薄毛になる原因と予防する対策とは?|生活習慣や頭皮基準から診断する方法も解説

薄毛が起きるのはどうして?もしかして薄毛かも。という不安や悩みを抱える方に向けて薄毛について解説していきます。原因や予防対策はもちろん、頭皮基準や生活習慣から診断する方法まで詳細にお教えします。薄毛の不安をしっかり解消してください。

そもそもどうして薄毛は起きるの?

薄毛が起きる原因

薄毛はヘアサイクルが短くなり十分に髪が成長する前に抜け落ちてしまうことで、細く弱々しい髪が増えたり抜けやすくなり全体として薄く見えるのです。遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

ですが実は、成人男性の起こる薄毛・抜け毛のほとんどがAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるもので、AGAの最も大きな原因として考えられているのは遺伝と男性ホルモン(テストステロン)の2つになります。

ここ数年、薄毛や抜け毛に悩む方が増加していますが、実は薄毛・抜け毛に悩む男性の90%以上がAGA(男性型脱毛症)だと言われています。


薄毛かどうか診断する方法

薄毛の診断方法

「たしかに最近、髪が細くなって抜け毛が増えてきた気がする…。」そんな心配を抱える男性のために、薄毛かどうかをセルフ診断する方法をご紹介します。今回は、大正製薬の「薄毛診断チェック!あなたの薄毛は大丈夫?」の内容を引用しています。

  • 両親・祖父母のいずれかに薄毛の人がいる
  • 1年以内、数ヶ月で急に抜け毛が増えだした
  • 産毛のような補足短い髪の毛が多くなった
  • 髪のコシやハリが減った
  • 思春期以降に髪が薄くなり始めた
  • 額が広くなった気がする
  • 頭頂部が薄くなった
  • 側頭部・頭頂部・前髪の髪の質が違う

この中で1〜2個当てはまる方は初期段階、それ以上の方はAGAの可能性が高いとされています。また、「両親・祖父母のいずれかに薄毛の人がいる」に該当する方の場合遺伝している可能性があるので、普段の生活から抜け毛をチェックする必要があるそう。


では、一体何で薄毛になるの?その原因を解説

薄毛の原因

薄毛はヘアサイクルの乱れによって引き起こされると解説しましたが、ヘアサイクルはどのようにして乱れてしまうのでしょうか?ここでは薄毛の原因となる“ヘアサイクルの乱れ”を引き起こす要因を解説していきます。


1. 偏った食生活による栄養不足

薄毛の原因は偏った食生活や偏食

偏食や栄養の偏った食生活を続けていると、髪の成長に必要な亜鉛やタンパク質、ビタミンなどが不足して、発育の影響が懸念されます。

サプリで栄養素を補給していたとしても、脂っこい食事をたくさん食べているようでは、皮脂の分泌が多くなり頭皮環境が悪くなってしまうことも考えられます。

日頃の食事内容や食事のバランスを見直して、健康的な食生活を続けるように意識しましょう。


2. 生活リズムの乱れによる夜ふかしや睡眠不足

薄毛の原因は夜ふかしや睡眠不足

成長ホルモンが出る22時〜2時のゴールデンタイムに寝れていない、深夜まで起きていて、寝不足が続いている、といった生活リズムが崩れることで、ホルモンバランスに影響が出て、薄毛が進行する原因になる可能性もあります。

生活リズムがバラバラだと、そもそも体調を崩しやすかったり、集中力が低下したり、日常生活にもえいきょうがでるので、薄毛の原因だけでなく様々な病気の引き金になりかねません。


3. シャンプーの洗い残しや過度な頭皮洗浄による頭皮環境の悪化

薄毛の原因は洗い残しや洗すぎによる頭皮環境の悪化

一日に2回以上シャンプーをしたり、逆にシャンプーの洗い残しがあったり、頭皮に刺激を与えてしまって、頭皮環境が悪化してしまうことも、ヘアサイクルの乱れに繋がり、薄毛の原因に。

普段何気なくしているシャンプーですが、直接頭皮を洗うので意外と丁寧に優しく行わないと頭皮環境が悪化しやすいのです。


4. ストレス過多による育毛環境への影響

薄毛の原因は育毛環境の悪化

ストレスと薄毛の因果関係が証明されているわけではありませんが、ストレスを受け続けると、血の流れをコントロールしている自律神経のバランスを失い、血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると髪の成長に必要な栄養素が届きにくくなるので、結果薄毛を招くことになるそうです。

