2017年2月2日

クレジットカードの賢い使い方。初めての不安と疑問を全公開

お得なクレジットカードの賢い使い方&注意点を総まとめ。キャッシングや海外旅行保険、国際ブランド、ポイントの貯め方、複数カードの保有テク、支払い方法の選択基準など目からウロコな情報満載。正しい知識を持ってデキる男のクレカライフを!

クレジットカードの賢い使い方や注意点を知れば、貴方もクレカ上級者に

クレジットカードの賢い使い方や注意点

インターネットショッピングが当たり前になった今、クレジットカードを利用する機会が増えています。実生活でもレストランやホテルの会計で、現金ではなくカード決済が主流に。今回は、クレジットカードをせっかく作ったけど、あまり利用してない方や、これからクレジットカードの発行に悩んでいる方に伝えたい、クレカ上級者が教えるクレジットカードの賢い使い方や使う上の注意点を合計20個大公開。クレカを日常的に利用している方は既存の知識をアップデートしてみて。

 

賢い使い方1. 毎月の生活費(固定費)の支払いに利用する

クレジットカードの賢い使い方1. 毎月の生活費(固定費)の支払い

公共料金「電気、水道、ガス、電話代、通信費」、食費、娯楽費や衣服代などの1ヶ月の生活費をクレジットカードで支払いましょう。公共料金の支払いを払込票で行う場合、支払いを忘れることも多い。公共料金の支払いを滞納すると、電気や水道が突然止まり生活に悪影響ですね。また、毎月の生活費をクレジットカードで支払うことで、1ヶ月の支出を管理しやすくなるメリットも。家計簿をつけていない方でも、月に1度自分の財政状況を把握するいい機会になりますよ。

 

賢い使い方2. ネット通販の支払いに利用する

クレジットカードの賢い使い方2. ネット通販の支払いに利用する

ネット通販の支払いは最もポピュラーな使い方。インターネットショッピングの支払いにクレジットカードを利用することで、決済がすぐ終了。支払い方法が「銀行振込み」や「代引き」だと、手数料や時間がかかり商品の到着が遅くなりがち。ネット通販を利用する時はクレカでスマートに会計し、すぐに商品をゲットできれば嬉しいですよね。クレジットカードを上手く使えば時短もできるんです。

 

賢い使い方3. ネットショップや店舗と提携しているカードを使用する

クレジットカードの賢い使い方3. ネットショップや店舗と提携しているカード

大手ECサイトの「Amazon」「楽天」「Yahoo! ショッピング」などは独自のクレジットカードを発行しており、利用するとお得な特典やポイントが付与されます。「丸井」「セゾン」「AEON」などの店舗でも、対象のクレカを利用すると対象日に5〜10%OFFの優待が受けられることも。良く利用する店舗・ネットサイトがクレジットカードを発行しているか確認するのも賢く使うコツ

 

【参考記事】“楽天市場”を使用するなら楽天カードがおすすめ▽

 

賢い使い方4. 電子マネーにチャージして使う

クレジットカードの賢い使い方4. 電子マネーにチャージして使う

代表的な電子マネー「nanaco」「楽天edy」「WAON」「Suica」「PASMO」はクレジットカードからチャージ可能。電子マネーをうまく活用すれば、“クレカ決済分”と“電子マネー利用分”のポイントが付与され、クレジットカード&電子マネーのポイント二重取りができます。コンビニで支払いをする時、クレジットカーで決済するよりも、電子マネーを利用した方が“お得”。ただし、クレジットカードによっては電子マネーがチャージできないこともあるため、利用する前に確認する必要あり。

 

賢い使い方5. お得なポイントがザクザク貯まるクレジットカードを使う

賢い使い方5. お得なポイントがザクザク貯まるクレジットカードを使う

クレジットカードを利用すると、各カード会社の独自ポイントがもらえます。ポイントが貯まる割合を示すポイント還元率やポイントの使い方はカードによって変化。1,000種類以上あるクレジットカードの中で、ポイント還元率0.5%のものから還元率1.5%まで3倍以上の差があります。どうせ使うならお得にポイントが貯まるマイカードをセレクトしなきゃ損。

 

【参考記事】ポイント還元率1.0%〜から紹介している本当にポイント還元率が高いクレジットカードをご紹介▽

 

