マザーズリュックの人気おすすめブランド12選|お洒落で大容量の最強バッグとは

お子さんの荷物を整理して持ち運べる育児の必需品「マザーズリュック」。今記事では、普通のリュックとの違いやマザーズリュックの魅力から選び方やおすすめブランドの人気商品までご紹介します。おしゃれでかわいいアイテムや高機能で便利な商品も解説するので、子育てに有効活用してみてくださいね!

そもそも「マザーズリュック」とは?

マザーズリュックのおすすめ

乳幼児のいるママが子どもを連れて出かける時に、必要な荷物をまとめて入れられるバッグのことをマザーズバッグと呼びます。

マザーズバッグにはショルダーバッグタイプやトートバッグタイプなど、いろいろな形がありますが、背中に背負えるリュックタイプのマザーズバッグがマザーズリュックと呼ばれています。

マザーズリュックは子ども用の荷物をまとめて収納し持ち運べるため、お子さんとのお出かけに重宝する人気の高いアイテムです。


普通のリュックとの違いは何?

マザーズリュックが普通のリュックと違う点は、子どもとの外出を想定してデザインされていることでしょう。

基本的に大容量で、軽くて丈夫で汚れにくい素材を使用しています。こまごまとした荷物も整理して収納しやすいように、リュックの内側にも外側にもポケットが多く付いているのも特徴。哺乳瓶や子ども用の水筒を入れられるサイドポケットが付いているリュックも多く、飲み物の温度を一定に保てるよう保温ポケット付きのものもあります。

付属品として、おむつ替えシートやおむつ用のポーチがついているリュックもあり、おむつの取れていないお子さんとの外出も安心です。


マザーズリュックって、何歳から何歳まで使うの?

「マザーズリュック」を使うママが多いのは、お子さんが1歳前後から4歳前後まで。よちよち歩きを始め予測不能の行動を起こす時期でもあり、一緒に手を繋いて歩いたり抱きかかえたりすることも多いため、両手を空けられるリュックが便利なのです。

4歳以降は徐々に外出時に必要な荷物が減ってくるため、テーマパークに行くなどの特別な外出時以外は、普通のリュックやバッグでも間に合うようになります。


どれを買うべき?マザーズリュックの「上手な選び方」

マザーズリュックはいろいろなブランドから販売されており、サイズやデザインもまちまち。どのリュックを選ぶべきなのか、悩んでしまいがちですよね。

ここからは購入する時に抑えておきたい、マザーズリュックの選び方のポイントをご紹介します。


マザーズリュックの選び方1. 日頃から持ち歩く荷物量や大きさに合うサイズを選ぶ

子育て中のママにとって、たとえ近くの公園に行くにしても、子どもとの外出は一大イベント。替えのおむつ、おしり拭き、ハンドタオル、ミルク、水筒、離乳食、おやつはもちろん、いざという時の着替えも必要ですよね。

小さすぎると荷物がパンパンになって出し入れが大変になりますが、大きすぎてもついつい荷物を増やしてしまい重くなってしまいます。必要な荷物がしっかり収納できるけれど重くなり過ぎず、長時間背負っても苦にならない容量は15リットル前後です。


マザーズリュックの選び方2. 防水/撥水加工の有無を確認して選ぶ

子どもとのお出かけしている時に雨に降られてしまったら、子どもが濡れないように傘を差してあげたり、視界が悪くなるので手を引いてあげたりと、リュックを濡らさないように気を配ることができません。防水性や撥水性のないマザーズリュックを使用していると、リュックだけでなく中の荷物も濡れてしまいます

雨の時に荷物を濡らしてしまうのが心配な方は、防水加工や撥水加工の有無を確認して、マザーズリュックを選びましょう。


マザーズリュックの選び方3. 長時間背負うなら軽いリュックを選ぶ

子どものミルクや離乳食、おむつ替えセット、着替え、おもちゃや絵本など、出先でいろいろな事態に対応できるよう、マザーリュックの中にはいろいろな荷物が入っています。リュック自体が重たい上に多くの荷物を詰め込んでしまうと、持ち運びしやすいマザーズリュックとはいえ、肩にどっしり来てしまいますよね。特に長時間背負う場合は、なるべく軽量のリュックを選びたいもの。

多少荷物が増えても全体的な重量は抑えることができ、丸一日お出かけしても疲れないのでおすすめです。


マザーズリュックの選び方4. サイドポケットの有無をチェックして選ぶ

子どもとのお出かけの時に欠かせないのが、水筒やペットボトル。特に夏場はちょっと歩いただけでもすぐにのどが渇くので、サッと取り出して渡してあげられると便利ですよね。

