【2018】最新コンデジのおすすめ15選。初心者&上級者に人気の一台とは

旅行やキャンプ、運動会などで必須のコンパクトデジタルカメラ。しかし、手ブレ補正やズーム、接写など様々な機能の違いが良くわかりません。そこで今回は初心者&上級者に使えるおすすめのコンデジを特集。2万円、3万円や高級な一台、BluetoothやWi-Fiができる2018年最新カメラはこちら!

おすすめのコンパクトデジカメ(コンデジ)を大公開

おすすめのコンデジを紹介

画質の良いスマホも多く出回っていますが、写真を撮る機能に特化したコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)で撮影した写真はやはりとても綺麗です。今回はコンデジの中でも各メーカー最新機種の中から、おすすめの15機種をご紹介します。お散歩カメラや撮影旅行、華やかな料理やスイーツを撮影するテーブルショットなど、写真撮影を楽しくする相棒を見つけましょう。


コンデジで押さえておきたい6つの機能

コンデジで押さえておきたい機能

コンデジで押さえてきおきたい6つの機能を以下に列挙しました。

  • 手ブレ補正
  • ズーム機能
  • 接写機能
  • シーン機能
  • 通信機能
  • 連射機能

これらの機能は、コンデジでの写真撮影をより良いものにしてくれるものばかり。すべてを搭載している機種となると値段が高くなるため優先順位を付けて、自分の欲しい機能はどれかを考えて機種を選ぶ時の参考にしましょう。それぞれの機能については、次の項目で詳しく説明します。


手ブレ補正

「手ブレ補正」機能は、ブレしてしまった画像を補正してくっきりとした画像にしてくれる機能です。手ブレ補正機能には電子式と光学式があり、一般的には光学式の方が高性能な分高価だと言われています。明るい場所で風景などあまり動かないものを撮影しているときにはあまり手ブレは気になりません。問題は、暗い場所(室内)での撮影や、ズームを使った撮影のときで、撮影条件によって手ブレ補正の重要性を痛感するでしょう。


ズーム機能

「ズーム機能」は、遠くのものを大きく写す機能のことで、自分の好きな構図に切り取ることができる点が大きな特徴です。ズーム機能にはもうひとつ大きな役割があり、ズームアップすることで、写真の端に出てくる歪みを抑え、よりゆ歪みのない画像を撮影できます。例えばテーブルフォトでも、あえて少し離れた場所でカメラを構えてズームすると、歪みが少なく見た目に近い写真が撮れ、よりおいしそうに仕上げることが可能です。


接写機能

近づいて撮影しても、ぼやけずにきちんと撮影できる機能を「接写機能」と言います。花のアップや動物の寝顔、小物やアクセサリー撮影など、接写機能を使いたい場面は意外と多く、コンデジには備わっていてほしい機能のひとつです。接写機能のない場合は、先ほど紹介したズーム機能を利用すると似たような撮影はできますが、ズームは手ブレしやすいので、手持ちでの撮影なら接写の方が嬉しいかもしれません。


シーン機能

「シーン機能」は、シーンごとに適切な設定で撮影できるようにしてくれる機能です。運動会を撮影するときのモード、室内で食べ物の写真を撮影するときのモードなど、さまざまな撮影シーンに合わせた設定ができます。もちろん、自分で設定できる人ならいいのですが、絞りやシャッタースピードなどの関係がよく分からない、という人には重宝する機能です。


通信機能

インターネットがなくても、スマホと直接通信できる機能が「通信機能」です。コンデジで撮影した画像をすぐインスタなどのSNSにアップしてシェアしたい場合に、この機能が役立ちます。中には、ネット上のオンラインストレージサービスと連携して、撮影した画像をそのままアップできる機種もあります。撮影した画像をインターネット上で利用する機会が多い現在では重宝する機能です。

BluetoothやWi-Fiに対応しているか否かを確認するようにすると、良いかもしれません。


連射機能

動きのあるものを撮影しているとき、1回シャッターを切った後にもう一度撮影したい、と感じたことはないでしょうか。連射機能は、1回シャッターを切ると何枚も連続で撮影される機能で、動きのあるもののベストショットを逃しにくくしてくれます。犬が走っているとき、子どもが遊んでいるときの一瞬を逃したくない、という人にはとても便利な機能です。


