にんにくダイエットの効果とは?脂肪燃焼を促すおすすめレシピも紹介

にんにくダイエットの効果ややり方を知りたい方へ。本記事では、にんにくダイエットの効果やメリットから、効果的な正しいやり方まで大公開!にんにくのおすすめレシピも紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

にんにくはダイエットに効果がある

にんにくはダイエットに効果がある

食材に食欲をそそる風味を加えられるにんにく。にんにくを入れることで美味しく食べられる食事もたくさんありますよね。

実は、にんにくは正しいやり方を実行するとダイエットをサポートしてくれる食材

にんにくが好きな人やにんにくを減量に活かしたいという人は、ぜひにんにくダイエットのやり方をマスターしてください。


にんにくがダイエットに効果的な理由|痩せると言われるのはなぜ?

にんにくがダイエットに効果的な理由_どんなメリットがあるの

まずは、にんにくがダイエットに効果的な理由をご紹介します。

にんにくが持つダイエット関するメリットは3つです。

にんにくダイエットを始める前に3つのメリットを知ってから、ダイエットをスタートさせましょう。


にんにくがダイエットに効果的な理由1. アリシンが糖分を分解する働きがある

アリシンが糖分を分解する働きがある

体内の糖分はエネルギーとして使用されないと脂肪に変換されて蓄積してしまうため、減量を目指すなら糖分を減少させることが大切です。

その糖分の減少を促す作用を持つのがにんにくに含んでいるアリシンという成分。

アリシンはにんにくの香りに含まれる成分で、ビタミンB1の働きを高める作用を持っています。ビタミンB1は糖分をエネルギーに変換する役割があるので、糖分をスムーズに分解・排出することが可能。

つまり、にんにくを食べれば糖分をうまく代謝でき、ダイエットに繋がるというわけです。


にんにくがダイエットに効果的な理由2. スコルジニンが代謝を高めてくれる

体内の血流が滞っている人は代謝が悪く太りやすい体質になってしまいます。ダイエットを成功させるなら、代謝を高めることも重要です。

糖分を分解するにんにくのアリシンは、加熱するとスコルジニンという成分に変わります。スコルジニンは毛細血管を広げて血流を促す作用を持っている成分です。

加熱したにんにくを食べることで血液の流れが良くなって基礎体温が上がり代謝が活発化。その結果、痩せやすい体質になります


にんにくがダイエットに効果的な理由3. ノルアドレナリンが脂肪を分解してくれる

ノルアドレナリンが脂肪を分解してくれる

脂肪を燃焼させるためには脳から脂肪分解のための指令を出すことが必要です。その指令に関わっているのがノルアドレナリンなどのホルモンになります。

ノルアドレナリンが分泌するとリパーゼという酵素が活性化して脂肪を分解。分解された脂肪を筋肉がエネルギーとして使うため燃焼させることができます。

にんにくを食べるとノルアドレナリンが自然と発生するため、脂肪が分解する状態に。ダイエット効果を促進してくれます。


にんにくダイエットの正しいやり方|減量に効果的な方法を紹介!

にんにくダイエットの正しいやり方_効果的な方法を大公開

ダイエットに嬉しい効果をたくさん持つにんにく。

ここでは、減量に効果的なにんにくダイエットの正しいやり方をご紹介します。

にんにくをダイエットに活用して痩せるなら、3つのポイントを押さえることが重要。さっそくチェックしてくださいね。


にんにくダイエット法1. 朝食の前ににんにくを食べると効果的

朝食の前ににんにくを食べると効果的

にんにくには糖分の分解作用や毛細血管を拡張して血液をサラサラにする効果、脂肪燃焼を促す効果があります。その他にも殺菌や抗菌、疲労回復、免疫力を高めるなど、体にとって嬉しい作用がたくさんある食材です。

それらの効果を最も高められるタイミングが空腹時。空腹時ににんにくを食べることで、にんにくが持つ様々な作用を高めるといわれています。

特に、空腹時の中でもおすすめなのが朝食の前です。前日の夕食からかなり時間が経っているので、体内に消化されやすくにんにくの効果がさらに高まりますよ。


にんにくダイエット法2. 一日に食べて良い量は1〜3片まで

にんにくは強い殺菌作用を持っているため、食べ過ぎてしまうと胃腸の中の必要な菌まで失ってしまいます。また、にんにくの匂い成分であるアリシンは大量に摂取すると貧血を誘発してしまう可能性も。

様々な効能を持つにんにくですが、食べ過ぎは逆に体調不良を引き起こす原因となるため良くありません。

にんにくを使ってダイエットする時は、生にんにくの場合摂取量を1日1片までに抑えてください。加熱したにんにくなら1日2〜3片まで食べても大丈夫です。


チューブタイプよりも生にんにくがおすすめ!

