デンタルフロスのおすすめ集|歯と歯の隙間にある汚れを簡単に取れる人気グッズを解説

おすすめのデンタルフロスをお探しの方へ。本記事では、デンタルフロスの選び方からおすすめのデンタルフロスまで大公開!歯間の汚れを落とせるものはもちろん、歯磨きでは磨き残しになる歯垢に効果的な商品を紹介しているので、気になった方はぜひチェックしてください!

デンタルフロスは、歯ブラシでは磨きにくい歯間の汚れをしっかり除去できる!

デンタルフロスのおすすめ

毎日綺麗に歯を磨いていても、除去できる歯垢は約60%と言われています。実は歯ブラシだけでは特に歯間の汚れには届きにくく、気づかずにいると虫歯や口臭などのトラブルに。

しかし、フロスを使うことで歯垢の除去率を約80%まで引き上げることが可能

磨きの残しがある歯と歯の間の汚れまでしっかりと取り除けるから、お口の中を綺麗に保つために必須のアイテム。

歯ブラシで磨いたのにデンタルフロスを使ってみると、汚れがついてる、けっこう臭いといったことがあり、十分にお口を綺麗に出来てなかったことに気づきますよ。

歯の健康を意識している人や年をとっても歯を健康に保ちたい人は、デンタルフロスを使って、ぜひお口の中を清潔に保ちましょう。


デンタルフロスの選び方|購入する前に確認すべき点とは

単にデンタルフロスといっても種類は豊富。初めて購入する場合、何を選ぶべきかわかりませんよね。

ここからは、失敗しないデンタルフロスの選び方を紹介します。

ぜひ自身に最適なデンタルフロスを見つける手がかりにしてください。


デンタルフロスの選び方1. 初心者や子供は「ホルダータイプ」を使おう!

デンタルフロスを初めて使う場合やお子さんの場合、うまく扱えずになかなか歯垢を除去できないもの。

「ホルダータイプ」のデンタルフロスは、持ちやすいプラスティックの柄に糸がついているので、初心者や小さい子でも簡単に扱えます

片手で手軽に使えるため、毎日歯磨きに対して億劫な気分になることはありません。

  • 前歯に使う場合は「F型」
  • 奥歯に使う場合は「Y型」

状況に合わせて使い分けましょう。


デンタルフロスの選び方2. 詰め物がある人は「ロールタイプ」が便利!

詰め物が歯の側面まである場合、歯と歯と間にただフロスを入れるだけでは歯垢を落とせません。また、しっかり詰め物があると、引き抜くのに手間取ってしまいます。

「ロールタイプ」のデンタルフロスは、両手で持って歯をケアするアイテム。歯の側面に沿ってフロスを動かせるため、詰め物があっても歯を綺麗にできます。

また、片手を離せばスッと引き抜くことができるので簡単。

デンタルフロスを使っても磨き残しが多くなってしまう人は、「ロールタイプ」の中でも唾液や摩擦によって膨らむ『エクスパンドタイプ』を選ぶことをおすすめします。


ロールタイプは「ワックスの有無」もチェックしよう!

「ロールタイプ」のデンタルフロスには、ワックスのついているものとついていないものがあります。ワックスの有無によって歯垢や汚れの取りやすさが違うので、購入前にチェックしましょう。

  • ワックス有りのデンタルフロス:スムーズに歯と歯の間に通せてやすく、初心者にはかなりおすすめ
  • ワックスなしのデンタルフロス:歯垢をより除去しやすい

自身の歯の状態に合わせて選んでください。


デンタルフロスの選び方3. フロスの素材にも注目して選ぼう

デンタルフロスの素材には大きく分けて、

  • ナイロンフロス
  • ポリエステル
  • ポリエチレン

の3つが使われており、それぞれ特徴が違います。


汚れをしっかり取りたい人は、摩擦力が高い「ナイロンフロス」がおすすめ

頑固にこびり付いた歯垢を除去するのは一苦労。力を入れすぎると腕が疲れていまいます。

人気の「ナイロンフロス」は摩擦力の強いタイプです。頑固な食べかすや歯垢でもしっかりかき出し、清潔な状態をキープしやすくなります。耐久性も高いので、力を入れても比較的切れにくいです。

汚れをしっかりと除去を重視したい人は「ナイロンフロス」を選びましょう。


痛みが怖い人は、柔らかい「ポリエステル」がおすすめ

デンタルフロスを使う際、痛みを伴ってしまう人も中にはいます。

「ポリエステル製」は、他の素材に比べて柔らかい素材です。デンタルフロスを使用していても痛みを感じにくく、歯を優しくケアします

やや切れやすいというデメリットもありますが、歯垢や食べかすの除去率に問題はありません。


歯間が狭い人は、極細で切れにくい「ポリエチレン」がおすすめ

歯と歯の間が狭い人だとデンタルフロスが入り込みにくかったり、引き抜いたときに切れてしまうことがあります。

「ポリエチレン製」は、他の素材に比べて高い強度が特徴。さらに細く作られているため、狭い歯間の場合でも入り込みやすく、切れることも少ないです。

しっかり詰まった歯間をしている人は「ポリエチレン製」を選びましょう。


デンタルフロスの選び方4. 快適に使用したい人は「フレーバー付き」がおすすめ!

