトはいかがでしょうか。

サイズが小さめな上、60gの超軽量タイプですから、応援に夢中になって時間を忘れてしまっても手が疲れません。また、グリップ部分には手にフィットしやすい凹みが付いているため、しっかりと握りやすくなっています。円筒部分は簡単に取り外し可能で、好きな文字やイラストを描いたペンライトシートを入れられますから、応援にも熱が入りますね。

しっかり握れて軽量なペンライトは、女性にも優しく使いやすいですよ。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:全長250 × 30 (mm)
  • 本体重量:60g
  • 電池:単4電池 × 3本
  • 機能:ー
  • 発色数:15色
  • 発色カラー:ホワイト、レッド、ブルー、グリーンなど。
  • 付属品:ストラップ

【おすすめランキング第8位】イサオ ペンライト コンサートライト

ペンライト コンサートライト 電池付き 高輝度 15色カラーチェンジ ライブスティック サイリウム サイリューム キラキラタイプ ゴールド 2点セット
  • 早い点滅からゆっくりの点滅までスピードは変更可能なので、様々な使い方で楽しめる
  • 発光部分にはラメが入っていて光がキラキラと輝き、かわいい光で女子ウケの良いペンライト
  • 2本セットでも1700円代で買えるから、複数本持ちたい人にもおすすめ

「ペンライトを複数本持って応援したい!」という人の数本目にぜひ検討していただきたいのが、「イサオ」のペンライトです。

値段は2000円以下と安いのですが、2本セットになっているコスパの良い商品。発光部分にラメが入っているから、発色が綺麗でキラキラと輝き美しい光が楽しめますよ。

機能として便利なのが、点滅のスピードをLowからHighまで4段階のスピードに設定できるので、応援にもさらに熱が入ります。

機能や光量なども十分なものを備えていますから、片手で2本ずつ持ってアイドルのライブなどでアピールしたい人におすすめですよ。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:全長250 × 30 (mm)
  • 本体重量:51g(電池入りの場合60g)
  • 電池:単4電池 × 3本
  • 機能:点灯タイプの変更機能
  • 発色数:15色
  • 発色カラー:ホワイト、レッド、ブルー、グリーンなど。
  • 付属品:ストラップ、乾電池

【おすすめランキング第7位】ルミカ 大閃光ブレード300

大閃光ブレード300
  • 好きな色を登録すれば一発でその色に変わるトリガーボタンで、応援がもっと楽しくなる
  • たくさんの色の中から好きな色を複数登録できるメモリー機能で、色選びに戸惑うことがない
  • 電池残量が少なくなると教えてくれるから、イベント時に電池切れになるのを防げる

ペンライトには様々な機能がありますが、高性能なペンライトがお好みでしたら、『大閃光ブレード300』はまさにぴったり。

大閃光はAmazonの口コミには、「オタクがオタ芸で使うことで知られるキンブレから乗り換えた」という人がいるぐらい、多くの機能を搭載したペンライトです。24色と豊富なカラバリなので色を選ぶだけでも大変そうに思えますが、一発で登録の色に変更可能なトリガーボタンがあって大変便利。

もちろん、色を登録できるメモリー機能も搭載していますから、カラーチェンジも楽々です。電池残量も知らせてくれるので電池交換のタイミングを逃さず、ライブ中に電池切れになることなく、ライブ活動に集中できますよ。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:全長250 (mm)
  • 本体重量:ー
  • 電池:単4電池 × 3本
  • 機能:メモリー機能、トリガーボタンなど。
  • 発色数:24色
  • 発色カラー:ホワイト、レッド、ブルー、サクラピンク、パッションピンクなど。
  • 付属品:ストラップ、テスト用電池

【おすすめランキング第6位】ターンオン MIX PENLa (ミックス ペンラ)

MIX PENLa (ミックス ペンラ) HB 24色 単4電池式 ペンライト キラキラ ハート
  • かわいいハート形のペンライトで、他人と差がつく応援ができる
  • 独自開発のLED搭載で明るさ、発色の綺麗さが格別だから、気分が盛り上がる
  • 巾着のペンライトケース付きなので、傷つけずに持ち運びが可能

ペンライトに可愛らしさを求めるのでしたら、「ターンオン」の『ミックスペンラ』をおすすめします。

ハート形の見た目が特徴的なペンライトは、確実に周囲より目立てますので、「アーティストが見てくれるかも!」と思うと応援にも熱が入りますよ。巾着型のペンライトケースも付属してきますから、移動中に傷つける心配がなく、安心して持ち運べて便利。

