湯温計のおすすめ10選|赤ちゃんをお風呂に入れる際に役立つ人気商品を紹介!

お風呂のお湯の温度を計測できる湯温計をお探しの方へ。今記事では、湯温計の魅力や選び方から、おすすめの商品まで詳しくご紹介します。赤ちゃんをお風呂に入れる際など、最適なお湯の温度を計測できるため、ぜひ有効活用してみてください!

湯温計の必要性とは?

温度計のおすすめ

生後間もない赤ちゃんをお風呂に入れる場合、赤ちゃんの肌は大人よりも弱いため、温度の低いぬるま湯が適切。しかしお湯の温度は時間とともに変わってしまうので、赤ちゃんにとって良い温度かは実際に測ってみるのが安心です。

そんな時、お湯の温度を測る湯温計を使えば、いつでも赤ちゃんにとって最も良い温度のぬるま湯に保てます。

湯温計で温度を測ると、赤ちゃんが沐浴によって肌が荒れてしまうようなトラブルを防ぎやすくなるでしょう。


湯温計の選び方|購入する前に確認すべき点とは

湯温計はいろいろな製品が販売されていて、どれが良いか選ぶのが少し難しく感じる事もあるでしょう。

そこで、こちらでは購入する前にチェックすべき湯温計のタイプや機能について解説していきます。

実際にどんな時に使うかを考えながら読めば、きっと湯温計を選びやすくなりますよ。


湯温計の選び方1. 使いやすい温度表示の「タイプ」を選ぶ

湯温計の表示には大きく分けて「アナログ表示タイプ」と「デジタル表示タイプ」があります。

それぞれかなり特徴が違うので、その差をおさえて自分に合った物を選ばないと思ったような使い方ができないことになりかねません。

ここではまずその二つのタイプを解説していきます。


シンプルでわかりやすい「アナログ表示タイプ」の特徴とは

アナログ表示タイプは細いガラス管の中に液体を封入したもの。液面の位置の目盛を読んで使うタイプです。

温度を測定するのに少し時間がかかりますが、正確でわかりやすく価格も安いのが特徴。また故障が少なく、設定やお手入れの手間がかからず長く使えて人気があります。

アナログ表示タイプの湯温計なら、手軽でシンプルにお湯の温度を測れるでしょう。


高性能で測定が早い「デジタル表示タイプ」の特徴とは

デジタル表示タイプは電子的に測った温度を液晶画面に表示するもの。測定時間が数秒程度のものが多く、すぐに温度がわかるのが最大の特徴です。

また時計やライト、タイマーなどを合わせ持ったものや機能性が高いものが多いので、製品によっていろいろな使い方ができます。

デジタル表示タイプなら温度を早く測れ、さらにいろいろな機能が利用できるので、時間を節約するのに役立つでしょう。


湯温計の選び方2. 「適温表示」の有無を確認して選ぶ

赤ちゃんの沐浴は夏場は38度から39度くらい、冬場は40度から42度くらいのぬるま湯が最適とされています。範囲が狭いので、温度の調整が難しく感じるかも知れません。

適切な温度がすぐ分かるように、湯温計にわかりやすい表示があるものが便利で人気があります。アナログ表示であれば38度から40度付近に適温マークが付いていることが多く、デジタル表示の場合は光や音で知らせてくれることも。

自分にとって使いやすいと思う適温表示の湯温計を選べば、赤ちゃんにとって最適の温度かどうかを簡単に確認できるでしょう。


湯温計の選び方3. 安全に使えて見えやすい「形状」を選ぶ

子供は近くのものを手に取ったり口に入れたりすることがよくあります。湯温計は子供の手の届く場所で使うので注意が必要です。

そこで、湯温計は尖った部分がなく赤ちゃんが触っても問題ない形状のものが良いでしょう。

また特にアナログ表示の場合は、正確な温度を測るためになるべく目盛を正面からよむ必要があります。そのため、お湯に浮かべて使うものだと上から簡単に確認できて便利ですよ。

このように湯温計は子供がいても安全に使えて、目盛りの読みやすい形状のものをおすすめします。


湯温計の選び方4. 置き場所に合った保管しやすいものを選ぶ

湯温計は水につけて使うので、清潔さを保つには保管にも気をつける必要があります。特に横置きタイプだと下の面が乾きにくくカビの原因になることも。

湯温計は自立させて保管できるものの方が水が早く切れます。また吸盤で貼り付けたりフックなどでどこかにぶら下げられるものも乾きやすいのでおすすめです。

実際に使う場所に合わせて、こういった早く乾きやすい形で保管できるものを選べば、湯温計をより衛生的に使えるでしょう。


湯温計の選び方5. お湯の温度以外も測れるものを選ぶ

通常、赤ちゃんがベビーバスで沐浴するのは生後1ヶ月程度、長くても数ヶ月ぐらいなので、その後は湯温計はお風呂の温度を測るのにはあまり使わなくなってしまいます。それでは少しもったいないと思う人もいるでしょう。