コンデジ選びで大切なこと

コンデジ選びで大切なこと

コンデジの機能を紹介したところで、コンデジの“選び方”についてレクチャーしていきます。コンデジ選びは

  1. 必要な機能
  2. 画素数
  3. 通信機能(Wi-Fi、Bluetooth)
  4. 防水性能
  5. サイズ・重さ
  6. ISO感度

の6点を確認しておくことが大切です。ここからは6つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. 必要な機能

先に説明した6つの機能の内、どれが必要なのか優先順位を決めておきましょう。すべてが揃う機種は高価で、予算の範囲内に収まらないかもしれません。それに、機能以外にも画質など優先したいポイントがある場合、機能との取捨選択は重要です。これまで自分がどういう写真を撮影してきて、どのような機能が欲しいのかをじっくり考えて、譲れない機能はどれかを見定めましょう。


2. 画素数

一般的に、画素数が大きければ大きいほど画質は良いと考えられています。しかし、実際は画素数だけに囚われてはいけません。一緒に見比べてほしい値が撮像素子のサイズです。撮影素子が小さいのに画素数ばかりが大きくても、画質はかえって劣化するとも言われています。撮影素子のサイズと画素数の釣り合いが取れているかどうかが、より良い画質かどうかを見分けるコツです。高級コンデジは、特に撮影素子に注目してください。


3. 通信機能(Wi-Fi、Bluetooth)

コンデジからスマホへの画像転送は、従来のWi-Fiに加えてBluetoothに対応する機種も出てきています。Wi-Fiの場合、いちいち通信設定をしないと接続できませんでした。Bluetoothならスマホと常時接続ができるため、撮影した画像の自動転送が可能です。手間がない分便利なのですが、たくさん撮影しまくった画像も自動転送されるというデメリットもあり、どちらを選ぶかはよく検討した方が良いでしょう。


4. 防水性能

写真撮影しているときに、雨に降られることもありますよね。そういうときに助かるのが防水機能です。生活防水レベルの機能はある方が助かります。さらに水中撮影をするという方は、水深10mなどの防水性能のあるカメラがおすすめ。スキューバダイビングやシュノーケリングを楽しみながら、水中撮影も可能にしてくれる機種です。


5. サイズ・重さ

コンデジは、軽くて取り回しの良さが魅力のひとつです。コンデジなのに重量がある機種はそれなりにいろいろな機能を備えているからということでしょう。携帯性の良さを重視して選ぶなら、できるだけコンパクトサイズのコンデジを選びましょう。手が大きい人は、逆に少々しっかりした大きさのコンデジの方が扱いやすいので、実際に店頭で気になる機種を使ってみて疲れにくそうな大きさを見つけてくださいね。


6. ISO感度

ISO感度は、高ければ高いほど暗い場所でも手ブレせずにきれいな写真が撮影しやすくなります。ISO感度を上げ過ぎると、画質が粗くなってしまいますが、ISO感度が高い機種は、それなりにISO感度を高く設定しても、画像の粗さが目立たないように工夫されています。夜景や部屋の中での撮影が多い人は、ISO感度の高いコンデジを選びましょう。


コンデジのおすすめ15選

コンデジのおすすめ15選

ここからは、おすすめのコンデジを価格の安いものから順番に紹介します。2万円台、3万円台のコンデジは、利用シーンをある程度限定して機能を割り切って選ぶことで、満足度の高い機種が見つかります。ハイエンドコンデジの場合は、撮影素子に注目して画質の高いものにこだわりつつ。自分がそのコンデジで撮影したいシーンを考えて機能面で絞っていくとお気に入りの機種が見つかりますよ。


コスパ最強のコンパクトデジタルカメラ8選

ここで紹介するのは、初めてコンデジを買う人から、できれば安いデジカメが欲しい!という人にコスパ最強のおすすめデジカメを8台レクチャーします。迷った時に選んでみてくださいね。


1. Nikon デジタルカメラ COOLPIX W100

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W100 防水 W...