リュックにサイドポケットがついていると、リュックを上げ下ろしすることなく飲み物を取り出せ、とても便利です。また、サイドポケットに立てた状態で持ち運びができるので、リュックの中で飲み物が漏れてしまう心配もありません。入れたい水筒やペットボトルのサイズに対応しているかどうか、ポケットの有無だけでなく深さや形状もチェックしておくと安心です。


マザーズリュックの選び方5. シーンに応じて使い分けるなら2wayタイプを選ぶ

マザーズリュックは長時間のお出かけや荷物が多い時に便利ですが、荷物を頻繁に出し入れする時や抱っこひもを使用する時など、使いにくく感じることもあります。ちょっとおしゃれして子どもとお出かけしたい時も、リュックだとカジュアルな印象になってしまいますよね。

ショルダーバッグやトートバッグとしても使える2wayタイプのマザーズリュックなら、シーンによって使い分けができて便利。また、乳幼児の時はトートバッグやショルダーバッグとして使い、行動が活発な時期にはマザーズリュックとして使うなど、子どもの成長に合わせて長く使い続けられます。


マザーズリュックの選び方6. 人気ブランドのリュックを選ぶ

人気の高いブランドの商品は、ブランドの価値を損なわないよう品質やデザインの基準を高く保っているもの。マザーズリュックでも、多くのママが使いやすく、おしゃれで、質も良いと感じるからこそ、高い人気を保っているといえるでしょう。

ノンブランドのマザーズリュックは人気のブランドのものより価格が安くても、裁縫や素材が悪かったり、デザインや色のチョイスがなく画一的だったりと、人気のブランドのマザーズリュックに劣る傾向にあります。「せっかく買ったのにすぐダメになってしまった」「使い勝手が悪かった」と後悔しないためにも、人気ブランドのリュックを選ぶのが無難です。


先輩ママ愛用!マザーズリュックの人気おすすめブランド12選

それでは、先輩ママたちから人気の高いマザーズリュックのおすすめブランドをご紹介していきます。

かわいいデザインが人気のブランドや、高性能の素材が自慢のアウトドアブランド、子育て中のママにターゲットを絞ったブランドなど、どのブランドも魅力いっぱい。各ブランドのおすすめリュックも合わせてご紹介するので、マザーズリュックを購入を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。


人気ブランド1. 「anello(アネロ)」

大阪に本社のあるキャロットカンパニーが、2005年にスタートしたオリジナルブランド。2017年には、心斎橋にグローバル旗艦店もオープンしました。

人気の理由は、色や柄のバリエーションが豊富さと、どこかしらにポイントを加えたデザイン、そして海外ブランドよりも控えめな価格設定。子育て中もおしゃれにこだわりたいという、若い世代のママにおすすめのブランドです。


おすすめのマザーズリュック①:スクエアリュック AT-C1221

(アネロ) anello リュックサック AT-C1221 スクエアリュック 後ろファスナー付き 杢糸 キャンバス ベージュ/ブラック/グレー/ネイビー/ピンク (PI(ピンク))
  • 杢調のポリエステルキャンバスを使用しており、独特の風合いがある
  • サイドの背面直結ファスナーから、背負ったままでも物の出し入れができる
  • 全14色とカラーバリエーションが豊富で、好みの色が選べる

「リュックを背負ったまま、素早く物が出し入れできたら便利。」と感じることがありますよね。そんなママにおすすめなのが、アネロのスクエアリュックです。

かっちりとしたスクエア形がおしゃれなリュックですが、トップジッパーの他に背面にもジッパーが設けられており、リュックを背負ったまま物の出し入れができるのが特徴。水筒を入れられるサイドホルダーや大き目のフロントポケットなど、内側と外側に全部で7つのポケットがあり、荷物をサッと出し入れできます。

人混みの中などリュックをおろしにくい場所でも、背負ったまま荷物にリーチできるのでとても便利です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:36 × 25 × 13.5 (cm)
  • 重量:約550g
  • 容量:約15L
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:×
  • 2way対応:2way

おすすめのマザーズリュック②:CROSS BOTTLE 口金リュック レギュラー B0193A

  • アネロのアイコンでもある口金がぱかっと大きく開き、荷物の出し入れがしやすい
  • 丈夫で軽いポリキャンバス生地を使用しており、汚れにも強い
  • A4サイズも収納できる大きめのリュックで、荷物がたっぷり入る

「定番リュックでも、他のママとかぶらない色が欲しい。」というママにおすすめなのが、アネロの『CROSS BOTTLE 口金リュック』です。

育児雑誌やSNSでも取り上げられることが多い大人気のマザーズリュックですが、シックな黒やネイビー、パステルカラー、複数色使い、カモフラージュなど、カラーバリエーションが実に豊富。同じモデルで複数のカラーを揃え、ファッションや季節に合わせて取り換えることも可能です。

