キレイラインの口コミ・評判を紹介!おしゃれメンズのデンタルケアとは?

「歯科矯正したいけど、実際どんな感じなんだろう?」と思っている方に向けて、今回はキレイラインの初回検診に行ってきました。この記事では、予約から初回検診までの様子をお届けします。

最短5ヶ月!キレイライン矯正は透明でバレにくいのが魅力

キレイラインの矯正の魅力は、バレにくいこと

「芸能人は歯が命」という有名なキャッチフレーズが示すように、人の印象を左右するのは歯です。歯並びが良いだけで口元は整った印象に、笑顔は素敵に見えますよね。

お手軽に歯科矯正を試してみたい方には、キレイラインがおすすめです。

キレイラインのマウスピース矯正は次のような特徴があります

  • 費用の目安は10〜30万円
  • 透明でバレにくく取り外しも可能
  • 1日20時間以上の装着が必要
  • 目安の治療期間は最短で5ヶ月

症状により治療期間や効果には個人差がありますが、低価格かつ短期間での効果を期待できると注目されています。


キレイラインの満足度調査

キレイラインの矯正のアンケート

スマログ編集部の独自調査(※)によれば、実に76.1%のユーザーがキレイラインに「満足した」と回答しています

※調査概要:2021年6月20日〜6月25日の期間、キレイラインを体験した方46名を対象としたアンケート


満足と回答した人の口コミ

キレイラインで矯正した男性A

キレイラインで矯正した男性A

安いことに加え、分割払いができるので財布に優しい

キレイラインで矯正した男性B

キレイラインで矯正した男性B

オーダーメイドのマウスピースがしっかりしている

キレイラインで矯正した男性C

キレイラインで矯正した男性C

透明なマウスピースなので周りにバレない

満足したポイントとしては、「分割払いに対応している」「自分に合ったマウスピースが作れる」「付けても目立たない」など、さまざまな口コミがありました。

キレイラインのマウスピースは歯科医師の指示のもと、日本の国家資格を持った歯科技工士がひとつひとつデザインしているため、品質に差が出づらく、高品質なのが特徴です。


不満と回答した人の口コミ

キレイラインで矯正した男性D

キレイラインで矯正した男性D

初回検診に行ったものの、適応外で治療できなかった

一方で「適応外だった」といった口コミも。キレイラインのマウスピース矯正では歯並びのガタガタや八重歯の重なりの合計が6〜7mmを超えていると、適応外になることがあります

他に、「マウスピース装着時の痛みが気になる」という口コミも寄せられました。個人差はありますが、痛みを感じるケースもあるようです。痛みに関しては通常2日ほどで落ち着くケースが多いとのことですが、もし強い痛みを感じる場合は、我慢せずにマウスピースを外して通院中のクリニックにお問い合わせください。


キレイライン初回検診の流れをレポート

キレイラインで矯正した人のインタビュー

前歯の歯並びは目立つほどガタガタではないのですが、自分の写真を見るたび「もう少し歯並びがキレイだと良いな」と思っていました。ただ、「このくらいの歯並びで治す必要あるのかな」と、なかなか踏み切れずにいました。

そんなとき、安い価格で痛みも少ないキレイラインのマウスピース矯正を知り、キレイラインの初回検診を受けることにしました。次のとおり、キレイライン初回検診の流れを紹介していきます。

1.初回検診の予約をする

予約1

初回検診の予約はスマートフォンを使えば、3分程度で完了します。

予約2

ステップ1
[初回検診のご予約]をクリックします。

予約3

ステップ2
[提携クリニックの選択]から、ご希望のエリアを選択してください。今回は大阪を選択します。すると、このように選択したエリア内にある提携クリニックの候補が表示されます。自宅から通いやすいクリニックを選択します。

予約3

予約4

ステップ3
候補日で◎がついている時間帯を選択しましょう。なお、初回検診の所要時間は約60分程度です。   ※デンタルローンなどの諸手続きで、さらに30分かかる場合があります。

予約5

ステップ4
お名前や性別、メールアドレス、電話番号といった情報の入力を済ませて、一番下にある[予約する]ボタンを押せば、初回検診の予約は完了です。

ステップ5
事前問診票を記入する

事前問診票の記入は必須ではありませんが、先に済ませておくと当日に問診票を書く時間を省けます。ぜひ来院する前に記入を済ませておきましょう。

事前問診票では、相談内容、歯の治療履歴、健康状態といった内容を書いていきます。所要時間は20分ほどかかります。

予約6

予約8

なお、事前問診票を記入するには、公式アプリ「キレイライン矯正」のインストールが必要です。

iOS版はこちら

Android版はこちら


ポイント!