最初に紹介するコンデジは、水中でも撮影できるニコンの『COOLPIX W100』。耐衝撃1.8m、耐寒性能-10℃で、過酷な環境での奢侈撮影ができます。Wi-Fi機能はありませんが、独自のアプリ「SnapBridge」を利用することで、SNSでのシェアが可能なほか、クラウドサービスへの自動転送も可能になりました。

撮影シーンの切り替えはアイコン表示で、メニューもひらがな表示に変更できます。子どもの「撮りたい」という気持ちを叶えるコンデジとしても使えますし、初心者が初めて購入するコンデジとしても手ごろな値段でおすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:1317万画素
  • ズーム機能:光学ズーム3倍、デジタルズーム4倍
  • 手ブレ補正:電子式
  • サイズ:約109.5×67.0×38.0mm(突起部除く)
  • 質量:177 g
  • 通信:Bluetooth(SnapBridgeという独自アプリ経由)
  • 付属機能:顔認識機能、フルハイビジョン動画
  • ISO感度:ISO 125~1600

2. Canon コンパクトデジタルカメラ IXY200

Canon コンパクトデジタルカメラ 光学8倍ズーム IXY2...

予算2万円で購入可能な初心者向けのコンデジ『IXY200』。プログレッシブファインズーム16倍で、遠くの被写体もオートでズームしてちょうどいい大きさで撮影できる点が大きな特徴です。撮影モードがバラエティ豊かで、自分の好きな加工ができる点も大きな魅力。

ISO感度は1600までと低いので、夜景や部屋の中での撮影にはあまり向いていません。屋外であまり動きの激しくない、風景写真やポートレートを撮影すると綺麗に撮影できるでしょう。扱いも比較的簡単なので、気軽にコンデジで写真を撮ってみたい、という方におすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:2000万画素
  • ズーム機能:光学ズーム8倍、デジタルズーム約4.0倍、プログレッシブファインズーム16倍
  • 手ブレ補正:なし
  • サイズ:95.2 × 54.3 × 22.1mm
  • 質量:259 g
  • 通信:無し
  • 付属機能:日付写し込み機能
  • ISO感度:オート、ISO100-1600

3. CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-ZR1800BE

CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-ZR1800B...

予算が2万円程度ならカシオの自撮りカメラ『EXILIM』シリーズの最新機種『EX-ZR1800BE』もおすすめです。撮像素子は1/2.3型CMOSで、ズーム機能もしっかりついています。ISO感度が高めで部屋の中でも明るく撮影可能。自撮り機能で撮影した自分の画像を、メイクアップモードできめ細やかな肌に見せることもできます。

光学式と高速連写合成の両方で手ブレ補正もしてくれるので、クリアな仕上がりに満足できるのではないでしょうか。撮影した後は通信機能ですばやくSNSでシェア!Wi-FiでもBluetoothでも通信できますよ。自撮り女子ならぜひ持っておきたい1台です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:1610万画素
  • ズーム機能:高額ズーム18倍、プレミアムズーム併用時36倍、デジタルズーム4倍、HDズーム/デジタルズーム併用時最大161.6倍(3Mサイズ)倍
  • 手ブレ補正:あり
  • サイズ:108.3×61.5×33.6mm(幅×高さ×奥行き)
  • 質量:240 g
  • 通信:Wi-FI、Bluetooth® 4.0
  • 付属機能:顔認識機能、内蔵メモリ
  • ISO感度:ISO 80~25600

4. 富士フイルム デジタルカメラ FinePix XP130

富士フイルム デジタルカメラ XP130 スカイブルー FX-...

富士フィルムの『FinePix XP130』は、水深20m防水をはじめ、高さ1.75mから落としても壊れない耐衝撃構造など4つの堅牢な性能を持ったコンデジ。キャンプやマリンスポーツ、由岐山などのアウトドアで優れた性能を発揮します。

また、このコンデジは動画撮影にも楽しい機能が満載。定点観測の撮影ができる「タイムラプス動画」や、画像の一部だけが動く「シネマグラフ」撮影など、いろいろと遊べる要素があり、コンデジの活躍の幅が広がります。Bluetoothでスマホやタブレットとも通信でき、画像の自動転送も大きく電力を消費せずに行えます。アウトドアだけでなく日常でもいい写真が撮れる性能を持つコンデジになります。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:1640万画素
  • ズーム機能:光学ズーム5倍、デジタルズーム10倍
  • 手ブレ補正:光学式手ブレ補正機能
  • サイズ:(幅)109.6mm ×(高さ)71.0mm ×(奥行き※) 27.8mm
  • 質量:191 g
  • 通信:Wi-Fi、Bluetooth
  • 付属機能:フルハイビジョン動画、タイムラプス
  • ISO感度:ISO 100~6400

5. ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot WX350

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot WX3...

