皮下脂肪が落ちない理由とは?効果的に脂肪燃焼して確実に痩せる方法を大公開!

皮下脂肪が落ちない理由を知りたい方へ。本記事では、皮下脂肪が落ちない理由や原因から、効果的に脂肪燃焼して痩せる方法まで大公開!おすすめの筋トレや運動メニューも紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

皮下脂肪が落ちない理由|原因をお教えします!

皮下脂肪が落ちない理由

「運動しても脂肪が全然落ちない…。」「下腹が気になる…。」ダイエットに取り組んでいても、男女問わず満足できる結果は得られませんよね。

ここでは皮下脂肪が落ちない理由を4つ紹介していきます。まずは原因をはっきりさせて、痩せるための正しい知識を取り入れていきましょう。


皮下脂肪が落ちない理由1. 皮下脂肪は内臓脂肪の後に燃焼するため

人間が持つ脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪のうち、皮下脂肪は体内エネルギーがなくなった際に使われる最終手段として蓄えられています。

脂肪不足で危険な状態になった体を守るために存在しているので、決して短期間では落ちないのです。

ダイエットでよく行われているトレーニングでも、最初に落ちるのは内臓脂肪。その次に皮下脂肪が落ちていくと言われています。

そのため、皮下脂肪を効率的に落としたいなら食事や運動に工夫が必要で、どうしても時間がかかってしまうのです。


皮下脂肪が落ちない理由2. 消費カロリーよりも摂取カロリーが多いから

摂取カロリーが多い

日常生活で使われるカロリーよりも食べ物などから摂り入れるカロリーが多いと、いくら運動しても皮下脂肪は落ちず、それどころか逆に太ってしまいます。

これは消費しきれなかったカロリーが脂肪として体内に蓄えられるため。脂肪を落としたいなら、消費カロリーを増やすか摂取カロリーを減らす必要があるのです。

消費カロリーを増やすなら運動強度や頻度を上げる必要がありますし、摂取カロリーを減らしたい場合は食事の見直しを行う必要があります。


皮下脂肪が落ちない理由3. 運動量が少なくカロリー消費量が少ないから

運動量が少ないと『摂取カロリー>消費カロリー』といった状態なり、内臓脂肪を減らすどころかどんどん増えてしまい、皮下脂肪を減らす段階にまで進めません。

息切れする程度の運動量でない限り脂肪は燃焼しないのです。

例えばウォーキングを実践する場合、あまりにゆったりとしたペースでは心拍数が上がらないためカロリー消費量は少なくなります。


皮下脂肪が落ちない理由4. 筋力不足で基礎代謝が落ちているから

筋力不足で基礎代謝が落ちている

体に十分な筋力がついていると基礎代謝が活発になります。食事から摂取した脂肪や栄養分は筋力を維持するために消費されるので、体内に脂肪が余りにくい状態になるのです。

逆に筋力不足で基礎代謝が低いと脂肪を燃焼しづらい体になるので、皮下脂肪はもちろん内臓脂肪も消費されず体に溜まる原因になります。


皮下脂肪を落とす3つのステップ|効果的に痩せるメニューを大公開!

皮下脂肪を落とすステップ

皮下脂肪が落ちない理由を抑えたら、次は実践するための手順を学んでいきましょう。

ここでは、皮下脂肪をできる限り早く落とす方法を解説します。自宅で簡単に行えるトレーニングメニューも紹介するので、ぜひ参考にして取り組んでみてくださいね。


皮下脂肪を落とす方法1. 食事法を見直して摂取カロリーを抑える

1回の食事量を少なめにしたり間食をなくしたりすることで、摂取カロリーは自然と減っていきます。

食事内容としては、糖分やお酒、炭水化物や脂質の量を控えめにすれば健康的にダイエットできますよ。

また、基礎代謝を上げて脂肪燃焼を活発化させるためには、筋肉の元になるタンパク質をメインにする食事法も大切。鶏胸肉や卵などの摂取はもちろん、プロテインを利用するのも食事法の一つといえるでしょう。

なお、摂取カロリーは年齢・身長・体重・運動量なども影響してくるので、それらを含めて計算できるサイトやアプリの利用もおすすめです。


皮下脂肪を落とす方法2. 有酸素運動を習慣化し、消費カロリーを増やす

有酸素運動をする

ダイエットは継続してこそ成果が得られるもの。少しきついけど続けられる程度の有酸素運動なら、効率的に脂肪を燃焼させて痩せる効果が期待できますよ。

男女問わず、比較的続けやすいメニューとしては以下がおすすめです。

  • ランニング
    決してゆっくりすぎず会話できる程度のスピードで走るのがポイント。
  • 水中ウォーキング
    ランニングよりも脂肪燃焼に効果的。
  • エア縄跳び
    下半身に効果的。
  • エアロバイク
    同じく下半身に効果的。
  • フラフープ
    お腹周りの筋肉を使うので、ぽっこり溜まった皮下脂肪もしっかり燃焼できる。

このように、有酸素運動を習慣化して消費カロリーを増やしていきましょう。

【参考記事】初心者におすすめの有酸素運動はこちら▽


皮下脂肪を落とす方法3. 筋トレで筋肉量を増やし、基礎代謝を上げる

筋肉は発達していればしているほど代謝が活発になり、積極的に脂肪を燃焼してくれます。

筋トレメニューはいくつもありますが、以下の例を参考にして自分に合った方法を実践してみましょう。

  • クランチ
  • リバースクランチ
  • プランク
  • スクワット
  • ナロー・プッシュアップ

クランチ、リバースクランチは腹筋で、プランクは前腕・肘・つま先を地面につけて体を浮かせるトレーニング。スクワットを含めて特別な器具は不要で自宅でも取り組めますよ。

ナロー・プッシュアップは手幅を狭くした腕立て伏せで、二の腕を細くしたい女性にもおすすめです。

このように筋トレで筋肉量を付け、基礎代謝を上げていきましょう。

【参考記事】基礎代謝を上げる筋トレはこちら▽


なかなか落ちない皮下脂肪には、まずダイエット方法を見直してみましょう!

まとめ

皮下脂肪は簡単に減らせるものではありません。それには理由があって、正しい落とし方に取り組む必要があります。

「ダイエットしてるのに痩せない…。」と悩んでいるなら、まずはその理由を理解し正しい方法を実践するのが大事といえるでしょう。

自分にとって無理のない方法で継続すれば、少しでも理想的な体型に近づけるはずですよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事