朝ヨーグルトダイエットの効果や正しいやり方|おすすめのアレンジレシピも紹介!

朝ヨーグルトダイエットの効果ややり方を知りたい方へ。本記事では、朝ヨーグルトダイエットの効果やメリットから、正しい朝ヨーグルトダイエットのやり方やおすすめレシピまで大公開!ヨーグルトのカロリーや栄養も紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

朝ヨーグルトがダイエットにおすすめな理由|どんなメリットがあるの?

朝ヨーグルトがダイエットにおすすめの理由

朝にヨーグルトを食べるというダイエット方法をどこかで聞いたことはありませんか。その噂通り、1日の始まりである朝にヨーグルトを食べることで様々なメリットがあるんです。

ここからは、朝ヨーグルトがダイエットにおすすめな理由を解説します。どんな効果があるのか確認していきましょう。


メリット1. 腸内環境を整えられ、便通が改善される

特に女性の方なら便秘ぎみの人も多いでしょう。実は腸機能が低下すると肝臓に負担がかかり、代謝機能も落ちてしまうということが分かっています。そのため、ダイエットをするなら、便通を改善することが効果的なんです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、体内の悪玉菌を減らす働きがあり、腸が刺激されて便通が改善される効果があります。朝にヨーグルトを食べることで腸が刺激されて排便のタイミングが整い、お腹の調子が整うのです。

つまり朝ヨーグルトで便秘の改善されることで、痩せやすい体になると言えますよ。


メリット2. 腸内環境が整えられ、基礎代謝アップに繋がる

基礎代謝が上がる

朝にヨーグルトを摂ることで、ヨーグルトに含まれる善玉菌が腸に届くことで腸が活発に動き、腸内環境が良くなります。すると、体温が上昇し基礎代謝も上がり、痩せやすい状態を作り出せるのです。

つまり朝にヨーグルトを食べることは、腸の働きを手助けする事で基礎代謝が上がり、あなた自身の体そのものが痩せやすくなると言うことです。


メリット3. タンパク質や乳酸菌が血糖値の上昇を抑える

血糖値が急激に上昇してしまうとインスリンが過剰分泌され、ブドウ糖が筋肉のエネルギーとして使われます。そして余ったブドウ糖は脂肪となってしまうため、ダイエットにおいて血糖値をコントロールすることはとても大切です。

ヨーグルトにはタンパク質と乳酸菌が含まれています。タンパク質は、インスリンという成分の分泌をスムーズにする効果があり、血糖値の上昇を抑えることができるんです。

そして乳酸菌も、食べたものを胃から小腸へ移動する時間をゆっくりにする効果があるため、小腸での糖の吸収が緩やかになり血糖値の上昇を抑えることができます。

つまり、朝にヨーグルトを食べると血糖値の上昇を簡単に抑えることができ、太りにくい体になることができるのです。


メリット4. 乳酸菌やカルシウムがダイエットのストレスを緩和する

ダイエットのストレスを緩和する

ダイエット中は食事の制限などストイックになることで、精神的にストレスを感じやすくなる時期。ストレスを感じることでホルモンバランスが悪くなり太りやすい体になってしまう他、ストレスによる過食など、ダイエットにおいて悪影響を及ぼしてしまいます。

そんな時、朝にヨーグルトを食べる事で腸内環境が良くなり、同時に自律神経のバランスも整うためストレスが解消されます。これはヨーグルトに含まれる乳酸菌による効果です。

またヨーグルトにはカルシウムも含まれています。カルシウムが不足するとイライラしたり精神状態が不安定になるため、そのカルシウムを補うことでストレス発散に繋がるんです。

つまり、朝にヨーグルトを食べることで、ストレスを感じにくい状態を作ることができ、ダイエットにも効果的ということになります。


朝ヨーグルトダイエットのやり方|痩せるための効果的な食べ方をお教えします!