ペンライトを専門で作り続けているターンオンが独自開発した5LEDを搭載し、一般的なLEDより色が明るく微妙な色も鮮やかに光るので、かわいい色合いも再現できるペンライトですよ。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:119 × 108 × 33 (mm)
  • 本体重量:108g(電池入りの場合108g)
  • 電池:単4電池 × 3本
  • 機能:メモリー機能
  • 発色数:24色
  • 発色カラー:例. ホワイト、レッド、ブルーなど。
  • 付属品:デコシール3枚、デコシート2枚、ストラップ 、ペンライトケース(巾着)、テスト乾電池

【おすすめランキング第5位】FBEST ライブスティック

LEDペンライト FBESTライブスティック 高輝度 コンサートライト 15色カラーチェンジ 電池付き サイリューム ストラップ付き [並行輸入品]
  • 700円代で買えてしまうとにかく安いペンライトで、試しに使ってみたい人におすすめ
  • 15色のカラーチェンジはボタン一つでOKだから、片手で操作ができ応援に集中できる
  • リボンを引くと電池の取り外しができるので、電池交換が簡単

「とにかく激安でペンライトを手に入れたい!」という人にぴったりなのが、700円代で買えてしまう「FBEST」の『ライブスティック』です。

これだけ超低価格なのですが、色は15色揃っていて使い勝手が良く、ボタンを押すだけでカラーチェンジできてコスパ抜群。ペンライトシートを自作して、好きなアイドルの名前やイラストを入れたりできますから、オリジナリティある応援も可能です。また、電池交換にはドライバーなど工具がいらないので、いざという時に電池交換がサッとできるのも助かります。

とりあえずの購入はもちろん、長く使えるペンライトとしても優秀な一品です。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:全長250 (mm)
  • 本体重量:ー(電池入りの場合80g)
  • 電池:単4電池 × 3本
  • 機能:カラーチェンジはボタン一つ
  • 発色数:15色
  • 発色カラー:ホワイト、レッド、ブルー、グリーンなど。
  • 付属品:ストラップ

【おすすめランキング第4位】ルミカ ルミエース スターライト キラキラタイプ

ルミカ ルミエース スターライト キラキラタイプ LEDカラーチェンジペンライト
  • 電池、ストラップ込みでも34gと超軽量タイプだから、ヲタ芸など激しく動く人に最適
  • 色は8色と少なめながらどれも使える色ばかりなので、カラーチェンジが楽で使いやすい
  • 細身なので握りやすく、手の小さな人や女性でも疲れないペンライト

「一般的なペンライトだと重くて疲れてしまう」という悩みがある人でも、きっと満足していただけるのが『ルミエース スターライト』。

電池、ストラップの重さ込みでも34gしかありませんから、業界でも最軽量と言えます。色は8色と他のペンライトと比較すると少なめかもしれませんが、良く使われる色味は入っていますし、少ない分カラーチェンジが楽なので使いやすいと感じますよ。

本体は細い作りなので女性でも握りやすく、長時間使い続けても疲れないから、思いっきり応援ができるペンライトです。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:17 × 220 (mm)
  • 本体重量:ー(電池入りの場合34g)
  • 電池:例. 単4電池 × 1本
  • 機能:底部のスイッチでカラーチェンジ
  • 発色数:8色
  • 発色カラー:ホワイト、レッド、ブルーなど。
  • 付属品:ストラップ、キラキラフィルム入り

【おすすめランキング第3位】ターンオン MIX PENLa (ミックス ペンラ) PRO

MIX PENLa (ミックス ペンラ) PRO 24色 ボタン電池式 ペンライト キラキラ ベーシック Mサイズ
  • 電池式ペンライトの持ち込みの制限があるコンサートでも使いやすいボタン式電池なので、様々なライブで使える
  • 全24色と種類が多いが、好きな色の登録、色の順番をカスタマイズ可能だから、シーンに合わせた使い方ができる
  • グリップ部分は好きにデコることができるので、自分好みのペンライトに変身

