2016年8月1日

楽天カードの得するポイント活用術。デキる男の賢いクレカの使い方

テレビCMで話題の楽天カード。年会費永久無料×ポイント還元率1%のメリット・デメリットとは。クレジットカードの種類から、審査基準やキャッシング知識、キャンペーンを活かしたポイントのテクい貯め方&使い方まで、得する情報満載にお教えします。

顧客満足度No.1。年間で10,000円(ポイント)以上は貯まる楽天カードの魅力とは

楽天のロゴ

JCSI日本版顧客満足度指数調査において、7年連続顧客満足度No.1(2009〜2015年度)の偉業を達成した『楽天カード』。1000種類以上のクレジットカードが存在する中、なぜ毎年多くの人の指示を得られたのか。今回は楽天カードの人気の秘密から、ポイントの貯め方&使い方までを徹底レクチャーします。

賢く使えば普通に生活するだけで毎年10,000円(ポイント)は貯まる脅威のクレジットカード。上級者だけが知っているテクい貯め方&使い方を大公開します。

 

まず、楽天カードの概要(基本情報)から

楽天カードの基本情報

「楽天カードマン」のCMでお馴染みの楽天カード。すべての種類に共通する基本情報は以下のようになっています。

  • ポイント還元率:1.0%(100円購入→1円貯まる)
  • 国際ブランド:VISA、Master、JCB
  • 年会費:永年無料
  • 毎月の締め日:毎月の末日(月末)
  • 引き落とし日:翌月27日払い
  • 家族カード:あり(年会費無料)
  • ETCカード:あり(年会費540円 ※楽天カード、楽天PINKカード以外は無料)
  • 発行元:楽天カード

“年会費無料 × ポイント還元率1%”は、クレジットカード業界屈指の高還元率。日本大手のECサイト「楽天市場」と連携すると、さらに通常ポイント1倍→ポイント数倍になるキャンペーンが数多くありお得です。普段の買い物をするだけでポイントが貯まるなら、楽天カードを使わない手はありません。

楽天カードを発行

 

楽天カードの種類別の特典

楽天カードマン

出典:https://twitter.com/

2016年現在、楽天カードは以下の5種類を展開しています。

  1. 楽天カード(シルバー)
  2. 楽天PINKカード(ピンク)
  3. 楽天ゴールドカード(ゴールド)
  4. 楽天プレミアムカード(ゴールド)
  5. 楽天ブラックカード(ブラック)

通常の楽天カード(シルバー)は基本情報にある通り。年会費無料で、ポイント還元率1%のクレジットカードです。ここからは他の4種類のカードを詳しくご紹介します。

 

2. 楽天PINKカード(ピンク)

楽天ピンクカード

出典:http://www.rakuten-card.co.jp/

ピンク色の楽天カード。基本的機能は通常の楽天カード(シルバー)と一緒で、作り方は公式ホームページで申し込むだけ、簡単に作成できるお得なカードです。

 

楽天PINKカードの特典

楽天PINKカード作成時にカスタマイズサービスを選択すると、月額課金でオプション特典に加入できます。自分のライフスタイルに合わせたサービスに加入できるのは嬉しいメリット。

  • 楽天グループ優待サービス(月額324円):楽天市場で特定商品が10%オフになる
  • ライフスタイル応援サービス(月額324円):10%オフなどの限定クーポンが貰える
  • 女性のための保険「楽天PINKサポート」サービス(月額30〜870円):乳がんなどの保険サービスに格安で申し込める

自分のライフスタイルに合わせたサービスを選ぶことができるのがおすすめです。

楽天PINKカードを発行

 

3. 楽天ゴールドカード(ゴールド)

楽天ゴールドカード

出典:https://twitter.com/

年会費2,160円の楽天ゴールドカード。楽天カードと楽天プレミアムカードの間の位置付けのカード。20歳以上なら申し込みが可能なため、若いうちに持つゴールドカードとしておすすめ。

 

楽天ゴールドカードの特典

  • 楽天市場・楽天ブックスでの購入時ポイント+1%
  • 国内主要空港・ホノルル・仁川のラウンジが無料
  • ETCカードの年会費が無料

カード審査も他のゴールドカードと違い、簡単に入会できるのが嬉しいですね。年会費2,160円の最高のコスパをはかるゴールドカード。

 