朝1ヨーグルトのやり方

ここまでで、ヨーグルトはダイエットする人におすすめな食べ物であるとわかっていただけたと思います。

しかし、いくら痩せると言ってもただ単にヨーグルトを食べるだけで効果が現れるとは言えません。

そこでダイエットに効果的な朝ヨーグルトの食べ方やタイミングを解説していきます。


朝ヨーグルトダイエットのやり方1. 食べるタイミングは目的に合わせて変える

朝ヨーグルトを食べるタイミングは食前か食後で効果が変わってきます。

  • 食前に食べる場合
    脂質や糖質の分解の手助けをするためダイエットに向いている。

  • 食後に食べる場合
    胃酸の影響を受けにくいため便秘解消になる。

このように食べるタイミングによって得られる効果が変わるため、ダイエット目的で朝ヨーグルトを実践する場合、食事の前にヨーグルトを食べる食べ方にすることをおすすめします。

また、夜にヨーグルトを食べる事でも腸の活動の手助けになり、便通改善に繋がりますよ。


朝ヨーグルトダイエットのやり方2. 食べる量は1日120g程度が目安

朝ヨーグルトのやり方

腸内環境を良くしたり、ダイエットに向いているとは言え、食べすぎてしまうと脂質の過剰摂取に繋がります。脂質はカロリーが高く、むしろダイエットにはいいとは言えません。そのため、目安は120g程度を目安に食べてください。

また無糖のプレーンであれば、120gで75kcal〜80kcalのカロリーです。日々の生活に合わせて量を変えてみたり、120gを分割して食べるやり方でも問題ありません。

無理のない食事をすることが、継続に繋がるためライフスタイルに合わせて食べるようにしましょう。


朝ヨーグルトダイエットのやり方3. 無脂肪や低脂肪で、糖分が添加されていないものを選ぶ

朝ヨーグルトを食べるのはダイエットをするためです。そのため、無駄な成分を摂らないようにしましょう。

例えば、糖分を1日に摂取する目安は、砂糖だと25gとされています。加糖ヨーグルト120gだと、その中に14gほどの砂糖が含まれています。この加糖ヨーグルトを1週間食べ続けた場合、ヨーグルトだけで約98gもの砂糖を摂取したことになってしまうのです。

つまり、無脂肪や低脂肪で糖分が添付されていないヨーグルトにすることで、無駄な成分摂らずに済み、痩せやすい体質に近づけるのです。


朝ヨーグルトダイエットで効果を出すコツ|注意点も合わせて解説!

朝ヨーグルトで結果を出すコツ

ダイエットは効果がなかなか現れなかったり、継続しにくい環境になると三日坊主なりがちです。

そこでここからは朝ヨーグルトダイエットで効果を出すコツや注意点を解説。

意識して朝ヨーグルトダイエットをすることで、簡単にダイエットの効果をあげられますよ。三日坊主になりがちだったあなたも、ここを抑えることで、ダイエットを継続できるでしょう。


朝ヨーグルトダイエットのポイント1. 同じ種類のヨーグルトは最低でも2週間は継続する

まずは自分に合うヨーグルトを見つけることが大事です。

腸内環境はおよそ1週間以上で変わると言われているため、自分の身体に変化が表れるヨーグルトなのか判断する必要があります。そのヨーグルトの菌が自分に合っていれば腸内細菌が入れ替わり、効果を発揮しやすくなるんです。

そのため、まずは最低でも2週間は同じ種類のヨーグルトを食べ続け、自分に合うものかを試してみてください。


朝ヨーグルトダイエットのポイント2. 朝食以外の食事も、高タンパク&低脂質な食事を意識する

高たんぱく 低糖質な食事をとる

朝ヨーグルトを食べるからと言って、その他の食事を疎かにしてはダイエットは成功しません。

ダイエットを成功させるためには、ヨーグルト以外にも高タンパク質で低脂肪な食事をするようにしましょう。これによってカロリーを抑えた食事ができ、タンパク質を摂る事で筋肉の減少を防ぐことができます。

