パパ活で危険な目にあった“男性”の例|注意すべきケース14選

パパ活で危険な目にあった“男性”の例|注意すべきケース14選

サイトやアプリを通じてパパ活をしていると稀に危険な目に遭うことがあります。今記事では、実際にパパ活で危険な目に逢った男性の体験談を紹介。注意すべきケースを事前に知っておくことで、危険を回避することもできるので、しっかりと読んで対策しておきましょう!

パパ活で危ない目にあった男性の体験談・注意点をご紹介

パパ活で危ない目にあった男性の体験談・注意点をご紹介

パパ活という言葉が一般化しているとはいえ、結局はお金でつながっている縁なので、揉めやすいのも事実です。

そこでこの記事では、実際にパパ活をしていて男性が危険な目にあったり、揉めた例をご紹介していきます。


注意点① マッチングした相手に現金を騙し取られる

パパ活の注意点

──危険レベル:★★★★★

実際に事件としてニュースにもなりました。マッチングアプリでマッチングした女性が、実は裏で糸を引いている男性の指示で動いていて、交際を望んでいるよう装ってホテルで会い、うその相談を持ちかけて現金をだまし取ったそうです。

特にお金を持っているであろう、高齢男性をターゲットにした悪質な事例です。

参考ニュース記事:https://www3.nhk.or.jp/


回避策

セルフリスクマネジメントとして、急に高額なお金の話が出てきたりしたら、その場を離れたり、誰かに相談するなど決して相手の話に乗らないようにしましょう。


注意点② お店が裏で手を引いていて、写真と全然別の人が来る

パパ活の注意点

──危険レベル:★☆☆☆☆

パパ活アプリやサイトにも、業者が紛れています。また、風俗嬢やキャバ嬢が個人的にパパ活をしていて、パネマジまがいの詐欺写真を使っている場合もあります。

そのため写真と違う人が来て騙されたと感じる人や、明らかに手慣れた感じでホテルに誘導したり、お金を受け取ったりするプロな女性とマッチングすることもあるそうです。

46歳男性

46歳男性

アプリで会う約束をした女の子が、実際にあったら全然違う人が来ました。

明らかに別人だったので、「写真と違いすぎない?」と言ったら、もう来てしまったので、お手当はもらうと言われて、つまらない食事時間を過ごしました。

39歳男性

39歳男性

写真詐欺にあってしまった。。。

写真では細身で巨乳だったけど、実際あったら、僕の2倍の幅があって引いた。

「パパ活全然うまく行かない」と言ってたけど、そりゃそうだろって思った。

回避策

被害を最小限に抑えるには、最初はカフェでの顔合せから始めることです。いきなりホテルを匂わせるのは、パパ活がうまく言っていない子の場合が多く、その理由は大体写真詐欺。

なので、ホテル提案に小躍りせずまずは、カフェで過ごして、大丈夫ならホテルに移動するなどの防衛策を張りましょう。


注意点③ かばんや財布からお金や物を取られて逃げられる

パパ活の注意点

──危険レベル:★★★☆☆

ちょっと目を話した隙に、かばんを漁られて財布からお金を抜かれたり、金品を盗まれたり、犯罪まがいの行為に会う男性もいます。

あくまでもお金でつながっている関係ということを忘れずに、気を許してスマホや財布を置きっぱなしにしないにしましょう。

回避策

所詮は他人。腹の中では何を考えているか分からないので、貴重品は肌身放さず持ち歩くことを徹底しましょう。


注意点④ アプリで写真を加工しまくる

パパ活の注意点

──危険レベル:★☆☆☆☆

写真の加工はもはや通常の行動で、女の子はみんな当たり前にやっています。皆奇跡の一枚や加工をしてどうにかして神パパを見つけようとしてくるので、写真通りの子が来ることを期待しないほうがいいでしょう。

回避策

必ず顔合わせをセッティングして、顔合わせのお手当の金額を減らしておきましょう。初回はあくまでお試し、という感じで会うのがいいですね。


注意点⑤ 体型やスタイルの嘘を付く

パパ活の注意点

──危険レベル:★☆☆☆☆

体型に関しても男女でぽっちゃりの基準が違ったり、うまく服装で隠して騙したり、あれこれ手を尽くして、魅力的に見せようとしてきます。

回避策

もし理想の体型があるなら、いきなりホテルなどには誘わず、きちんと顔合せを挟んで確認することから始めて下さい。


注意点⑥ モデルや芸能関係の経歴をでっち上げる

パパ活の注意点

──危険レベル:★☆☆☆☆

過去の経歴も、簡単に魅力的に見せられます。誰でもなれるカットモデルやエキストラの仕事をちょっとしたことがある、など、何かしらの引っ掛かりを誇張して経歴を作っている場合もあるので、モデルや芸能といった男性にとって魅力的なワードは注意が必要です。

回避策

そういった職種は、身バレを防ぐために人づての紹介でパパ活をします。そういった職種は、身バレを防ぐために人づての紹介でパパ活をします。アプリやサイトにいるのは、業者か経歴を盛っているかのどちらかなので、避けましょう。


注意点⑦ 個人情報をネットに晒される

パパ活の注意点

──危険レベル:★★★★☆

やり取りのLINEやメッセージ画面のスクショはもちろん、アプリで使っているプロフィール写真やスペックまでスクショでさらされる例もあります。

本当に騙そうとした悪質な男性を晒す場合もありますが、例外的に女性の腹いせや憂さ晴らしで、さらされる場合もあるので、かなり危険です。

今はネットの情報からすぐに個人の特定につながってしまうので、パパ活をする男性にとってはかなりのリスクになってしまいます。

回避策

ある程度信頼関係を結ぶまでは、伝えないようにしましょう。メインで使っているLINEではなく、カカオなどの別のメッセージアプリを使うなど、個人のアカウントがさらされてもダメージが少ないようにしましょう。