ペンライトの色味にこだわりたいとう人なら、「ターンオン」の『ミックスペンラプロ』がおすすめ。

ターンオンが特許取得済みの5LEDライト搭載のペンライトは、時間が経過してもずっと同じ鮮やかな発色が可能なので、明るさや鮮やかな色にこだわりたい人にぴったりです。さらに、24色と多彩な色が選べ、メモリー&カスタム機能で好きな色を自由に登録したり、好きな順番に並べたりできるなど、カスタムが可能なのも便利。ペンライトケースも付属しますから、傷がつく心配もありません。

これ一本あれば、アーティストに合わせたカラフルな光を使いこなせるようになりますので、ぜひチョイスしてみて。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:全長214 × H125 (mm)
  • 本体重量:30g(電池入りの場合60g)
  • 電池:アルカリボタン電池(LR44型) × 6個
  • 機能:メモリー&カスタム機能、自動ロック機能など。
  • 発色数:24色
  • 発色カラー:パッションオレンジ、サクラピンク、ホワイトなど。
  • 付属品:ストラップ、デコシール3枚、デコシート2枚、テスト用電池、ペンライトケース

【おすすめランキング第2位】ルイファン ジャパン キングブレードX10II Neo シャイニング

キングブレードX10II Neo  シャイニング
  • 大人気キングブレードは、オタクデビューには持っておきたい高品質な製品
  • 安いペンライトと比較すると高めの値段だけど、頑丈なつくりなので長く使える
  • 『Hot Button』には推し色を登録できるから、瞬間的にサッと色を変更できる

「なるべく長く使える丈夫なペンライトが欲しい」と思うのなら、「キングブレード」のペンライトがおすすめです。

キングブレードは2500円以上と、他のペンライトと比べると高い価格設定ですが、オタク達にも愛される、通称「キンブレ」の愛称で呼ばれるペンライトで、しっかりしたつくりでとても丈夫。1000円以下の安いペンライトは壊れやすい傾向にありますので、長く使うのでしたらキンブレの方が安く済むのです。

推し色に一発で変えられる『Hot Button』など、便利な機能も搭載しているキンブレのペンライトは、「これは!」というアーティストに出会えた人なら揃えておきたい一本ですよ。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:全長250 × H150 (mm)
  • 本体重量:90g(電池入りの場合ー)
  • 電池:単4電池 × 3本
  • 機能:Hot Button、デュアルメモリーセッティングなど。
  • 発色数:15色
  • 発色カラー:ホワイト、レッド、ブルー、オレンジなど。
  • 付属品:テスト用電池

【おすすめランキング第1位】ルイファン ジャパン キングブレード X10 V シャイニング

キングブレード X10 V シャイニング
  • 「Bluetooth Tuning」でカラーチューニングができるから、微妙な色合いも自在に登録可能
  • メモリー機能も30色×2パターンも登録できるなど、使い方で様々な応援活動ができる
  • キンブレおなじみのHot Buttonも搭載しているので、キンブレファンも満足度が高い商品

「公式ライトの色に近づけたい!」などと、ペンライトの色味を本格的にしたい人には、キングブレードの『X10 V シャイニング』がぴったり。

最大の特徴「Bluetooth Tuning」を使えば、スマホを使ったカラーチューニングが可能で、デフォルトの15色に加え無限大の光を追加できるのです。メモリー機能では最大30色を2パターンで登録可能ですから、自分好みの使い方で様々にカスタマイズできます。

キングブレードはペンライトの中でも最高峰とも言える商品が揃っていますが、そのキンブレの中でもトップクラスの商品で、こだわり派におすすめです。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:全長250 × H150 (mm)
  • 本体重量:ー
  • 電池:単4電池 × 3本
  • 機能:デュアルメモリー機能搭載、Hot Button、Bluetooth Tuning
  • 発色数:デフォルトカラー15色、カラーチューニング可能
  • 発色カラー:ホワイト、レッド、ブルーなど。
  • 付属品:テスト電池

【使い捨て】安いペンライトの人気商品5選

一度しかライブに行く予定がないのでしたら、電池式は予算的に無駄になりかねませんので、ポキンと折って使える「サイリウム」といった使い捨てペンライトが安くて良いですよ。

サイリウムライトはセリアなどの100均にも売っていますが、もう少し品質の良いものを厳選してみましたので、購入の際には参考にしてくださいね。


使い捨てペンライト1. AK KYC ルミカライト ライトスティック サイリウム 15cm フック付き

AK KYC ルミカライト ライトスティック サイリウム 15cm フック付き 8色 24本セット
  • 8色が3本ずつ入った大変お得なセット内容なので、使い捨てながら満足度の高い商品
  • フックが付いたサイリウムライトは、キャンプなどの野外活動にも便利
  • フック下には穴が開いていて、付属の紐を通せば回したりバッグに装着したりと使い方が様々