大人気の王道リュックでもカラー選びで個性を出せるので、おしゃれ好きのママにぴったりのリュックです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:40 × 27 × 17 (cm)
  • 重量:約610g
  • 容量:約18L
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:×
  • 2way対応:2way

人気ブランド2. 「marimekko(マリメッコ)」

マリメッコは、言わずと知れた北欧を代表するファブリックブランド。大胆で個性的なパターンと鮮やかな色使いが人気です。

リュックでは、北欧ブランドらしく機能性を重視したクリーンなラインや、マリメッコならではの楽しいファブリックが特徴。「インテリアやファッションも北欧デザインが大好き」というママにおすすめのブランドです。


おすすめのマザーズリュック①:METRO

  • シンプルなラインとシックなカラーで、どんなコーディネートにも合わせやすい
  • 内ポケット、外ポケットがそれぞれ3つずつ付いており、荷物を整理して収納できる
  • ナイロン製なので軽く、長時間背負っても疲れにくい

どんな服装にでも合わせやすいマザーズリュックなら、マリメッコの『METRO』がぴったり。

逆Uの字型で大きく開くジッパーが特徴で、機能美を追求したシンプルなデザインのリュックです。色も黒、ブラウン、ナイトブルー、ストーングレーなど、合わせやすい定番カラーが多く、服装を選びません。

カジュアルな服装にも少しおしゃれした時でも合わせやすく、オールシーズン使える普段使いのマザーリュックとして、おすすめしたい商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:37 × 26 × 15 (cm)
  • 重量:―
  • 容量:―
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:×
  • 2way対応:×

おすすめのマザーズリュック②:BUDDY

  • 人気の『METRO』よりやや容量が多いサイズで、荷物が多いママにおすすめ
  • 荷物を整理しやすい5つのポケットや、水筒や折りたたみ傘を吊るせるカラビナ付きで、収納力が高い
  • フロントに大き目のファスナー付きポケットがあり、頻繁に使うものを収納しやすい

2人目、3人目と子供が増えてくると、荷物がどうしても多くなってしまいますよね。荷物が多いママにおすすめなのが、マリメッコの『BUDDY』です。

『METRO』よりも一回り大きいサイズで、荷物が多いママにぴったりの大容量。フロントには大きめのファスナー付きポケットがあり、ティッシュやミニタオルなどサッと取り出したいアイテムを収納できます。

2人、3人の子どもを引き連れてお出かけしたいというママの強い味方になる、ビッグサイズのマザーズリュックです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:40 × 28 × 17 (cm)
  • 重量:―
  • 容量:―
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:×
  • 2way対応:×

人気ブランド3. 「MOZ(モズ)」

エルクのブランドロゴがかわいいモズは、1996年に設立されたスウェーデンのブランド。北欧ブランドらしく、機能的でシンプルなリュックが多いのですが、ワンポイントのあるデザインが若い世代のママに大人気。かわいいものやおしゃれなものが大好きなママにおすすめです。


おすすめのマザーズリュック①:がま口リュック ZZCI-07A

  • メインコンパートメントが2ルームになっており、荷物を仕分けして収納できる
  • ぱかっと大きく開くがま口タイプで、荷物の出し入れがしやすい
  • 両サイドのポケットや内側のクッションポケットに、スマホや水筒がすっきり収納できる

「大容量のリュックだと、中で荷物が迷子になってしまいがち。」というママにおすすめなのが、モズのがま口リュック。

約17Lと大きめのリュックながら、メインコンパートメントが2つに分かれており、頻繁に使う荷物と着替えなどを分けて収納できて便利です。ぱかっと大きく開くがま口リュックなので、リュックの中身も一目で確認でき、荷物の出し入れも簡単。

母子手帳やミニタオルなど、小さい物でもさっと取り出しやすいから、多い荷物をしっかり分類して持ち運びしたいという几帳面なママにおすすめのリュックです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:40 × 27 × 17 (cm)
  • 重量:約920g
  • 容量:約17L
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:ー
  • 2way対応:2way

おすすめのマザーズリュック②:デイパック ZZCI-03A

  • A4サイズに対応した、大容量のマザーズリュック
  • 逆U字型のジッパーで大きく開くため、リュックの中身がよく見え、大きな荷物も出し入れも簡単
  • 内側には伸縮素材のホルダー「モッズポケット」がついており、水筒やペットボトルをしっかり収納できる

「お弁当箱など、かさ張る荷物をしっかり収納したい。」というママにおすすめなのが、モッズのデイパック。

A4サイズも余裕で入る大きめのコンパートメントには逆U字型のジッパーが付いており、上半分が大きく開き、お弁当箱などかさ張る荷物も出し入れしやすいのが魅力。内側にはクッションポケットや伸縮素材の「モッズポケット」が付いており、スマホや水筒など頻繁に使うものは迷子にならないよう工夫もされてます。