料理に使う時、にんにくを切る必要がなくサッと加えられる便利なチューブタイプはダイエットには向きません。

チューブにんにくは100%にんにくで構成されている食品ではないため、ダイエットに有効な成分を多くとりいれることが難しいです。

にんにくダイエットでより効果を発揮させたいなら、生のにんにくがおすすめですよ。


にんにくダイエット法3. ビタミンB1が豊富な食材と一緒に摂取するとダイエット効果アップ

ビタミンB1が豊富な食材と一緒に摂取するとダイエット効果アップ

にんにくのアリシンは糖分をエネルギーに変えるビタミンB1の働きを高める作用がある成分です。そのため、ビタミンB1が豊富な食材と一緒に食べると糖分の分解作用がアップして痩せる体質に繋がります。

ビタミンB1が豊富な食材は、豚肉や玄米、豆腐、枝豆などです。

特に豚肉はビタミンB1の量が多いので、豚肉を使った料理とにんにくを合わせるのも良いでしょう。ダイエットのためには豚肉でも脂身の少ないヒレ肉やモモ肉がおすすめですよ。


にんにくダイエットで効果を高めるコツ|注意点も合わせて教えます!

にんにくダイエットで効果を高めるコツ _注意点も合わせて教えます

ここでは、にんにくダイエットで効果を高めるコツをご紹介します。

正しい食事方法と合わせてプラスαでコツを追加すると、さらなるダイエット効果が期待できますよ。

にんにくダイエットで絶対に痩せたい人はぜひ目を通してください。


ポイント1. にんにくを食べると、食欲が増す可能性があるので注意

にんにくを食べると、食欲が増す可能性があるので注意

ダイエットをする上で大切なのが、摂取カロリーを抑えること。いくら運動をしてダイエットを頑張っていてもその分、食べてしまえばカロリーオーバーとなり痩せることはできません。

にんにくの有効成分であるアリシンやスコルジニンは、胃を活性化させる他食欲を増進する作用を持っています。

そのため、意識しておかないと「気づいたらたくさん食べていた」ということになりかねないため、注意しましょう。


ポイント2. 最低でも1ヶ月は継続して行う

にんにくが持つ効能を利用して減量を目指すにんにくダイエットですが、数日や数週間などの短期間で痩せるダイエット法ではありません。

確かな効果を実感したいなら最低でも1ヶ月間は続けてみましょう。にんにくダイエットを実際に試した人の口コミを確認すると「2ヶ月で〇〇kg減りました」と月単位で実践して成功させています。

急いで結果を求めるのではなく、月単位で様子を見ると効果を実感しやすいですよ。


ポイント3. 筋トレや有酸素運動を同時に行うとより効果的に痩せれる

筋トレや有酸素運動を同時に行うとより効果的に痩せれる

にんにくダイエットは食事からアプローチして痩せる方法です。それと一緒に運動も合わせて行うとダイエット効果を高めることができます。

筋トレをすると筋肉量がアップするため、基礎代謝量が増えて痩せる体質に繋がります。有酸素運動なら体を動かすときに脂肪がエネルギーとして使われるので、脂肪燃焼効果のアップが可能です。

にんにくダイエットを成功させたいなら、体を動かすことも大事ですよ。


にんにくを使ったおすすめダイエットレシピ5選|人気メニューを大公開!