サイリウムにも多彩なカラーがありますので、「何色を買ったら良いのかが分からない」といった人がまず購入するべきなのが、「AK KYC」の『ルミカライト』です。

全部で8色ものカラーが揃い、それぞれ3本ずつ入っていますから、使い方で様々なシチュエーションに対応してくれますよ。また、こちらの商品にはフックや穴が付いているため、手持ちで使えるのはもちろん、何かに掛けて使ったり、紐を通して使ったりと、使い道を考えるのも楽しい商品です。

カラーが豊富に揃い、使い方も幅広いサイリウムライトは、とりあえずの購入にぴったり。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:130 × 直径10.7 (mm)
  • 本体重量:ー
  • 発色カラー:例. ホワイト、レッド、ブルーなど

使い捨てペンライト2. ルミカ ルミカライト 大閃光アーク「極(きわみ)」オレンジ

ルミカライト 大閃光アーク 25本入り 「極(きわみ)」オレンジ
  • サイリウムの中でも最も明るいと言われるライトなので、会場でひときわ目立てる
  • 飛行機にも持ち込みが可能だから、海外アーティストの応援にも使える
  • 2分ほどの短い発光時間を利用してサビに使えば、ライブの楽しさをさらに盛り上げてくれる

とにかく明るいサイリウムが欲しいのでしたら、使い捨てタイプで最も明るいとも言われている、ルミカでも人気シリーズ『大閃光アーク』がおすすめ。

2分ほどで光量は落ちてしまいますので、数本用意しておいたり、「ここぞ!」という瞬間に使うようにしましょう。25本入りになっているため、仲間とシェアするなどの使い方をすれば、ファン仲間の絆も深くなりますよ。

眩しいほどの明るさを放つので、ライブ会場で目立ちたいという人にもぴったりです。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:直径14~18 × 長さ180 (mm)
  • 本体重量:ー
  • 発色カラー:オレンジ

使い捨てペンライト3. リバールーツ フラッシュボンバーZ

フラッシュボンバー オレンジ (10本入り アルミパック)
  • 超高輝度タイプで眩しい光を一瞬で放つから、会場で存在感をアピールできる
  • 握りやすいファンクショナルグリップを採用した商品で、複数本握ってコンサートで弾けられる
  • カラバリは豊富だけど単色セットになっているから、好きな色だけ揃えられて便利

サイリウムライトを複数持ちで使いたいのでしたら、「リバールーツ」の『フラッシュボンバーZ』が使いやすいですよ。

グリップ部分がややくびれたファンクショナルグリップを採用した商品なので、指で挟みやすくなっているから、複数持ちに最適です。カラーが豊富に揃っていて、それぞれ単色10本セットで販売されているので、好きなカラーだけを選んで購入できるのが便利。

本体はやや柔らかめで、指で挟んでもとても持ちやすいので、目立ちまくって好きなアーティストに気づいてほしい人にこそおすすめしたい商品です。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:直径15 × 190 (mm)
  • 本体重量:ー
  • 発色カラー:オレンジ

使い捨てペンライト4. サイリウムZ

  • 1本100円と低価格のサイリウムなので、買いやすくコスパが高い
  • 発光時間は約6~10時間と長時間光るから、ライブの最後まで光を楽しめる
  • 付属する紐を取り付ければ、手首にかけたり回したりといった使い方ができる

コスパ重視の人でも納得できる商品なら、『サイリウムZ』がおすすめ。

1本100円で買える低価格ペンライトですが、しっかりとした明るい光を放ちます。発光時間は6〜10時間と長時間続きますので、コンサートの最初から最後まで、アンコールまで楽しんでもまだまだ光っているというコスパの良さ。また、紐が付属で付いてくるため、本体の穴に通せば手首にかけて落下防止にしたり、回して使ったりと、アレンジしながら使えます。

きっと誰もが「安いのに使える!」と感動できるサイリウムライトですよ。

楽天で詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:直径18 × 150 (mm)
  • 本体重量:ー
  • 発色カラー:ピンク、レッド、ブルーなど

