筋トレにヨーグルトが効果的な理由|筋肉が効率よく成長する食べ方とは?

筋トレをする人にヨーグルトがおすすめなのか?を知りたい方へ。本記事では、筋トレ民にとってヨーグルトがおすすめな理由から、筋肉に良い影響を与えるヨーグルトの食べ方を大公開!筋トレ前後におすすめのヨーグルトも紹介していますので、気になった方はぜひ参考にしてみてください!

ヨーグルトが筋トレにおすすめな理由|どんなメリットがあるの?

ヨーグルト

ヨーグルトといえば、朝食や間食の中の1つとしておやつ程度に食べるものというイメージを持っている方が多いですよね。

実は、ヨーグルトには筋トレを頑張る人にとっていくつもの嬉しい効果があるのをご存知でしょうか。

ここでは、筋トレ民にヨーグルトがおすすめな理由を3つご紹介。日頃筋トレに励んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。


ヨーグルトのメリット1. 動物性のタンパク質が豊富に含まれている

たんぱく質の多い食べ物

タンパク質には動物性と植物性があります。中でも筋肉の材料になりやすいのは動物性のタンパク質。

筋肉の成長に欠かせない動物性タンパク質が100gあたり3.6g摂取できるので、食事にタンパク質がちょっと少なめだと感じたらヨーグルトをプラスすることで筋肉の材料をうまく補給できますよ。


ヨーグルトのメリット2. 腸内環境を整えてくれるので、代謝が上がりやすくなる

牛乳を乳酸発酵させたヨーグルトは乳酸菌が豊富で、善玉菌のエサになるため、腸内環境を整えてくれる効果があります。腸内環境が整うと、内臓の血流が良くなるので代謝が高まります。

代謝が上がることで脂肪燃焼効率が上がったり、栄養素を全身に運びやすくなるので、筋肉の成長効率が上がるのがポイント。

ヨーグルトで腸内環境を整えることで、プロテインなどで摂った栄養素を万遍なく身体に届けられるようになりますよ。


ヨーグルトのメリット3. コンビニなどでも手軽に購入できる

コンビニでヨーグルトを買う男性

いくら筋トレに効果的とはいっても、限られた場所にしか売っていなくてなかなか入手が難しいと日常的に活用しにくいもの。

ヨーグルトはスーパーだけでなく、コンビニや薬局など食料品を扱っているお店なら大抵のところで買える点が大きなメリット。

筋トレ前後のタイミングで、手元にタンパク質を補給する食べ物がない時にすぐコンビニなどで手に入れられるため、手軽に筋肉成長に必要な栄養素を摂取できます。


筋トレに効果的なヨーグルトの食べ方|筋肉アップに最適な食事法とは?

ヨーグルトを食べる男性

ヨーグルトが筋トレに効果的とわかったところで、実際に取り入れていこうと思った際にはどんなタイミングで食べるのがベストかなど気になりますよね。

ここからは、筋肉に効果的なヨーグルトの食べ方を解説していきます。

筋トレ民の方はぜひ参考にしてみてくださいね。


ヨーグルトの食べ方1. ヨーグルトを食べるタイミングは朝がおすすめ

ヨーグルトを食べる男性

朝起きたあとは、1日の中で血中のアミノ酸濃度が最も下がっているタイミングです。

アミノ酸濃度が下がった状態だと、アミノ酸を補給しようとして身体は筋肉の分解を始めてしまいます。よって朝の時間というのはとても筋肉が失われやすいタイミングなのです。

そこでヨーグルトでタンパク質を補給することで、血中のアミノ酸濃度が上がっていき、筋肉の分解を防げますよ。できるだけ朝食あたりで食べるようにしましょう。


ヨーグルトの食べ方2. タンパク質の含有量が多いヨーグルトを選ぶ

今やヨーグルトはいろいろなメーカーから発売されており、それぞれで栄養成分も異なります。

筋トレ民は、筋肉の成長のためにやはりタンパク質含有量の多いヨーグルトを優先して選びたいもの。目安としては1個あたり10g以上のタンパク質が含まれているヨーグルトであれば、十分な栄養補給となるでしょう。

