2017.07.30

テストステロン値を増やす方法。モテる以外の驚くべき効果も。

男性(オス)の魅力を決める「テストステロン」を増やす方法を完全レクチャー。筋トレや食事、睡眠、亜鉛サプリなどテストステロン分泌を促進する行動はもちろん、筋肉や性欲増強などモテる以外の驚くべき効果まで。テストステロン値を上げる意味を徹底解説します。

増やすとモテるホルモン「テストステロン」とは

テストステロンを効果的に増やす方法

Smartlogメンズの皆さま、「テストステロン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。聞いたことがない方も多いかもしれません。テストステロンとは、男性ホルモンの一種です。もっと言うと男性ホルモンの大部分を占める重要な要素の一つで、骨・筋肉・性欲・バイタリティ作用など男性として生きるために大切なホルモン。テストステロン次第で男の価値は上下すると言っても過言じゃありません。

 

テストステロン数値が減る=オスとしての性的魅力がない

テストステロンを効果的に増やす方法

テストステロンの分泌が減ること、それはすなわちオス(男性)として生きていく上で重要な筋肉や性的魅力がないことを意味します。ストレートな言い方をするなら、性機能要素も減っていく人生の下り道を歩き出している証拠。逆に言えば、テストステロンをしっかりと分泌することこそ、おじいちゃんになってもオス(男性)として魅力的に生き続ける近道なのです。

 

テストステロンを増やす9つの方法

テストステロンについてざっくりと理解したところで、次にテストステロンを分泌する行動を9つレクチャーしていきます。1つ1つ確認しながら、自分に最適な方法を選んでいきましょう。


1. テストステロンを増やす方法『筋トレをする』

テストステロンを効果的に増やす方法

テストステロンを最も分泌する最短ルートは、筋トレ。もちろん、筋トレをすればいいというわけではありません。息がすぐ切れてしまうほど、厳しい筋トレメニューをこなすことが必要不可欠です。体の隅々までしっかりと筋肉を付けたい!細マッチョになりたい!シックスパックが欲しい!と考えながら、全力で筋トレを行うことが、テストステロンを分泌させる手助けをしてくれます。ただし、長すぎるトレーニングは逆効果。テストステロン値を下げてしまう原因にもなってしまいます。より効果的なトレーニングメニューを効率的に実践していきましょう。

【参考記事】自分に合わせた筋トレメニューを選んで▽

 

2. テストステロンを増やす方法『睡眠の質を高める』

テストステロンを効果的に増やす方法

アメリカ・シカゴ大学の教授らによる実験において、「睡眠の質が高い男性は、睡眠不足の男性よりもテストステロン値が高かった」というデータが発表されています。睡眠時間を確保し、質の高い睡眠を取ることで、男性ホルモンの分泌が増えて、結果として朝のテストステロン数値が大幅に上がるのだそう。おおよその睡眠時間の目安は7時間と言われています。また、22〜翌2時はホルモン分泌が行われるゴールデンタイム。この時間に寝ているかどうかはテストステロン数値に大きく影響します。寝具にこだわり、熟睡できる環境を整えて、質の高いノンレム睡眠が取れる状態を常に維持しましょう。

 

3. テストステロンを増やす方法『ビタミンD&亜鉛を摂取する』

テストステロンを効果的に増やす方法

特にビタミンDと亜鉛をしっかりと体に取り入れているかどうかが、テストステロン分泌の重要なポイントになります。アメリカノースカロライナ州で行われた実験によると、ビタミンDの基準摂取量を守っている男性ほど、テストステロンの値が高い位置になっているとのこと。日本人のビタミンD基準摂取量は約5ug。魚の赤身部分100g程度が最適になります。

さらに、ビタミンDと肩を並べて重要な「亜鉛」は、ほとんどの日本人男性が不足している成分です。亜鉛自体には直接的にテストステロンを増やす効果はなく、体調を整えて結果的にテストステロンの増量ということが期待できます。男性が1日に必要な亜鉛は12mgと言われていますが、1日の食事でとれる亜鉛の平均は8mg程度。亜鉛が豊富な卵などの食材を取れれば最も良いですが、取ることができない人はサプリメントでしっかりと補強するようにしましょう。

販売サイトで購入

 
※しっかりと基準量を摂取できている場合、どちらのサプリも効果ありません。

 

4. テストステロンを増やす方法『食事の充実』

テストステロンを効果的に増やす方法

男性ホルモンが最も分泌されるシチュエーションは、低い脂肪率を維持しながら適度な運動をしている健康体の状態であること。ただし、低い脂肪率が重要だからといって炭水化物を抜いた食事ばかり食べていると、テストステロン値は下がります。しっかりと一日三食を決まった時間に食べることが男性ホルモン、つまりテストステロン値の分泌につながります。

