ミノキシジルとは?AGA・薄毛への効果や副作用から平均価格まで解説

ミノキシジルの効果や副作用を知りたい方へ。本記事では、ミノキシジルの効果や副作用から、正しい飲み方や価格相場まで大公開!AGA・薄毛にお悩みの方にはおすすめの内容になっていますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

ミノキシジルとは?

ミノキシジルとは、代表的なAGA治療薬の成分の一つで発毛作用が医学的に認められています

実はもともとAGAの治療用に開発された薬ではなく、高血圧症治療の内服薬の成分としてアップジョン社(現ファイザー社)が開発し、アメリカで使用されていたもの。偶然、治療中の方に多毛症が見られたため、発毛剤として研究・開発され医薬品として認められました。

その後、日本でも厚生労働省の認可を受け、薄毛治療薬として使用されています。また、市販の育毛用塗り薬である『大正製薬リアップ』『カークランド』の主成分として有名です。


ミノキシジルには内服薬と外用薬がある|発毛したいなら内服薬を服用する

ミノキシジルには直接頭皮に塗るタイプのもの(育毛剤)がありますが、そこまで大きな効果は期待できません。頭皮周辺の毛細血管は活性化されますが、栄養が十分に髪の毛までは届かず効果は限定的です。

ミノキシジルは元々降圧剤として服用されていたこともあるため、発毛効果を得るためには体内に取り込む形でなければ効果は限定的です

ミノキシジルの内服薬は「ミノキシジルタブレット」略してミノタブと呼ばれ、こちらは女性が服用しても問題ありません。


ミノキシジル(内服薬)とフィナステリドの違いは?

AGA治療薬の代表的なものとしてフィナステリドがあります。

フィナステリドは、ヘアサイクルの成長期を極端に短縮してしまう作用に関係する、「Ⅱ型5αリダクターゼ」の働きを阻害する効果が期待できます。

一方、ミノキシジル(内服薬)は、血流を促進し栄養を髪の細胞まで浸透させ髪を成長しやすくし、発毛サイクルを整えるという効果が期待できます。

フィナステリドは「AGAの進行を防ぐ」いわば守りの治療であり、ミノキシジルは「発毛を促す」作用の攻めの治療**になります。そのため、ミノキシジルとフィナステリドを併用した治療が現在の標準的な治療として浸透しています。


ミノキシジル(内服薬)とザガーロの違いは?

AGA治療薬では他にも代表的なザガーロという薬があります。

ザガーロには、フィナステリドと同様AGAを進行させる原因となる、「5αリダクターゼ」の働きを阻害する効果があり、AGAの進行を防ぐいわば守りの治療です。また、フィナステリドとは主成分が異なり、働きかける範囲も広めなことも特徴の一つ。

一方、ミノキシジルは発毛を促す作用の攻めの治療です。両者の関係はミノキシジルとフィナステリドの関係と似ていますが、作用する範囲に違いがあります。


ミノキシジルの効果・効き目|AGA治療になんで使われるの?

ミノキシジルは、もともと高血圧の薬として使われており、血管を拡張させる作用があります

その作用によって血流が促進され、栄養が髪の細胞まで届きやすくなり、髪が健康に育ちやすくなって発毛に繋がるというメカニズムです。

そもそもAGAは十分に髪が生える前に抜け落ちてヘアサイクルが極端に短くなってしまいます。髪の毛が細い産毛の状態のままで成長が止まり、ヘアサイクルの成長期が短くなってしまうのが問題です。

ミノキシジルを使うことで、そのヘアサイクルを正常な形に戻して、成長が止まってしまった髪の毛を太く濃くする効果が期待できます。

またミノキシジルタブレットは、女性が使用しても成分的に問題ないため、薄毛に悩む女性も治療に使用して薄毛の改善ができますよ。


ミノキシジルの副作用|知っておくべきことは?

ミノキシジルは発毛効果がある反面、次のような副作用もあります。

  • 外用薬:頭皮のかぶれ、赤み、頭痛、初期脱毛など
  • 内服薬:初期脱毛、全身の多毛症(毛が濃くなる)、頭痛、立ち眩み、胸の痛み、動悸、息切れ、手足のむくみ、体重増加、肝機能異常など

副作用でよく出やすいのは、初期脱毛、多毛症、頭皮のかぶれや発心です。また、血管に作用する成分なので人によっては頭痛やめまいが起こることも。

AGA治療の副作用として、初期脱毛はよく取り上げられます。治療をしているのに抜け毛が増えることで、不安になる方が多いそうですが、1〜2ヶ月もすれば収まってきます。

厚生労働省の調査によると、ミノキシジルを使用した人の約8%がこれらの副作用を経験したという報告もあります。


ミノキシジルの効果が出るのは3〜4ヶ月程度から

ミノキシジルの効果は、端的に言うとヘアサイクルを正常な形に戻す効果です。ちなみに、AGAになった場合のヘアサイクルが1年以下に対して、正常なヘアサイクルは2~6年ほど。

このサイクルが数年という長い期間なので、ミノキシジルを使用したとしても数週間ですぐに効果が出ることはありません。

早い人で3ヶ月、多くの人が4~6ヶ月で効果を実感したとの報告が多いです。効果が出ないからとすぐ中止せずに、最低でも1年ほどは継続しましょう。


ミノキシジルの価格相場|ジェネリックはあるの?

