れんこんダイエットは効果がある?正しい食べ方やおすすめレシピを徹底解説!

れんこんダイエットの効果ややり方を知りたい方へ。本記事では、れんこんダイエットの効果やメリットから、正しい食べ方まで大公開!おすすめのアレンジレシピも紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

れんこんがダイエットに向いている理由|どんなメリットや効果があるの?

れんこんがダイエットに向いている理由.jpg

シャキシャキで歯ごたえのある野菜、れんこん。「れんこんでダイエットできるの?」と思う方も多いかもしれません。

しかし、そんなれんこんにどんなメリットや効能があるのかご存じでしょうか。

ここからは、れんこんがダイエットにおすすめな理由を詳しくご紹介していきます。ぜひ、チェックしてみてくださいね。


理由1. 100gあたり約66kcalの低カロリー食材

100gあたり約66kcalの低カロリー食材.jpg

ダイエット中の食事で特に注意しなければならないのが、カロリー。根菜類はカロリーが高そうで、ダイエットには不向きだと思っている方も多いはず。

同じ根菜類のじゃがいもは100gあたり76キロカロリーなのに対して、れんこんは66キロカロリーと低めです。実は、れんこんは根菜類の中でもそんなにカロリーが高くないのが特徴。

れんこんは、低カロリーなのに栄養素も高いので、健康的にダイエットしたい方へのおすすめの食材ですよ。


理由2. 不溶性食物繊維が豊富なので、腸内環境を整えてくれる

食事制限を中心としたダイエットを行う方も多いですよね。しかし、食事量が少なすぎたり、あまりに栄養素が偏ったりしてしまうと、便秘になってしまうことも。

れんこんは、100gあたり1.8gの不溶性食物繊維が含まれています。不溶性食物繊維は、水の中で膨らみ腸の働きを活性化させる効果があり、便秘の解消に効果的。

また、水に溶けやすい水溶性食物繊維も含まれていて、糖質の吸収を穏やかにします。そのため、コレステロールの吸収を抑えて太りにくくすることにも役立ちますよ。

便秘がちで、いくらダイエットしていても痩せないという方は、まずはれんこんを食事に取り入れ、腸内環境を整えてみてくださいね。


理由3. カリウムが多く含まれてるので、むくみに解消に効果的

むくみに解消に効果的.jpg

「ダイエットを頑張っているけれど、なぜか痩せない。」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実は、むくみが原因で体重が増えたり、太って見えることも。

れんこんに含まれるカリウムは、人間の生命を維持するのに大切な必須栄養素。身体の水分バランスを保ち、余分な塩分を排出してくれるので、むくみの解消にも大きな効果があります。

れんこんには100gあたり440mgものカリウムが含まれているから、食事にれんこんを取り入れることで、むくみがスッキリとして見た目も細く見えるようになりますよ。


理由4. 食べごたえがあるので、満足感を得やすい

「食事制限しているけど、お腹が空いてしまって、つい食べてしまう!」という方も多いはず。空腹を我慢し続けると、ストレスになり、ダイエットが続かなくなってしまいますよね。

れんこんの食感はシャキシャキとしていて、食べごたえがあるのが特徴。よく噛まなければいけないので、満腹中枢が刺激され、満足感を感じやすくなります。また、食物繊維が豊富だから、腹持ちが良くお腹が空きにくいのも嬉しいポイント。

いつもお腹が空いて、ダイエットにストレスを感じているという方は、ぜひれんこんダイエットを試してみて。


れんこんダイエットの効果的なやり方|正しい食事法を教えます

れんこんダイエットの効果的なやり方.jpg

さらに効果的にダイエットするには、れんこんを主食と置き換えるのがコツ。れんこんは、お腹にたまりやすく、食べごたえのあるので、主食と置き換えても満腹感を味わえます。

れんこんは根菜類だから、葉もの野菜などと比べるとカロリーは低くはありません。なので、ご飯を一緒に食べるなど、食べ方を間違えてしまうと、すぐにカロリーオーバーに。

れんこんダイエットをする時は、主食の置き換えと考え、どうしてもご飯が食べたい時は、お茶碗1/3程度に抑えましょう。


れんこんダイエットで効果を出す4つのポイント|短期間で痩せるためのコツや注意点を解説!