4. 楽天プレミアムカード(ゴールド)

楽天カード

出典:http://www.rakuten-card.co.jp/

年会費10,800円の楽天プレミアムカード。楽天ゴールドカードよりもワンランクが上。申し込みまたはインビテーションにより、楽天プレミアムカードを取得できます。

 

 楽天プレミアムカードの特典

  • 世界の航空ラウンジを使える「プライオリティパス」(年会費399米ドル)に無料登録
  • 誕生月はポイント6倍
  • 楽天ビジネスカードが利用可能

個人事業主・中小企業経営者には嬉しいビジネスカードはおすすめ。世界中の空港のラウンジを無料で使用できる(※同伴者有料)「プライオリティパス」が無料で発行できるのはおすすめ。

楽天プレミアムカードを発行

 

5. 楽天ブラックカード(ブラック)

ブラックカード

年会費32,400円の楽天ブラックカード。楽天プレミアムカードを使用中に選ばれた会員だけにインビテーションが届きます。利用限度額は300万円〜1,000万円と普段の生活ではカードで買えないものはありません。

 

 楽天ブラックカードの特典

  • MasterCard(R)コンシェルジュの利用可能
  • MasterCard TASTE OF PREMIUMが利用可能
  • 国内外の傷害保険が最高1億円まで補償

レストランやホテル・イベントの予約も受けている『MasterCard(R)コンシェルジュ』は一生に一度は受けてみたいもの。

 

持たないと損。今すぐ楽天カードを持つべき3つのメリット

楽天カードを持つメリット

1000種類あるクレジットカードの中で楽天カードが選ばれるメリットを3つ紹介します。

 

① 年会費無料 × 1%の高還元率

クレジットカードを作る時に重視される年会費とポイントの還元率。楽天は年会費が永年無料で「100円→1ポイント」の高還元率を生み出しています。楽天市場利用時は「100円→2ポイント」取得できます。

 

② 楽天グループのサービスでポイントを貯める&使える

ECサイト「楽天市場」の他に「楽天ブックス」や「楽天トラベル」などの様々なサービスで「100円→2ポイント」の還元率で貯めて、使うことができます。支払いの端数処理として1ポイント1円から使用できるのは大きなメリット。

 

③ 楽天市場で様々なキャンペーンでポイントが倍増

楽天市場では様々なイベントを開催しており、ポイント2倍、3倍はあたりまえ。2016年1月からスタートしているスーパーポイントアッププログラム(SPU)では、楽天市場で楽天カードを使うと、還元率が4~7%になります。

 

懸念点も少しだけ。楽天カードを持つ3つのデメリット

楽天カードを持つデメリット

人気の楽天カードでもデメリットはつきもの。以下3つのデメリットを紹介します。

 

① 楽天グループのメールが頻繁に届く

楽天市場で購入時に広告メールマガジンと複数のショップよりお得なメールが届きます。メールマガジンの設定をOFFにしておけばメールはこないため、不要な案内はOFFに変更しておきましょう。

 

② デザインがシンプル

通常のカードはシルバーorピンクの二択。トレンドのシンプルなデザインが物足りない人もいるかもしれません。

 

③ 期間限定ポイントの期限と失効

楽天ポイントには一生使える「通常ポイント」と期間が決まっている「期間限定ポイント」の2種類あります。キャンペーンで取得したポイントの多くが期間限定ポイントであり、知らない間にポイントが失効なんてこともありますので、こまめにサイトの確認をしましょう。

 

楽天スーパーポイントを賢く貯めるために知っておくべき“お得情報”

楽天カードのお得情報

楽天カードのポイントサービス『楽天スーパーポイント』は複数のキャンペーンやサービスを合わせることで、数倍のポイントを取得できます。楽天カードを持つ上で知っておきたい賢いポイントの貯め方を3つ紹介。

 

ポンカンキャンペーン(毎月1回実施)

