2017年1月19日

イオンカードのメリット&デメリット公開。ポイント特典も徹底解説

イオン系列の店舗で得するイオンカードの活用術とは。今回は、メリット・デメリット、ポイントの使い方・貯め方、審査基準、Apple Pay、キャッシング、海外旅行保険など情報満載。イオンゴールドカードやディズニーデザインも詳細解説します!

近所にイオングループのお店がある方必見。イオンカードの魅力とは

イオンカード

日本国内外260以上の企業で構成されているイオングループが発行している『イオンカード』。日本中にイオン系列のお店があるから、どこでも使えてポイントGetできる最強クレカ。今回はイオンカードを持つメリット&デメリットから、ポイントの賢い貯め方&使い方まで隠さず披露。近所にイオングループの店舗がある方に“お得な”特典も大公開します。

 

イオンカードの概要(基本情報)から

イオンカードの概要(基本情報)

イオンカードの基本情報は以下のようになっています。

  • ポイント還元率:0.5%(200円購入→1円貯まる)
  • 割引特典:毎月1%OFFで請求
  • 国際ブランド:VISA、Master、JCB
  • 年会費:永年無料
  • 毎月の締め日:毎月10日
  • 引き落とし日:翌月2日払い
  • 家族カード:あり(年会費無料)
  • ETCカード:あり(年会費無料)
  • 発行元:イオンクレジットカード株式会社

年会費永年無料のイオンカード。家族カード&ETCカードが無料で発行できるのは嬉しいですよね。

イオンクレジットカードを発行

 

お得なイオンカードの特典とは

お得なイオンカードの特典

全てのイオンカードは持っているだけで、イオングループのお店で優待を受けられます。対象となる店舗はイオンのほか、マックスバリュ、ビブレ、メガマードやイオンスーパーセンターなど。イオングループのお店をよく利用する方は注目すべきカード。

 

イオンカードの特典一覧

  • 毎月20日・30日は対象店舗で利用金額5%OFFの「お客様感謝デー」
  • イオングループの対象店舗利用でポイントがいつでも2倍
  • イオンカードをVISA / MasterCard / JCB加盟店利用でポイントが2倍の「ときめきWポイントデー」
  • イオングループの対象店舗で電子マネーWAON利用でポイントが2倍の「わくわくデー」
  • イオンシネマを含めた対象施設で割引やポイント優待
  • 毎月15日は55歳以上に対象店舗で利用金額5%OFFの「G.G感謝デー」

イオングループで利用するとお得な特典がたくさんあるから近所に対象店舗がある人は作らないと損。

 

イオンカードの種類

イオンカードの種類

出典:http://www.aeon.co.jp/

2016年現在、イオンカードは30種類以上。今回はその中からおすすめのカードを抜粋しました。

  1. イオンカード
  2.  イオンカード(WAON一体系)
  3. イオンSuicaカード
  4. イオンカードセレクト
  5. イオンゴールドカード

イオンカードの基本情報は先程紹介したとおり、年会費無料でイオングループ全店で利用可能な特典多数。

それでは各カードの特徴をまとめてご紹介。

 

2. イオンカード(WAON一体系)

WAON一体型のイオンカード

出典:http://www.aeon.co.jp/

イオンカードに電子マネー「WAON」が付帯したクレジットカード。特典は普通のイオンカードと同じで、WAONカードを別でもう一枚持っている方は、一つにまとめると楽チン。

イオンカード(WAON一体系)を発行

 

3. イオンSuicaカード

イオンSuicaカード

出典:http://www.aeon.co.jp/

年会費無料のイオンSuicaカードは便利な電子マネーSuica機能がついたクレカ。「WAON」と「iD」も加わえて一枚で3つの電子マネーが使えるハイテクなクレジットカード。特典として、たまった“ときめきポイント”をSuicaにチャージできるのは大きなメリットですね。

イオンSuicaカードを発行

 

 

4. イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

出典:http://www.aeon.co.jp/

年会費無料のイオンカードセレクト。イオン銀行のキャッシュカード × 電子マネーWAONカードの一体型として利用可能、イオングループのサービスを利用する機会が多い方におすすめ。

 