ヨーグルトはもちろん、食事の見直しをして痩せる体を作っていきましょう。

【参考記事】はこちら▽


朝ヨーグルトダイエットのポイント3. 短期間で効果を出したいなら、筋トレや有酸素運動も平行して行う

朝ヨーグルトダイエットと言っても、食事の一部が変わるだけで身体に大きな変化が表れるまでにはとても時間がかかります。

そこで、ヨーグルトと合わせて運動を並行して行い、脂肪を燃やし基礎代謝を上げてダイエットしていきましょう。

筋トレをすることで基礎代謝が上がり、有酸素運動は糖質や脂肪を燃やしてくれます。運動を取り入れることでエネルギーを燃やすサイクルをさらに回転させることができるため、短期間で痩せたいのであれば取り組むべきだと言えるでしょう。

つまり、食事と合わせて運動をすることで、短期的に美しい体が手に入るということになります。

【参考記事】はこちら▽


ダイエットにおすすめのヨーグルトレシピ|おすすめのアレンジメニューを大公開!

おすすめのヨーグルトレシピ

あなたに合ったヨーグルトが見つかっても、毎日食べていては飽きがやってくるでしょう。そんな時に役立つのがアレンジレシピです。

簡単にできるものから、より効果が出やすいものまで、ダイエットにおすすめのヨーグルトレシピを紹介します。自分に合ったヨーグルトが見つかった時には、ぜひ参考にしてください。


朝ヨーグルトレシピ1. ホットヨーグルト

朝ヨーグルトのおすすめレシピのホットヨーグルト

出典:www.lettuceclub.net

まずおすすめのレシピはホットヨーグルトです。ヨーグルトを温めることで、通常のものよりも栄養素を吸収しやすい状態になります。また、腸が温まる事で代謝が上がり、ダイエットに効果的。

ただし、温めすぎるとヨーグルト内の菌が死んでしまうので、500wで30秒ほどの温かさで食べるようにしましょう。

このように、ホットヨーグルトにすることでお腹を冷やすことがないので、腸が弱い人にはおすすめの食べ方と言えます。

詳しいレシピはこちら


朝ヨーグルトレシピ2. はちみつヨーグルト

朝ヨーグルトにおすすめのレシピのはちみつヨーグルト

出典:cookpad.com

はちみつは健康食品で体にいいことをご存知ですか。ビタミンやミネラルなど150種類以上の成分が含まれています。

豊富な栄養素はヨーグルトと非常に相性が良く、少し酸味の効いたヨーグルトを甘くする役目も果たしてくれます。また、砂糖と比べると少量で甘みを感じられ、血糖値の上昇を抑えてくれるため、太りにくい身体に。

簡単に甘くなりますので、甘党ですっぱいヨーグルトは苦手という人におすすめの食べ方です。

詳しいレシピはこちら


朝ヨーグルトレシピ3. フルーツヨーグルト

朝ヨーグルトにおすすめのレシピのフルーツヨーグルト

出典:cookpad.com

フルーツに含まれる食物繊維は、比較的早く満腹感を得られ体内に残りやすいため、食べすぎ防止にとても効果的。

そして食事の中の1品と考えると、しっかりと栄養を取ることができるのがフルーツヨーグルトです。その中でも一番合うフルーツがキウイ。キウイには、ヨーグルトに含まれているビフィズス菌の効果を大きく上げてくれる食物繊維があります。

他にもリンゴやミカン、バナナもヨーグルトによく合い美味しく、組み合わせ次第ではフルーツ次第で効果が変わってきます。しかしながら、フルーツ全般に含まれた食物繊維やビタミンによってダイエットに有益な効果をもたらしてくれるため、フルーツヨーグルトはとてもおすすめですよ。

詳しいレシピはこちら


簡単にできる朝ヨーグルトダイエットでみるみるうちに痩せていきますよ!

いかがでしたでしょうか。朝ヨーグルトを摂ることでダイエットができることがわかりましたね。

また、ヨーグルトの食べ方や選び方はもちろん、アレンジレシピも知ることができましたので、あとはあなたに合ったヨーグルトを見つけて継続するだけです。

内容としてはたくさんありましたので、この記事を何度も読んで朝ヨーグルトでダイエットを成功させてくださいね

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事