【参考記事】筋肉をつけるのに効果的な食事法を徹底レクチャー▽

 

5. テストステロンを増やす方法『オナニーを減らす』

テストステロンを効果的に増やす方法

アメリカで行われたテストステロンの研究結果によると、「マスターベーション後はわずかにテストステロンレベルは上がるものの、やりすぎている男性は徐々にレベルが下がっている」という研究結果を出しています。これは、マスターベーションを楽しみにしている男性は、夜のパートナー探しを行わないようになっていく→テストステロンレベル低下→マスターベーションをする→パートナーを探さない…となりやすいからだそう。毎日行うほど性欲の強い男性は3日に1度に減らしてみるなど、自分の性欲に合わせてマスターベーションの頻度を設定する必要があります。できるだけ我慢して限界値で性を爆発させることが効果的にテストステロンを分泌する行動です。時には我慢も必要です。

【参考記事】この機会にオナにチャレンジしてみるのもアリ▽

 

6. テストステロンを増やす方法『ポジティブシンキング』

テストステロンを効果的に増やす方法

男性ホルモン(テストステロン)の分泌には心理状態が深く関わっています。アメリカの某大学教授は、スポーツの大会で勝ったチームの男性はテストステロン値が高く、負けたチームはテストステロンがほとんど分泌されていないという衝撃の事実を突き止めました。負けた→落ち込む、というネガティブな心理状態は、テストステロン値にマイナスの影響を与えます。常に前向きでポジティブな生活を送ることこそ、テストステロン値を上げる近道です。女性もネガティブな“さげまん”よりも、ポジティブで笑顔の多い“あげまん”がモテますよね。男も同じですよ!

 

7. テストステロンを増やす方法『ストレッチをする』

筋トレ テストステロン ストレッチ

男性ホルモンの中枢である、視床下部。ストレッチを行うと関節や筋肉が刺激されるため、いつも以上に視床下部が敏感に動き始めます。その結果、男性ホルモン(テストステロン)が多く分泌されます。ストレッチのタイミングは、睡眠の前後である夜寝る前と、朝起きてから1時間以内がベスト。体の軟らかさは血行も良くするため、ストレッチは誰にでもおすすめの方法です。

【参考記事】ストレッチを定期的に行って、テストステロンの分泌しやすい体に▽

 

8. テストステロンを増やす方法『魅力的な女性を口説く』

テストステロンを効果的に増やす方法

ただ、見知らぬ女性に声をかければ良い訳ではありません。自分が可愛い!綺麗!口説きたい!と思うような魅力を感じる女性にアプローチすることが大切です。好意のある女性にアプローチすることで、男性ホルモンの分泌を促進できます。重要なことは相手の女性を見てドキドキとした緊張状態を味わうこと。このドキドキこそ、テストステロンを分泌する重要な要素です。見知らぬ女性に声をかけるナンパは、最高潮のドキドキ感を味わえますよ。

【参考記事】最強のナンパテクニックをチェックしてみて▽

 

9. アルコールの摂取量を控える=テストステロン値が安定する

テストステロンを効果的に増やす方法

アルコールを大量に摂取すると、身体的にストレスを感じてしまい、男性ホルモンの中枢である視床下部の機能が低下します。そして結果的に、テストステロン値が下がってしまいまうことも。ただし、適量のアルコール(※人によって適量に個人差あり)であれば、ストレス解消につながるため、アルコール自体がNGという訳ではありません。日にちを決めて“軽く”お酒を嗜むことが大切です。

 

テストステロンを増やすメリットとは

ここまでしてテストステロン値を増やすメリットとは何なのか?テストステロンが我々に与えてくれる素晴らしい7つの効果をご覧ください。


テストステロンの効果① 筋肉の形成を促し、男らしい体になる

テストステロン量を増やせば男らしい体になる

テストステロンが体に及ぼす最初の効果は筋肉を成長させてくれること。筋肉がつきやすい体質に変わり、簡単な筋トレで男らしくたくましい体に生まれ変わります。テストステロンは天然の筋肉増強材と言われるほど素晴らしい効果を持っています。そしてプロテインと併用することで更なる効果を発揮します。筋トレでテストステロン分泌を促進→プロテインでテストステロンが更なる効果を発揮→その後の筋トレ効果をさらに倍増させてくれる→テストステロンが増える→…、というプラスの黄金サイクルになります。テストステロン値を増やすことが、男らしく生きる最短ルート。

【参考記事】テストステロンを駆使して、背中で語れる力強い男性に▽

 

テストステロンの効果② 女性にモテる

テストステロンを効果的に増やす方法

断言します。テストステロンの量が増える自然と女性にモてます。半信半疑の方もいらっしゃるかもしれませんが、紛れも無い事実です。テストステロンはモテフェロモンと呼ばれる、女性の好意を引き寄せる男性ホルモンです。あるラット(ねずみ)の実験で「モテない♂のラットにテストステロンを注射した途端に、♀のラットが群がりだす」という脅威の結果が確認されています。テストステロンを分泌させることが、モテない男からモテる男に成長するモテる方法ということ。

 

なぜ、テストステロン値の高い♂は♀にモテるのか?