「楽天市場」「楽天ブックス」「アプリ版楽天市場」「楽天トラベル」「楽天GORA」「楽天Kobo」の中から3サービス利用でポイント2倍。4サービス利用でポイント3倍。5,6サービス利用でポイント4倍。

 

楽天イーグルス&ヴィッセル神戸勝利キャンペーン(期間限定)

「楽天イーグルス」or「ヴィッセル神戸」が試合に勝った「翌日」は楽天市場を利用するとポイント2倍、W勝利だとポイントが3倍になります。プロ野球とサッカーが開幕している期間が対象。

 

楽天スーパーポイントアッププログラム=SPU(期間限定)

2016年1月からスタートしてSPUは楽天市場で楽天カードを使用するだけで、ポイントが4倍になるという優れたキャンペーン。ゴールドカードだと+1%、ブラックカードだと+2%、アプリ版楽天市場利用で+1%とMAX7%の還元率を誇る目玉企画。

 

アプリ版楽天市場

商品購入時、無料でダウンロードできる「アプリ版楽天市場」を利用するとポイントが常時+1%になります。「ポンカンキャンペーン」や「SPUキャンペーン」と併用ができるため、ポイントアップには欠かせません。

 

楽天スーパーポイントの賢い貯め方1. 生活費用を全て楽天カードで支払うと“10,000円(ポイント)”貯まる。

楽天カードポイントの賢い貯め方

月々の生活費用を楽天カードで支払いをした場合、1年間で何ポイント貯まるのか、シミュレーションしていきましょう。20代男性が一人暮らしをした場合の想定費用です。家賃は銀行振込のため、生活費用には含めないで計算しました。

 

20代男性が1ヶ月にクレジットカードを利用できる出費

  • 食費:30,000円
  • 交際費:20,000円
  • 水道光熱費:12,000円
  • 通信費:10,000円
  • 交通費:8,000円
  • 雑費:5,000円

1ヶ月の生活費用:85,000円

つまり、1年間の生活費用:1,020,000円 = 85,000円 × 12ヶ月

⇒1年間で貯まる楽天ポイント:10,200ポイント = 1,020,000円 × 1%

なんと1ヶ月でかかる生活費用を全て楽天カードに切り替えるだけで、10,000円分のポイントのキャッシュバックになります。特に水道光熱費や通信費は毎月定額でかかるため、楽天カードで支払うと管理しやすくなります。

 

楽天スーパーポイントの賢い貯め方2. 家具やプレゼント、インターネットで商品を購入する時は“楽天市場のセール”を狙う。

楽天セールでポイントを貯める

楽天市場で四半期に行われる「楽天スーパーセール」と、楽天イーグルズやヴィッセル神戸が優勝すると「優勝セール」を行います。セール期間中は様々な商品が安いだけでなく、いろいろなポイントアップ企画が行われているので、買い物のチャンスです。

 

楽天スーバーセール

  • 開催時期:3月、6月、9月、12月
  • 開催日数:約4日間

楽天優勝セール

  • 開催時期:優勝が決定した夜の0:00から4日後に開催。
  • 開催日数:約4日間

 

セールの時に必ず行われている「ショップ買い回り」では1,000以上の買い物を最高10店舗で購入すると、セール中に購入した商品がポイント10倍になります。合計10万円の購入で10,000円分のポイントがつくお得なサービスです。賢い貯め方としては、家具やプレゼント、日用品を購入予定の場合、全て楽天市場のこの期間で購入するとザクザクとポイントが貯まります。実際にシミュレーションしていきましょう。

 

シミレーション① プレゼント&日用品を楽天市場で購入する20代男性の場合

楽天カードでプレゼントを購入

  • ミネラルウォーター500ml × 48本:1,500円
  • シャンプー&コンディショナー:1,500円
  • お米5kg:2,000円
  • フルーツ:3,000円
  • 漫画:1,000円
  • 充電器:1,000円
  • 下着、洋服:5,000円
  • 電動髭剃り:15,000円
  • ティファニーのネックレス:20,000円(誕生日プレゼント)

→合計金額:50,000円

4,500ポイント(9店舗で買いまわり:50,000 × 9%)

+ 500ポイント(通常ポイント:50,000 × 1%)

+ 1,500ポイント(SPU適用=楽天カード利用:50,000 × 3%)