お弁当を取り出す際にバッグの中がグチャグチャになる心配がないから、丸一日の外出やレジャーなどでお弁当を持ってお出かけにおすすめのマザーズバッグです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:41 × 28 × 16 (cm)
  • 重量:約580g
  • 容量:約17L
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:ー
  • 2way対応:×

人気ブランド4. 「MARC JACOBS(マークジェイコブス)」

ニューヨーク生まれのデザイナー、マーク・ジェイコブスが、1986年に設立したブランド。都会的で創造性にあふれたデザインが特徴で、マザーズリュックもキャリアウーマンっぽい印象があります。30代から40代で育児中という、大人世代のママにおすすめのブランドです。


おすすめのマザーズリュック①:ナイロンバイカー バックパック

  • 軽くて丈夫なナイロン素材を使っており、汚れや雨にも強い
  • フロントにはダブルのジッパーポケットが付いており、荷物を取り出しやすい
  • メインコンパートメントは両サイドにジッパーがついており、大きく開ける

「街中では、いかにもマザーズリュックといった見た目のリュックは背負いたくない。」というママには、マークジェイコブスの『ナイロンバイカー』がぴったり。

サイドポケットのないすっきりとしたシルエットで、フロントのダブルポケットがアクセントになったスタイリッシュなデザインが魅力。汚れや雨にも強いナイロン素材を使用しており、外出中に雨に降られても安心です。ショルダーにはパッドが入っているので、長時間背負っても疲れません。

マザーズリュックとしての機能は守りつつ、おしゃれなリュックなので、街中への出かけることの多いママにおすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:41 × 30 × 12.5 (cm)
  • 重量:約655g
  • 容量:ー
  • サイドポケット:×
  • 防水/撥水:防水
  • 2way対応:×

おすすめのマザーズリュック②:キルテッド ナイロン バックパック

  • 丈夫で軽いナイロンのキルティング生地で、冬らしいさがある
  • ブラックとシェイディーグレーの定番の2色があり、どちらも服装に合わせやすい
  • 生地には程良い光沢感があり、全体的にエレガントで上品な印象

冬のおしゃれに合わせるマザーズリュックは、温かな印象のキルティング生地が似合いますよね。キルティング生地のマザーズリュックなら、マークジェイコブスの『キルテッドナイロン』がおすすめです。

キルティング加工のナイロン素材でできており、程良い光沢がある上品で都会的な印象のリュックです。ポコポコとしたキルティングの質感が、ダウンジャケットやコートなどの冬の着こなしによく似合います。色も黒とグレーのシックな2色で、どんな洋服にも合わせやすいですよね。

冬もおしゃれにまとめたい都会的なママに、ぜひおすすめしたいリュックです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:35 × 28 × 9 (cm)
  • 重量:450g
  • 容量:ー
  • サイドポケット:×
  • 防水/撥水:防水
  • 2way対応:×

人気ブランド5. 「PORTER(ポーター)」

圧倒的な技術力でファンの多い吉田カバンが、1962年に発表した自社ブランドです。

日本製にこだわった高い品質と、海外ブランドに負けないスタイリッシュさで、マザーズリュックとしても人気。機能性とデザイン性に優れた日本製リュックを探しているママにおすすめのブランドです。


おすすめのマザーズリュック①:ポーター タンカー

  • フライトジャケット「MA-1」をモチーフにした素材を使っており、パパとも共用しやすい
  • 流行に左右されない定番のベストセラーなので、長く使い続けられる
  • フラップのついたメイン収納部は大きく開き、物が取り出しやすい

「家族でお出かけする時に、パパにも荷物を持ってもらいたい」という時にぴったりなのが、ポーターのタンカー。

黒のナイロン、ポリエステル綿、オレンジの裏地という3層構造の生地は、フライトジャケット「MA-1」をイメージしたもの。デザインも男女で兼用しやすいユニセックスデザインなので、パパが背負っても違和感がありません。

ママ一人の時でも、家族全員でのお出かけでも活躍するリュックとしておすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:30 × 40 × 12 (cm)
  • 重量:450g
  • 容量:14L
  • サイドポケット:×
  • 防水/撥水:×
  • 2way対応:×

おすすめのマザーズリュック②:ポーターガール ケープ

  • トートとリュックと2wayで使えて便利
  • 細番手の糸を超高密度に織り上げたナイロンツイル生地を使用しており、撥水性が高い
  • サイドには500mLのペットボトルが収まるサイドポケットが付いている