ソニーの『Cyber-shot WX350』は、2014年発売と少し前のコンデジ。しかし3万円以内の予算で小さなボディに光学ズーム20倍で遠くのものが撮影でき、ISO感度も高いので暗いところでの撮影も得意な点が大きな特徴です。

ズーム撮影や夜景は手ブレしやすいシーンですが、「プレミアムおまかせオート」機能を使うことで、手ブレを気にせず撮影できます。フルハイビジョン動画も撮影できるので、旅の思い出など、印象に残る場面の動画を残してみてはいかがでしょうか。広角25mmから望遠500mmまで可能なので、テーブルフォトから風景・夜景写真まで撮影できるシーンが多くどなたにでもおすすめできるコンデジです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:1820万画素
  • ズーム機能:光学ズーム20倍、デジタルズーム18Mサイズ 約80倍 / 10Mサイズ 約107倍 / 5Mサイズ 約151倍 / VGAサイズ 約306倍 / 13Mサイズ(16:9) 約80倍 / 2Mサイズ(16:9) 約204倍
  • 手ブレ補正:光学式
  • サイズ:96.0 x 54.9 x 25.7mm
  • 質量:約164g(バッテリーNP-BX1、“メモリースティック デュオ”を含む)/約137g(本体のみ)
  • 通信:Wi-Fi NFC
  • 付属機能:フルハイビジョン動画撮影
  • ISO感度:Auto(ISO80-1600)、80/100/200/400/800/1600/3200、マルチショットNR:Auto(ISO80-1600)、100/200/400/800/1600/3200/6400 /12800

6. Nikon デジタルカメラ COOLPIX B500

Nikon デジタルカメラ COOLPIX B500 光学40...

光学40倍ズームで広角から超望遠撮影まで可能なニコンの『COOLPIX B500』。コンデジにしてはかなり大きめのボディですが、裏面照射型CMOSセンサー搭載で美しい画質の写真が撮影できます。手ブレ補正もレンズシフト式の本格派で、とても高性能なコンデジと言っていいでしょう。

暗い夜景でもきれいに撮影できますので、撮影の幅はかなり広いコンデジです。また、通信機能もWi-FiとNFCの2種類あり、スマホやタブレット端末に写真データを転送できます。SNSでのシェアも素早くできるのでストレスがありません。バッテリーは単3電池4本で、バッテリー切れの場合も電池をコンビニで購入すればいいだけです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:1602万画素
  • ズーム機能:光学ズーム40倍 デジタルズーム含んで160倍
  • 手ブレ補正:レンズシフト方式 3.0段(静止画)
  • サイズ:約113.5×78.3×94.9mm
  • 質量:449 g
  • 通信:Bluetooth(SnapBridgeという独自アプリ経由)
  • 付属機能:裏面照射型CMOSセンサー
  • ISO感度:ISO 125~6400

7. Canon デジタルカメラ PowerShot SX720 HS

Canon デジタルカメラ PowerShot SX720 H...

従来のコンデジとしてのサイズ感を保ちつつ、光学40倍ズームで広角24mmから望遠960mm相当までの画角に対応したコンデジがキャノンの『PowerShot SX720』です。高感度のCMOS センサーと高性能映像エンジンDIGIC 6を搭載しており、手ブレ補正機能もしっかり。

旅行で携帯する際、超望遠レンズを持たずに望遠撮影ができる点は助かるのではないでしょうか。また、オートズーム機能は、被写体の年代(赤ちゃん・子ども・大人)を判別して、画面に占める顔の面積が適切になるよう、自動的に判断してズームするユニークな機能。登山などアウトドアでの風景撮影や街歩きでのスナップ撮影がお好きな方におすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:2030万画素
  • ズーム機能:光学40 倍ズーム
  • 手ブレ補正:光学式
  • サイズ:109.7 × 63.8 × 35.7mm
  • 質量:245 g
  • 通信:Wi-Fi NFC
  • 付属機能:60Pフルハイビジョン動画
  • ISO感度:ISO 80~3200

8. RICOH 防水デジタルカメラ WG-50

RICOH 防水デジタルカメラ RICOH WG-50 ブラッ...