当日は初回検診料の3,500円程度(税別・クリニックにより異なる)と健康保険証が必要になります。(未成年の方は親権者のサイン入りの同意書が必要です)

なお、初回検診の際に必ず契約しないといけないわけではありません。一旦持ち帰って後日契約をすることも可能なのでご安心を!


2. 受付に行く

受付で予約時に入力した名前を伝えます。

待合室は白を基調とした内装で、清潔感のある雰囲気でした。事前問診票を記入していない方は、待合室で問診票の記入を行います。問診票の記入を終えたら、施術台へと案内されます。


3. 初回検診を受ける

まず、前歯のレントゲンとスキャンを撮ります。

提携クリニックによって設備が異なりますが、口腔内の写真撮影を行ってから歯並びと噛み合わせをチェック、矯正治療が可能かどうか判断します。

歯並びのガタガタや八重歯の重なりの部分の合計が6〜7mmを超えていると、キレイラインのマウスピース矯正では治療できないことがあります。


4. 治療のシミュレーション説明

レントゲン/CTスキャン/セファロなどで撮影した素材をもとに、歯の状態と矯正プランについて説明を受けます

シミュレーションに対応している提携クリニックでは、何回の治療でどの程度の歯並びになる見込みかシミュレーション画像を見ることができます。ただし、こちらは提携クリニック独自のサービスであり、必ずシミュレーション通りになるとは限りません。あくまで参考程度に考えましょう。


キレイライン初回検診を受けた感想

キレイラインの初回検診を受けてみて「これなら、気軽に矯正治療をやってみたいかも」と思える素晴らしい対応でした。


受付の対応がスムーズだった

受付の方もとても対応が良かったです。待合室で長い時間待つことなく、すぐに初回検診してもらえました。


シミュレーションが分かりやすかった

自分の前歯の状態を客観的に見れるだけではなく、そこからどのように矯正していくのか、そのプロセスを視覚的に見れて具体的なbefore&afterのイメージができました。安心して任せられると感じました。

(シミュレーションはキレイライン矯正による提供ではなく、提携クリニックによるサービスです。必ずシミュレーション通りになるとは限りませんので、あくまで参考の範囲にとどめてください。)


疑問点に答えてくれた

「マウスピースを付けていても目立たないか」、「マウスピースは定期的に掃除する必要があるか」など、細かい疑問にもわかりやすく答えていただけました。


駅からの道のりが分かりやすかった

私が訪問した提携クリニックは、駅の出口からすぐのところにあるので、迷わずにクリニックに行くことができました。


キレイラインに関するQ&A

キレイラインの矯正用マウスピース

ここまでキレイラインの初回検診の流れを説明しましたが、実際キレイラインで治療を受けるにあたって、さまざまな不安や疑問点があると思います。ここでは、キレイラインでよく聞かれるQ&Aについてまとめました。


Q1. マウスピースはどれくらいでできる?

マウスピースの型採りから受け取りまでは、最短で3週間程度です

ただし、年末年始などの長期休暇を挟む場合や提携クリニックに通院する場合は、キレイライン矯正以外の患者様を含めた予約状況によって受け取り期間が多少前後することがあります。


Q2. マウスピースを装着して痛みはない?

歯の移動により痛みが出る場合もありますが、通常2日程度で落ち着いてきます。

──※痛みには個人差があります。


Q3. どこまで治療できる?

マウスピース矯正では、糸切り歯よりも手前の歯(上下の前歯12本)が治療対象となります。


Q4. マウスピースを装着すると滑舌が悪くなりますか?

個人差がありますが、マウスピースを装着して初めの数日間は、違和感により発音がやや舌足らずとなることがあります。しかし、ほとんどは数週間で通常通りに会話できるようになります。


Q5. 分割支払いはできる?

分割支払いも対応しています。

支払い方法は「現金(都度または一括払い)」「クレジットカード」「デンタルローン」の3つが基本ですが、提携クリニックにより異なるため、事前に確認しておいた方がよいでしょう。デンタルローンは契約時に申し込みが可能です。希望される方は、検診を受けるクリニックに直接お問い合わせください。

クレジットカードの分割対応は、提携クリニックによって利用可否がわかれます。利用を希望される方は、事前に提携クリニックに問い合わせください。

キレイライン矯正はこちらから

治療の安全性をチェックする

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事