カレーはダイエットに効果的?|正しいやり方&痩せるためのレシピを解説!

カレーダイエットの効果ややり方を知りたい方へ。本記事では、カレーダイエットの効果やメリットから、効果的な正しいやり方やおすすめのレシピまで大公開!ご飯の量やご飯の代わりになるものも紹介していますので、気になった方はぜひ取り入れてみてくださいね。

カレーがダイエットに効果的な理由|どんなメリットがあるの?

カレーライス

好きな具材を入れることが可能で、レトルト食品の中にも様々な種類があり、日本人の国民食として人気が高いカレー。

しっかりとした味付けとそのボリュームから高カロリーなイメージが強いですが、実はダイエットに取り入れると様々なメリットがあるのです。

そこでここからは、カレーがダイエットに効果的な理由を詳しく解説していきます。


カレーのメリット1. スパイスが血流を良くし、代謝を上げてくれる

汗をかく男性

カロリーが高いというイメージが強いカレーですが、スパイスをうまく取り入れて調理すれば、高いダイエット効果が期待できます。

例えば、ターメリックやクミンなどのスパイスには血流を良くしたり代謝を上げてくれたりする効果があり、継続して摂取することで普段からカロリーを消費しやすい体質になるでしょう。

また、基礎代謝が上がることで汗をかきやすくなり、運動効果が高まることもメリットの一つ。筋トレや有酸素運動で結果が出やすくなり、モチベーションの維持にもつながるりますよ。


カレーのメリット2. クミンやコリアンダーは中性脂肪を減らしてくれる働きがある

頑固で落ちにくいというイメージが強い中性脂肪。この脂肪は、本格的な味わいのスパイスカレーに欠かせないクミンやコリアンダーといったスパイスで減らせるという特徴があります。

クミンには「植物ステロール」という体内でコレステロールを抑制する成分が含まれており、血中のコレステロールや中性脂肪を減少させる効果が証明されています。

また、コリアンダーにも脂質低下作用があるため、2つのスパイスを積極的に摂取することで、脂肪を減らし効率良く痩せることができるでしょう。


カレーのメリット3. 無理なくダイエットできる

カレーライス

世の中には数多くのダイエット法がありますが、中には極端な食事制限を必要としたり、栄養素が行き届かない状態に陥る可能性があったりするものも多いです。

その点、カレーは食べ応えがあるため満足感を得やすく、無理のないダイエットができる点は大きなメリットであると言えるでしょう。

また、スパイスや一緒に使う食材を工夫すれば栄養価のバランスが取りやすいのもポイント。

しっかり栄養を摂取しながらも手軽にダイエットができちゃいます。


カレーダイエットの効果的なやり方|痩せるための正しい方法を解説!

カレーライス

ダイエット中に取り入れると様々な良い効果があるカレー。しかし、アレンジの種類が豊富な料理のため、食べ方を間違ってしまうと逆に太ってしまう可能性もあるものです。

そこでここからは、カレーダイエットで痩せるための正しいやり方を詳しく解説します。

「カレーダイエットで結果を出したい」という人はぜひ参考にしてください。


カレーダイエットの方法1. カレーを食べるなら朝か昼にする

朝の食事

いくらカレーに代謝を上げたり脂肪を減らしたりする効果があるといっても、夜ご飯としてガッツリ食べたあとに消化がされないと、逆に太ってしまう可能性があるでしょう。

従って、カレーを食べるタイミングはできるだけ朝か昼を選ぶようにすることをおすすめします。

その後もしっかりと活動できる朝か日中の食事にカレーを取り入れれば問題なく消化されますし、1日の序盤に代謝を上げることで、効率良くカロリーを消費することにも繋がりますよ。


カレーダイエットの方法2. ご飯の量は200g以内に抑え、食べすぎを防ぐ

ダイエット中に取り入れると様々な効果があるスパイスカレー。しかし、一緒に食べる白米を食べすぎてしまうと結局摂取カロリーが増えるため、ダイエットが失敗する可能性が高くなります。