防水コンデジは各メーカーから個性的な商品が出ていますが、リコーの『WG-50』は特にアウトドア用品っぽい武骨なデザインが印象的なコンデジです。水深14mまでOKの防水性能、マイナス10度でも撮影できる耐寒性能など、過酷な環境でも撮影できる丈夫さのほか、デジタル顕微鏡モードという機能を搭載。

レンズを可能な限り近づけて接写できる点も魅力です。ISO感度も6400まであるので、夜景撮影も美しく撮影できます。望遠はあまりできませんが、それ以外は風景から虫や花の接写まで可能で、幅広い使い方ができるアウトドア用コンデジをお求めの方におすすめの一台になります。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:1600万画素
  • ズーム機能:光学ズーム5倍、デジタルズーム含めて7.2倍
  • 手ブレ補正:電子式手ぶれ補正、高感度によるぶれ軽減(高感度モード)
  • サイズ:約122.5(幅)×61.5(高)×29.5(厚)mm
  • 質量:540 g
  • 通信:なし
  • 付属機能:デジタル顕微鏡モード
  • ISO感度:ISO 125~6400

おすすめの高級コンパクトデジタルカメラ7選

ここからは、各社の高級機種をご紹介します。普通のコンデジでは満足がいかなかった人や、ずっと使えるような一台が欲しい!と思っている人は選んでみてくださいね。


9.Panasonic コンパクトデジタルカメラ LUMIX DC-TX2-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX...

パナソニックの『LUMIX DC-TX2-K』は、2018年発売の最新機種。コンデジとしては最高に近い1型の撮影素子を使った光学15倍ズーム付きのハイエンドコンデジです。高感度MOSセンサーで暗い場所での撮影に強い点も大きな魅力。液晶パネルはタッチパネルで、焦点を合わせたいところにタッチして使える点も便利です。

また「4K PHOTO」機能という秒間30コマ連写を連続で撮影できる機能により、決定的瞬間を逃さず撮影でき、動物や鳥、子どもの運動会でも活躍してくれます。接写もできてコンパクトと機能盛りだくさんなので、万人におすすめできるコンデジです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:2090万画素
  • ズーム機能:光学15倍ズーム、デジタル含んで120倍
  • 手ブレ補正:+5軸補正
  • サイズ:幅 約111.2mm x 高さ 約66.4mm x 奥行 約45.2mm
  • 質量:約340g
  • 通信:Wi-Fi
  • 付属機能:タッチパネル、顔認識機能
  • ISO感度:ISO 80~25600

10. Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X Ma...

高級コンデジの中でも特に人気の高いキャノンの『PowerShot G7 X MarkII』。1.0型CMOSセンサー搭載でF1.8-F2.8の明るいレンズを搭載し、高画質で夜景でも美しく撮れる高性能を備えています。手持ちの夜景はもちろん、星空の撮影もいくつかのモードがあり、星の軌跡を写したり、人と星空を一緒に撮影することも可能です。

また、チルト液晶を自分の方に向けての自撮りもできますので、画質の良いカメラで自撮りをしたいと考えている方にもおすすめです。これだけの機能を持ちながら、300gを少し超えたぐらいのコンパクトで、気軽に持ち歩いて撮影できますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:2010万画素
  • ズーム機能:光学ズーム4.2倍
  • 手ブレ補正:光学式
  • サイズ:105.5 × 60.9 × 42.2mm
  • 質量:約319g
  • 通信:Wi-Fi
  • 付属機能:フルハイビジョン動画、タイムラプス動画
  • ISO感度:ISO 125~12800

11. SONY Cyber-shot RX100V DSC-RX100M5

ソニー デジタルスチルカメラ「DSC-RX100M5」SONY...

高画質に徹底的にこだわったハイエンドコンデジが、ソニーの『DSC-RX100M5』。現在の高級コンデジの流れを決定づけた「RX100」が生まれてから5代目の本機種は、0.05秒という超高速オートフォーカスで、被写体を素早くとらえて撮影します。連続連射枚数も150枚まで可能で、シャッターチャンスを逃しません。

また、非常に明るい場面での撮影も可能で、これまで真っ白にしか映らなかった場面でも、美しい写真として撮影できます。写真撮影はオートフォーカスの利用が多く、オートフォーカスのピント合わせなどの動きが遅いと不満に感じる人には特におすすめの高級機種です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:約2010万画素
  • ズーム機能:光学ズーム2.9倍 デジタルズーム20Mサイズ 約11倍/ 10Mサイズ 約16倍 / 5.0Mサイズ 約23倍 / VGAサイズ 約44倍
  • 手ブレ補正:光学式
  • サイズ:101.6x58.1x41.0 mm
  • 質量:約299g
  • 通信:Wi-Fi NFC
  • 付属機能
  • ISO感度:ISO125-12800

12. RICOH デジタルカメラ GRII

RICOH デジタルカメラ GRII APS-CサイズCMOS...

