横浜インビテーションカード(ハマカード)は最強のサブカード【海外旅行保険が充実】

海外旅行保険が魅力の横浜インビテーションカード(ハマカード)。今回はハマカードの年会費や審査状況、家族カードの有無の基本情報から、メリットやデメリット、ポイントの基本情報と合わせて、注目の海外旅行保険もしっかり解説。人気の秘密を暴きます!

海外旅行好きに愛される『横浜インビテーションカード』の魅力とは

『横浜インビテーションカード』の魅力とは

当初横浜にたくさんの観光客を招待するために作られた『横浜インビテーションカード』(通称:ハマカード)。実は横浜に関係ない全国の人も、申し込んで特典を活用できちゃうから不思議。今回は人気の秘密から、メリット&デメリット、海外旅行保険の内容まで、横浜インビテーションカードの魅力を徹底公開します。

 

まず、横浜インビテーションカードの概要(基本情報)から

横浜インビテーションカードの概要(基本情報)

横浜インビテーションカードの基本情報をまとめました。

  • ポイント還元率:0.5%(200円購入→1円貯まる)
  • 国際ブランド:VISA、JCB
  • 年会費:永年無料
  • 毎月の締め日:毎月の末日(月末)
  • 引き落とし日:翌月27日払い
  • 家族カード:あり(年会費無料)
  • ETCカード:あり(年会費無料)
  • 発行元:株式会社ジャックス
  • 提携先:横浜観光プロモーション

年会費無料で海外旅行保険が充実している横浜インビテーションカード。加えて、家族カード&ETCカードが無料で発行できるのは嬉しいですよね。

横浜インビテーションカードを発行

 

横浜インビテーションカードの種類

横浜インビテーションカード

出典:http://www.jaccs.co.jp/

横浜インビテーションカードは1種類のみ。横浜・みなとみらいの写真を券面全体にデザイン。「ランドマークタワー」、「横浜国際インターコンチネンタルホテル」、「コスモクロック」など横浜を代表する建物が写真に納まっています。

 

横浜インビテーションカード持つべき3つのメリット

横浜インビテーションカード持つべき3つのメリット

横浜インビテーションカードの3つのメリットを紹介します。

 

① 海外旅行保険の補償内容が充実している

横浜インビテーションカードは年会費無料で、海外旅行保険の補償内容が充実。海外旅行専用のクレジットカードとして持つ価値アリ。

 

② カードのデザインが美しい

横浜インビテーションの券面には横浜・みなとみらいの夜景が映されています。レストランの会計時に見えるおしゃれなデザインは貴方をかっこいい男に演出。

 

③ カードの特典「J'sコンシェル」で優待サービスを受けられる

ジャックスが提供している「J'sコンシェル」を利用でき、全国各地の商業施設やホテルでの割引サービスなど受けられます。例えば、有名ホテルが10%OFFで宿泊可能など。

横浜インビテーションカードを発行

 

横浜インビテーションカード持つ3つのデメリット

横浜インビテーションカード持つ3つのデメリット

横浜インビテーションカードの3つのデメリット

 

① ポイント還元率0.5%は少し低め

年会費無料 × ポイント還元率1%のクレジットカードが増えているため、還元率0.5%は少し寂しい。

 

② デザインは一種類のみ

カードのデザインは横浜・みなとみらいの夜景一種類のみ。複数種類楽しみたい方には不向きかもしれません。

 

③ 海外旅行用として使わない場合はメリット半減

横浜インビテーションカードの一番の魅力は海外旅行保険の充実した補償内容。海外旅行にあまり行かない人はメリット半減。

 

横浜インビテーションカードで貯まるポイント「ラブリィポイント」の賢い貯め方

横浜インビテーションカードで貯まるポイント「ラブリィポイント」の賢い貯め方

横浜インビテーションカードを使用すると「ラブリィポイント」が貯まります。カードのポイント還元率0.5%(200円購入→1円貯まる)で、年間利用金額に応じて来年度のポイント還元率が上昇。ラブリィポイントを「Jデポ」に交換すると「1,000ポイント → 1,050円」となるため、実質の還元率は0.53%。ここからはラブリィポイントを賢く貯める方法を披露します。