イオンカードセレクトの特典

  • イオン銀行からWAONへのオートチャージで200円ごとに1WAONポイントGet
  • イオン銀行の普通預金金利を通常0.02%から0.12%に優遇される
  • イオン銀行口座給与振込口座登録すると毎月10WAONポイントGet
  • 各種公共料金を支払うと1件につき毎月5WAONポイントGet
  • イオン銀行のATMは24時間365日引き出し手数料が無料

1枚でキャッシュカードとWAONにもなって超便利。イオン銀行口座の特典を利用すれば多くのWAONポイントをGetなんてことも。イオン銀行を利用する人はイオンカードセレクトを選ぶのがベストチョイス。

イオンカードセレクトを発行

 

5. イオンゴールドカード

イオンゴールドカード

出典:http://www.aeon.co.jp/

“年会費無料”のイオンゴールドカード。取得方法はイオンカード、イオンカードセレクト利用時のインビテーションのみ。イオンカードのインビテーションは年間利用金額に応じて招待されます。下記条件を参考にしてみて。

 

イオンゴールドカードの利用額に応じた条件(どれか1つでも満たせばOK)

  • 1年間で100万円以上利用
  • 累計で500万円以上利用
  • 1年間で120回以上、かつ合計80万円以上利用
  • イオングループのみで1年間で60万円以上利用

 

イオンゴールドカードの特典

  • 全国のイオンラウンジ・羽田空港エアポートラウンジ利用可能
  • 全国のイオンで食料品5%OFF、衣料品20%OFFになる「サンキューパスポート」が不定期に配信
  • 安心・安全の海外旅行保険・国内旅行保険が付帯

他社ゴールドカードの年会費の平均は10,000円。年会費30,000円を超えるゴールドカードが存在する中、イオンゴールドカードは年会費永年無料。気軽に使えるゴールドカードを選べるならイオンカードでまちがいなし。

【参考記事】イオンゴールドカードについて徹底レクチャーしています。▽


おしゃれなイオンカードのディズニー・デザインカード

イオンカード(WAON一体型を含む)、イオンカードセレクト、イオンカードG.G(55歳以上申し込みが可能)を発行するとき、国際ブランド“JCB”を選ぶと、かわいい切手調のディズニー・デザインカードを作成可能。申し込み内容や基本情報は変わらないため、JCBを申し込みの方はディズニーと一緒に行動してみて。

 

イオンゴールドカードでも、ディズニー・デザイン対応

イオンゴールドカードも同様に国際ブランドを"JCB”に選択すると、ゴールドのディズニー・デザインカードを作れます。ゴールドカードの多くは単調なデザインしかないので、ゴールドカードでもおしゃれなカードが欲しい方は一考の価値あり。

イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)を発行

 

 

イオンカードを持つべき3つのメリット

イオンカードを持つべき3つのメリット

イオンカードの主なメリットは以下3つ。

 

① イオングループの特典が盛りだくさん

イオンカードの特典はイオングループの対象店舗で利用できるものばかり。近所にイオンがある場合、持つだけでも大きなメリットに。

 

② イオンカードは年会費永年無料

今回、紹介したイオンカードは全て年会費永年無料。イオンゴールドカードも年会費無料のため、気軽に作れるのは嬉しい限り。

 

③ かわいいディズニー・デザインカードがラインナップに

イオンカード限定の切手をモチーフにしたかわいいデザインカードを作れます。ディズニー好きにはたまらないですね。

イオンクレジットカードを発行

 

少しだけある。イオンカードの3つのデメリット

少しだけある。イオンカードの3つのデメリット

イオンカードのデメリットを挙げるなら次の3つ。

 

① 近所にイオングループの店舗がないと、メリット半減

イオンカードの特典の多くは、イオングループで利用できるもの。近所にイオングループの店舗がないと特典の利用価値は下がる。

 

② 他社のクレジットカードと同じポイント還元率0.5%

ポイント還元率1.0%のカードが主流なのにイオンカードの還元率は0.5%と低め。ただしイオングループの決済ではポイント還元率1.0%に。また、イオングループの対象店舗で毎月5%OFFのイベントをしているため、還元率以上のメリットあり。

 