普段からフレーバー付きの歯磨き粉を使っている場合や、歯磨きを嫌がるお子さんの場合、無香料のデンタルフロスはなかなか使いにくいもの。

歯磨き粉と同じく、デンタルフロスにもフレーバーがついている商品もあります。

口の中を爽快にしたい人はミントなどのフレーバー。歯磨きを嫌がるお子さんにはフルーツのフレーバーを選ぶなどすれば、スムーズにデンタルフロスを使えるでしょう。

無香料のデンタルフロスに抵抗がある人はフレーバーつきを検討してください。


デンタルフロスの選び方5. ステイン除去やフッ素ケアなど、付属の効果も見ておこう!

毎日歯磨きをして歯垢をある程度除去しても、歯の黄ばみやくすみを取り除けるわけではありません。しかし、トータル的に口の中をケアするのは面倒なもの。

デンタルフロスの中には、コーヒーやタバコの黄ばみを落とすステイン除去や、より口内を清潔に保てるフッ素ケアをできる商品も販売されています。

プラスで口腔ケアグッズを使わなくても簡単にお手入れが可能です。

デンタルフロスを選ぶ際には、プラスαの効果にも注目して選んでみてください。


【ホルダータイプ】デンタルフロスのおすすめ5選

ここからは、人気があるホルダータイプのおすすめデンタルフロスを5つ紹介します。

安い商品から汚れを落としやすい商品など幅広く揃えました。

ぜひ参考にしていただき、お気に入りのホルダータイプを見つけてください。


ホルダータイプのおすすめ1. 小林製薬の糸ようじ フロス&ピック デンタルフロス

小林製薬の糸ようじ フロス&ピック デンタルフロス 60本 (やわらか歯間ブラシ試供品付き)
おすすめポイント
  • 1つのフロスに6本の糸を使っているので、汚れを絡め取りやすい
  • ハンドル部分にピックがついているので、細かい汚れも取れる
  • 耐久性の高い糸を使用しており、使用中に切れにくい

『小林製薬の糸ようじ フロス&ピック デンタルフロス』は、糸がついている部分とは逆にピックが付いているのが特徴。

デンタルフロスだけでは取りきれなかった歯垢・汚れもピックを使うことで簡単に取り除けます。

1本のフロスに糸が6本付いているため、通常の使用時でも汚れを効果的に除去可能。1回の使用で歯についた汚れをほとんど取り除けるでしょう。500円以内と、価格も安いのは嬉しいですね。

デンタルフロスを使っていても全ての汚れを取りきれない人や、細かい汚れまでしっかり除去したい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ナイロン
  • フレーバー:ー
  • プラスαの効果:ー
  • 内容量:60本

ホルダータイプのおすすめ2. UFCサプライ こどもデンタルフロス

UFCサプライ こどもデンタルフロス フロッシィ 60本入 60個 (x 1)
おすすめポイント
  • 様々なフレーバーが入っているため、子供でも嫌がらずにケアできる
  • 丸い筒にフロスが入っているので、洗面所に置きやすい
  • 細くて丈夫な糸を使っているので、口の小さなお子さんでも使いやすい

「UFCサプライ」が販売する『こどもデンタルフロス』。6つのフレーバーが使われているのが特徴。全て子供が好きそうなオレンジやブドウなどのフレーバーばかりなので、歯磨きを嫌がるようなお子さんでも喜んで使ってくれるでしょう。

フレーバーごとに色が分かれているため、お子さんでも見分けをつけやすくなっています。「今日はどれにする?」のように、お子さんとコミュニケーションもとりやすいでしょう。

小さいお子さんの口腔ケアをしっかりと行って虫歯を防ぎたい方におすすめ

お子さんの歯磨きがスムーズに終わりますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ポリエチレン
  • フレーバー:マンゴー、オレンジ、イチゴ、ブドウ、メロン、ピーチ
  • プラスαの効果:キシリトール配合
  • 内容量:60本

