AGAメソセラピー治療の効果や副作用は?値段や注意点についても解説!

AGAメソセラピー治療の効果や副作用について知りたい方へ。本記事では、AGAメソセラピー治療の効果や副作用から、治療費用や施術を検討する人が知っておくべき注意点まで大公開!AGAや薄毛に悩む人にはおすすめの内容になっていますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

AGAメソセラピーとは?

AGAめそせらぴーとは

AGAメソセラピーとは、髪の成長に良い成分を注射器などで頭皮に直接注入する方法

AGAの治療法としてはフィナステリドなどの内服薬が一般的ですが、内服薬は服用してから血液によって頭皮へと薬用成分が運ばれるのに対して、AGAメソセラピーは頭皮に直接成分を届けることができるので育毛効果も早くみられます。

また、一度の注入で髪の成長に必要なビタミンや亜鉛などの成分も一緒に届けることができるため、内服薬では対応しづらい薄毛や抜け毛の改善に効果的ですよ。


メソセラピーとHARG療法の違いとは?

AGAメソセラピーとHARG両方の違い

メソセラピーとHARG療法はどちらも髪の成長に良い成分を直接頭皮に注入する治療法。注入するという点では共通しますが、注入する成分に違いがあります。

メソセラピーとHARG療法の大きな違いは、髪の成長因子が含まれているかどうか。メソセラピーでは、ミノキシジルなどの投薬治療と同じ成分の薬や髪の栄養になるビタミンや亜鉛が含まれています。それに対して、HARG療法では、脂肪由来の幹細胞を抽出した「HARGカクテル」を使用。これは、毛髪を作り出す細胞に直接働きかけ、頭皮の環境を薄毛の前の状態に戻す効果が期待されています。

HARG療法は、頭皮環境を再生させる効果が期待できる分、高額なので薄毛の治療をどのように行っていきたいか医師と相談しながら行っていくことが大切でしょう。


AGAメソセラピーで注入する成分は?

AGAメソセラピーは、頭皮に直接髪の成長的に効果的な成分を入れる治療法です。主に以下の成分を注入します。

  • ミノキシジル:毛細血管を拡張させ毛乳頭に栄養分を届け髪を生やす。
  • FGF9(線維芽細胞成長因子9):新しい毛髪の生成をする。
  • IGF-1(インスリン様成長因子9):新しい血管再生を助け、細胞の再生力を向上し毛髪の成長期維持に働く。
  • VEGF(血管内皮細胞成長因子):毛髪の太さと分布度をあげ毛髪成長を促進させる。
  • bFGF(繊維芽細胞成長因子):毛髪及び皮膚細胞の成長促進により、毛乳頭細胞の活性化と新しい血管生成を促進 させる。
  • Noggin(分泌性たんぱく質):脱毛の進行を防ぎ、毛髪再生を促進させる。
  • SOD(活性酵素分解酵素):毛包保護、毛髪成長の促進をする。
  • ATP(生体のエネルギー源):AGAの原因であるジヒドロテストロンの分泌を抑制する。

今回は、「AGAスキンクリニック」が提供している「Dr'sメソ」というオリジナルのメソセラピーを参考に紹介しました。クリニックや薄毛の進行具合によって成分は変わってくるので診察の際に相談しましょう。


AGAメソセラピーの効果|どんな人におすすめの治療法なの?

AGAメソセラピーが効果的なのはわかったけど実際どのくらいの効果があるのかが気になるところ。

ここでは、AGAメソセラピーの効果について解説します。また、どんな人におすすめの治療法なのかも説明していくのでしっかりとチェックをしていきましょう。


AGAメソセラピーの効果は?

AGAメソセラピーの効果

AGAメソセラピーは内服薬と比べて効果を早く実感できるのがメリット。内服薬によるAGA治療は効果が出るまで6ヶ月ほどかかりますが、メソセラピーは早くて3〜4ヶ月で効果が見られます。

内服薬では6ヶ月ほど経ったところで薄毛が減ったり髪の毛が増えてきたかもと実感することが多いです。それに対して、メソセラピーは6ヶ月ほど続けると見違えるくらいの育毛効果があるので、その効果が一目瞭然です。

個人差はありますが、直接有効成分を注入できるのでAGA治療の効果を早めたい方はメソセラピーがおすすめですよ。


AGAメソセラピーの効果が出るのは3〜6ヶ月程度と言われている

AGAの治療は乱れたヘアサイクルを正常化させるためにある程度の期間が必要です。

前述の通り、ミノキシジルやフィナステリドを使った内服薬や外用薬は治療を開始してから早ければも6ヶ月ほどで効果が現れて、遅い人であれば1年ほどで育毛効果を実感できます。

それに対して、AGAメソセラピーは早い方で2ヶ月、平均的には3〜6ヶ月で十分な効果を実感できるので、できるだけ早くAGAの改善をしたい方におすすめです。


AGAメソセラピーの副作用は?