③ クレジットカードと電子マネーで貯まるポイントが異なる

イオンカードを利用すると「ときめきポイント」が、WAONを利用すると「WAONポイント」を付与。ときめきポイントは1,000ポイントからWAONポイントに交換可能だが、少し手続きに時間がかかるのがデメリット。

 

イオンカードのポイント“ときめきポイント”の賢い貯め方

イオンカードのポイント“ときめきポイント”の賢い貯め方

イオンカードを使うと「ときめきポイント」が貯まります。ときめきポイントは200円購入 → 1ポイント貯まり、ポイント還元率は0.5%。今回はときめきポイントを賢く貯めるとっておきの方法を教えちゃいます。

 

ときめきポイントの賢い貯め方1. 生活費を全てイオンカードで支払う年間“10,000”円相当(ポイント)貯まる

ときめきポイントの賢い貯め方1. 生活費を全てイオンカードで支払う

食費や交際費などの1ヶ月の生活費をイオンカードで支払うと、1年間に何ポイント貯まるかシミュレーションします。30歳男性が一人暮らしをした場合を想定し、家賃代は銀行振込のため、含めず計算。

 

30歳男性が1ヶ月にクレジットカードを利用できる出費

  • 食費:50,000円
  • 交際費:30,000円
  • 水道光熱費:10,000円
  • 通信費:10,000円
  • 衣服費:20,000円
  • 交通費:25,000円
  • 雑費:25,000円

1ヶ月の生活費:170,000円

つまり、1年間の生活費用:2,040,000円 = 170,000円 × 12ヶ月

⇒1年間で貯まるときめきポイント:10,200ポイント(9,000円相当) = 2,040,000円 × 0.005

年間利用金額が200万円以上になると、ポイント還元率0.5%のイオンカードでも10,000円相当のポイントをGet。近所にイオン店舗があると、5%OFFなどのサービスを受けられるからさらにお得に。

 

ときめきポイントの賢い貯め方2. 電子マネー「WAON」を使ってポイントを“二重”取り

イオンカードときめきポイントの賢い貯め方2.

イオン銀行キャッシュカードとWAONが付帯している「イオンカードセレクト」を上手に利用すると、ポイントの“二重取り”が可能。イオンカードの特典の毎月「5の付く日」でWAONを利用するとポイントが2倍になるんです。以下の手順で詳細を解説します。

  1. イオンカードセレクトでWAONにチャージする →0.5%のときめきポイント獲得
  2. 毎月「5の付く日」でWAONを支払う → 1%のWAONポイント獲得

上記のように、ときめきポイント+WAONポイントの合計で通常の3倍のポイントをGet。近くにイオンがある場合、日にちに気をつけて買い物をしてみて。

イオンクレジットカードを発行

 

ときめきポイントの使い方

ときめきポイントの有効期限は最長2年間。獲得時期により、有効期限が変化するため、「MyPageメニュー」より定期的に確認をお忘れなく。ここからはときめきポイントの使い方を紹介します。

 

ときめきポイントの使い方1. ネットショッピングで利用する

イオンカードのときめきポイントの使い方1.

ときめきポイントは提携しているネットショッピングサイトで「1ポイント = 1円」で使えます。たくさんポイントを貯めて“無料”で商品をもらったり、支払い金額の端数をポイントで支払ったりできるので、とても便利。

 

提携しているネットショッピングサイト ※一部抜粋

  • AEON de WINE
  • AEON BIKE
  • AEON BODY
  • グラジェネ
  • スポーツオーソリティー

 

ときめきポイントの使い方2. 提携先ポイントや商品券と交換する

イオンカードのときめきポイントの使い方2

一番おすすめの「ときめきポイント」の使い方は提携先ポイントや商品券と交換すること。交換する商品券によって1ポイントが1円以上の価値になります。特にイオンカードセレクトカードでWAONを利用している場合、WAONポイントに交換すれば日頃の食料品の買い物にも使えるのは嬉しい。ときめきポイントと交換できる一覧を下記にまとめます。

 

ときめきポイントと交換できる各種ポイント一覧 ※一部抜粋

  • WAONポイント:1,000ポイント〜
  • dポイント:1,000ポイント〜
  • Benesseポイント:1,000ポイント〜
  • NEXCOポイント:1,000ポイント〜
  • Suicaポイント:1,000ポイント〜