湯温計の中には室温計として使えるものもあります。またデジタルタイプならいろいろな物の温度が測れるものもあり、例えば赤ちゃんの料理の温度を測ったりもできることも。

こういったお湯の温度以外も測れるものを選べば長く湯温計を使い続けられます。


湯温計のおすすめ10選|入浴に便利なベビー向け商品を大公開

湯温計の選び方をふまえて、ここでは実際に人気のあるおすすめの製品をご紹介しましょう。

「アナログ表示タイプ」と「デジタル表示タイプ」でかなり使い勝手や特徴が違うので2つに分けています。

それぞれおしゃれな物や人気のある物を取りそろえたので、きっとお気に入りの製品が見つかりますよ。


【アナログ表示タイプ】湯温計のおすすめ5選

湯温計は生後間もない時期にはお風呂で毎日のように使うもの。できるだけ使い勝手が良い物の方が良いですよね。また、それほど長期間使うわけではないので、価格も控えめの方が嬉しいはず。

アナログ表示タイプはシンプルで価格が安いので人気の湯温計のタイプ。温度を測るのに少し時間がかかりますが正確な温度が分かります。

手軽に正確なお風呂の温度を測りたい人におすすめのタイプです。


アナログ表示タイプのおすすめ1. ピジョン 湯温計 白くま

ピジョン 湯温計 白くま
  • 白くまが寝ているかわいいデザインで見て楽しい
  • お湯に浮かべると目盛りが上に向き、温度を簡単に確かめられる
  • 目盛りに適温表示があり、一目でちょうど良い温度か分かり便利

赤ちゃんの側で使う物なら、できればかわいい物が良いですよね。その方が赤ちゃんが興味を持ってお風呂を楽しんでくれるかもしれません。

ピジョンの湯温計は白くまをデザインした製品。片手を上げて眠っているかのようなかわいい姿で、きっと赤ちゃんも気に入ってくれるはず。お風呂に浮かべると温度計の目盛りが上から読めるようになっていて、適温表示もあります。

赤ちゃんが気に入ってくれるようなかわいい湯温計が欲しい人におすすめの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 適温表示:有
  • 温度表示の向き:真上
  • 防カビ加工:ー
  • 自立置き:ー
  • 吸盤付き: ×
  • その多機能:ー

アナログ表示タイプのおすすめ2. CRECER 湯温計 AP-02P

  • お湯に入れると立つので、場所を取らず入浴の邪魔にならない
  • フックがついていて、引っかけて保管でき場所を取らない
  • 3色のカラーバリエーションがあるため、好きな色を選べる

お湯に浮かべて使う湯温計は小さめのベビーバスだと少し邪魔になることがあります。使っていても場所をとらない物があればいいのに、と思っている方もいらっしゃるでしょう。

CRECERの湯温計はお風呂に浮かべるとまっすぐ立つタイプのアナログ表示の製品。太さは3cmほどなので、入浴の邪魔になることはありません。上に℃をかたどったかわいいフックがついているので、保管する時はチェーンなどに掛けられて水切りが良く場所もとりません。

赤ちゃんの沐浴の時に邪魔にならない湯温計をお探しの人にはぜひチェックして欲しい製品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 適温表示:有
  • 温度表示の向き:横
  • 防カビ加工:ー
  • 自立置き: ×
  • 吸盤付き: ×
  • その多機能:ー

アナログ表示タイプのおすすめ3. タニタ 湯温計

タニタ 湯温計 ピンク 5417-PK ラッコちゃん
  • 測定機器で有名な国内メーカー、タニタの製品で信頼性が高い
  • ラッコが寝ているデザインで見た目がかわいい
  • 適温表示があり、お湯に浮かべれば目盛りが上を向いて温度が読み取りやすい

湯温計は赤ちゃんの健康にも関わる物。できれば信頼の置けるメーカーの製品を使いたいですよね。

体重計などの測定機器を多く販売している国内大手メーカー、タニタの名前は皆さんご存じでしょう。そのタニタの湯温計はラッコの形をしたかわいいい製品。浮かせて使うと目盛りがはっきりと見え、適温表示もあり使いやすいデザインです。ピンクと青のカラーバリエーションがあり、好きな色が選べるのも嬉しいですね。

信用できる国内有名メーカーの湯温計を選びたい人にはぜひ購入の候補に入れて欲しい製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 適温表示:有
  • 温度表示の向き:真上
  • 防カビ加工:×
  • 自立置き:×
  • 吸盤付き:×
  • その多機能:ー