+ 500ポイント(楽天市場のアプリで購入:50,000 × 1%)

+ 500ポイント(楽天イーグルス&ヴィッセル神戸が前日勝利で:50,000 × 1%)

⇒商品購入で貯まる楽天ポイントの合計:7,500ポイント

楽天市場で50,000円の買い物を楽天カードで決済した時、様々なキャンペーンを合わせることで7,500ポイント手にできます。ポイントで新たに彼女にプレゼントするのもいいかもしれません。

 

シミレーション② 実家から一人暮らし。新居の家具を楽天市場で購入する30代男性の場合

楽天カードでインテリアを購入

  • ソファー:50,000円
  • テーブル10,000円
  • デスク:20,000円
  • カーペット:10,000円
  • 電気ケトル:3,000円
  • 電子レンジ:5,000円
  • ドライヤー:5,000円
  • 照明器具:10,000円
  • 炊飯器:10,000円
  • 食器:2,000円
  • 間接照明:10,000円
  • 空気清浄機:15,000円
  • 観葉植物:10,000円

→合計金額:160,000円

買い回りショップ:13店

10,000ポイント(13店舗で買い回り:160,000 × 10% ※買い回りの取得限度は10,000ポイント)

+ 1,600ポイント(通常ポイント:160,000 × 1%)

+ 4,800ポイント(SPU適用=楽天カード利用時:160,000 × 3%)

+ 1,600ポイント(楽天市場のアプリで購入:160,000 × 1%)

+ 1,000ポイント(楽天イーグルス&ヴィッセル神戸が前日勝利で:160,000 × 1% ※一回の勝利による取得限度は1,000ポイント)

⇒商品購入で貯まる楽天ポイントの合計:19,000ポイント

引っ越し時に楽天市場で家具購入すれば、10,000円以上のポイントが貯まります。19,000ポイントあれば、もう1つ家具を買ったり、引越し祝いのワインを買ったりできますね。

 

楽天スーパーポイントの賢い貯め方3. 個人事業主におすすめ。住民税や国民年金、健康保険を楽天JCBカードで支払う

楽天カードで公共料金を支払う

個人事業主の方は住民税、国民年金、健康保険などの公共料金の支払いを個人で行います。支払い方法は現金払いか銀行口座振替のみ。しかし、楽天カードで支払い、ポイントも貯める方法もあるため、紹介します。

  1. 楽天カード(JCB)を発行
  2. 電子マネーカード「nanacoカード」を購入(セブンイレブンorダイエーで300円)
  3. nanaco公式ホームページでクレジットカードでチャージを選択
  4. 楽天カード(JCB)でチャージをする
  5. セブンイレブンで支払い納付書を提出
  6. nanacoカードで公共料金を支払う

楽天カードでチャージをした際に「100円→1ポイント」のポイントがつきます。実際に個人事業主の場合のシミュレーションをやってみましょう。

 

年収500万円の20代男性(個人事業主)

  • 住民税:500,000円 = 5,000,000円 × 10%
  • 国民年金:192,000円 = 16,000円 × 12ヶ月
  • 健康保険:120,000円 = 10,000円 × 12ヶ月

→1年間の合計金額:812,400円

1年間で貯まる楽天ポイント:8,124ポイント = 812,400 × 1%

住民税、国民年金、健康保険など毎年必ず支払わないといけないもの。楽天カードで支払うことでポイントが貯まるのはとてもお得ですね。

楽天カードを発行

 

貯めた楽天スーパーポイントの上手な使い方

貯まった楽天スーパーポイントは多種多様な使い方が可能。ただし、“期間限定ポイント”は「楽天市場」と「楽天ポイントカード提携先の店舗」でしか利用できないため、その点だけ注意が必要です。

今回は、通常の楽天スーパーポイントのテクい使い方を披露します。

 

楽天スーパーポイントの上手な使い方1. 楽天市場で商品を無料購入する

楽天市場でポイントを使用する

楽天スーパーポイントの最もポピュラーな使い方。楽天市場で商品を購入する際、「1ポイント=1円」で使用できます。端数をポイントで払ってしまう手もありますね。

 