ホルダータイプのおすすめ3. ライオン クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ

クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 大容量 単品 18本×3
おすすめポイント
  • Y字タイプのフロスなので、奥歯でも簡単に使用できる
  • 独自設計のハンドルを採用しており、持ちやすく安定した使い心地
  • 洗って繰り返し使えて耐久性も高いため、コスパが良い

人気メーカー「ライオン」が販売する『クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ』。

Y字の形状を採用しており、口の奥まで入り込みやすいのがポイントです。奥歯の歯間までしっかりとケアできますよ。

また、ライオン独自のハンドル設計を採用しているのも特徴。使用中に手が滑ることなく、安定した使い心地を実現しています。1本あたり15円ながらも、洗って使えるのでコスパが良くなるのは嬉しいですね。

口が小さくて奥歯までデンタルフロスが入り込みにくい人や、奥歯までしっかりケアできているか心配な人に最適です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ポリエチレン
  • フレーバー:ー
  • プラスαの効果:ー
  • 内容量:18本×3

ホルダータイプのおすすめ4. デンタルプロ フレッシュ フロスピック

デンタルプロ フレッシュ フロスピック 100本入
おすすめポイント
  • 100本入りで400円以下というリーズナブルな価格でコスパが良い
  • フワッとした繊維の糸を使用しており、歯垢を効果的に絡め取る
  • アームがコンパクトに作られているので、口の中でも扱いやすい

「デンタルプロ」の販売する『フレッシュ フロスピック』は、100本入りという大容量が魅力の一つ。しかも400円以下という安い価格設定で、高いコストパフォーマンスを実現しています。

1本あたり4円以下のため、毎日使っても経済的負担はあまりありません。

安いとはいっても機能性に問題はなし。細いマイクロ繊維を使用した糸は、しっかりと汚れや歯垢を絡め取ってくれるでしょう。

デンタルフロスに使うお金をなるべく節約したい人や、家族が多くて生活費がかさむ人におすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ポリエステル
  • フレーバー:ー
  • プラスαの効果:ー
  • 内容量:100本

ホルダータイプのおすすめ5. 小林製薬の糸ようじ スルッと入るタイプ 狭い歯間にも入りやすい フロス&ピック

小林製薬の糸ようじ スルッと入るタイプ 狭い歯間にも入りやすい フロス&ピック デンタルフロス 60本
おすすめポイント
  • 1本の中に4本の糸を使っているので、簡単に歯垢を絡め取れる
  • 歯間にスルッと入り込みやすいので、初心者でも扱いやすい
  • 糸が緩めな張られているので、カーブした部分の汚れも取りやすい

『小林製薬の糸ようじ スルッと入るタイプ』は、通常よりも糸が緩く張られているのが特徴。歯の側面などカーブしている部分にしっかりと密着し、効果的に汚れや歯垢を取り除いてくれます

磨き残しを減らし、虫歯になるリスクを軽減してくれるでしょう。

また、1本のフロスに対して細い糸を4本貼っているのもポイント。一度では取りきれないような汚れも少ない回数で取り除きます。

磨き残しの気になる人や、しっかり磨いていると思っても歯医者で「歯垢が残っている」と言われやすい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ポリエチレン
  • フレーバー:ー
  • プラスαの効果:ー
  • 内容量:60本

【ロールタイプ】デンタルフロスのおすすめ5選

ここからは、人気があるロールタイプのおすすめデンタルフロスを紹介します。

コスパの良い商品から磨き残しを減らせる商品など幅広く揃えました。

ぜひ参考にしていただき、お気に入りのホルダータイプを見つけてください。


ロールタイプのおすすめ1. オーラルケア フロアフロス

オーラルケア フロアフロス 45m 白
おすすめポイント
  • 繊維がフワッと広がる仕様なので、歯茎に当たっても痛くない
  • 384本の繊維によって作られているので、歯垢を効果的に除去する
  • 耐久性が高いので、使用している間に切れることが少ない

「オーラルケア」の販売する『フロアフロス』は、指原莉乃さんがおすすめしていたことで人気が集まっているフロス

柔らかい肌心地の糸が特徴的で、使用中は唾液や水分を含んで糸がフワッと広がるため、歯茎に当たってしまっても痛くありません

また、1本のフロスに対して繊維を384本も使用しているのもポイント。

1回の使用で多くの汚れや歯垢を絡め取って虫歯を防ぎます。歯肉周りの汚れも綺麗に取り除き、使用後はスッキリとした気分になれるでしょう。

デンタルフロスを初めて使うにあたって、「使用すると痛いのでは」と不安な人でも安心して扱えるデンタルフロスです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ポリエステル
  • フレーバー:ー
  • プラスαの効果:ー
  • 内容量:45m