単焦点コンデジとしてプロカメラマンにも、愛用されているリコーの『GRII』。35ミリ判換算28mm相当のレンズを搭載、高精細で綺麗な画像が撮影できます。ISO感度も25,600までと高感度なため、夜景撮影でも力を発揮する一方、10cmまでの接写もこなす優れもの。

これ1台あれば大抵の撮影はこなせます。手振れ補正機能なしで単焦点ですので、ズーム撮影のような便利さはなく、構図は自分の足で距離を測って決めなければなりません。しかし、その分基本性能を高めることに全リソースを割り振っているからこそ、美しい写真が撮れるのでしょう。街歩きスナップ好きには憧れの1台です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:1620万画素
  • ズーム機能:光学ズーム4倍
  • 手ブレ補正:なし
  • サイズ:約117.0(幅)×62.8(高)×34.7(厚)mm
  • 質量:約251g
  • 通信:Wi-Fi NFC
  • 付属機能:
  • ISO感度:ISO 100~25600

13. FUJIFILM デジタルカメラ X100F

FUJIFILM デジタルカメラ X100F ブラック X10...

直感的で分かりやすい操作性とクラシカルなデザインで人気の富士フィルム『X100F』。Xシリーズの最新機種で、ハイエンドクラスにふさわしい高画質で綺麗な写真が撮影できます。特に操作性に関しては好感触のレビューも多く見られ、気に入る人が多い様子です。

ズーム機能はありませんが、「デジタルテレコンバーター」機能で画角を標準の35mmから50mm、70mmと三段階に変更できるため、もう少し近づいて撮りたい、というときに使うと便利でしょう。お散歩カメラや旅行時の風景撮影で、心に残る一枚が撮影できるハイエンドコンデジです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:2430万画素
  • ズーム機能:なし
  • 手ブレ補正:なし
  • サイズ:(幅)126.5mm×(高さ)74.8mm×(奥行き)52.4mm
  • 質量:約469g
  • 通信:有り
  • 付属機能:NDフィルター内臓
  • ISO感度:ISO 200~12800

14. Canon デジタルカメラ PowerShot G3X

Canon デジタルカメラ PowerShot G3X 広角2...

キャノンのコンデジの中でも最高級機種がこの『PowerShot G3X』です。防塵・防滴性能が高く、少々悪天候でも撮影続行できます。一般のコンデジよりも大きいため携帯性では劣りますが、デジタル一眼レフカメラよりはコンパクトで、携帯性もあります。

AF位置を指定できるタッチパネル式の液晶は、180度反転させることもできるので、自撮りカメラとしての使用も可能です。電子ファインダー(EVF)やストロボなどもオプションで装着できるので、撮影していてやはり欲しいと思ったら後から買い足すこともできます。ある程度大きくても良いので、タッチパネルでのピント合わせで高画質の写真を撮影したいという方におすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:2,020万画素
  • ズーム機能:光学25倍/デジタル4倍
  • 手ブレ補正:光学3.5段(350mm)
  • サイズ:123.3×76.5×105.3mm
  • 質量:689 g
  • 通信:Wi-Fi NFC
  • 付属機能:顔認識機能、タッチパネル、フルハイビジョン動画

15. SONY デジタルスチルカメラ Cyber-shot RX1

ソニー SONY デジタルスチルカメラ Cyber-shot ...

