レタスダイエットの効果やメリットは?痩せるためのおすすめレシピも大公開!

レタスダイエットの効果やおすすめレシピを知りたい方へ。本記事では、レタスダイエットの効果やメリットから、痩せるアレンジレシピまで大公開!簡単に作れるおすすめメニューを中心に紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

レタスがダイエットにおすすめな理由|メリットを解説します!

レタスがダイエットにおすすめの理由

レタスダイエットは過去にビヨンセが実践したことがきっかけで、口コミが広まったダイエット方法です。なんとなく知っている方は多いと思いますが、実際にどんなメリットがあるのかご存じでしょうか。

ここからは、レタスがダイエットにおすすめな理由3つをご紹介します。改めて効果を確認してみましょう。


メリット1. 葉もの野菜のなかでも特に低カロリー

ダイエットする時に一番気をつけなければいけないのが摂取カロリー。葉もの野菜は、野菜の中でも低カロリーなのが特徴です。その中でもレタスは特にカロリーが低い野菜として知られています。

同じ葉物野菜のキャベツと比較してみると、キャベツは100gあたり23キロカロリーなのに対して、レタスは12キロカロリーしかありません。

野菜の中には食べ過ぎるとカロリーが気になるものもありますが、レタスは低カロリーなので安心して続けられますよ。ダイエットの強い味方となる食材です。


メリット2. 食物繊維が豊富なので、脂肪や糖質の吸収をおだやかにする

生のままかスープに入れrる

ダイエット中は特に、「脂肪」「糖質」という言葉が気になりますよね。

レタスに含まれている食物繊維は、コレステロールの吸収を抑えたり、食後の血糖値の上昇を緩やかにしたりする効果があります。脂肪や糖質の吸収スピードをコントロールしてくれるので、太りにくい体を作ることができますよ。

「きつい食事制限はしたくない」という方は、普段の食事を少し控えめにして、その分をレタスに置き換えるだけでも効果的です。


メリット3. カリウムが含まれるので、むくみ対策になる

塩分が多い食事を日常的に摂っていると、余計な水分を溜めてしまい、体重は増えていないのにむくみで太ったように見えてしまうことも。特に顔や足は体の中でもむくみやすく、目に留まる部位なので気になる方も多いのではないでしょうか。

カリウムには塩分の排出を促す効果があり、レタス100gあたり200mgのカリウムが含まれています。

筋トレや運動と合わせてレタスを日常的に食べることで、むくみ対策ができますよ。


レタスダイエットのやり方|効果的な方法をお教えします!

レタスダイエットのやり方

レタスにはいろんなメリットがあると分かったところで、ここからは、効果的なレタスダイエット方法を3つご紹介します。

やり方はどれも簡単で、少しコツを意識すれば取り入れられるものばかり。自分に合った方法を探してみてくださいね。


レタスダイエットのやり方1. 食事の最初にレタスを1/4程度食べる

脂肪をつきづらくするには、血糖値の急上昇を防ぐことがコツです。そこで、野菜に含まれる食物繊維を先に摂取することで、血糖値の上昇を穏やかにして脂肪の蓄積を防ぎます。

レタスには、食物繊維が豊富に含まれているので食事の最初に食べると効果的です。咀嚼することで満腹感も得られて、食べ過ぎも防げます。

ただし、食べ過ぎると下痢や腹痛を引き起こす可能性もあるので、1/4程度の量を守りながら続けましょう。


レタスダイエットのやり方2. 食べ方は生のままか、スープに入れるのがおすすめ

生のままかスープに入れrる

レタスはそのまま食べても甘みがあって食べやすいのが特徴。生で食べれば、栄養素を逃さず取り入れられる上に、よく噛めるので満腹中枢も刺激できます。

また、レタスに含まれるカリウムは水に溶ける性質を持っていますが、スープごと飲むことで栄養を無駄なくしっかり摂れるというメリットも。スープに入れるとかさが減って食べやすくなります。

ダイエットのマンネリを防ぐためにも、生で食べたりスープに入れてアレンジしてレタスを普段の食事に取り入れてみましょう。


レタスダイエットのやり方3. ドレッシングは低カロリーになものをセレクト

ダイエットのためと言えど、同じものばかり食べていると飽きてしまいますよね。レタスをそのまま食べると飽きてしまう人は、ドレッシングを使うのがおすすめです。

しかし、ドレッシングは選び方に注意が必要。植物油は、どれも大さじ1杯(14g)で126キロカロリーです。せっかくレタスを食べていてもドレッシングのカロリーを気にしていないと、効果が出にくくなってしまいます。特に、クリーミーなドレッシングは脂質を多く含んでいるため、毎日摂取するには向いていません。

ノンオイルの物を選んだりしてカロリーを抑えたりすることが大切です。


ダイエットにおすすめのレタスレシピ|おすすめのアレンジメニューを大公開!