端的に言うと、より良い(より強い)子孫を残そうとする♀(女性)の生物学的な判断です。「健康で体格がよく、生殖能力が高い♂(男性)ほどテストステロンを多く分泌している。」ということを本能的に知っているから。テストステロンがメスの本能に直接アプローチできることは、生き物である人間にも当然あてはまります。

【参考記事】モテそうな男性には、モテる理由が生物学的にありました▽

テストステロンの効果③ やる気が向上する(ドーパミンを分泌する)

テストステロンを効果的に増やす方法

テストステロンの効果として更に大きいのが精神面に及ぼす影響になります。「ドーパミン」という物質を知っているでしょうか。ドーパミンは脳にやる気や意欲を出すよう指示する、人間にはなくてはならない物質です。テストステロンはドーパミンの分泌を促す効果を持っているため、男性ホルモンを多く放出させることがやる気を上昇させることにつながります。つまり、筋トレする→やる気が出る→筋トレする→やる気が出る→…という正のスパイラルを作ることが可能です。

【参考記事】仕事も全力で取り組みたい男性へ▽

 

テストステロンの効果④ 生活習慣病・メタボリックシンドロームの予防

テストステロンを効果的に増やす方法

テストステロンの効果としてとても重要な影響は、生活習慣病・メタボリックシンドロームの予防になるということ。これはテストステロンが一酸化窒素(NO)の分泌を促すことによってもたらされる効果になります。一酸化窒素は、血管や臓器に有害な不純物質が蓄積されるのを防ぐことができるため、血管の状態を正常に保つことが可能です。メタボ予備軍の方またはメタボの方は、テストステロンを分泌することでメタボ予防を行うことができます。

【参考記事】テストステロンを増やしながらスピーディーなダイエットを▽

 

テストステロンの効果⑤ 性欲増強につながる

テストステロンを効果的に増やす方法

男性ホルモン、つまりテストステロンは性欲をつかさどる重要な要素の1つになります。寝不足や運動不足が重なってしまうと、若者でも性欲が衰えてしまいEDや膣内射精障害になってしまうことも。加齢と共に減っていく男性ホルモンをしっかりと補強することが大切。筋トレや睡眠、食事をしっかりと取って、テストステロン分泌を促進しましょう。

 

テストステロンの効果⑥ 加齢の衰えを防ぐ。いつまでも若々しくいられる

テストステロンを効果的に増やす方法

テストステロンは、加齢にともなう老化を司る小器官であるミトコンドリアの健康を保つためにとても重要です。【テストステロンの効果③ やる気の向上】で心の衰えを抑えて、ミトコンドリアで体の老化も防ぐ。テストステロンだけで、男性の健康が左右されると言っても過言ではありません。いつまでも若々しい男になれるように、しっかりとテストステロンの分泌を心掛けましょう。

 

テストステロンの効果⑦ 記憶力が上昇する

テストステロンを効果的に増やす方法

【テストステロンの効果③】でも説明しましたが、テストステロン値を上げることでやる気、つまり精神活動にプラスの影響を与えられます。精神活動を司っている臓器は、脳の中にある細胞小器官と言われており、細胞小器官は精神活動以外にも、判断力や記憶力、集中力などをコントロールしています。そのため、テストステロンを多く分泌すればするほど、脳の働きを促進させられるため、自然と記憶力や集中力を上昇させることに。テストステロンを少しずつ増やしていき、細胞小器官の健康状態を安定させましょう。

 

さあ、テストステロンで男を磨こう。

テストステロンを効果的に増やす方法

テストステロン値を増やす分泌方法と、テストステロンが体に及ぼす効果を徹底解説しました。男性ホルモンは歳を取るごとに減っていく要素。男としての人生を謳歌するために、分泌を即す動きが大変重要になってきます。テストステロンを増やして、男の真価を発揮していきましょう!

【参考記事】テストステロンを増やして、色気のある大人の男性に▽

【参考記事】テストステロンを高めるなら、セフレを作ってみるのもアリ▽

【参考記事】テストステロンを高めた後は、最高の出会いを見つけてみて▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事