※Jデポはカードショッピング料金からJデポ金額分を値引きするサービスで、ラブリィポイントと交換可能。

 

年間利用金額に応じた来年度のポイント還元率(ポイント還元率0.53%とした場合)

  • 年間20万円未満 → 0.53%
  • 年間20万円以上 → 0.74%
  • 年間50万円以上 → 0.79%
  • 年間100万円以上 → 0.89%
  • 年間150万円以上 → 0.95%
  • 年間200万円以上 → 1.00%
  • 年間300万円以上 → 1.05%

 

ラブリィポイントの賢い貯め方1. 生活費用を全て横浜インビテーションカードで支払う

ラブリィポイントの賢い貯め方1. 生活費用を全て横浜インビテーションカード

月々の支払いを横浜インビテーションカードで支払うと、1年間で何ポイント貯まるのかシミュレーション。一人暮らしをしている28歳男性を想定し、費用を計算しました。家賃は口座振替のため生活費用に含めず。

 

28歳男性が1ヶ月にクレジットカードを利用できる生活費用

  • 食費:30,000円
  • 交際費:25,000円
  • 水道光熱費:15,000円
  • 通信費:15,000円
  • 交通費:10,000円
  • 雑費:35,000円

1ヶ月の生活費用:130,000円

つまり、1年間の生活費用:1,560,000円 = 130,000円 × 12ヶ月

1年間で貯まるラブリィポイント:7,800ポイント = 1,560,000円 × 0.5%

ラブリィポイントをJデポに交換すると8,286円相当になります。1年間で150万円以上利用しているから、来年以降ののJデポ還元率は0.95%になり、同じ金額で14,820円相当キャッシュバック。使えば使う程貯まるクレジットカードと言えます。

 

ラブリィポイントの賢い貯め方2. ポイントアップサイト「 JACCSモール」を利用する

横浜インビテーションカード

横浜インビテーションカードは、ポイントアップサイト「JACCSモール」を使用でき、掲載店舗を利用することで、ポイントは最大25倍。大手ネットショップの「Amazon」や「楽天」も掲載されているため、上手に活用してポイントを貯めてみて。

横浜インビテーションカードを発行

 

貯まったラブリィポイントの上手な使い方とは

貯まったラブリィポイントは多種多様の使い方が可能。今回はラブリィポイントの使い方を大公開。

 

ラブリィポイントの上手な使い方1. Jデポに交換する

横浜インビテーションカードのラブリィポイントの上手な使い方1.

ラブリィポイントで一番お得な使い方は「Jデポ」に交換すること。Jデポは利用金額に対して値引きを行うサービス。ポイントを実質お金に変えられるのは嬉しいですね。貯まったポイントで少しでも出費を浮かせられるから、生活費を抑えたい方におすすめ。web会員サイト「ジャックス インターコム クラブ」より忘れずに申請を。

 

ラブリィポイントの上手な使い方2. 他社提携ポイント・マイルと交換する

横浜インビテーションカードのラブリィポイントの上手な使い方2.

ラブリィポイントは様々な提携会社のポイントや電子マネーに使えるから利用範囲は広い。主な提携ポイントは以下の通り。

 

ラブリィポイントと交換できる提携ポイント(ラブリィポイント1ポイントにつき)

  • 楽天スーパーポイント:1ポイント
  • Tポイント:0.9ポイント
  • gポイント:1ポイント
  • nanacoポイント:1ポイント
  • dポイント:1ポイント
  • au Wallet:1ポイント
  • ベルメゾンポイント:1ポイント

 

ラブリィポイントと交換なマイレージ(ラブリィポイント5ポイントにつき)

  • ANAマイル:3マイル
  • JALマイル;2.5マイル

 

ラブリィポイントの上手な使い方3. 多種多様な商品と交換する

横浜インビテーションカードのラブリィポイントの上手な使い方3.