 

ときめきポイントと交換できる商品券一覧 ※一部抜粋

  • ワタミ食事券(2,000円分):1,000ポイント
  • ワタミ食事券(4,000円分):2,000ポイント
  • イオンコンパス海外旅行券(3,000円分):2,000ポイント
  • イオンコンパス海外旅行券(6,000円分):4,000ポイント
  • イオンシネマ・ペア鑑賞券:3,000ポイント
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン・パス(1名分):6,000ポイント
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン・パス(2名分):12,000ポイント

イオンクレジットカードを発行

 

Apple Payにイオンカードを登録してスマートに使用する方法とは

Apple Payにイオンカードを登録して

2016年9月、AppleはiPhone7 / iPhone7 plus / Apple Watch Series 2で「Apple Pay」の搭載を発表。iPhone7をお財布携帯のようにタッチするだけで、スマートな会計が可能に。また通販やアプリ決済でもApple Payが使用OK。今回はApple Payに対応するイオンカードについて解説します。

 

Apple Payとイオンカードが対応するのはいつから?

Appleの公式発表と、イオンカードのホームページを見ると、2016年10月下旬からサービス開始。

 

対応している店舗は?

イオンカードは電子マネーの「iD」で決済。Apple Payの導入により、今後対応店舗が増えていくと予想。

 

国際ブランドVISA・Master・JCBによって違いはあるか?

国際ブランドによって、Apple Payの使用範囲が変化。

  • VISA:店舗のみ使用可
  • Master:店舗&ネット通販でアプリ決済可
  • JCB:店舗&ネット通販でアプリ決済可

国際ブランドがVISAの場合、スーパーやコンビニなどの実店舗でしか使えないのは難点。Apple Payを通販やアプリ決済で使用するなら、イオンカードはMaster or JCBを選択して。

 

イオンカードをApple Payに登録する方法

Apple Payを店舗で使用するときは指紋認証が必須になるため、iPhoneのTouch IDを登録しておくと便利。「Apple Pay」を開き、画面の指示に沿ってイオンカードを登録するだけ。店舗で読み取り機にかざし、Touch IDを使ってホームボタンに指を触れると支払えるようになります。

 

【参考記事】ApplePayの疑問や対応しているクレジットカードを一挙公開▽

 

イオンカードの申し込み方法と作り方とは

イオンカードの申し込み方法と作り方

イオンカードは店頭 or オンライン申し込みが可能で、必要事項記入し申し込むだけ。店頭申し込みの場合は、全国のイオングループのお店で必要な書類を受け取ってください。オンライン申し込みの場合はイオンカード専用の作成画面へ。クレカ審査に問題なければ、最短1週間、平均2週間程で自宅に届きます。

 

イオンカードの入会条件は? 学生&主婦も作れの?

イオンカードの入会条件は以下の通り。

  • イオンカードは18歳以上(高校生を除く)で電話連絡可能な方

以上のように、イオンカードは18歳以上であれば、学生でも主婦でも発行できます。

 

イオンカードの審査期間や審査状況を確認する方法とは

イオンカードの審査期間や審査状況を確認する方法

イオンカード申し込み後に待ち受けるのが「審査」。申し込み者の過去のクレジットカード利用歴や借金の有無があるかなどを確認し、無事に審査に通るとイオンカードを発行。

 

イオンカードの審査時間はどのくらいかかるの?

審査時間は最短1日、平均3日程度かかり、遅くとも1週間には審査結果を通達。イオンカードセレクトの場合は、イオン銀行のキャッシュカードを作成するため、3週間ほど余裕をもっておいて。

 

イオンカードの審査状況はわかるの?

イオンカードは申し込み受付メールがきてから、届くまで審査状況はわかりません。審査通過後は本人確認書類が届いてカードの発行の流れ(オンラインで本人確認書類提出の場合、カードが自宅に届きます)。審査に落ちてしまった場合、書類にて審査落ちの通知のみ。

 

イオンカード発行から自宅に届くまでどのくらい時間かかるの?