使い捨てペンライト5. iSmile ケミカルライト 10色 50本セット

(iSmile) 光る ブレスレット 蛍光 ケミカルライト ペンライト 10色 50本セット 縁日 景品 イベント 用
  • 50本入りと大容量なので、仲間と分けあって大勢で遊べる商品
  • 細いから簡単にポキンと折りやすく、手軽に光を楽しめるサイリウムライト
  • コンサートの応援活動以外にも、腕に巻いたり束で持ったりと、アイデアで使い方いろいろ

「ライブ以外にも使えるサイリウムライトが良いな」という人におすすめなのが、50本がセットになっているお得感ある『ケミカルライト』です。

Amazonでも評価の高い商品で、コンサートはもちろん、フェスやキャンプ、お祭りなど、アイデア次第で様々な楽しみ方をしている人がたくさんいます。一本一本がとても細いため、発光させるために折るのがとても簡単で手間がかかりません。

光らせたライトはそのまま曲げることができますので、ジョイントにつなげてブレスレットにしたり、つなげて長くしてみたりといった使い方ができ、ライブ活動から趣味や遊びにと、幅広く使えるアイテムです。

Amazonで詳細を見る

商品ステータス

  • 本体サイズ:全長約200 (mm)
  • 本体重量:ー
  • 発色カラー:ホワイト、レッド、ブルー、イエローなど

ペンライトを使う時に気をつける「注意点」

ペンライトを持参してコンサートに行くのでしたら、いくつか事前に知っておくべきことがあります。

例えば、持ち込み可能なペンライトに制限があるアーティストや、ジャニーズやアイドルなど公式ペンライトがしか使えない場合があります。

心からライブ、コンサートを楽しむため、注意点にもしっかりと目を通しておきましょうね。


注意点1. 周囲の人の迷惑にならないように気をつける

アイドルのライブというと、オタ芸のようなペンライトを振り回す一体感を思い浮かべますが、当然ながら過剰な動きをするのは周りをよく見て行いましょう

アーティスト側も、会場が一体となって応援してくれるとテンションが上がりますので、ますますヒートアップして盛り上がってきますが、しっかりと節度を守り、我を忘れてペンライトを振り回しすぎないようにすることが大切です。


使用する際は必ずストラップを利用する

曲によってはペンライトをみんなで一斉に大きく動かすことがありますので、危険防止のために、ストラップは必ずつけるようにしてください。

どんなにしっかりと握っているつもりでも、気分が高揚してしまうと飛ばしてしまうことがないとは言い切れませんし、汗をかけば手が滑りやすくなってきてしまいます

ペンライトの動きが激しめのアーティストを応援する人は、ストラップは必須と考えてくださいね。


注意点2. アーティストによっては公式サイリウムしか使えない場合がある

市販されているペンライトは、どのライブでも使用できるわけではありません。細かな長さ制限などがあるアーティストも多いので、事前にチェックしておきましょう。

例えば、ジャニーズは公式のペンライト以外は基本的に使用NGとなっていますので、わざわざ市販の商品を購入しても使えないという事態になるでしょう。

せっかくの楽しみにしていたライブなのにお金を無駄遣いしてしまうと、気分も下がってしまいますので、注意しましょうね。


人気アーティストは公式ペンライトがおすすめ

グッズを数多く販売しているような人気アーティストになると、市販のペンライトよりも公式ものがおすすめです。

ジャニーズはグループごとに公式ペンライトが発売されていますので、ファンでしたら一本は持っていたいですね。乃木坂46やTWICEにも公式でかわいいペンライトが発売されてます。

乃木坂46やTWICEなどのアイドルは、メンバーによる指定カラーが決まっていますが、市販品ではメンバーカラーが入っていなかったり、入っていたとしても微妙に色合いが違ったりします。

会場と自分だけ違っているとテンションが下がってしまいますので、何を購入するか迷ったら、公式グッズのペンライトを選んでおくと安心ですよ。


目立つペンライトを買って、ライブを盛り上げよう!

「アイドルを応援したい!」という人に、欠かせないアイテムでもあるペンライト。

ペンライトを使って応援すれば、他のファンと一緒にアーティストを応援でき、会場が一体となる感動は、他では味わえないものです。

ご紹介したアイテムはどれも使いやすく優れたものばかりですので、コンサートに出かける前にチェックして、満足できる一本を見つけてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事