いろいろなスタイルで使用できるリュックを探しているママにおすすめなのが、ポーターの『ポーターガール・ケープ』。

ハンドルが長めなので手持ちだけでなく、肩掛けのトートバッグとしても使用可能。荷物の重い日や長時間持ち運ぶ時は、リュックとして利用できます。生地は撥水性に優れた高密度織りのナイロンツイル生地だから、外出中に雨に降られても安心です。

汎用性の高い2wayのマザーズリュックで、ちょっとしたお出かけにも、一日中のお出かけにも使用したいというママにおすすめします。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:38 × 25.5 × 13 (cm)
  • 重量:約420g
  • 容量:ー
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:撥水
  • 2way対応:2way

人気ブランド6. 「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」

ザ・ノース・フェイスは、1968年にアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコで創業しました。トレッキングやクライミングなど高機能なスポーツ用品を多く取り扱う、アウトドアブランドの代表格。

本格的な登山にも対応できる高機能のリュックが多く、機能性重視のママにおすすめのブランドです。


おすすめのマザーズリュック①: イザベラ レディース

[ザ・ノース・フェイス] リュック イザベラ レディース ブラックブラスメランジ
  • レディースモデルなので、女性の体にフィットするようにデザインされている
  • 斜めのラインや生地の切り替えがおしゃれで、スタイリッシュに背負える
  • 水筒を収納できるサイドポケット、キークリップ付きのジッパーポケットなど、収納スペースが豊富

「アウトドアブランドのリュックは、デザインがおしゃれじゃない。」と感じるママには、ザ・ノース・フェイスの『イザベラレディース』がおすすめ。

斜めのラインや生地の切り替えがシャープな印象を与える、スタイリッシュなリュック。飲み物の収納に便利なサイドポケットや、キークリップ付きのジッパーポケットなど、リュックの内側と外側に合わせて8つのポケットがついており、収納力もたっぷり。女性の体にフィットするように設計されたスリムタイプなので、スマートに背負えます。

高機能でデザイン性も高いマザーズリュックとして、アクティブなママにおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:46 × 32 × 19 (cm)
  • 重量:560g
  • 容量:17L
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:×
  • 2way対応:×

おすすめのマザーズリュック②:オーロラレディース

  • メインコンパートメント内にディバイダーが付いており、荷物を仕分けできる
  • フリースライニング使用のコンパートメントに、スマホやお子さんのためのディバイスを収納できる
  • 大容量なので、テーマパークなど丸一日のお出かけにも対応できる

長時間の外出では、お子さんが退屈しないようにタブレットやゲーム機を持ち歩くこともありますよね。そんな時におすすめなのが、ノースフェイスの『オーロラレディース』です。

フリースライニングのジッパーポケットや、PCコンパートメントが付いているので、大切なタブレットやゲーム機などを安心して収納できます。22Lと大容量なので、テーマパークなどの丸一日のお出かけのための多めの荷物にも対応。メインコンパートメント内にはディバイダーがあるので、中の荷物を仕分けられます。

長時間の外出に必要な子供を飽きさせないおもちゃがしっかり収納でき、荷物の多いママにおすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:48 × 29 × 21 (cm)
  • 重量:780g
  • 容量:約22L
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:×
  • 2way対応:×

人気ブランド7. 「DANTON(ダントン)」

ダントンとは、1931年にフランスで創設された老舗のワークウェアブランドです。

ひし形にブランドロゴの入った赤いワッペンが目印の、シンプルなデザインと丈夫なキャンバス生地のリュックが人気。ナチュラルな雰囲気の洋服を好むママ、パパと兼用したいというママにおすすめのブランドです。


おすすめのマザーズリュック①:ユーティリティバッグ

[ダントン]DANTON UTILITY BAG 2WAYリュックサック JD-7071SCV CAMEL
  • コットンキャンバス生地を使用しており、丈夫で長持ちする
  • マチが広く大きな荷物もしっかり収納できる
  • シンプルで機能性重視のデザインで、男女区別なく使えるユニセックスタイプ

ナチュラル志向のママなら、マザーズリュックも天然素材の生地のものを選びたいですよね。コットン100%のキャンバス生地おリュックなら、ダントンのユーティリティバッグがおすすめです。

どこか懐かしい雰囲気のある、丈夫なキャンバス地を採用。長方形のかっちりとした形なので収納力が高く、手提げトートとしてもリュックとしても使える2wayです。サイドには大きめの水筒もすっぽり入る深めのポケットがついており、子どもの喉が乾いた時もさっと対応できます。

カラーも生地によく似合うシックな雰囲気の5色から選べ、キャンバス生地の風合いが活かされていますよね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:35 × 26 × 14 (cm)
  • 重量:330g
  • 容量:ー
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:ー
  • 2way対応:2way