そこで、カレーダイエットをする際は、ご飯の量をできるだけ200g以内にするように心がけましょう。

炭水化物である白米を意識的にセーブすることで、カロリーを抑え、より効率良くダイエットできるようになりますよ。


ご飯の代わりの豆腐やキャベツ等を活用するのもおすすめ

どうしても白米を食べすぎてしまうという人は、ご飯の代わりに豆腐やキャベツなどの低カロリーな食材を用意するのもおすすめの方法です。

豆腐は簡単にヘルシーなソイライスとして活用することができますし、低カロリーなキャベツであればたくさん食べても太ることはありません。代用品をうまく使い、効率良くカレーダイエットを進めていきましょう。


カレーダイエットの方法3. カレーはスパイスから作りカロリーを抑える

スパイスから作ったカレーライス

普段カレーを作るとなると、市販のルーを使用する人がほとんどかと思いますが、実はカレールーはカロリーが高く、ルーだけを元にカレーを作ってしまうとカロリーが増えてしまいます

そこで、カレーダイエットで使うカレーを作る際は、できるだけスパイスから作りカロリーを抑えるようにしましょう。

ニンニクやターメリックなどのスパイスを主に使用することで、カロリーを下げつつしっかりとダイエット効果のあるカレーを作れます。

なお、どうしても難しい場合は、低カロリーなルーだけを使うようにするのもおすすめの方法ですよ。


カレーダイエットの方法4. 具材は油で炒めないようにして、余分なカロリーをカット

家庭でカレーを作るとなると、ほとんどの人が具材を油で炒めるでしょう。しかし、油を使うと脂質が多くなるため、どうしてもカロリーが高くなってしまいます。

そこで、ダイエットにカレーを用いる場合は、余分なカロリーをカットするためにも油を使うことは避けましょう。

油で炒める代わりに食材を蒸したり茹でたりすることで、トータルのカロリーをぐっと下げることができますよ。


カレーダイエットの方法5. カレーに使う具材はもも肉などヘルシーな食材を使う

もも肉

カレーは様々な食品を使ってアレンジできることが大きな魅力ですが、使う具材によってはカロリーが高くなりがちです。

そこで、ダイエット中は牛肉や豚肉などを避け、カロリーが低いヘルシーな食材に置き換えるようにしましょう。

具体的には、鶏もも肉やささみ、むね肉などを使うのがおすすめ。また、肉の代わりに魚を使ったり野菜の量を増やしたりすることでも、カロリーを下げることができますよ。


ダイエットにおすすめのカレーレシピ5選|続けやすい人気メニューをご紹介!

カレーライス

やり方次第で減量が期待できるカレーを使ったダイエット。しかし、「毎日カレーを食べていると飽きてしまいそう...」と感じる人もいるでしょう。

そこでここからは、ダイエット中におすすめのカレーを使ったアレンジレシピを5つ紹介していきます。


ダイエットレシピ1. ココナッツミルクカレー

ダイエットに効果的なカレーのレシピ_ココナッツミルクカレー.jpg

出典:cookpad.com

市販のルーを使わず、鶏もも肉やスパイスをふんだんに使ったココナッツミルクカレー。鶏もも肉は糖質が低く、他の食材も低カロリーのため、ダイエット中に非常におすすめのスパイスカレーレシピです。

作り方は、ひと口大に切った鶏もも肉を焼き色がつくまで焼きます。玉ねぎとニンニクと生姜を入れて炒め、トマト缶とココナッツミルク、ヨーグルトを入れて5分程煮込みます。