ミノキシジルは第一類医薬品として薬局で販売されていますが、それは外用薬に限ります。内服薬はクリニックで処方してもらうか、個人で輸入するかの2つの方法しかありません。 そこでここからは、ミノキシジル(内服薬)の価格相場をそれぞれの入手方法でご紹介していきます。


ミノキシジルの価格相場1. AGAクリニックで処方される場合

ミノキシジルタブレット(内服薬)ですが、日本で市販されているものはありません。クリニックが海外から輸入をして、クリニックから私たちに処方されるという流れになります。購入するには、AGAクリニックにまずは相談しましょう。

各クリニックによって値段は異なりますが、1ヶ月あたり8,000~10,000円となっています。また、それに加えて初診料や検査料などもかかるため、総額はもう少し高めになります。

高価ではありますが、医師の判断のもと処方してくれるため安心です。また、ミノキシジルのジェネリック薬はあまり出回っていません。


ミノキシジルの価格相場2. 個人輸入で購入する場合

クリニックで処方してもらう以外に、個人で輸入するという方法もあります。個人輸入代行サイトや通販などを利用して、日本では販売されていない医薬品を購入する方法です。

価格相場は1ヶ月あたり700~4,400円と、クリニックで処方してもらうよりも値段がかなり安く半額以下にもなります。

しかし、価格だけなら魅力的に移りますが、医薬品の購入と服用は自己責任。万が一医療事故や副作用が起こっても、自分で対処しなくてはいけません。

クリニック処方の薬であれば、もし問題が起きても処方してくれたクリニックに相談に行けるので安心です。医師の検査を受けた最適な治療薬でなければとても危険なため、薬の個人輸入は止めましょう。


ミノキシジルの正しい服用方法|どのくらいの期間飲めばいいの?

ミノキシジルタブレットについてある程度分かったところで、ここからはミノキシジルの正しい服用方法について解説していきます。

効果の出る適切な飲み方で、安全に使用しましょう。


服用方法1. 服用は1日5mg

ミノキシジルタブレットの服用量は、処方する医師がケースバイケースで用法用量を指示しているのが現状です。ですが、基本的には1日1回または2回に分けて、1日合計5mgを服用するのが良いというのが一般的です。

規定量以上飲むと副作用の危険性もあるので、医師による特別な指示が無い限りは用法用量を守りましょう


服用方法2. 飲むタイミングはいつでもOK

いつ飲むのが効果的なのか、といった根拠のあるデータはありません。

調べてみると「朝と昼の2回に分けて飲む」「空腹時のほうが吸収が早いから空腹時に飲む」「毎日同じ時間に飲むように心掛けるのが望ましい」など様々な意見があります。

臨床試験はしているものの、統計的に有意な差が出ないため、服用するタイミングはいつでもOKです。ただし、飲む時間を医師に指定された場合はそれに従うのが望ましいですね。

もし不安であれば診察やカウンセリングのときに、相談するのがベストです。


服用方法3. フィナステリドやザガーロとの併用がおすすめ

AGA治療薬であるフィナステリドやザガーロがありますが、ミノキシジルと併用しても問題ありません

フィナステリドやザガーロはAGAの進行を防ぐ守りの治療、ミノキシジルは発毛を促す攻めの治療なので、総合的に発毛効果を発揮するには併用すべきですよ。


ミノキシジルを服用するときの注意点|気をつけるべき飲み合わせはある?

いつでも飲んでいいのでミノキシジルは服用しやすいですが、いくつかミノキシジル服用時の注意点があります。

危険な飲み合わせもあるため、しっかりと確認しておきましょう。


注意点1. 初期脱毛が起きても、途中で服用を辞めない

服用開始から2週間から8週間ごろの間で、普段よりも抜け毛が増えてくる『初期脱毛』という症状が見られます

これはミノキシジルで確認されている副作用の一つで、薬の効果でヘアサイクルを正常に戻すために一時的な毛の退行期が重なることに起因します。最初は驚くかもしれませんが、薬の効果が出ている証拠なので安心してください。

あくまで一時的なものなので、初期脱毛が起こったからといって途中で服用を辞めないようにしましょう。


注意点2. イブプロフェンなどの頭痛薬との併用は禁止

ミノキシジルは血圧降下剤であり、血液をサラサラにする薬です。そして頭痛薬として服用されるイブプロフェンなどの飲み薬には、交感神経を抑制して血管を弛緩させる効果があります。

この二つを併用してしまうと、血流が良くなりすぎて脳の毛細血管が破裂する脳内出血などを発症してしまう危険性があると言われています。

よって、ミノキシジルと頭痛薬との併用は禁止です。処方される際に現在服用している薬を伝えて、飲み合わせに問題がないかを確認するようにしてください。


守りだけではなく、ミノキシジルで攻めの判断を。

代表的なAGA治療薬の一つとして有名なミノキシジル。薄毛に悩む方の頭皮の血行を促進して、髪の細胞まで栄養を与え発毛を促します

しかし副作用や注意点もあるため、事前に確認することが大事です。

ミノキシジルだけでなく、他にもAGA治療に効果的な薬がたくさんあるため、どのような効果が欲しいのかチェックして選んでいきましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事