アナログ表示タイプのおすすめ4. エンペックス気象計 温度計 うきうきトリオ

エンペックス気象計 温度計 うきうきトリオ 浮型湯温計 日本製 カエル TG-5146 9.7x10.2x3.8cm
  • 三種類のかわいいデザインのバリエーションがあり赤ちゃんが気に入るものが選べる
  • 適温表示付きでお湯に浮かべれば目盛りが読みやすく使いやすい
  • 大きくなってからもおもちゃとして使い続けられる

せっかくかわいいデザインの湯温計を選ぶなら、デザインされているキャラクターにもこだわって赤ちゃんが気に入ってくれるような物を選びたいですよね。

エンペックス気象計の湯温計はヒヨコ、カエル、カバ、三種類のキャラクターバリーションが選べる製品。それぞれとてもかわいいデザインで、湯温計としてだけではなく、おもちゃとしても子供が遊んでくれること間違いなしです。

赤ちゃんがお気に入りにして長く使ってくれるようなデザインの湯温計を考えているなら、イチオシの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 適温表示:有
  • 温度表示の向き:真上
  • 防カビ加工:×
  • 自立置き:ー
  • 吸盤付き:×
  • その多機能:ー

アナログ表示タイプのおすすめ5. シンワ測定(Shinwa Sokutei) 風呂用温度計 B 舟型 72648

シンワ測定(Shinwa Sokutei) 風呂用温度計 B 舟型 72648
  • 抗菌剤を含んだ材料を使い、雑菌が繁殖しにくく清潔
  • 目盛りの文字がとても大きく、一目で温度がよみやすく便利
  • 湯温計として十分な機能がありながら、価格が安くコスパが良い

赤ちゃんが手に触れることもある湯温計はなるべく清潔さを保てる物を選びたいですよね。

シンワ測定の湯温計は抗菌材を含むスチロール樹脂でできた製品です。さらにフックなどに掛けやすい穴が開いていて保管した時に水切れがよく菌やカビが繁殖しにくく清潔。適温表示もあり目盛りの文字がとても大きくよみやすくて使い勝手もいいです。それでいて、価格が安いのも嬉しいですね。

赤ちゃん用の製品は、少しでも綺麗にしておけそうな物を、という方にはぜひチェックして欲しい湯温計です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 適温表示:有
  • 温度表示の向き:真上
  • 防カビ加工:×
  • 自立置き:×
  • 吸盤付き:×

【デジタル表示タイプ】湯温計のおすすめ5選

沐浴させる以外にも赤ちゃんの世話はたくさんあり、生後間もない時期の親はとても忙しいですよね。なるべく時間を節約したい人も多いでしょう。

デジタル表示タイプの多くは数秒程度で温度が表示され時間が節約できるので人気のタイプ。さらにタイマーやアラームなどの機能がついている物が多く、いろいろな作業の効率も上げられます。

デジタル表示タイプは時間を少しでも節約したい忙しい人におすすめのタイプです。


デジタル表示タイプのおすすめ1. パパジーノ 湯温計 ルーム&バスサーモメーター

パパジーノ 湯温計 ルーム&バスサーモメーター(デジタル式) みつばち RBTM002
  • 時計やタイマーなどがついて多機能なのに価格が安いので気軽に購入できる
  • かわいいみつばちのデザインで、子供が気に入りやすい
  • 適温アラームがついていて温度が高くなると赤いランプとアラームで知らせてくれて安全

デジタル表示タイプの湯温計の特徴の一つはいろいろな機能があることです。でも機能が多いとお値段も上がってしまうのではと心配ですよね。

パパジーノの湯温計は湯温計の他に時計、タイマー、ストップウォッチ、適温アラームのついた多機能な製品。それでいてデジタル表示タイプとしては価格は安いのでコスパが良いのが特徴です。デザインはかわいらしいみつばちのキャラクター。きっと子供が気に入ってくれるでしょう。

多機能でも価格の安さにこだわりたいなら、おすすめの湯温計です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 適温表示:有
  • 温度表示の向き:真上
  • 防カビ加工:×
  • 自立置き:ー
  • 吸盤付き:×
  • その多機能:時計、タイマー、ストップウォッチ

デジタル表示タイプのおすすめ2. Accenter 温度計

Accenter 温度計 料理 -50~300度 ミルク/揚げ物/お茶/お肉/お風呂などの温度管理
  • お湯だけでなく料理などいろいろな物の温度が測れて汎用性があり長く使える
  • ステンレス製でサビず汚れも落ちやすくてお手入れ簡単
  • 温度の測定に数秒しかかからず時間が節約できる

通常、湯温計は生後間もない時期だけしか使いません。それがちょっともったいないと思う人もいますよね。

Accenterの温度計はお湯の温度はもちろん、油や飲み物、料理など様々な物の温度が測れる汎用性の高い製品です。例えばベビーバスの温度を測り、その後ミルクの温度を確かめるといった使い方もできます。ステンレス製でサビずに汚れも落としやすいのも嬉しいですね。