注意点⑧ 病気を移される可能性がある

パパ活の注意点

──危険レベル:★★★★☆

パパ活女子は複数人のパパが居ることが多いです。なので、不特定多数の男性と関係を持っていることも多く、知らずに病気をもらっている可能性も高いです。

症状がなければ病気の検査もしないでしょうし、もらってても言わない可能性だってあります。

病気になってしまうと、家族には通院歴でバレる可能性もあるので、かなりリスクが大きい事案です。

回避策

もしそういう行為に至った場合は、きちんと対策をすることです。


注意点⑨ 家族にバレて揉める

パパ活の注意点

──危険レベル:★★★☆☆

アプリをインストールしたり、サイトを使っていると家族にもバレるパターンもあるそうです。画面の通知が表示されてバレるなど初歩的なミスでもバレたという例もありました。

以外にも町中で遭遇した、見られたという報告はあまりなかったですが、家族がいる行動範囲内でパパ活をしないほうがいいですね。

回避策

家族のいる場所にスマホを置かないこと、アプリの通知はオフにすることが必須です。


注意点⑩ 人目が多いところだと知り合いに会うリスクがある

パパ活の注意点

──危険レベル:★☆☆☆☆

待ち合わせ場所や食事場所は繁華街が多いと思いますが、あまり人が多い場所だと、知人や会社の同僚に見つかったりする危険性があります。

噂が駆け巡って友人や職場での変な噂が立つことになり、日常生活に支障をきたすかもしれません。

回避策

人が多い繁華街は避けるのはもちろん、普通の人が行かないような高級ホテルのカフェやラウンジで会うようにする。


注意点⑪ 気性が荒い強気な女性もいるので注意

パパ活の注意点

──危険レベル:★☆☆☆☆

ヤンキー気質というか、気の強い女性に対しては、写真と違うとか金額が違うとか、あれこれ言っても一歩も引かずに、お手当を払わないといけない状況に追い込まれた、という事例もありました。

事前のメッセージで分かればいいことですが、会った途端に態度を豹変させる人もいるそうなので注意が必要です。

回避策

こういった類はどうやっても回避不可能なので、まずは被害が少ないカフェでお茶から初めて金額も少なくセッティングしておき、現金の所持を最小限にしておきましょう。


注意点⑫ 相手を信頼する前に個人情報を伝える

パパ活の注意点

──危険レベル:★☆☆☆☆

なにかあったときに個人情報を晒される危険性もありますが、どこの誰かもわからない相手に自分のことをあれこれしゃべったり、信用してもらうために身分証を気軽に見せるのは避けたほうが良いでしょう。

気軽にこんなパパに出会った、とネットに情報を載せてしまうので、特定されかねません。

回避策

別口からの信頼関係を結ぶようにしましょう。この女性に個人的な情報を教えても大丈夫か、何度か会っていく中できちんと、見極めて行くようにしたほうが得策です。


注意点⑬ 写真を撮られて弱みを握られる

パパ活の注意点

──危険レベル:★★★★☆

あまり例がないようですが、写真を撮られる、隠し撮りをされる、ようなことをされて、弱みを握られるようなこともあるそうです。

もしあるのなら犯罪ですが、噂レベルでそういう事が行われているという情報を聞きつけました。

36歳男性

36歳男性

やはり多少の後ろめたさはあるので、写真をられたり、個人情報を握られないようにはしています。

それのせいで家族に影響が出ても困るので。

44歳男性

44歳男性

あまり特定できる個人情報を開示したくないですね。パパ活しているときだけの関係でいたいので。

回避策

女性が隠し撮りをするときは大抵スマホなので、変な角度でスマホを構えていたら要注意。


注意点⑭ わざと避妊せず妊娠して、毎月生活費を請求される

パパ活の注意点

──危険レベル:★★★★★

関西の資産家が元妻に殺された事件がありましたが、金銭でつながっているパパ活は、女性側のお金に対する執念がすごいです。

噂では、いわゆる経営者や役員レベルの金持ちとパパ活、と言うよりも愛人に近い関係の女性が、ピルを飲んでいると嘘を付き避妊せず妊娠、その後出産をして、パパ活相手に金銭的な責任を取らせる、という事例もあるとかないとか。

やはりパパ活は大人の関係ナシが前提ですし、もしそうなってもきちんと防衛策は講じておきたいですね。

56歳男性

56歳男性

港区界隈のパパ活は他と比べてかなりインフレしているので、金額が相当高いですね。

女性も金持ちが集まると知っているので、相手のステータスにつけ込んで、ますし男性側も高い金額を提示して、大人も普通にやってます。

1晩いくらで避妊なし、とか言ってる男もいるので、妊娠させて出産も、まんざら噂レベルじゃないのでは?

回避策

かなり稀なケースですが、相手の言うことは信用せずきちんと避妊しましょう。


男性側も、自己防衛は必要。安全に会えるように事前に対策しましょう。

パパ活はお金でつながっている関係性なので、「金の切れ目が縁の切れ目」と言わんばかりに、お金で揉めます。

事前にしっかり話し合ってお互いの認識のズレを正すようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事