ストレスと無縁の生活を送るのは厳しいですが、溜め込まずに定期的に発散できる時間を作るなどして、ストレスを溜め込まないほうが良いですね。


5. ヘアカラーやブリーチによるダメージ

薄毛の原因はヘアカラーやブリーチによるダメージの蓄積

カラー剤やブリーチによるヘアサイクルへの直接的な影響は立証されていませんが、頭皮に薬剤が付着するため、ダメージが蓄積されたり弱ったりしてしまいます。

また毛髪のキューティクルが剥がれて保湿力が低下しているので、枝毛や切れ毛によってタンパク質が抜けやすくなり、ハリが失われることに。

ヘアサイクルがあるので一定期間経てば問題ないですが、ケアを怠れば頭皮への悪影響も懸念されます。


今から予防!薄毛になるのを対策する方法

薄毛の予防対策

日頃の意識で少しでも薄毛が進むのを抑えられたら良いですよね。まだ薄毛の前兆がない方でも、今から対策をしてちょっとでも薄毛が始まるのを遅らせたいと思っているはず。そこでここからは、日頃も注意で試せる薄毛対策をご紹介します。


1. 外食を減らして栄養バランスの良い食事を心がける

薄毛の予防対策は栄養バランスの良い食事をとること

偏った食事をしてしまうのは、外食や買い食いが多い方に見られる傾向です。

なるべく外食を減らして自炊をする、外食や買い食いをするときも野菜や魚を中心としたメニューを選ぶといった意識を持って、食事を摂るようにしましょう。

間食をなるべく控えて、ラーメンや中華など味の濃いもの、ハイカロリーなものを避けて、一日3食栄養バランスの整った食事をするようにしてください


2. 規則正しい生活リズムにして睡眠時間をしっかり取る

薄毛の予防対策は睡眠時間を確保して生活リズムを乱さない

成長ホルモンが出るゴールデンタイム(22時〜2時)にしっかり睡眠を取ることで、髪の成長が促されるので、きちんと睡眠時間を確保するのが一番ですが、仕事の都合でどうしても遅くなってしまうこともあるでしょう。

そんな方は、睡眠のサイクルや習慣を一定にすることを心がけてください。毎日同じ時間に寝て7時間後に起きる、といった具合です。体に睡眠の習慣ができれば、体を休めるサイクルができるので、ゴールデンタイムに寝れなくても体が休まりやすくなります。

不規則な睡眠リズムを繰り返すことはだめなので、せめて同じ時間に一定の睡眠を取るような生活リズムに整えましょう。


3. ストレスを抱え込まずに趣味などで発散する

薄毛の予防対策はストレスを溜めずに発散する

ストレスによる自律神経の乱れで血の流れが悪くなることは原因で解説しましたが、ストレスを感じてもきちんと発散できていれば大丈夫です。

ストレスの発散や解消の方法は人それぞれですが、運動をして汗を流したり、全てを忘れて趣味に没頭したり、ストレスの原因から自分を遠ざけたりして、抱え込むことのないようにしましょう


4. 市販の育毛シャンプーや育毛剤を使ってみる

薄毛の予防対策はスカルプシャンプーや育毛剤を使う

いきなり薄毛の専門外来へ行くのに抵抗があるなら、市販の育毛剤やシャンプーから始めてみるのもおすすめ

市販の育毛剤は、薬剤師がいるドラッグストアでも購入できるほか、アミノ酸系やスカルプ系のシャンプーもドラッグストアで購入できるものがあるので、まずはお試しで使ってみるのもありです。

ただし育毛剤は髪の毛や汚れに邪魔をされて、有効成分が頭皮に届きにくいこともあります。これから薄毛になるかもしれないから、薄毛の予防的に使う方は良いですが、本気で薄毛の改善を目指している方は、使い方に注意しましよう。


5. 薄毛の治療を行ってくれるAGAクリニックに相談する

薄毛の予防対策はAGAクリニックに相談する

薄毛を改善したい、予防したいなら、専門のお医者さんがいるクリニックに相談するのが一番です。専門医のため、薄毛かどうかの診断はもちろん、進行度に合わせた適切な治療法も提案してくれます。

一人で自己判断して間違った対処をするよりも、知識も経験も豊富なドクターに診察してもらうことで、効率的な薄毛対策ができますよ。


薄毛を改善するおすすめの病院:AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

カウンセリング・診察:無料

オンライン治療に対応

これまで100万人以上の相談実績がある『AGAスキンクリニック』。全国に50院以上を構える大手の病院です。

薄毛の専門クリニックだけあって、飲み薬だけでも、塗り薬の併用でも対応してくれます。加えて、処方される薬はAGAスキンクリニック独自の飲み薬を処方。

またAGAスキンクリニックで行われる、オリジナル発毛薬とメソセラピーを使用した治療が、アメリカの論文で認められた実績があります。

信頼度の高い治療が受けられますよ。カウンセリングだけでなく初診・再診、マイクロスコープ頭皮診断、血液検査も無料なので、一度診断だけでも相談してみてくださいね。

公式サイトで詳細を見る


【参考記事】はこちら▽


気になる方は薄毛の専門外来で早めの相談を。

早めの対処が望ましい薄毛の対応。早め早めの治療なら、進行を遅らせて改善が見込めるので、薄毛に悩む必要がなくなるかもしれません。

また今は薄毛でなくても、将来的に薄毛になりそうな予感がいしている方も、薄毛に鳴るのかをはっきりさせるのが得策。将来の不安を取り除くためにも薄毛治療の病院へ一度相談してみては?

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事