賢い使い方6. ポイントアップサイトを活用する

クレジットカードの賢い使い方6. ポイントアップサイトを活用

「ポイントアップサイト」とは、カード会社が運営するサイトを利用すると特別ポイントが付与される仕組みのこと。ネットショップによって、ポイント2〜20倍と、幅はかなり広い。対象のインターネットショッピングサイトは100種類以上あるため、ちょっとした買い物に使ってみてはいかが。

 

賢い使い方7. マイレージが貯まるクレジットカードを使う

賢い使い方7. マイレージが貯まるクレジットカード

クレジットカードを利用すると、ポイントの他に航空会社の提供する「マイレージ」もGet。マイルを貯めれば、飛行機が無料で乗れたり、飛行機の差席をビジネスクラスやファーストクラスへのグレードアップが無料で利用できたりと、海外旅行好きには嬉しい特典。お得にマイルを貯めるなら、マイルが貯まりやすいクレジットカードもチョイス候補に入れてみて。

 

【参考記事】ANAマイルを貯めるなら“ソラチカカード”がおすすめ▽

 

賢い使い方8. クレジットカード会社の特典を使う

賢い使い方8. クレジットカード会社の特典

クレジットカードによって付与されている特典に差があります。対象店舗で利用するとポイント2倍になるものから、ホテル、レストランの優待、空港のラウンジが無料に使える特典まで多種多様。所有しているクレジットカードに意外な特典が含まれているケースがあるため、お得な情報がないか再度確認してみて。むしろ特典でクレジットカードを選ぶのは賢い使い方と言えますよ。

 

賢い使い方9. クレジットカードカード保有は2枚 or 3枚。利用目的で使い分ける

賢い使い方9. クレジットカードカード保有は2枚 or 3枚

日頃の買い物や固定費の支払いに使用するクレジットカードは「メインカード」。海外旅行に行くときや大きな買い物をするときなど、たまに使用するクレジットカードは「サブカード」。このように用途ごとに使い分ければ、月々の生活費計算やカード紛失時にも対応が楽。個人事業主の場合、3枚目はビジネス用のクレジットカードにすると、確定申告なども困りません。ただし、クレジットカードを持ちすぎると紛失やローンの審査に通らないなどのリスクもありますので、所持数は2枚 or 3枚がおすすめ。クレカ上級者はシーンに合わせて使うカードを賢く選択しています。

 

賢い使い方10. 利用金額は“一括”で支払いする

クレジットカードの賢い使い方10. 利用金額は“一括”で支払い

カード利用金額は一括払 or 分割払いorリボルビング払い(リボ払い)の3種類。日頃の支払いは「一括払い」、数十万円の支払いのみ最大「2回払い」を意識するとベスト。複数回の分割払いを選択すると、手数料が発生してしまうため、賢い使い方とは言えません。また、「リボ払い」の利用はミスチョイス。リボ払いは毎月定額の支払いで一見楽に見えますが、手数料が雪だるま式に大きくなってしまい、気づいたら大損なんてことも。

 

賢い使い方11. 限度額は自分の使う範囲で設定する

クレジットカードの賢い使い方11. 限度額は自分の使う範囲で設定

クレジットカードを利用したいけど使いすぎて怖いという方は、限度額を低く設定すれば安心。衝動的に使用したくなっても限度額が決まっているため、それ以上はカードを利用できなくなります。後々、使いすぎて後悔なんてことも華麗に回避。限度額の設定は各カードの専用会員ページまたは、カード会社に電話で問い合わせ可能。必要以上の限度額を設定しないのが、上手に使うためのコツですよ。

 

賢い使い方12. キャンペーンを把握する

クレジットカードの賢い使い方12. キャンペーン

毎月、各クレジットカード会社が様々なキャンペーンを開催。キャッシュバックや旅行・景品が抽選で当たるなど、利用すればするほどお得なキャンペーンに出会えます。ただしキャンペーンに参加しないと抽選対象外になるため、こまめにチェックして参加するのをお忘れなく。

 

賢い使い方13. ETCカードを作る

クレジットカードの賢い使い方13. ETCカード

車を所有している・良く乗るという方は「ETCカード」を作ることをおすすめ。ETCカードを利用すると高速道路の入り口を、ノンストップで通過できます。年会費無料のクレジットカードでもETCカードの発行が有料の場合もあるため事前に確認を怠らずに。カードによっては、ETCカード利用でもポイントが貯まるお得なクレジットカードもあるから一考の価値ありですよ。

 