おすすめのマザーズリュック②:ナイロンキャンバス ユーティリティ2WAY

  • 開け口が巾着仕様になっており、大きな荷物も取り出しやすい
  • ナイロン素材なので、汚れに強く大人っぽい印象
  • トートバッグとしてもリュックとしても使える2wayだから、使い分けができ便利

「おむつ替えパッドや着替えセットなど、大きな荷物が取り出しにくいな。」と感じることの多いお母さんにおすすめなのが、ダントンの『ナイロンキャンバスユーティリティ』です。

開け口はフラップのない巾着式になっているので、目いっぱい広げれば、大きなメインコンパートメントに楽々アクセスでき、かさ張る荷物も取り出しやすいデザイン。素材はナイロン糸を使ったキャンバスで、汚れにくく丈夫なのも魅力。

2wayなのでトートバッグとしても使用でき、手に掛けている時でも片手で荷物を取り出しやすく、便利です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:41 × 35 × 11 (cm)
  • 重量:350g
  • 容量:ー
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:ー
  • 2way対応:2way

人気ブランド8. 「Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)」

マンハッタンポーテージは、1983年にニューヨークで誕生したバッグブランド。

「A Bag For Everyone(全ての人のためのバッグ」という哲学に基づき、コーデュラを使用した高機能リュックを提供しています。機能性と耐久性重視で、長く使い続けられるリュックを探しているママにおすすめのブランドです。


おすすめのマザーズリュック①:ワシントンSQ バックパックJR

  • 人気の高いワシントンSQより一回り小さいサイズで、女性にも使いやすい
  • 耐久性の高いコーデュラナイロン製なので、丈夫で長持ちする
  • 収納部分に折り返しがあり、雨が入り込みにくい

ラフに扱っても大丈夫な耐久性の高いリュックなら、マンハッタンポーテージに『ワシントンSQ バックパックJR』がおすすめ。

丈夫さに定評があるワシントンSQより一回り小さく、華奢な女性にも使いやすいサイズのリュックです。素材はマンハッタンポーテージの伝統ともいえる1,000デニールのコーデュラナイロンを使用。耐摩耗性、耐久性に優れており、長く使い続けられるリュックです。

アウトドアやテーマパークへ行く時など、リュックを酷使するお出かけ先でも安心して使える丈夫なリュックなので、ぜひ利用してみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:38 × 25 × 14 (cm)
  • 重量:710g
  • 容量:ー
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:撥水
  • 2way対応:×

おすすめのマザーズリュック②: ヒルサイド イエローラベル

  • 1,000デニールのコーデュラ生地にPVCのライナーを施した防水仕様なので、雨の日も安心
  • 開口部はロールアップにバックル付きのデザインで、雨が浸透しにくい
  • 比翼仕立てのジッパーポケットで、ポケット内への水の浸透を軽減する

子どもとのお出かけで一番心配なのが突然の雨ですよね。雨に降られても安心なリュックなら、コーデュラの『ヒルサイド・イエローラベル』がぴったり。

丈夫なコーデュラ生地と防水に優れたPVCライナーを採用した、防水使用のリュックです。開口部はロールアップしてバックルで閉めるデザインで、メインコンパートメントへ雨が浸透しにくくなっています。フロントポケットも比翼仕立てのジッパーを使用しており、ポケット内への水の浸透を防げるのも魅力的。

リュックの中の着替えや母子手帳など大事な荷物を雨から守れるので、梅雨時や夕立の多い時期のお出かけにおすすめしたいマザーズリュックです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:48 × 27 × 15.5 (cm)
  • 重量:ー
  • 容量:ー
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:防水
  • 2way対応:×

人気ブランド9. 「femmebelly(ファムベリー)」

静岡県浜松市に本社を構えるファムベリーは、ワンランク上の子育てグッズを提供するブランド。

スタッフの多くも子育て中のママであり、実際の子育てのシーンに合わせたリュックが人気。使い勝手重視のママにおすすめのブランドです。


おすすめのマザーズリュック①:H型リュック

  • 2wayなのでカジュアルなリュック、綺麗めのトートとシーンにより使い分けできる
  • 弱撥水性のある高品質のナイロンを使用しており、雨にも強い
  • 背負ったまま取り出せるサイドファスナーや、独立型のあんしんポケットがあり、便利

いろいろなシーンで使いやすいマザーズリュックなら、ファンベリーの『H型リュック』がぴったり。

肩からずり落ちにくいH型のストラップが印象的なリュックですが、金具を付け替えることなく、ショルダーバッグとしても使えます。公園やテーマパークなどカジュアルなシーンではリュック、街中へのお出かけなら綺麗めな印象のあるショルダーバッグとして使い分けもできますよね。弱撥水性のあるナイロン生地は黒とグレーの2色から選べます。