中には1つで15g含んでいるものもあるので、栄養成分表示をこまめにチェックして自分のベストを見つけ出しましょう。


ヨーグルトの食べ方3. ヨーグルトは糖類や脂質の少ないタイプを選ぶ

ヨーグルト

タンパク質がたくさん入っていればなんでもいいというわけではなく、糖質や脂質の量に気をつけること。

糖質や脂質が多いと、その分余計なカロリーを摂ってしまうことになるので、脂肪が増えやすくなってしまいます。いくら筋肉を増やしても脂肪が多ければ、引き締まった身体はなかなか手に入れられません。

糖質と脂質が低いヨーグルトを選ぶようにしましょう。


筋トレ効果を高めるヨーグルトを使ったアレンジレシピ3選

ヨーグルト

筋肉のためにヨーグルトを積極的に摂ろうと思っても、毎日ひたすらにヨーグルトばかり食べるのも飽きてしまいそうですよね。

ここからは、ヨーグルトを使ったアレンジレシピを3つご紹介。

飽きないようにアクセントを付けながら食べていきたいという方はぜひ参考にしてくださいね。


ヨーグルトメニュー1. フルーツヨーグルト

筋トレに効果的なヨーグルトレシピ_フルーツヨーグルト.jpg

出典:cookpad.com

シンプルにできて時間がない時でも作りやすいのがフルーツヨーグルトです。

そのままのフルーツでなくても缶詰や冷凍で買えるので、ヨーグルトと一緒にお皿に入れればそれで完成。みかんやバナナ、ぶどうなど自分の好みに合わせて日々メニューを変えるなど、1週間毎日違う味にしてもいいでしょう。

果物の果糖で糖質補給もできるので、朝食だけでなく筋トレ前後に食べるのもおすすめです。

販売サイトで購入


ヨーグルトメニュー2. レモンシロップ漬けレモンのヨーグルト

筋トレに効果的なヨーグルトレシピ_レモンシロップ漬けレモンのヨーグルト.jpg

出典:cookpad.com

タンパク質補給と一緒に、筋トレや仕事での疲れを取れるようにもしたい方におすすめのメニューです。

ヨーグルトにスライスしたレモンを入れることで、レモンに含まれているクエン酸も摂ることができ、疲労回復にぴったり。特に夜の食事後にデザートとして食べて、クエン酸が体内に入った状態で眠りに入ると次の日の疲れの取れ方が違ってきますよ。

競技後のスポーツ選手にも人気のレシピなので、疲れに悩んでいる方はぜひ試してみてくださいね。

販売サイトで購入


ヨーグルトメニュー3. プロテインでフローズンヨーグルト

筋トレに効果的なヨーグルトレシピ_プロテインでフローズンヨーグルト.jpg

出典:cookpad.com

プロテインとヨーグルトを一緒に凍らせることで、しっかりとタンパク質を摂取できる食べ物となっています。

特に暑い時期にはアイスのような感じで食べられるのがかなり良いポイント。筋肉の成長には糖質も必要なので、バナナなどフルーツを一緒に凍らせてもいいでしょう。

いつものプロテインに飽きてきた方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

販売サイトで購入


ヨーグルトも取り入れて、効率よく筋肉を成長させていこう!

ヨーグルト

ヨーグルトというとどうしても朝食や間食で食べる食べ物というイメージを持ちがちですが、実は立派なタンパク質補給食材です。

もう少し筋肉のためになる栄養素が欲しいという方は、ぜひ日々の食事にヨーグルトをプラスしてみてくださいね。


【参考記事】筋肉を付ける食事法を徹底ガイド!

【参考記事】太らない食べ方のコツも押さえておこう!▽

【参考記事】ダイエット中におすすめの間食とは?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事