3日で痩せるヨーグルトファスティングの正しいやり方|断食ダイエットの効果や注意点を解説!

ヨーグルトファスティングのやり方や効果を知りたい方へ。本記事では、ヨーグルトファスティングダイエットの効果から、断食ダイエットの正しいやり方まで大公開!ファスティングの注意点やコツも紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

ヨーグルトファスティングダイエットの効果|どんなメリットがあるの?

ヨーグルトファスティングの効果

短期間で確実に成果が出ることから、今注目を集めているヨーグルトファスティング。

「断食ダイエット」の中では酵素ドリンクなどを使ったダイエットが有名なため、ヨーグルトファスティングがおすすめされる理由を知らない人も多いでしょう。

そこでまずは、ヨーグルトを使ったファスティングのメリットを詳しく紹介していきます。


メリット1. タンパク質が豊富なので、筋肉量が落ちにくい

ファスティングは即効性がある人気のダイエット法ですが、脂肪だけでなく筋肉も減ってしまう可能性もあります。筋肉量が減ると基礎代謝が下がってしまうため、太りやすい体質になり、リバウンドの原因に。

しかし、ヨーグルトなら筋肉の素となるタンパク質が豊富に含まれているため、筋肉量を維持したまま痩せることが可能です。無糖のヨーグルトを選べばカロリーも抑えられるため、断食に最適な食べ物だと言えるでしょう。


メリット2. 腸内環境を整えるので、便秘解消や免疫力アップに繋がる

便秘解消や免疫力アップにつながる

ヨーグルトは、腸内環境を整えるのに非常に効果的な食べ物。成分として豊富に含まれている乳酸菌は、腸内を悪玉菌が住みづらく善玉菌が増えやすい環境に変えてくれます。

悪玉菌の繁殖が抑えられると腸の働きが活発になるため、便秘改善の効果が期待できるのも魅力。また、乳酸菌には免疫力を高める作用もあるため、体を正常に保ちつつ健康的に痩せられるというメリットもありますよ。


メリット3. どこでも手に入るので始めやすい

世の中には様々な種類のダイエット法がありますが、中には道具が必要だったり特別な商品を購入しなければならなかったりするダイエットもありますよね。

その分、ヨーグルトはコンビニやスーパーなどで簡単に手に入れられるため、気軽に始められるというのは大きなメリットでしょう。

仕事の休憩時間や旅行中などでも入手できるため、どこでもいつでもトライすることができますよ。


ヨーグルトファスティングのやり方|断食ダイエットのポイントを解説!

ヨーグルトファスティングのやり方

筋肉量を維持したり腸内環境を整えたりと、嬉しいメリットが多いヨーグルトファスティング。プチ断食のため水だけの断食よりも空腹感を感じにくく、「すぐに始めてみたい」と思う人も多いでしょう。

そこでここからは、ヨーグルトファスティングダイエットをする上でのポイントを解説していきます。


ヨーグルトファスティングのやり方1. 食事の代わりにギリシャヨーグルトとスムージーを摂取する

ヨーグルトファスティングのやり方はとてもシンプルで、通常の食事の代わりにギリシャヨーグルトと野菜スムージーなどのドリンクを摂取するだけです。

それぞれの1食あたりの量は、ヨーグルトが100〜200g、スムージーやドリンクが200〜300gにするのが適量だと言われています。

ヨーグルトには様々な種類がありますが、ファスティングで使用するものはギリシャヨーグルトがおすすめ。

ギリシャヨーグルトには通常の約3倍のタンパク質が含まれているため、筋肉を効率良く維持しながらダイエットをすることができます。

また、スムージーはヨーグルトだけでは足りない栄養素を摂取する目的で飲むため、リンゴや人参、バナナなどの食物繊維やビタミンが豊富なものをチョイスするといいでしょう。


はちみつやジャムなどでアレンジしてもOK!

