ケーキのカロリーや糖質は?ダイエット中でも太りにくい食べ方や痩せるおすすめレシピをご紹介!

ケーキのカロリーやダイエット中に食べてもいいのかを知りたい方へ。本記事では、ショートケーキやチョコレートケーキなどのカロリーや糖質から、ダイエット中の食べ方のコツまで大公開!どうしても食べたい人にはおすすめの内容になっていますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

ケーキのカロリーや糖質は?ダイエット中は避けたほうが良い!

ケーキのカロリーや糖質は?ダイエット中は避けたほうが良い!

ケーキの原材料には小麦粉や砂糖がたくさん使われているため、摂取する糖質量も多くなるもの。例えば一般的なショートケーキは砂糖が100g含まれていますが、その糖質量は99.2gにのぼります。

糖質を摂りすぎると血糖値が上昇して、体内のブドウ糖を脂肪に変えてしまうインスリンが分泌され肥満の原因に。またバターやクリームチーズに含まれる脂質量もカロリーが増えるため、注意が必要です。

ここでケーキ1ピース当たりのカロリーはどのくらいなのか、一覧を見てみましょう。

  • ショートケーキ:366kcal
  • チョコケーキ:438kcal
  • チーズケーキ:315kcal
  • レモンタルト:335kcal
  • モンブラン:425kcal
  • ミルクレープ:235kcal
  • ティラミス:381kcal
  • ロールケーキ:251kcal
  • パウンドケーキ:208kcal

一番カロリーが低いパウンドケーキでも200kcal以上で、そのカロリーはおにぎり1個分と同程度。糖質、脂質量が多い=ハイカロリーとなるため、特にダイエット中は避けるべき食べ物と言えますね。


ケーキと他の洋菓子のカロリーを比較|低カロリーなお菓子はある?

ケーキと他の洋菓子のカロリーを比較|低カロリーなお菓子はある?

ケーキ以外の洋菓子も基本的にバターや砂糖が多く使われているため、脂質、糖質が多くハイカロリーになりがちです。

洋菓子1個あたりのカロリーはこちら。

  • シュークリーム:155kcal
  • プリン:113kcal
  • バウムクーヘン:203kcal
  • エクレア:197kcal
  • カヌレ:184kcal
  • クッキー:48kcal(1枚あたり)

「ケーキは控えているけど甘いものがどうしても食べたい!」そんな時はプリンがおすすめ。プリンはカロリー、糖質ともに低めでケーキと比べれば太りにくいと言えるでしょう。ただしホイップクリームがトッピングされているものは、カロリーが高くなっているので避けるべき。

シンプルなプリンも食べ過ぎてしまうと太る原因になるから、たまのご褒美として味わってくださいね。


ダイエット中にケーキを食べる時の注意点|太りにくい食べ方は?

ダイエット中にケーキを食べる時の注意点|太りにくい食べ方は?

ケーキは太ると分かっていても、どうしても食べたい気分になってしまうことはありますよね。そんな時、押さえておくべき食べ方のポイントを5つご紹介します。

少しの工夫で罪悪感を減らすことができるので、チェックしてみましょう。


ケーキの食べ方1. 低カロリー&低糖質なケーキを選ぶ

ケーキの食べ方1. 低カロリー&低糖質なケーキを選ぶ

太りやすいケーキとしては、以下のものが当てはまります。

  • バターや生クリームを使ったケーキ:ショートケーキなど
  • パイ生地系のケーキ:ミルフィーユなど
  • チョコレート系のケーキ:ガトーショコラなど
  • キャラメル系のケーキ:キャラメルパウンドケーキなど

最近は糖質を制限している『ロカボ』のケーキも増えてきています。ロカボ商品を扱っているお店を選んだり、少しでもカロリーや糖質、脂質が抑えられているものにしたりと意識しましょう。

太りにくいケーキは、以下のものが当てはまります。

  • タンパク質が多く含まれているケーキ:シュークリーム(カスタード)、シフォンケーキなど
  • 野菜や果物、ナッツが入ったケーキ:スイートポテト、フルーツタルトなど

フルーツが入ったケーキは、特にフルーツの中でも糖質が少なめな、生のいちごや桃を使っているタルトがおすすめですよ。


ケーキの食べ方2. ホールではなく、少量のカットケーキを選ぶ

ホールケーキを買った時1ピースだけ食べるつもりだったのに、つい食べ過ぎてしまった経験はありませんか。家にあると誘惑に負けてしまう可能性があるため、ケーキを買う時はカットされているものを選ぶようにしましょう。

少量でも満腹感を得るためには食べ方にも工夫するのがおすすめ。ケーキを食べる前に少量のナッツを食べたり、温かい飲み物を一緒に飲んだりすると、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぐことができますよ。