れんこんダイエットで効果を出す4つのポイント.jpg

れんこんには様々なメリットがあり、正しい食事方法がわかったところで、ここからは、効果的にダイエットができるポイントを4つご紹介します。

れんこんダイエットのやり方のコツや注意点を理解するだけで、より効果がアップしますので、ぜひチェックしてみてくださいね


ポイント1. れんこんは100g中15.5gが炭水化物なので、糖質制限ダイエットには不向き

糖質制限ダイエットには不向き.jpg

話題の糖質制限ダイエットをしたことがある方も多いでしょう。ご飯は100gあたり77gの炭水化物(糖質)が含まれているのに対して、れんこんは100gあたり16gなので、ご飯に比べれば、れんこんは糖質が少ないです。

それでも他の野菜と比べると糖質が高めのれんこん。一般的に糖質が高いとされるじゃがいもと同じくらいなので、糖質制限ダイエットをしたい方には、不向きな食材と言えます。

一方、れんこんには豊富なビタミンCが含まれています。通常、熱に弱いビタミンCですが、れんこんの場合でんぷんに覆われているため、ビタミンCが壊れにくいのが特徴。

無理なダイエットで体調を壊しやすい方には、糖質を全てカットするのではなく、栄養素が高いれんこんを食べて、健康的にダイエットするのがおすすめです。


ポイント2. 味付けで高カロリーにならないように注意する

ダイエット中だからと言って、味気ない食事ばかりでは続きませんよね。しかし、美味しい料理を作ろうして、高カロリーな調味料を使ってしまっては、せっかく食材が低カロリーでも意味がなくなってしまいます。

特にれんこんと相性が良い、バターやマヨネーズで味付けしてしまうと一気に高カロリーに。ダイエット中はできるだけ脂質が多い調味用は控えるのがポイントです。

料理する際は、脂質が少なめの調味料かどうかをチェックしてみてくださいね。


ポイント3. 食べすぎは太る原因になるので注意する

食べすぎは太る原因になるので注意する.jpg

「れんこんはヘルシーだから、量をたくさん食べても大丈夫。」と思うのはNG。もちろん主食のご飯に比べると低カロリーで低糖質ですが、食べすぎてはダイエットの効果がでないどころか、逆に太ってしまいます。

また、食べすぎた日の次の日にファスティングを行うなど、無理なダイエットを繰り返すと痩せにくくなるので注意が必要です。

まずは、れんこん料理を主食に置き換え、食べる量を制限して、カロリー計算しながら食べることをおすすめします。


ポイント4. 有酸素運動や筋トレも合わせて行うと短期で結果が出やすい

「短期間で痩せる方法が知りたい!」「食事制限だけではなかなか痩せない。」という方も多いのではないでしょうか。そこで、有酸素運動や筋トレを合わせて行うのが効果的。

筋トレは、筋肉を増やし基礎代謝を上げる効果があるので、痩せやすく太りにくい身体に。さらに、有酸素運動は脂肪をエネルギーとするため、余った脂肪を燃焼させ、体重も減っていきます。

れんこんを使ったバランスの良い食事と有酸素運動、筋トレを合わせることで、健康的にダイエットができますよ。

【参考記事】おすすめの有酸素運動はこちらをチェック▽

【参考記事】おすすめの筋トレはこちらをチェック▽


れんこんダイエットに最適な簡単アレンジレシピ5選|続けやすいおすすめメニューを大公開!

れんこんダイエットに最適な簡単アレンジレシピ.jpg

「れんこんを使ったレシピがわからない」「メニューが少なく、すぐに飽きてしまいそう」と思う方も多いでしょう。

実は、れんこんは調理方法によって、シャキシャキ、ほくほく、もちもちと食感が変わる魅力的な食材です。ここでは、飽きずにダイエットが続けられるアレンジメニューを5つご紹介します。食べ方一つで、ダイエットが楽しく変わりますよ。