「ジャックス インターコム クラブ」から欲しい商品をラブリィポイントを使って入手可能。キッチンや、ビューティー&ヘルス、キッズ、エコなどのジャンルに分かれており、自分が欲しい商品と交換できるのは大きなメリット。

横浜インビテーションカードを発行

 

Apple Payに横浜インビテーションカードを入れて、格好良く使う方法とは

横浜インビテーションカードでのApplePayの使い方

2016年9月、iPhone7 / iPhone7 plus / Apple Watch Series 2に「Apple Pay」の搭載が発表され、対象のクレジットカードを登録したiPhoneをタッチするだけで、会計が可能になりました。また、通販やオンライン決済でもApple Payが使え、幅広い選択肢が増えました。

ジャックスのクレジットカードは対応していませんでしたが、2017年3月より横浜インビテーションカード使用できるようになりました。さて、今回はApple Payに対応する横浜インビテーションカードを紹介します。

 

対応している店舗は?

横浜インビテーションカードはQUICPay(電子マネー)が割り当てられ、全国のQUICPay加盟店で使用できます。

 

国際ブランドVISA・JCBによって違いはあるか?

国際ブランドによって、Apple Payの使用範囲が少し違いがあります。

  • VISA:店舗のみ使用可
  • JCB:店舗&通販やアプリ決済可

ハマカードの対象ブランドはVISAとJCBが対応しています。国際ブランドがVISAの場合、店舗のみ使用可。通販やアプリでは今の段階で未対応。

Apple Payを通販やアプリ決済で使用したいとき、Suicaのチャージをするときは国際ブランドは JCBを選択してくださいね。

 

【参考記事】ApplePayの疑問や対応しているクレジットカードを一挙公開▽

 

では、横浜インビテーションカードの申し込み方法と作り方とは

横浜インビテーションカードの申し込み方法と作り方

申し込み方法はインターネットのみ。横浜インビテーションカード作成画面で必要事項を記入して申し込むだけ。クレカ審査に問題がなければ2週間で自宅にカードが届きます。

 

横浜インビテーションカードの入会条件は?主婦や学生でも作れるの?

横浜インビテーションカードの入会条件は以下になります。

  • 年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な方 ※未成年者の場合、親権者の同意が必須

主婦や学生でも申し込み可能。人によって審査時に電話による在籍確認があることも。

 

横浜インビテーションカードの審査期間や審査状況を確認する方法とは

横浜インビテーションカードの審査期間や審査状況を確認する方法

カード申し込み後に待ち受ける「審査」。どんなに早く申し込んでも審査に通らないと、クレジットカードはGetできず。

 

横浜インビテーションカードの審査時間はどのくらいかかるの?

横浜インビテーションカードは申し込んでから最短1週間、平均2週間程で審査終了。完了から自宅に届くまでの流れは以下。

  1. 申し込み
  2. メールに「カード発行完了」のお知らせ
  3. 自宅に本人限定郵便が届く

 

横浜インビテーションカード発行から自宅に届くまでどのくらい時間かかるの?

審査完了から約1週間でクレジットカードは自宅に届きます。審査時間が長引くと、自宅に届くまで4週間程かかることも。

横浜インビテーションカードを発行

 

サブカードとして効果を発揮すること間違いなし。横浜インビテーションカードの海外旅行保険内容は

横浜インビテーションカードの海外旅行保険内容は

クレジットカードに付帯している海外旅行保険サービスは、カードの持ち主が怪我や、持ち物の盗難・損害、事故発生時にかかる一部費用を、カード会社が負担してくるサービス。横浜インビテーションカードをもっていれば、“無料”で補償を受けられます。海外旅行時に有料の海外旅行保険に入らなくていいのはお得。

 

横浜インビテーションカードの海外旅行保険の基本情報

横浜インビテーションカードの補償は以下の項目が“無料”。

  • 障害死亡・後遺障害:2,000万円
  • 傷害治療:200万円(1回のケガにつき)
  • 疾病治療:200万円(1回の病気につき)
  • 賠償責任:2,000万円(1回の事故につき)
  • 携行品損害:20万円(1年間の限度額)
  • 救援費用:200万円(1年間の限度額)

 

横浜インビテーションカードの海外旅行保険は“自動付帯”

海外旅行保険適用条件に“利用付帯”と“無料付帯”があり、横浜インビテーションカードは無料付帯での適用です。無料付帯とは、カードを旅行代金の一部に使用しなくても、持っているだけで先程紹介した補償が受けられるということ。横浜インビテーションカードは持っているだけでサービスが受けられるのでおすすめ。