そこにターメリックやクミン、ガラムマサラなどのスパイスを小さじ1程度入れ、弱火で約20分煮込みましょう。最後にカレー粉や塩などで味を整えると、完成となります。

詳しいレシピはこちら


ダイエットレシピ2. 鯖缶トマトカレー

ダイエットに効果的なカレーのレシピ_鯖缶トマトカレー.jpg

出典:cookpad.com

鯖缶やトマト缶、ひよこ豆などの低カロリーな食材を中心に作られた鯖缶トマトカレー。ご飯抜きでも美味しく食べられるため、ダイエット中のメニューとして重宝するでしょう。

作り方は、玉ねぎをみじん切りにし、牛脂を入れたフライパンで透明になるまでよく炒めます。

その後カレー鍋に炒めた玉ねぎ、鯖缶、トマト缶、ひよこ豆の水煮を入れひと煮立ちさせましょう。カレー粉を入れとろみが出るまで混ぜ、塩などで味を整えたら完成です。

詳しいレシピはこちら


ダイエットレシピ3. 鶏むね肉の簡単キーマカレー

ダイエットに効果的なカレーのレシピ_鶏むね肉の簡単キーマカレー.jpg

出典:cookpad.com

りんごや玉ねぎ、鶏むね肉などの食材でカロリーを抑えたキーマカレーのレシピ。市販のカレールーを使いますが、低カロリーのルーを使えばダイエット中でも問題なく食べられますよ。

作り方は、りんごと玉ねぎをフードプロセッサーに入れてみじん切りにし、フライパンで炒めて水分を飛ばします。焦げが付いてきたらフードプロセッサーにかけた鶏むね肉を加え、火が通るまで炒めましょう。

一旦火を止めルーを溶かし、3分ほど火にかければ完成となります。

詳しいレシピはこちら


ダイエットレシピ4. きのこだけのカレースープ

ダイエットに効果的なカレーのレシピ_きのこだけのカレースープ.jpg

出典:cookpad.com

きのこをたっぷり使い、ヘルシーながらも美味しく満足感のあるレシピとなっているきのこだけのカレースープ。きのこは食物繊維が豊富なため、腸内環境を整えたい時にもおすすめの1品です。

作り方は、えのき、舞茸、しめじなどをお好みで1cm角ぐらいに切り、オリーブオイルを引いた鍋に入れ中火で炒めます。その後水と酒を入れて弱火にし、コンソメを入れて30分ぐらい煮込みましょう。

最後にケチャップとカレー粉でお好みの味に整え、完成となります。

詳しいレシピはこちら


ダイエットレシピ5. お豆腐の簡単ドライカレー

ダイエットに効果的なカレーのレシピ_お豆腐の簡単ドライカレー.jpg

出典:cookpad.com

ボリュームがありながらも豆腐を使うことでカロリーを抑えているドライカレー。普通のカレーに飽きてきた時にも重宝するレシピです。

作り方は、にんじんやピーマン、玉ねぎ、しいたけなどを1cm角に刻み、オリーブオイルを引いたフライパンに冷凍ほうれん草と共に入れます。

全体がしんなりするまで炒めたら、そこにカレーのルーとにんにく、塩コショウを入れ、ルーが溶けて絡むまで混ぜましょう。最後に豆腐を手で潰しながら加え、ルーを絡めながら混ぜればできあがりです。

詳しいレシピはこちら


美味しくてダイエットに効果的なカレーを作って、無理なく体重を減らそう!

カレーライス

年齢、性別問わず多くの人に愛されているカレー。そのボリュームや濃厚な味付けから高カロリーな印象が強く、ダイエット中は避けているという人も多いでしょう。

しかし、カレーに使われるスパイスにはダイエット効果を高める作用があり、正しい方法でダイエットにカレーを取り入れれば、減量することが可能です。

注意点や効果を出すコツ、またダイエット向きのレシピなどをしっかりと理解し、カレーでダイエットを成功させましょう。


【参考記事】ダイエット中には夜ご飯もこだわろう!

【参考記事】短期間で激ヤセを叶える食事法とは?▽

【参考記事】本気で痩せたいなら筋トレも大事です!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事