おすすめレシピ1. レンコン人参油揚げのピリ辛炒め

おすすめレシピ.レンコン人参油揚げのピリ辛炒め

出典:cookpad.com

レンコン人参油揚げのピリ辛炒めは、ヘルシーなのに満足感を得たい方におすすめなメニューです。

油揚げがまるでお肉を食べているような食感なので、ダイエット中でお肉を控えている人でも満足感がアップ。れんこんのしゃきしゃき感により、噛む回数も増えるから、満腹感を得やすくなりますよ。

油揚げのカロリーは、1枚あたり116キロカロリーありますが、調理前に油抜きすると90キロカロリーまで減らすことが可能。ひと手間かかりますが、カロリーが抑えられるので、ぜひやってみてくださいね。

詳しいレシピはこちら


おすすめレシピ2. 照り焼き蓮根つくね

おすすめレシピ. 照り焼き蓮根つくね

出典:cookpad.com

摂取カロリーを抑えようとすると、どうしてもタンパク質が不足しがちに。タンパク質が不足すると、筋肉をうまく作れなくなってしまうため、ダイエットの効率が落ちてしまいます。

照り焼き蓮根つくねは、おからパウダーと鶏むね肉を使用しているので、タンパク質が豊富でヘルシーなメニューです。タンパク質は腹もちが良いから、主食に置き換えてみると、さらにダイエットの効果がアップしますよ。

「おからパウダーがない!」という方は、水をしっかり切った木綿豆腐で代用することも可能です。

詳しいレシピはこちら


おすすめレシピ3. こんにゃく蓮根

おすすめレシピ. こんにゃく蓮根

出典:cookpad.com

ダイエット中にカロリーを極力抑えながら、お腹いっぱい食べられるメニューがあったら嬉しいですよね。

こんにゃく蓮根に使われている、こんにゃくはなんと100gあたり約5キロカロリー。噛み応えもあるので、満腹感を得やすい食材です。こんにゃくとれんこん、どちらにも不溶性食物繊維が豊富に含まれているから、便秘になりにくいのもGOOD。

お腹いっぱい食べても低カロリーなので、「お腹が空いて我慢ができない!」と感じている方におすすめですよ。

詳しいレシピはこちら


おすすめレシピ4. 簡単!ゴマのれんこん餅

おすすめレシピ. 簡単!ゴマのれんこん餅

出典:cookpad.com

れんこんのシャキシャキ感も毎日食べたら飽きてしまいますよね。飽きないようにするには、食べ方を変えて食感に変化を起こすのがポイント。

れんこんはすりおろすともちもちとした食感になり、より食べごたえが良くなりお腹にたまるので、主食に置き換えるのにぴったりなメニュー。使用している調味料は塩コショウとポン酢だけだから、カロリーも低めなのが嬉しいですよね。

味付けを変えてみると飽きずに食べられますよ。ただし、みりんは意外とカロリーが高い調味料なので、使いすぎないように注意してくださいね。

れんこんダイエットを続けていて、飽きてしまった時のメニューとしていかがでしょうか。

詳しいレシピはこちら


おすすめレシピ5. れんこんと豚肉重ねレンジ蒸し

おすすめレシピ. れんこんと豚肉重ねレンジ蒸し

出典:cookpad.com

ダイエット中は、むくみや肌荒れが気になることもありますよね。

れんこんと豚肉重ねレンジ蒸しは、れんこんのカリウム以外にも、生姜のすりおろしが入っているので、身体を温めてむくみを改善してくれます。さらに、れんこんに含まれるビタミンCはタンパク質からコラーゲンを生成するのを助ける働きもあるから、美肌効果にも期待できますね。

レンジだけで完成できるレシピなので、忙しい方でも作りやすいのが嬉しいポイント。

ダイエット中もお肌を綺麗に保ちたいという方におすすめですよ。

詳しいレシピはこちら


シャキシャキ食感のれんこん。さまざまなアレンジレシピを食べて楽しくダイエットをしよう。

れんこんを使ったダイエット.jpg

調理法や正しい食べ方をすれば、低カロリーなのに満足感が得られる優秀な食材、れんこん。

栄養価が高いので、美味しく健康的にダイエットしたい方におすすめです。

今回ご紹介したやり方や注意点に気を付けると、さらに高い効果が期待できますよ。ぜひ、おすすめのレシピを参考にし、健康的で楽しいダイエットを始めてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事