ダイエット中にお好み焼きはあり?太りにくい食べ方やおすすめレシピを大公開!

ダイエット中にお好み焼きを食べていいのか?を知りたい方へ。本記事では、ダイエット中にお好み焼きを食べるのはありなのか?についてや、正しい食べ方やダイエットを成功させるコツを大公開!豆腐やおから、キャベツなどを活用したおすすめレシピも紹介していますので、気になった方はぜひ参考にしてみてください!

お好み焼きはダイエット中にも食べていいの?

お好み焼きはダイエット中に食べてもいいの

小麦粉やお肉などいろいろな具材が入っていて、一見するとカロリーが高くダイエット中には食べてはいけないものだと思ってしまうお好み焼き。

実は「お好み焼き=太る」というのは間違いで、中に入れる具材を選ぶなどやり方さえ気をつければ、ダイエット中の人でも食べられるヘルシーなレシピなのです。

マヨネーズやチーズなどをトッピングすると当然カロリーは高くなりますが、野菜のようなカロリーの低いものをメインの具材にすれば、オーバーカロリーも防げる料理になります。

ダイエット中の方でも我慢せず、お好み焼きを食べる時は食材をしっかり選んでいくようにしましょう。


たこ焼きも食べ方を気をつければダイエット中でも食べてOK!

お好み焼きと似た食べ物でたこ焼きがありますが、中のたこは低カロリー

たこ焼きでカロリーが上がりやすいのは、その他のトッピングや表面に使う小麦粉になります。

それらの材料を低カロリーなものに変えていけば、ダイエットしたい方がたこ焼きを食べても問題ないので、あくまで具材次第ということを押さえておきましょう。


お好み焼きをヘルシーに食べるコツ|太りにくい方法をご紹介!

お好み焼きをヘルシーに食べるコツ_太りにくい方法を紹介

食べ方次第でお好み焼きはヘルシーになりますが、具体的にどういう方法で食べればヘルシーになるのか知りたいですよね。

ここから、お好み焼きをヘルシーに食べるためのコツをご紹介します。

できるだけ太りにくい方法でお好み焼きを食べたいという方はぜひ参考にしてくださいね。


ダイエット中のお好み焼きの食べ方1. 小麦粉の代わりに豆腐やおからなどの低カロリー食材を活用する

ダイエット中のお好み焼きの食べ方_小麦粉の代わりに豆腐やおからなどの低カロリー食材を活用する

お好み焼きでまずカロリーが高くなる要因の1つが、表面で使われる小麦粉です。

その小麦粉を、豆腐やおからなど低カロリーな食材に変えることででんぷん質の糖質をカットし、総カロリーを抑える効果があります。

食感も小麦粉で作った時よりもふわふわとするので、風味も落ちずダイエット中でも美味しくヘルシーに食べられますよ


ダイエット中のお好み焼きの食べ方2. キャベツをたっぷり使用する

カロリーが高くなるのを防ぐために、中の具材はなるべくヘルシーなものにしたいですよね。

そんな時におすすめなのがカロリーが低くてビタミンやミネラルも豊富なキャベツ。キャベツをたっぷり入れることでボリュームを出せるので、早めに満腹感を感じやすくなりますよ。

ダイエット中の方にはとてもおすすめです。


ダイエット中のお好み焼きの食べ方3. 油の使う量を減らす

ダイエット中のお好み焼きの食べ方_油の使う量を減らすg

お好み焼きを焼くときの油はカロリーが増える原因に。油は1g中に9kcalも含んでいるので、お好み焼きを焼くときに使えば一気にカロリーが高くなってしまいます。

焼く際にお好み焼きがプレートにくっつくのを防ぐ目的で油を使っている方もいるかと思いますが、お好み焼きは油なしでも十分くっつかずに焼くことが可能なのです。

ダイエット中の方は油を使わないか、できるだけ使う量を減らすことを意識しましょう。


ダイエット中のお好み焼きの食べ方4. マヨネーズはできる限り使わない

お好み焼きのトッピングとしてよく使われるマヨネーズは、大さじ1杯あたり86kcalも含んでおり、お好み焼きの上にかける時にはかなりのカロリー増となってしまいます。

お好み焼きの上にのせるものとしては、かつおぶしなど低カロリーなものにするのがおすすめ。

ダイエット中の方はカロリーを抑えるために、できるだけマヨネーズは使わないようにしましょう


お好み焼きのおすすめダイエットレシピ|続けやすくて美味しいメニューを大公開!