楽天スーパーポイントの上手な使い方2. ガソリンは出光、コンビニはサークルK・サンクスで、ポイント購入する

楽天ポイントでガソリンを購入する

2015年12月17日以降に作成した「楽天クレジットカード」で会計処理すれば、提携店舗で楽天スーパーポイントを使用できます。例えば、ガソリンを入れる時は出光で、コンビニで購入する時はサークルK・サンクスで、貯めた楽天スーパーポイントを使用してしまいましょう。楽天市場以外の日用品を、ポイントで無料購入できるのは大きなメリットですね。

 

楽天スーパーポイントの上手な使い方3. 楽天トラベルで無料旅行を満喫する。

楽天トラベルでポイントを使う

楽天トラベルで、貯めた楽天スーパーポイントを使えば、ホテルに無料宿泊だって可能。プラスでお金を出して、より豪華な高級ホテルに宿泊するのもアリ。通常一泊30,000円するホテルも、楽天スーパーポイント20,000ポイント使用してしまえば、たった10,000円で宿泊できます。彼女や奥さんの誕生日プレゼントとしても喜ばれるテクい使い方ですね。

 

楽天スーパーポイントの上手な使い方4. 電子マネー楽天edyにチャージし、コンビニで使用する。

楽天ポイントをコンビニで使用

貯めた楽天スーパーポイントは、電子マネー『楽天edy』に「1ポイント=1円」でチャージできます。楽天edyにチャージすれば、セブンイレブンでもファミリーマートでもローソンでもポイント購入が可能に。これから楽天カードを発行される方は、楽天edy機能を付帯しておきましょう。

 

楽天スーパーポイントの上手な使い方5. ANAマイルにチャージし、海外旅行へ行く。

楽天ポイントをマイルに

今まで紹介した5つの使い方に興味がない方は、マイレージポイントに変更して、空の旅を楽しみましょう。『ANAマイル』に「2ポイント=1マイル」のレートで交換できるので、サクッとマイレージに変えて海外旅行へGO!

楽天カードを発行

 

では、楽天カードの申し込み方法・作り方とは

楽天カードの申し込み方

楽天カードの魅力の一つがスピード申し込み。最短5分でクレカ作成ができる便利性が、話題を呼んでいます。楽天カード作成画面の必要事項を記入して申し込むだけ。クレカ審査で問題がなければ、2週間以内で自宅にカードが届きます。

 

楽天カードの入会条件は?学生も作れるの?

楽天は以下の入会条件を出しています。

  • 満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く

上記の通り、学生であっても申し込み可。年収0円で申請できるため、専業主婦の方でも安心して作成できます。

 

楽天カードの審査期間や審査状況を確認する方法とは

楽天カードの審査期間をチェック

楽天カードを申し込み終了後に待ち受けるのが「審査」。どんなに早く申し込んだとしても、審査が通らないと楽天カードは発行されません。

 

楽天カードの審査時間はどのくらいかかるの?

審査時間は最短で15分、長くて1週間程度。借金の返済遅れなどで信用情報に傷がついてなければ、1日で審査は終了します。

 

楽天カードの審査状況はわかるの?

楽天カードの審査状況は申し込み後『受付状況照会ページ』で確認できます。ページを開くと以下の5ステップで自分の審査状況を確認できます。

  1. web受付
  2. 審査中
  3. 本人確認
  4. 可否判定
  5. カード発行

 

楽天カード発行から自宅に届くまでにどのくらい時間かかるの?

無事に審査が通ったら、約1週間ほどで自宅に届きます。『受付状況照会ページ』の審査状況が「カード発行」になったら大丈夫。楽天カードの受け取りの際、身分証明書が必要となります。楽天から届くメールに記載されている身分証を準備しておきましょう。

楽天カードを発行

 

予備知識。楽天カードの海外旅行保険の内容は万全なのか

楽天カードの海外旅行保険

クレジットカードの海外旅行保険サービスは、カードの持ち主の怪我や、持ち物の盗難、事故発生時などに、クレジットカード会社がかかる費用(の一部)を負担してくれる嬉しいサービスです。有料オプションで別途お金がかかるパターンが多い海外旅行保険ですが、楽天カードなら、なんと年会費無料。海外旅行に行く際、わざわざ海外旅行保険に入る必要がないのは非常にお得ですね。

 

楽天カードの海外旅行保険の内容は?