ロールタイプのおすすめ2. REACH デンタルフロス

おすすめポイント
  • ワックス加工されているので、歯と歯の間に入り込みやすい
  • 極めて細い繊維を使用しているため、効率的に歯垢を絡め取る
  • ノンフレーバーなので、好みの分かれる家族でもみんなで使える

「REACH」のデンタルフロスはワックス加工されている点と極細繊維を使用している点が特徴。歯と歯の間が狭い人でも、スムーズに入り込んで汚れや歯垢を除去できます

歯肉までしっかり入り込み、届きにくい部分の磨き残しや虫歯を防げるでしょう。

また、ノンフレーバータイプというのもポイント。好みの分かれるフレーバータイプとは違うため、家族など複数人で使う場合でも問題は起きません。

歯と歯の間が狭くて、デンタルフロスを使うと痛くなりやすい人でも気兼ねなく使えるおすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ナイロン
  • フレーバー:なし
  • プラスαの効果:ー
  • 内容量:50m

ロールタイプのおすすめ3. ライオン クリニカアドバンテージ スポンジフロス

クリニカアドバンテージスポンジフロス 40M ブリスター 40メートル (x 1)
おすすめポイント
  • 糸が膨らむ仕様になっているので、効率的に歯垢を除去できる
  • キシリトールが配合されており、ミントの香りがお口に広がって爽やか
  • 歯の間にスルッと入るので、スムーズに歯間をケアできる

人気メーカー「ライオン」の『クリニカアドバンテージ スポンジフロス』は、唾液や水分に触れるとスポンジのように膨らむエクスパンドタイプ。歯間に入り込んだ時に隙間なく掃除できるため、磨き残しを減らします。

何度も繰り返し動かさなくても効果的に汚れを取り除けるのは嬉しいですね。

また、キシリトールが配合されているのもポイント。ミントの香りとともに、使用後にはスッキリとした爽快感が広がるでしょう。

できるだけデンタルフロスを使う時間を短くしたい人や、磨き残しが起こりやすい人にぴったりの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ナイロン
  • フレーバー:ミント
  • プラスαの効果:キシリトール配合
  • 内容量:40m

ロールタイプのおすすめ4. 歯愛メディカル Ciフロス

Ciフロス ミントワックス・フロライド(フッ素加工) スポンジタイプ 40m 1個
おすすめポイント
  • フッ素ケアも同時に行えるので、口内をトータル的にケアできる
  • ミントの香りが口の中に広がるので、使用後はスッキリした気分になる
  • 水分を含めると膨らむため、汚れを除去しやすい

「歯愛メディカル」の『Ciフロス』は、フッ素ケアも行えるのが最大の特徴。歯磨きの後にデンタルフロスを使うだけで、虫歯の予防が簡単に行えます。歯の汚れを落としながら、トータル的な口腔ケアが可能ですよ。

また、フレーバーにミントの香りを採用しているのもポイント。使用中は爽やかな香りが口の中に広がり、使用後にはスッキリとした爽快感を感じられるでしょう。

300円台と値段が安いのも嬉しいですね。

フッ素ケアを別で行うのが面倒に感じている人や、しっかりと虫歯のできない歯に仕上げておきたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ー
  • フレーバー:ミント
  • プラスαの効果:フッ素ケア
  • 内容量:40m

ロールタイプのおすすめ5. リーチデンタルフロス ノーワックス

リーチデンタルフロス ノーワックス 50M
おすすめポイント
  • ワックスを使用していないので、頑固な汚れでも除去しやすい
  • 無香料・無添加の商品なので、幅広い層に気に入ってもらえる
  • 見た目がスタイリッシュなので、洗面所にしっかり馴染む

『リーチデンタルフロス ノーワックス』は、その名の通りワックスを使用していないデンタルフロスです。摩擦力が高いため、頑固な汚れや歯垢までしっかりと除去できます。市販でもノーワックスのデンタルフロスはなかなか見かけません。

パッと見のデザインがシンプルかつスタイリッシュな点も魅力。洗面台に置いても違和感を感じるどころか、おしゃれに見えます。雰囲気を崩すことはありません。

ゴシゴシしてしっかり汚れを除去したい人や、なかなか取れない歯垢が残っている人におすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ー
  • フレーバー:なし
  • プラスαの効果:ー
  • 内容量:50m

デンタルフロスを使って、汚れのない綺麗なお口に!

歯の汚れを効果的に除去できると人気のデンタルフロス。歯間に残った汚れまでしっかりケアできます。

ぜひこの記事で紹介した選び方や人気のアイテムを参考にして、自分に合ったデンタルフロスで口内をしっかりケアしましょう!


【参考記事】歯間ブラシのおすすめ集はこちら!▽

【参考記事】使ってる歯ブラシもこだわってみませんか?▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事