お好み焼きのダイエットレシピ_続けやすくて美味しいメニューを大公開

お好み焼きをヘルシーに食べるためのコツがわかったところで、実際にどういったメニューがあるのか気になりますよね。

ここでは、ダイエット中におすすめのお好み焼きレシピをご紹介。

どれも簡単に作れて美味しいものばかりなので、まずどんなものを作ったらいいかわからない方はぜひ一度試してくださいね。


おすすめレシピ1. 豆腐でお好み焼き

お好み焼きのダイエットレシピ_豆腐でお好み焼き.jpg

出典:cookpad.com

小麦粉を使わずにカロリーを抑えたい方におすすめなやり方が豆腐で作るお好み焼きです。材料も少なく、200kcal程度なので、たくさん食べても大丈夫。作り方もシンプルで夜食にサッと作りたい方にも嬉しいレシピです。

  1. 豆腐と卵をボウルで混ぜる
  2. 千切りにしたキャベツを入れて混ぜる
  3. 片栗粉を入れて混ぜる
  4. フライパンで両面を焼いたら完成

絹と木綿どちらの豆腐でも作れますが、木綿の方がお腹にたまりやすいので木綿で作るのがおすすめですよ。

レシピを詳しく見る


おすすめレシピ2. おからパウダーお好み焼き

お好み焼きのダイエットレシピ_おからパウダーお好み焼き.jpg

出典:cookpad.com

小麦粉や豆腐以外にも、おからで作るお好み焼きも簡単に作れます。おからパウダーは、食物繊維が豊富で腸内環境の改善や満腹感を得られるなどダイエットに嬉しい効果がたくさんあります。

糖質も低く、カロリーをしっかり抑えられるので、おからパウダーのお好み焼きもとてもおすすめですよ。

  1. 卵、おからパウダー、キャベツ、白だしを混ぜる
  2. フライパンに流し込んで、両面を焼いたら完成

具材がキャベツだけなので、量はたっぷり入れてもOKでしっかり焼く必要もなく短時間で作れます。他にトッピングを追加する時も、山芋など野菜を中心にしてカロリーを抑えるようにしましょう。

レシピを詳しく見る


おすすめレシピ3. オートミールお好み焼き

ダイエットをしている人でオートミールを使っている人も多いかと思いますが、オートミールはヘルシーなお好み焼きを作る時にも使えるのです。

オートミールはおから同様食物繊維が多く、腸内環境を整えてくれるのに加えておからよりもタンパク質量が多めというメリットがあります。筋肉の材料になってくれるので、ダイエットのために運動をしている方には特におすすめです。

  1. オートミール30gに水90mlを加えてレンジで1分加熱する
  2. キャベツと豚バラを切ってボウルに入れ、そこにオートミールと卵も入れて混ぜる
  3. フライパンに流して両面を焼いて完成

オートミールが膨らんで満腹感も感じられるので、こちらもダイエット食にはとてもぴったりです。


痩せたいけど美味しいものを我慢したくないなら、お好み焼きをダイエット向けにアレンジしてみて!

お好み焼きといえばカロリーが高いので、ダイエット中には控えておいた方が良いと思っていた方も多いのではないでしょうか。

ひと言にお好み焼きとはいっても具材や作り方はたくさんあるので、糖質を抑えるなどやり方さえ間違っていなければ痩せる効果のあるレシピにできます。

ダイエットに励む方は、ぜひ美味しいお好み焼きを食べながら頑張ってみてくださいね。


【参考記事】太らない食べ方もチェック!▽

【参考記事】減量を成功させるダイエット中の食事制限を解説!▽

【参考記事】1週間で痩せる本気痩せメニューを徹底解説▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事