楽天カードで海外旅行に行くと“無料”で以下のような補償を受けることができます。

  • 死亡後遺障害:2,000万円
  • 傷害・疾病治療:200万円(1回のケガ・病気につき)
  • 賠償責任:2,000万円(1回の事故につき)
  • 携行品損害:20万円(会員期間通算で)
  • 救援費用:200万円(会員期間通算で)

 

ただし、楽天カードの海外旅行保険適用は“利用付帯”

無料で海外旅行保険の補償を受けられますが、“利用付帯”という適用条件があります。利用付帯とは、移動料金もしくはツアー料金の支払いを楽天クレジットカードで支払えば先ほど紹介した補償を受けられるということ。逆に言えば、旅行の際に一度も楽天カードでの決済を行わないと、海外旅行保険が適用されません。

楽天カードの海外旅行保険適用を望むなら、航空券やツアー代金の一部でも良いので楽天クレジットカードを使用するようにしましょう。

 

楽天カード海外旅行保険の「携行品損害」と「救援費用」はカード期限内の合計金額だから要注意

海外旅行中にバックの盗難や持ち物の破損を表す「携行品損害」は、カード期限内で通算20万円まで。

救急車やヘリコプターを使用した医療搬送を表す「救援者費用」は、カード期限内で通算200万円まで。

しか補償されません。例えば、一度「携行品損害」を10万円補償してもらったら、カード期限が切れない限り次回の旅行時は最大10万円の「携行品損害」補償しか適用されません。

 

楽天カードの海外旅行保険適用は“留学”もOK

楽天の海外旅行保険は、楽天カードで旅行関係の代金を支払ってから3ヶ月間適用されます。1ヶ月や2ヶ月の短期留学なら、問題ありません。ただし4ヶ月以上の中長期留学をする際は、他の海外旅行保険に入るのをおすすめします。

 

カード選びで重要な楽天カードのキャッシング機能とは

楽天カードのキャッシング機能

クレジットカードを選ぶ際に重視するカードのキャッシング機能。楽天カードのキャッシング機能を詳細に説明します。

 

楽天カードにキャッシング機能を付帯させるのは初回 or 途中から

楽天カード作成時に、キャッシングを申し込めます。初回に付帯せずとも、必要になった時に会員専用サイト『楽天e-NAVI』から申し込みが可能。申し込み→審査スタート→キャッシング枠が決定します。

 

楽天カードのキャッシング枠は、1〜90万円

借主の信用情報などにより、キャッシング枠は変動します。手元に現金が必要になった時から、すぐにお金を用意すべき時に活用できます。

 

キャッシング利用方法は銀行(コンビニ) or インターネット

キャッシングが必要になった際、楽天カードの提携銀行やコンビニATMからお金を借りられます。(手数料アリ)

また、インターネット上でもキャッシングの申し込みが可能。その場合、カード利用代金の引き落とし口座に振り込まれます。(手数料ナシ)

 

楽天カードのキャッシング返済方法は一括 or リボルビング払い

一括返済の場合、キャッシングした月末締め切りの翌月27日にクレカ登録口座から引き落とされます。リボ払いを選択した場合は、毎月一定額が銀行口座から引き落とされます。

 

楽天カードのキャッシング利息は年率18.0%

楽天カードでキャッシングを行うと、実質年率18.0%、遅延損害金20,0%がかかります。決して低い年率とは言えませんが、他のクレジットカード会社の相場と同じぐらいです。

 

楽天カードのポイントを賢く活用して、ワンランク上のライフスタイルをGetして。

楽天カードで賢いライフスタイルを

いま流行りの楽天カードの全貌に迫りました。何と言っても魅力は“年会費無料 × ポイント還元率1%”。日常生活の購入機会を楽天のクレジットカードにチェンジするだけで、ザクザクとポイントが貯まります。ポイントをフル活用して、ワンランク上のライフスタイルを賢くGetしてみて。

楽天カードを発行

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!