はちみつやジャムでアレンジOK

ヨーグルトファスティングで使うヨーグルトは無糖のものを選ぶのが基本的ですが、味に代わり映えがないため飽きてきてしまう可能性も。そのような場合は、はちみつやジャムなどでアレンジしてしまっても構いません。

もちろん入れすぎてしまうことは避けた方が良いですが、どうしても「味気がない...」と感じる場合は、適量のはちみつやジャムを足すとストレスなく続けることができますよ。


ヨーグルトファスティングのやり方2. 期間は3日間〜5日間がおすすめ

ヨーグルト断食は1日でも効果があると言われていますが、減量を実感したいのであれば3日間〜5日間程度続けることをおすすめします。

食べたものが消化・排泄されるまでは40時間ほどかかると言われているため、ヨーグルトで腸内環境を整えダイエット効果を実感するには、数日程度見ておいた方が安心です。

ただし、無理をすると体調不良やリバウンドにつながってしまう可能性もあるため、1週間や10日間など、長い期間行うことは避けるようにしましょう。


ヨーグルトファスティングのやり方3. 回復期間はおかゆや味噌汁など胃腸の負担が少ない食べ物を食べる

回復職は味噌汁やおかゆ

ファスティングでは、2日目の夜〜3日目頃から徐々に通常の食事に戻し始めますが、回復期間はできるだけ胃腸に優しいものを摂取するのがルールです。

急に重たい食事をとってしまうと休ませていた胃に大きな負担がかかってしまうため、水分量の少ないものや脂っこいものは避ける必要があります。

ヨーグルトファスティングの場合も、おかゆや味噌汁などを回復食としてチョイスし、消化機能の回復に合わせて徐々に食事を戻していきましょう。


ヨーグルトファスティングの注意点3つ|気をつけるべきポイントとは?

ヨーグルトファスティングの注意点

メリットが多く手軽に試せるヨーグルトダイエットですが、注意点が全くないというわけではありません。

闇雲に行ってしまうと健康状態に支障を来したり逆効果になったりする可能性もあるため、ポイントはしっかり押さえておくべきでしょう。

ここからは、ヨーグルトファスティングをする上で注意したい3つのことを紹介していきます。


ヨーグルトファスティングの注意点1. 水分はいつもより多めに摂る

普段は食事からも水分を摂取しているものですが、ヨーグルトファスティング中は食事を摂らないため、水分が不足しがちになってしまいます。

水分補給を怠ると、老廃物が排出されないだけでなく脱水症状に陥る危険性もあり、場合によっては重大な健康障害を引き起こすかもしれません。

したがって、ヨーグルトファスティングなどのプチ断食中は、水分を補うためにもいつも以上に水や白湯などを飲む必要があることを覚えておきましょう。


ヨーグルトファスティングの注意点2. 生理前後や体調が優れない時はNG

生理後や体調がすぐれない時はNG

ヨーグルトファスティングは、普段の食事を全てヨーグルトと野菜スムージーだけに変えるハードなダイエットです。当然体への負担が全くないわけではないので、生理前後や体調不良の時は避けた方が良いでしょう。

また、生理期間中はダイエットをしてもそれほど代謝が上がらず、痩せにくい時期でもあります。せっかく頑張ってプチ断食をしても結果が出にくい可能性が高いため、通常の時期に試す方が効率的ですよ。


ヨーグルトファスティングの注意点3. ファスティング中はアルコールやカフェインは摂取を控える

ファスティング中は水分補給が大切ですが、何を飲んでもいいというわけではありません。

例えば、お酒を飲んでしまうとアルコールから生産される毒素を分解するために大量の酵素が消費されてしまうため、免疫力が下がってしまう可能性があります。

また、カフェインをとりすぎると胃腸が刺激され、内臓が冷えやすくなりお腹を壊す原因となるでしょう。

このように、アルコールやカフェインが入った飲み物はファスティング中体に悪影響を及ぼす可能性が高いため、白湯や水などで代用することをおすすめします。


無理のないようにヨーグルトファスティングを行おう。

特別な材料や商品を用意する必要がなく気軽に始められることから、メディアなどでも注目されているヨーグルトファスティング。

週末だけなどでもできるため「やってみたい」と思う人は多いと思いますが、ちゃんと結果を出せるものなのか不安に感じる人もいるでしょう。

しかし、やり方やルール・注意点などを守れば、3〜4日間前後でも十分効果を感じることができますよ。

あくまでも体調不良の時期は避け無理はしないことを念頭に置いた上で、ヨーグルトファスティングに挑戦してみましょう。

【参考記事】1週間断食ダイエットを成功させる方法はこちらをチェック▽

【参考記事】短期間で激やせできる食事方法はこちらをチェック▽

【参考記事】食事制限なしでダイエットする方法はこちらをチェック▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事