おすすめのレタスレシピ

「レタスをそのまま食べるだけだと飽きてしまう」「どんなレシピがあるか分からない」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解決するため、今回は4つのアレンジメニューをご紹介します。

調理法も様々なので、飽きずにダイエットを続ける味方になってくれますよ。


レタスダイエットレシピ1. タンパク質摂取サラダ

レタスダイエットレシピ. タンパク質摂取サラダ

出典:cookpad.com

タンパク質摂取サラダは、筋トレや運動を日常的に行っている人におすすめです。

例えば、日常的に運動している体重60キロの男性は、1日あたり72~84gのタンパク質を摂る必要があります。このサラダにはゆで卵やツナが入っているので、1食で約20gのタンパク質を摂ることができますよ。前日の夜に作っておけば、忙しい日の朝食でも簡単に栄養が摂れます。

ただし、ドレッシングのマヨネーズは大さじ1あたり100キロカロリーと比較的脂質が多い調味料なので、食べ過ぎには注意しましょう。

詳しいレシピはこちら


レタスダイエットレシピ2. レタスのしんなりおひたし

時間がない時にダイエットをしつつ、おかずにもなるようなレシピがあると嬉しいですよね。

このレシピは、レタスを副菜として取り入れたい方におすすめしたい一品。手でちぎったレタスに出汁をかけて冷やしておくだけなので、時間や手間もかかりません。出汁をかけることでレタスがしんなりして、サラダとはまた違った食感を楽しめます。レタスをまるごと一玉使うので、食べ応えがあって満腹感も得られますよ。

暑い時期は出汁をめんつゆに変えてさっぱり食べることもできるため、1年を通して作りたい便利なレシピです。

詳しいレシピはこちら


レタスダイエットレシピ3. 豚肉とレタスの白滝鍋

レタスダイエットレシピ. 豚肉とレタスの白滝鍋

出典:cookpad.com

ダイエット中、炭水化物を我慢していると満足感が得られにくいもの。そんな時に活躍してくれるのが豚肉とレタスの白滝鍋です。

白滝も口コミで話題になったダイエット食材の一つですが、100gあたり6キロカロリーと超低カロリー。その上弾力があって噛みごたえがあるため満腹感を得られます。

鍋は体を温めて代謝を上げてくれるので、冷え性に悩む方や寒い時期にもおすすめ。具材はレタスの他に豚肉やエリンギ、水菜などを入れるため最後まで飽きずに食べられます。レタスは後から入れて、しゃぶしゃぶのように食べるアレンジ方法も。

1品でいろんな栄養が摂れるので、仕事や学校が忙しい日の夜ご飯にもぴったりですよ。


レタスダイエットレシピ4. レタス生春巻き

レタスダイエットレシピ. レタス生春巻き

出典:erecipe.woman.excite.co.jp

レタス生春巻きは、ちょっと変わったレタス料理を楽しみたい人におすすめです。

もともと生春巻きに使われるライスペーパーには糖質が含まれていますが、レタスに置き換えることで糖質を抑える効果があります。さっと茹でたレタスを巻くことで、シャキシャキした食感を楽しめますよ。

生春巻きにつけるスイートチリソースには、意外にも炭水化物が多く含まれているため、つけすぎには注意して食べましょう。


レタスを食べて無理なく健康的にダイエットをしよう。

レタスを食べて無理なく健康的にダイエットしよう

低カロリーで食物繊維とカリウムが豊富なレタスは、スーパーに通年並んでいてダイエットに取り入れやすい食べ物。身近な食材でダイエットしたい方は、ぜひ挑戦してみてください。

口コミで話題になっただけに、レタスダイエットには色んなメリットがあります。今回紹介した3つのコツを意識して取り組むと、より効果が期待できますよ。

サラダやおひたしなど色んなレシピを試して、楽しみながらダイエットをしましょう。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事