にんにくを使ったおすすめダイエットレシピ5選|人気メニューを大公開

ここでは、にんにくを使ったおすすめダイエットレシピ・メニューを5選でご紹介します。

にんにくを美味しく食べられるレシピやメニューをピックアップしているので、にんにくダイエットをスタートする前にぜひ目を通してください。


にんにくのおすすめレシピ1. にんにくの味噌漬け

にんにくのダイエットレシピ_にんにくの味噌漬け

出典:recipe.rakuten.co.jp

生のにんにくを丸ごと食べられるように考えられたレシピです。発酵食品の味噌を使用するので、腸内環境を整えることもできます。

味噌に砂糖やお酢も加えるので、甘酸っぱいにんにく漬けメニューに仕上がりますよ。

作り方

  1. にんにくの皮をむき30〜60秒茹でる
  2. 冷水でしめて水気を切っておく
  3. 味噌、砂糖、お酢、醤油を混ぜてつけダレを作る
  4. つけダレににんにくをつけ寝かせる
  5. 2〜3日後に食べごろになって完成

詳しいレシピはこちら


にんにくのおすすめレシピ2. ガーリックキャベツ

にんにくのダイエットレシピ_ガーリックキャベツ

出典:www.lettuceclub.net

キャベツを美味しく食べられるメニューです。キャベツには不溶性食物繊維がたっぷり含まれているので、お腹の調子を整えることもできますよ。

便秘で悩んでいる方はぜひ食べてみてください。

作り方

  1. キャベツを大きめにざく切りにする
  2. 耐熱容器に入れてラップをかけ2分30秒〜3分加熱する
  3. しんなりしたら水気を切って器に盛る
  4. 弱火のフライパンに油(オイル)とみじん切りにしたにんにくを投入
  5. 薄く色がつくまで炒めて醤油と胡椒を加える
  6. 火を止めたらキャベツの上にかけて完成

詳しいレシピはこちら


にんにくのおすすめレシピ3. 玉葱浸け

にんにくのダイエットレシピ_玉葱浸け

出典:cookpad.com

血液サラサラ作用を持つ玉葱とミックスするメニューです。この組み合わせは血流が良くなるため基礎代謝アップに効果的。

2日目に輪切り唐辛子や梅肉などを加えても美味しいメニューになります。甘味が欲しい場合は甘味料を足してもOKです。

作り方

  1. 玉葱を一口大に切ってボウルで30分ほどさらしておく
  2. 小鍋ににんにくスライスを入れて、醤油・酒・みりん・お酢を投入
  3. 火をつけて煮立たせたら熱いうちに玉葱にかける
  4. 蓋をして冷蔵庫で1日放置すると完成

詳しいレシピはこちら


にんにくのおすすめレシピ4. 炊飯器で手作り熟成黒にんにく

にんにくのダイエットレシピ_炊飯器で手作り熟成黒にんにく

出典:cookpad.com

生のにんにくを熟成発酵させた黒にんにくなら体の老化や肥満を予防する抗酸化作用がアップします。

にんにく特有の香りもマイルドになるため、匂いが気になる人にもおすすめのメニューです。

作り方

  1. 炊飯器に布やタオルを敷く
  2. 炊飯ジャーに皮付きにんにくを並べる
  3. キッチンペーパーをかぶせる
  4. 2段目にも皮付きにんにくを並べる
  5. 布やタオルの端で包み込むように隠す
  6. 炊飯器の保温機能で14日保温
  7. 炊飯器から取り出してザルや新聞紙の上で乾燥させて完成

詳しいレシピはこちら


にんにくのおすすめレシピ5. 黒にんにくの赤ワイン漬け

黒にんにくを赤ワインと一緒に漬け込むと体の老化や肥満を予防する抗酸化作用がさらにアップしたメニューが完成します。

砂糖はお好みの量で良いですが、ダイエット中なので少なめのレシピにしましょう。アルコールが苦手な人は赤ワインを一度煮立ててアルコールを飛ばしておくと良いですよ。

作り方

  1. 黒にんにくの皮を剥がしておく
  2. 密閉容器を煮沸消毒して乾かす
  3. 密閉容器に黒にんにく、ドライフルーツ、砂糖、赤ワインを入れる
  4. 蓋を閉めて一週間放置すると完成

にんにくを食べて、美味しくダイエットを成功させよう。

にんにくを食べて、美味しくダイエットを成功させよう

にんにくは糖分の分解や脂肪の分解、代謝アップなど複数の効能やメリットがあるダイエット向きの食材です。

にんにくダイエットは正しいやり方を把握して注意点に気をつけるときちんと減量することができます。

今回ご紹介した5つのにんにくメニューも参考にしながら、にんにくダイエットで理想の体型を手に入れましょう。


【参考記事】太らない食べ方のコツを押さえておこう!▽

【参考記事】ダイエット中に飲み会に行く時があるならこちらを確認しよう!▽

【参考記事】ダイエット中におすすめしたい飲み物を徹底ガイド!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事