ケーキの食べ方3. 太りにくいお昼やおやつ時間帯に食べる

ケーキの食べ方3. 太りにくいお昼やおやつ時間帯に食べる

『時間栄養学』という言葉を知っていますか。何をいつ、どれだけ食べるかによって太りやすさが変わるとされる考え方のことです。

動物には時計遺伝子というものがあり、その中の一つ『ビーマルワン』は脂肪を溜め込む特徴があります。ビーマルワンの働きは朝6時から午後3時まで低下すると言われていて、その間に食べれば脂肪を溜め込みにくくなるのです。一方、夜10時から深夜2時が最も活発になるので、その時間帯にハイカロリーな物を食べるのは避けましょう。

時間を気にするだけでも太りやすさは変わってくるので、意識してみてくださいね。


ケーキの食べ方4. 食べた分は他の食事でカロリー調整をする

どうしてもケーキが食べたい時は前後の食事で炭水化物を減らす、置き換えをするといった工夫をすることも大切。

例えば白米に白滝を混ぜ込んでカロリーダウンさせたり、麺類であればこんにゃく麺に置き換えたりすると、カロリーと糖質を制限することができます。

ヘルシーな食事を心がけることで、過度な食事制限をしなくてもカロリーを抑えられますよ。

【参考記事】はこちら▽


ケーキの食べ方5. 運動量を増やし、消費カロリーを高める

ケーキの食べ方5. 運動量を増やし、消費カロリーを高める

ケーキを食べても、その後の運動で消費カロリーが摂取カロリーを上回れば問題ありません

カロリー消費にはランニングや水泳などの有酸素運動が最適。有酸素運動はこまめに行っても効果があるので、1日の中で何回か行うようにしましょう。また筋トレをすれば筋肉量が増えて基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすくなる身体づくりができますよ。

食べた分だけカロリーを消費することを意識してみてください。

【参考記事】はこちら▽


低カロリー・低糖質なケーキの作り方|おすすめレシピを大公開!

低カロリー・低糖質なケーキの作り方|おすすめレシピを大公開!

ダイエット中に食べるスイーツは、自分で作れば調整しやすいですよね。

ここからは、ダイエット中におすすめのケーキレシピを3つご紹介します。材料をヘルシーなものに置き換えることで美味しい上に低カロリー、低糖質なケーキが味わえますよ。ぜひ参考にしてみてください。

ダイエットにおすすめのケーキレシピ
  1. おからのショコラケーキ
  2. お豆腐のシフォンケーキ
  3. 豆腐のレアチーズ風ケーキ
タップすると移動します

おすすめレシピ1. おからのショコラケーキ

ダイエットにおすすめのレシピのおからのショートケーキ

  • カロリー:199kcal

チョコケーキは、ダイエット中には向かない高カロリーなケーキですが、原材料にお空を使うことで199kcalとかなりのカロリーカットを実現

おからは豆腐や豆乳を作る時に出るもので、食物繊維やイソフラボンが豊富に含まれているのが特徴。食物繊維はお通じを良くするだけでなく、満腹感を得やすいダイエットの味方です。

チョコケーキを罪悪感なく食べたい人にぴったりの一品です。

詳しいレシピを動画で見る


おすすめレシピ2. お豆腐のシフォンケーキ

ダイエットにおすすめのレシピのお豆腐のシフォンケーキ

  • カロリー:149kcal

お豆腐のシフォンケーキは、原材料の小麦粉を絹豆腐に置き換えています。

カロリーは149kcalで、一般的なシフォンケーキもカロリーは低いのであまり変わりませんが、糖質を大幅にダウンできるのが特徴です。

豆腐には脂肪燃焼効果があるタンパク質をはじめとした栄養素が豊富に含まれているため、スイーツを食べながら栄養を摂れるのも魅力の一つ。

ヘルシーなだけでなく、豆腐の水分で焼き上げることによって食感もしっとりなめらかに。優しい味わいのシフォンケーキが食べたい時に、試してみてはいかがでしょうか。

詳しいレシピを動画で見る


おすすめレシピ3. 豆腐のレアチーズ風ケーキ

ダイエットにおすすめの豆腐のレアチーズ風ケーキ

  • カロリー:152kcal

一般的なレアチーズケーキのカロリーは348kcalですが、このレシピはなんと半分以下の152kcal

ヘルシーな理由は小麦粉の代わりに豆腐を使い、クリームチーズをヨーグルトに置き換えているからです。

特にクリームチーズは200gあたり692kcalと高カロリーですが、それを無糖ヨーグルトにすることで、低カロリーのチーズケーキを作ることができます。ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、腸内環境を整えて老廃物の排出を促す効果もありダイエットに最適。

爽やかな味わいのケーキが食べたい時にぴったりです。

詳しいレシピを動画で見る


ダイエット中のケーキは工夫して食べて、ストレスなく痩せていこう。

ダイエット中にケーキを食べることで太るかどうかは、選び方や食べ方で変わるもの。

「ダイエット中だし甘い物は食べないようにしなきゃ……」という意識が強くなりがちですが、我慢しすぎるとストレスが溜まってしまうことも。無理をするとダイエットが苦痛になり続かなくなってしまいますよね。

頑張った日のご褒美として、工夫しながら美味しく味わいましょう!

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事