場所や服装を選ばず使いまわしができるコスパの高い多機能リュックをぜひマザーズリュックにしてみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:35 × 30 × 12 (cm)
  • 重量:ー
  • 容量:ー
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:弱撥水
  • 2way対応:2way

おすすめのマザーズリュック②:マザーズリュック

  • コンパクトな見た目以上の収納力がある
  • 背面の『あんしんポケット』に、お財布や鍵などの貴重品を分けて収納できる
  • 宙づりポケット、小物ポケット、哺乳瓶ポケットなどがあり、荷物が迷子にならない

いろいろな荷物を詰め込みやすいリュックの中では、欲しいものがなかなか見つからないことがありますよね。「欲しいものがさっと見つかり取り出せるリュックが欲しい」というママには、ファムベリーのマザーズリュックがおすすめです。

メインコンパートメントの中には小物ポケットや哺乳瓶ポケットなど、荷物を分類して収納できる設計です。背面には独立型の安心ポケットがあり、お財布や鍵などの貴重品を安全に収納。両側にサイドポケットがついており、ペットボトルや水筒もさっと取り出せます。

お会計や子どもの「喉かわいた!」にもさっと対応できる、多機能リュックとしておすすめします。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:40 × 28 × 12 (cm)
  • 重量:550g
  • 容量:13L
  • サイドポケット:
  • 防水/撥水:撥水
  • 2way対応:×

人気ブランド10. 「kate spade(ケイトスペード)」

ケイト・スペードは、1993年にニューヨークで設立されたブランド。ヨーロッパのブランドに比べると手頃な価格設定で、20代の女性に絶大な人気を誇るブランドです。

色使いや楽しいパターンやデザインのリュックが多く、おしゃれが大好きな若い世代のママにおすすめ。


おすすめのマザーズリュック①:ジェーン・ラージ

  • ケイト・スペードのロゴにもなっているスペード形のキルティングがかわいい
  • 大きく開く巾着式なので、荷物が出し入れしやすい
  • 角に丸みを帯びた2つのフロントポケットがアクセントになっている

「ナイロンリュックは丈夫だけれど、武骨に見える」と感じるママは、ケイトスペードの『ジェーン・ラージ』を試してみてください。

定番の黒のナイロン生地を採用していますが、ブランドロゴのスペード型のキルティング加工でぐっとかわいい印象になっています。フラップの形やフロントポケットも角が丸みを帯びたデザインになっており、フェミニンな雰囲気。

味気なくなりがちな黒のナイロン生地でも、ケイトスペードならではのかわいいデザインでおすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:34.6 × 28.4 × 15.2 (cm)
  • 重量:600g
  • 容量:ー
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:×
  • 2way対応:×

おすすめのマザーズリュック②:テイラー コンバーチブル バックパック

おすすめマザーズリュックはテイラー コンバーチブル バックパック

出典:zozo.jp

  • リュック、トート、ショルダーバッグとして利用できる3way
  • マチが11.5cmとスリムタイプなので、人混みでも気兼ねなく背負える
  • 両サイドに水筒が入れられるサイドポケットが付いている

服装やシーンに合わせていろいろな持ち方をしたいという方におすすめなのが、ケイトスペードの『テイラー・コンバーチブル』です。

長めのハンドルが付いており、普段はリュックと手提げバッグとして使用が可能。抱っこひもを使用する時や荷物の軽い日は、ストラップを付け替えてショルダーバッグとしても使用できる3wayデザインです。無駄のないシンプルなデザインなので、カジュアルから綺麗めまで、どんな服装にも合わせやすいのも魅力。

街中へのお出かけから公園でのプレイデートまで、幅広いシーンで活用できるマザーズリュックとしておすすめします。

ZOZOTOWNで見る


商品ステータス
  • サイズ:36 × 39.5 × 11.5 (cm)
  • 重量:750g
  • 容量:◯L
  • 容量:ー
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:×
  • 2way対応:3way

人気ブランド11. 「HARVEST HILLS(ハーベストヒルズ)」

ハーベストヒルズは、マザーズリュックやママバッグを専門に取り扱う、京都発のバッグブランド。使い心地や機能性を大切にしたエレガントなリュックが育児中のママに人気。

本当に使いやすいバッグを探しているママにおすすめのブランドです。


おすすめのマザーズリュック①:『ママの欲しい!』を全て詰め込んだリュック/ママリュック

  • トートバッグとしてもリュックとしても使える2wayデザインで、サイドバックルを外すと容量も増える
  • リュック自体の重さが600gと軽いため、長時間持ち歩いても疲れにくい
  • 付属ポーチ付きなので、バラバラになりがちな小物をまとめて収納できる