AGA治療では、男性機能性障害や肝機能障害など副作用があるものがほとんど。治療を進めていくならできるだけ身体に負担がないもので行っていきたいですよね。

メソセラピーで注入する成分は身体に害のないもの。また頭皮に成分を直接注入するので、全身の血液循環に流れることがなくアレルギー反応を起こすこともありません。そのため、持病や体質が原因で内服薬などを服用できない方にもおすすめです。

副作用はありませんが、心配な方は医師に相談しながら治療を進めていくのがいいですよ。


AGAメソセラピーの値段|どのくらいの費用がかかるの?

AGAメソセラピーの値段

AGAメソセラピーは、内服薬や外用薬よりも高い効果が見られるため費用も少し高額です。

内服薬のフィナステリドは、約1ヶ月分が8,000〜10,000円ほど。メソセラピーは、月30,000〜100,000円と高額です。価格はクリニックや処方回数、一回の注入でどのくらいの成分を入れるかで変わってきます。

AGA治療は継続が大切です。いくら効果が高くても続けられなくては意味がないので、自分の経済事情と相談してメソセラピーで治療を行っていくか決めていきましょう。


AGAメソセラピーのポイント|注意点も解説します!

AGAメソセラピーは効果的な治療法ですが気をつけなければいけないことやデメリットもいくつかあります。

ここでは、AGAメソセラピーのポイントや注意点を解説。治療を受ける前に確認しておきたいことばかりなので、しっかりとチェックしましょう。


AGAメソセラピーのポイント1. 治療費が高額なので、まずは内服薬で様子を見るのがおすすめ

メソセラピーは月で30,000〜100,000円ほどかかる高額な治療法です。せっかく高い値段を払っても途中で治療を続けるのが厳しくなってしまっては意味がありません。

AGA治療は継続しなければ意味がないものなので、まずは比較的、安い値段で治療ができる内服薬で様子を見ていきましょう。

フィナステリドなどは、約1ヶ月分が8,000〜10,000円でメソセラピーよりも気軽に試すことができます。内服薬での効果を見てからメソセラピーをするかどうか決めるのがいいですよ。


AGAメソセラピーのポイント2. 毛根が完全に失われた部分は発毛しない

AGAメソセラピーは、内服薬や外用薬と同じく薄毛の原因である成長ホルモンを抑制して、髪の成長に効果的な成長因子を促進させるもの。

メソセラピーは頭皮に直接成分を注入するものですが、毛根があるところでしかその効果は見られません。毛根が完全に失われた部分にメソセラピーを注入しても発毛しないことを覚えておきましょう。


AGAメソセラピーのポイント3. 治療を受けた当日は、入浴やサウナは控える必要がある

AGAメソセラピーは頭皮に注射して成分を注入していくものなので、施術後は頭皮に細菌が入らないようにしなければなりません。

そのため、入浴やサウナなど汗をかく行為は避けること。頭部を避けてのシャワーなら大丈夫ですが、洗髪などは治療の翌日以降から行うようにしましょう。翌日なら入浴もサウナなども行って大丈夫ですよ。


AGAメソセラピーのポイント4. ガンを患っている方は施術はできない

AGAメソセラピーで頭皮に注入する髪への成長因子は、効果が高いゆえにガン細胞の成長も促進してしまうデメリットがあります。

そのため、ガンを患っている方は施術できないので注意しましょう。また、他に持病がある方も治療前にきちんと検査を受けて医師との相談をした上で、メソセラピーを行うのか決めることが大切です。


悩んでいる人は、AGAメソセラピーで薄毛治療を。

頭皮に直接、成長因子を注入するので内服薬や外用薬よりも高い発毛効果が見られるメソセラピー。

注入する際の痛みもなく、副作用もほとんどない治療法なので、今まで他のAGA治療を行ってきたけど効果が見られなかった方でも発毛効果を実感できるはす。

今記事を読んで、メソセラピーのメリットやデメリットをしっかりと理解して薄毛の改善を効果的にできるようにしましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事