賢い使い方14. 海外に行くならなら海外旅行保険付帯のクレジットカードを使う

賢い使い方14. 海外に行くならなら海外旅行保険付帯のクレジットカード

クレジットカードの海外旅行保険とは、カードの持ち主が事故や病気で入院したり、持ち物が盗難や紛失しまった時に、クレジットカード会社が費用(一部)を補償してくれる嬉しいサービス。クレジットカードを持っているだけで無料で補償を受けられるため、海外旅行に行くたびに別途お金を支払う必要なし。カードによって適用条件も異なるから、使えなかったことがないようにしてくださいね。

 

賢い使い方15. 海外旅行用のクレジットカードなら国際ブランドは“VISA”または“Master”

賢い使い方15. 海外旅行用のクレジットカードなら国際ブランド

海外旅行メインのクレジットカードとして使いたいなら、国際ブランドは「VISA」または「Msster」を選択して。国内では「JCB」を使用できる場所は多く存在しますが、海外に行くと使える場所が限られることも。VISAとMasterは世界で1,2を争う有名国際ブランドのため、海外旅行でもクレジットカード取り扱い店の大半が導入しています。安心して使いたいならVISA or Masterを選ぶのがベター。

 

賢い使い方16. クレジットカードのキャッシングを使用しない

賢い使い方16. クレジットカードのキャッシング

クレジットカードの付帯機能の一つに「キャッシング」があり、提携している銀行やコンビニATMから振込でお金を引き出せます。急遽現金が必要な時に便利ですが、消費者金融と同等の利息のため結局は借金。キャッシングが不要な人はカード発行時にキャッシング機能をOFFに。どうしても必要なら、申し込みは会員専用サイトまたは電話で可能。

 

賢い使い方17. 引き落とし日の前日までにクレジットカード登録口座にお金を入れておく

賢い使い方17. 引き落とし日の前日までにクレジットカード

クレジットカードの利用金額の支払い日の午前0時に請求金額が引き落とされる可能性もあるため、前日までに銀行口座の残高を必ず確認して。口座の残高が足りずに引き落としに失敗した場合、遅延扱いになり個人の信用情報に傷がついてしまいます。後にクレジットカードを新規に作るのに影響があるため注意が必要。万が一引き落とし日に間に合わない場合、できるだけ早い振り込みを心がけて。携帯のカレンダーに「引き落とし日」を記入しておくと、事故を未然に防げますよ

 

賢い使い方18. クレジットカードのショッピング枠現金化は絶対ダメ

賢い使い方18. クレジットカードのショッピング枠現金化

「ショッピング枠現金化」とは、専門の業者より指定された物を購入すると、手数料を引いた分の現金を受け取れるという仕組み。キャッシングや消費者金融で「お金を借りられない人」or「借りるのが面倒くさい人」が利用していますが、通常のお金を借りるよりも手数料が割高。手数料を支払った上で、翌日の支払いもやってくるためメリットは皆無。最近では、街中でも見られるようになりましたが、「ショッピング枠現金化」は絶対にやらないように注意してください

 

賢い使い方19. クレジットカードの後ろの署名は必ず記入する

賢い使い方19. クレジットカードの後ろの署名は必ず記入

クレジットカードを利用する上で、忘れがちな後ろの署名欄。特にネットショッピング専用のカードの場合、サインする機会もないため、記入していない方も多いはず。しかし、盗難や不正利用があった際に、署名がないと“補償を受けられない”可能性があります。クレカ利用時のサイン筆跡から本人が使ったか確認することもあるので、記入がないと不正利用なのか判断が不可能。新規にクレジットカードを発行したら必ずサインしてください。

 

賢い使い方20. うっかり使いすぎないように注意する

賢い使い方20. うっかり使いすぎないように注意

クレジットカードを持つと、手元に現金がないにも関わらず使いすぎてしまいがち。「翌月払いだから大丈夫でしょ」と軽い気持ちでいると、多額の請求でお金を取られて生活費が減ってしまいます。便利なクレジットカードだからこそ、本当に今必要なものかを確認して、利用するように心がけて。

 

賢い使い方と注意点を把握してクレジットカードライフを楽しんじゃって

賢い使い方と注意点を把握してクレジットカード

今回は初歩的なことから上級者向けまで、クレジットカードの賢い使い方と注意点を20個お届けしました。意外と見落としがちなことも見つかったのでは?クレジットカードは正しく使えば便利な半面、知らずにいると損をすることも。これからもクレジットカードを利用する機会は増えるため、カードの知識をしっかり持って日頃の生活を何倍もエンジョイしてくださいね。


還元率が高いカード比較はこちら


Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。