行きと帰りでは荷物量が違うことが、結構ありますよね。そんな時におすすめなのが、ハーベストヒルズのママリュックです。

トートとリュックの2way仕様ですが、持ち手の両サイドについたバックルを外すと容量が増えるのが特徴。おやつやお弁当を持って出かける時はバックルを外して大き目のトートにし、荷物が減ったらバックルを留めてコンパクトにするなど、荷物に合わせた微調節が可能です。大容量なのに重さは600g以下と軽いので、長時間のお出かけにぴったり。

荷物の量や重さに合わせて使いやすいリュックとして、おすすめします。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:41~32 × 32~41 × 16 (cm)
  • 重量:591g
  • 容量:ー
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:×
  • 2way対応:2way

おすすめのマザーズリュック②:キルティングリュック

  • 高級感のあるキルティング生地を採用しており、フェミニンな印象
  • 撥水加工がされているので、少しの雨や雪でも安心して使える
  • 柔らかな質感で、ダウンジャケットなどの冬の装いにもよく似合う

冬っぽい印象のマザーズリュックを探しているママには、ハーベストヒルズのキルティングリュックがぴったり。

人気のマザーズリュックのデザインと機能はそのままに、高級感のあるナイロンキルティング生地を採用したリュック。モコモコとした柔らかな生地は、ダウンジャケットにもよく似合いそうですよね。多少の雨や雪は弾く撥水加工がされているので、梅雨時や雪の日の使用も安心。

雪の日にも安心して使え、冬の服装に似合うので、育児中もおしゃれを楽しみたいママの冬用マザーズリュックとしておすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:41~32 × 32~41 × 16 (cm)
  • 重量:591g
  • 容量:ー
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:撥水
  • 2way対応:2way

人気ブランド12. 「西松屋」

西松屋は、兵庫県姫路市に本社のあるベビー用品やキッズ用品の専門店。子育て世代いターゲットを絞ったブランドなので、マザーズリュックも使いやすさに定評があります。

価格も3,000円前後と安いリュックが多く、何かと出費の多い育児中のママにおすすめのブランドです。


おすすめのマザーズリュック①:3wayマザーズリュック

  • 開口部はぱかっと大きく開くがま口で、中身が見やすくなっている
  • 背中側にもファスナーがついているので、背負ったままでも荷物にアクセスしやすい
  • リュックの下側にはビニール素材のおむつポケットがある

おむつの取れていない乳幼児との外出は、必要な荷物が多くて大変。そこで育児中のママの強い味方になるのが、西松屋の3wayリュックです。

がま口仕様でリュックの中が良く見え、おむつ替えパッドやおしりふきなどのアイテムがさっと取り出せます。使用済みのおむつが他の荷物と混ざってしまうと不衛生ですが、こちらのリュックにはビニール素材でできたおむつ用ポケットがあり、他の荷物と分けて収納できます。3,000円以下という安い価格で内容も充実した、コスパの高さが魅力。

お財布い優しいお安い値段でお子さんとのお出かけが苦にならない工夫にあふれた、育児中のママにおすすめのリュックです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:36 × 28 × 16 (cm)
  • 重量:830g
  • 容量:ー
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:×
  • 2way対応:3way

おすすめのマザーズリュック②:シュパット リュックサック

  • 容量は13L、10キロまでの荷物がたっぷり入りるリュックサック
  • 使用しない時には、コンパクトに折りたためるため、旅先でのマザーズリュクとしておすすめ
  • 左右にファスナーポケットが付いており、ペットボトルや折りたたみ傘を収納できる

旅行先で使えるマザーズリュックなら、西松屋の『シュパット』をおすすめします。

撥水加工されたナイロン生地のリュックで、容量13L、重さ10キロまでの荷物に対応。真ん中にジッパーの付いたかわいいデザインですが、両サイドには水筒や折りたたみ傘が収納できるサイドポケットも付いています。使用しない時はコンパクトに折りたためるため、特に飛行機で行く旅行におすすめです。

移動中はスーツケースに収納し、旅先ではたっぷり入るマザーズリュックとして使えます。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:バッグ使用時 28 × 40 (cm)、折りたたみ時 7 × 16 (cm)
  • 重量:ー
  • 容量:13L
  • サイドポケット:◯
  • 防水/撥水:撥水
  • 2way対応:×

可愛くておしゃれなマザーズリュックで子育てを楽しもう!

多くのママたちが愛用している、人気のマザーズリュックブランドをご紹介しました。素材、大きさ、機能、価格など、実に幅広い種類のマザーズリュックがあるので、どれにしようか迷ってしまいますよね。

今回ご紹介した選び方のポイントやおすすめのマザーズリュックを参考にして、使い勝手が良くおしゃれなマザーズリュックを探してみてください。お気に入りのマザーズリュックが見つかれば、お子さんとのお出かけがきっと楽しみになりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事