最後にご紹介するコンデジは、ソニーの『Cyber-shot RX1』。コンデジの中では一番大きな35mmフルサイズのイメージセンサーを内蔵し、詳細な部分を忠実に再現した写真が撮影できます。精密な画像が撮れるため、トリミングを前提とした撮影にも耐え、大きく引き伸ばしてプリントアウトしても鑑賞できる写真が得られます。

また、マクロ撮影にも対応していますので、アクセサリーやスイーツなど接写する写真にも使える点も大きな特徴です。手ブレ補正機能はないため、激しい動きのあるものの撮影は不得手ですが、夜景撮影は好感度のISOを設定すれば綺麗に撮影できます。画質にとことんこだわる方におすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 有効画素数:2430万画素
  • ズーム機能:全画素超解像ズーム:2倍 / デジタルズーム: 約4倍(24Mサイズ)、 約6.1倍(10Mサイズ)、 約9.1倍(4.6Mサイズ)、約4倍(動画時)
  • 手ブレ補正:なし
  • サイズ:113.3 x 65.4 x 69.6mm
  • 質量:約482g(バッテリーNP-BX1、“メモリースティック デュオ”を含む) / 約453g(本体のみ)
  • 通信:なし
  • 付属機能:なし
  • ISO感度:ISO100-25600

コンデジのおすすめメーカーを5社ご紹介します!

コンデジのおすすめメーカーを5社紹介します。どのメーカーも、カメラのトップメーカーとして有名ですが、コンデジに関しては、ここ最近特にキャノン・ソニーに人気が集まっている様子です。自撮りを楽しんでいる女子の間ではカシオも注目されています。各メーカーとも今後どのような機種を発売するかチェックしてくださいね。


おすすめメーカー1. CANON (キャノン)

国内でも人気のコンデジを置く出している『キャノン』は、アクセサリー類が豊富でオシャレに持ち歩ける点と、操作性の良さが大きな魅力。オートフォーカスの反応も良いので、撮影までの間でイライラさせられるようなことがあまりありません。キャノンのコンデジを片手にお散歩カメラを楽しむと、テンションも上がるのではないでしょうか。

販売サイトで購入


おすすめメーカー2. CASIO (カシオ)

計算機で有名な『カシオ』ですが、デジカメ分野では自撮りカメラやSNSへのシェアなど、女性が喜ぶ機能を豊富に備えている点が大きな特徴です。「魅力的に写りたい」という女性の願望をかなえてくれるメイク機能があったり、足を長く見せる撮影ガイドなどもあって至れり尽くせり。自撮りの多い人なら、第一候補に挙げたいメーカーです。

販売サイトで購入


おすすめメーカー3. Nikon (ニコン)

プロカメラマンがよく利用しているカメラといえば『ニコン』です。写真愛好家の中にもニコンを愛用する人は数多く、キャノンと人気を二分しているといった印象です。丈夫で、被写体に忠実な画像を作り出すという点においては非常に素晴らしいものがあります。ただ、玄人好みゆえか少々初心者には扱いづらい一面もあるので、最初はよく取扱説明書を読んで練習する必要があるでしょう。

販売サイトで購入


おすすめメーカー4. オリンパス

カメラ女子に愛用者の多い『オリンパス』。元々小型カメラの開発が得意で、コンデジでも特徴のある機種を数多く発売しています。手ブレ補正機能が非常に優れている点も大きな特徴と言えるでしょう。水中撮影を意識した機能やオプションも多いので、水中撮影を楽しむファンもオリンパスを選ぶ傾向にあります。クラシカルなデザインで持っているだけでおしゃれっぽっく感じられる点も魅力ですね。

販売サイトで購入


おすすめメーカー5. SONY (ソニー)

コンデジのみならず、すべてのデジカメの心臓部とも言える“イメージセンサー”において世界でもトップレベルの技術を誇っている『ソニー』。最先端のイメージセンサーを使った画期的な機種を数多く発表しています。特に夜景に強い機種を発表したり、高性能で小型ボディの高級コンデジを発売するなど、コンデジ分野でも目が離せません。

販売サイトで購入


大切なワンシーンを逃さないコンデジを選んでくださいね。

2018年のおすすめコンデジ15種を紹介しました。さまざまなメーカーから、特徴のあるコンデジが発売されていますが、安い機種から最高級機種までの中で、お気に入りは見つかったでしょうか。特に、望遠撮影・夜景撮影・接写は、選ぶ機種によって得手不得手がありますので、よく確認してくださいね。お気に入りの1台が見つかったら、ぜひ持ち歩いて決定的瞬間を撮影しましょう。撮影したらSNSにシェアして楽しんでくださいね。


【参考記事】コンデジ以外も揃えたデジカメのおすすめを特集▽


【参考記事】デジカメに欠かせないSDカードのおすすめはこちら▽


【参考記事】カメラにおすすめの三脚はこちら▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事