 

横浜インビテーションカード海外旅行保険の「携行品損害」と「救援費用」は1年間の合計金額だから注意

海外旅行中にバックの盗難や所持品破損したとき、補償請求ができる「携行品損害」は、1年間で通算20万円まで。

救急車やヘリコプターを使用した医療搬送を指す「救援者費用」は、1年間で通算200万円まで。

以上のように補償されます。例えば、一度「携行品損害」を10万円補償してもらったら、同じ年は残りの補償額は10万円まで。次年度になるとリセットされ、もう一度、補償金額は20万円に戻ります。

 

横浜インビテーションカードは海外旅行専用のサブカードとして使用する

横浜インビテーションカードは、年会費無料で充実した補償内容の海外旅行保険がつくから、メインカードより海外旅行専用のサブカードとするのが賢い使い方

 

【参考記事】横浜インビテーションを含めた海外旅行保険がついたおすすめクレカを厳選▽

 

横浜インビテーションカードのキャッシング機能とは

横浜インビテーションカードのキャッシング機能

急遽、現金が手元に必要になった時に重宝されるクレジットカードのキャッシング機能。横浜インビテーションカードのキャッシング機能を詳細に説明します。

 

横浜インビテーションカードでキャッシングを行う条件は?

横浜インビテーションカードのキャッシング利用条件は以下。

  • 年齢20歳以上65歳以下で本人が勤めており、毎月安定した収入のある方

クレジットカードの入会条件と違い、年齢制限があることに注意が必要。

 

横浜インビテーションカードにキャッシング機能を付帯させるのは初回 or 途中から

横浜インビテーションカード作成時に利用規約に同意し申し込むだけ。途中からキャッシングを希望するならweb会員サイト「ジャックス インターコム クラブ」から申請。無事審査に通ると、キャッシングを利用可能に。

 

横浜インビテーションカードのキャッシング枠は10万〜50万円

カード保有者の年収や他社の借入れ状況によりキャッシング枠は変動。横浜インビテーションカードは最大50万円まで。

 

キャッシング利用方法は銀行(コンビニ) or インターネット or 電話

キャッシングが必要になったとき、横浜インビテーションカードの提携銀行やコンビニATMからお金を引き出し可能。

また、インターネットや電話でもキャッシングの申し込み可。許可されればクレカ登録口座に振り込まれます。申し込み時間が0:00〜11:59なら当日、それ以降の時間は翌営業日振り込み。

 

横浜インビテーションカードのキャッシング返済方法は一括 or リボルビング払い

一括返済の際は、月末締め切りの翌月27日にクレカ登録口座から引き落とし。

リボルビング払いの際は、毎月一定金額が銀行口座から引かれます。(最大返済回数は60回で最大返済期間は60ヶ月)

 

横浜インビテーションカードのキャッシング利息は年率18.0%、遅延損害金は20.0%

横浜インビテーションカードでキャッシングを行うと、実質年率18.0%、遅延損害金20.0%がかかります。

低い年率とは言えませんが、他のクレジットカード会社の相場と同じぐらい。

 

横浜インビテーションカードを上手に使って、日々のライフスタイルを向上させて

横浜インビテーションカードを上手に使って、日々のライフスタイルを向上

今回は横浜インビテーションカードの魅力からテクい使い方まで余すことなくお届けしました。横浜インビテーションカードは最大ポイント還元率1.05%(Jデポ)に到達するのに結構金額が必要。なので、メインカードは他のカードにし、海外旅行用のサブカードとして横浜インビテーションカードを使ってみて。また、特典の「J'sコンシェル」は全国各地でお得なサービスを受けられるので、持つメリットは十分すぎますよ。特典をお得に使いこなして楽しいライフスタイルに変えましょう。

横浜インビテーションカードを発行

 

【参考記事】ポイントで選ぶなら。年会費無料×ポイント還元率が高いクレジットカードをいかがでしょうか▽

【参考記事】還元率の高いクレジットカードをランキング形式で大公開します▽

【参考記事】デザインでカードを選ぶならかっこいい一枚を選んでみて▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事