審査が完了してから、自宅に届くまで約1〜2週間。店舗で申し込みを行った場合は、即日で発行できる可能性も。

イオンクレジットカードを発行

 

補足情報。イオンカードの海外旅行保険の内容は万全なのか

イオンカードの海外旅行保険の内容

海外旅行中に不慮の事故に巻き込まれたり持ち物の盗難や損害があるときに、クレジットカード会社がかかる費用(一部)を補償してくれるカード付帯の海外旅行保険。海外旅行に行くときだけ別途有料で保険に入る必要がなく、無料で保険が受けられるのはとても便利。しかし、通常のイオンカードとイオンカードセレクトは海外旅行保険は付帯しません。今回は海外旅行保険がついている、「イオンSuicaカード」と「イオンゴールドカード」について詳細に説明。

 

イオンSuicaカードの海外旅行保険の基本情報

イオンSuicaカードの補償は以下の項目を無料で補償。

  • 障害死亡・後遺障害:500万円
  • 傷害治療:50万円(1回のケガにつき)
  • 疾病治療:50万円(1回の病気につき)
  • 賠償責任:なし
  • 携行品損害:なし
  • 救援費用:なし

クレジットカード付帯の海外旅行保険の中では少なめの補償。無料で作れる海外旅行保険付きのカードorイオンゴールドカードをメインで利用するほうが、安心の補償内容かも。

 

イオンゴールドカードの海外旅行保険の基本情報

イオンゴールドカードの補償は以下の項目を無料で補償。

  • 障害死亡・後遺障害:3,000万円
  • 傷害治療:200万円(1回のケガにつき)
  • 疾病治療:100万円(1回の病気につき)
  • 賠償責任:3,000万円(1回の事故につき)
  • 携行品損害:30万円(1年間の限度額)
  • 救援費用:100万円(1年間の限度額)

 

イオンSuicaカード・イオンゴールドカードの海外旅行保険は“自動付帯”

海外旅行保険適用条件に“利用付帯”と“無料付帯”があり、イオンゴールドカードとイオンSuicaカードは無料付帯での適用です。無料付帯とは、カードを旅行代金の一部に使用しなくても、持っているだけで補償が受けられるということ。

 

【参考記事】無料で海外旅行保険がつくカードを厳選▽

 

キャッシングしたい人に朗報。イオンカードのキャッシング機能とは

イオンカードのキャッシング機能

急ぎ現金が手元に必要になったときに便利なクレジットカードのキャッシング機能。イオンカードのキャッシング機能を解説。

 

イオンカードのキャッシング枠は、0〜300万円

他社クレジットカードの相場は100万円のところ、イオンカードは最高300万円までのキャッシングが可能。1,000種類以上あるクレカの中では、トップクラスのキャッシング枠。

 

キャッシング利用方法は銀行(コンビニ) or インターネット

イオン銀行はもちろん、提携している国内の銀行やコンビニATMからお金を借り入れ可能。

また会員専用サイト『MyPage』にて、1万円以上から24時間いつでも申請OK。平日9〜15時までに申し込みが間に合えば、当日中にクレカ登録口座に入金。

 

イオンカードのキャッシング返済方法は一括 or リボルビング払い

一括返済の場合、キャッシングした毎月10日締めの翌月2日にクレカ支払い口座から引き落し。リボ払いを選択した方は、毎月一定額が銀行口座から引き落とされます。(最大返済回数は57回で最大返済期間は57ヶ月)

 

イオンカードのキャッシング利息は年率7.8〜18.0%

イオンカードでキャッシングを行うと、借りた金額により利息が変動。借りた金額が多ければ多いほど、利息は安くなります。遅延損害金の利息が20.0%と他のクレジットカード会社と平均的な相場。

 

多彩な特典があるイオンカードを便利に使っちゃって

多彩な特典があるイオンカード

今回はイオンカードについて徹底解剖しました。近くにイオングループのお店がある人はもちろん、ない人にとってもメリットいっぱいのクレジットカード。クレカとして使用することはもちろん、イオン銀行の普通預金金利を0.12%と引き上げるキャッシュカードとして賢く利用できます。多くの事業を展開しているイオングループだから自分にぴったりのイオンカードの使い方を発見してみては。

イオンクレジットカードを発行


【参考記事】今年おすすめのクレジットカードを厳選

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。