赤ちゃんのお風呂の温度だけでなく、いろいろな物の温度も測れる温度計を長く使いたい人にイチオシの温度計です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 適温表示:無
  • 温度表示の向き:真上
  • 防カビ加工:×
  • 自立置き: ×
  • 吸盤付き:×
  • その多機能:料理温度計

デジタル表示タイプのおすすめ3. Inkbird 風呂温度計

Inkbird 風呂温度計 プール温度計 デジタル 水温計 浮かべる水温計 ワイヤレス フローティング温度計 水槽用 プール お風呂 水族館 (IBS-P01)
  • すっきりとしたミニマムでオシャレなデザインで見栄えが良い
  • 防水性能が高く電子部品に水がかかって壊れることがなく長く使える
  • 10秒で温度が測れるので浮かべておけばリアルタイムの湯温が分かって安心

身の回りのもののデザインにこだわる人は、湯温計もすっきりとしたおしゃれな物にしたいですよね。

Inkbirdの風呂温度計はお湯に浮かべると円型のボディの中に四角い液晶が見える、ミニマルでおしゃれなデザインの製品。デザインだけでなく、IPX7の規格を取得し防水性が高く、しかも10秒で温度を測れて機能性も十分です。丈夫なのでプールやアクアリウムなどにも使えますよ。

湯温計にもデザインにこだわりたい人にはイチオシの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 適温表示:無
  • 温度表示の向き:真上
  • 防カビ加工:×
  • 自立置き: ×
  • 吸盤付き: ×
  • その多機能:ー

デジタル表示タイプのおすすめ4. ドリテック デジタル湯温計 ガーくん イエロー O-238NYE

ドリテック デジタル湯温計 ガーくん イエロー O-238NYE
  • 余計な機能がなくシンプルな温度表示で湯温計として使いやすい
  • かわいいアヒルのデザインで赤ちゃんのおもちゃにもなる
  • デジタル表示タイプの湯温計としては価格が安く気軽に購入できる

いろいろな機能がついた湯温計は便利ですが、なるべくシンプルな物の方が使いやすいと感じることもありますよね。

ドリテックのデジタル湯温計は赤ちゃんの沐浴用に特化した製品。デジタル表示は適温なら温度を、湯温が32度以下になると「COLD」、39度以上になると「HOT」と表示して赤いランプが点滅し警告してくれます。見た目は子供向けらしいかわいいアヒルのデザインできっと赤ちゃんも気に入ってくれるでしょう。

シンプルで赤ちゃんの沐浴用湯温計としての使い勝手が良い製品をお探しならぜひチェックして欲しい製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 適温表示:有
  • 温度表示の向き:真上
  • 防カビ加工:×
  • 自立置き:ー
  • 吸盤付き:×
  • その多機能:ー

デジタル表示タイプのおすすめ5. Brrnoo デジタル湯温計

デジタル湯温計 赤ちゃん 入浴用 ベビーバス 温度計 シャワー測定 風呂用 6種類の動物 バスおもちゃ(パープル カバちゃん)
  • センサーチップを使ってデジタルなのに電気を使わず水で壊れる心配がない
  • 電池を使わないので交換する手間がかからない
  • ぬいぐるみのようなかわいいキャラクターのデザインで赤ちゃんがおもちゃとして遊べる

デジタル表示の湯温計は温度が読み取りやすいけど、電気を使っているので水で故障してしまわないか心配ですよね。

Brrnooのデジタル湯温計はデジタル表示タイプなのに電気を使っていないちょっと変わった製品。かわりに温度によって表示の変わるセンサーチップを使っています。電気を遣っていないのでもちろん電池も必要はなく、中に水が入って壊れる心配もありません。

危険性が少ない湯温計が欲しい人にはおすすめの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 適温表示: 無
  • 温度表示の向き:真上
  • 防カビ加工:×
  • 自立置き:ー
  • 吸盤付き:×
  • その多機能:ー

使いやすい最適な湯温計を選んで、赤ちゃんに快適な沐浴をさせてあげましょう。

湯温計の選び方と人気の製品についてご紹介しましたが、いろいろな特徴のある製品がたくさんありましたね。

赤ちゃんの沐浴は清潔さ、ひいては健康を保つのために重要です。その時に適切な温度を測り赤ちゃんの肌を守る湯温計も自分に合った物を選びたい物ですよね。

こちらの記事を参考に、どういった使い方をしたいかを考えれば、きっと最適な湯温計が選んで赤ちゃんの健康を守るのに役立てられますよ。

【参考記事】赤ちゃん用便利グッズをご紹介▽

【参考記事】おすすめの赤ちゃんアプリをご紹介▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事