若はげの原因と対策を徹底解説|薄毛や抜け毛になる前兆や見分け方もご紹介

若はげとは?なぜ若はげになるの?など、将来的に薄毛や抜け毛が増えるかもと思い、気になっていると思います。そこでこの記事では、若はげになる原因と対策を解説。薄毛や抜け毛の前兆や見分け方もご紹介するので、まだ10代や20代から大丈夫だと思っている方も注目してみて!

若はげ

「まだ20代なのに髪のボリュームが無くなってきている」「抜け毛が増えてきた」など、薄毛やハゲに悩んでいる若い世代が意外と多いのはご存知でしょうか?

「ホットペッパービューティーアカデミー」が実施した「薄毛に関する意識調査2019」によると、20代後半男性で約13%が薄毛であると回答しています。

40代、50代の悩みと思われていた薄毛やはげに、若くして悩んでいる方が意外と多い実態が明らかになりました。

そこでこの記事では、若はげとはそもそもどんな状態を指すのか、若ハゲの原因や若いうちにできる若ハゲ対策について詳細に解説していきます。

自分は今若はげなのか、今後若はげになるかもしれないのか、不安な方はぜひ参考にしてみてください。


そもそも若はげとは?

若はげとは

若はげとは、若い年齢で発症するAGA(男性型脱毛症)のことを指します。別名「若年性脱毛症」とも呼ばれます。

何歳までに発症したら、という厳密な定義はありませんが、AGAの症状が現れるのが20代後半〜30代とされている(男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版)ので、それよりも早い時期“10代~20代前半”でAGAの症状が現れてくると「若年性脱毛症」と呼ぶそう。

参考:ウィルAGAクリニック「若ハゲが気になる方へ 皮膚科医が答えます 若ハゲの原因と対策!」


若はげの前兆や見分け方とは?

ハミルトンノーウッド分類

出典:www.agaskin.net

おでこが広いと若はげだ、などと言われることがありますが、実際にはどのような状態になると若はげと呼ばれるのでしょうか。

AGAにはハミルトン・ノーウッド分類というものがあり、薄毛の進行度の基準として使われています。分類を大まかに分けると以下の3種類に分けられます。

  • O字ハゲ…つむじや頭頂部から薄毛になっていく
  • M字ハゲ…おでこの横(髪の毛の生え際の横辺り)から薄毛になっていく
  • U字ハゲ…前頭部から薄毛になっていき、おでこが広くなる

上記に該当する場合、「若年性脱毛症」と呼ばれるAGAが発症している可能性があります。AGAは医療機関で治療できる病気なので、今若はげが気になっている男性は、早めにAGAの専門クリニックの無料相談を活用してみてください。

参考:AGA (男性の薄毛)にはどんな種類がある?医師が解説します。


若はげになる原因とは?

若はげの原因

では若はげになる原因というのはあるのでしょうか?

若はげと呼ばれる「若年性脱毛症」はAGAの一種なので、AGAを引き起こす主な原因の「男性ホルモン」が若はげの原因になりますが、その他にも生活習慣も関わっているとされています。

そこでここからは、薄毛や抜け毛が進む若はげの原因を解説していきます。

参考サイト


若はげになる原因1. 男性ホルモンや遺伝によるヘアサイクルの乱れ

若はげの原因はヘアサイクルの乱れ

髪の毛には1本ごとに寿命があり、ヘアサイクルと呼ばれる「成長期→退行期→休止期」を繰り返しています。

健康なヘアサイクルの場合、長くて固い髪の毛が1日平均100本前後抜けていきます。でも反対に、短くて細い毛が抜けている場合はヘアサイクルが乱れている可能性が高いです。

ヘアサイクルが乱れる原因としては、

  • ① 男性ホルモン「テストステロン」が、還元酵素「5αリダクターゼ」と結合し、悪玉脱毛ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変わる
  • ② DHTが毛乳頭にある受容体と結合し、髪の成長を抑制する
  • ③ DHT増加の影響で髪の毛の成長期が短くなり、毛が十分に成長する前に抜けてしまう

男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れ、生え変わりが間に合わずに薄毛が進行することで若はげに繋がります。

また「5αリダクターゼ」の活性化しやすさは親から子へ遺伝されやすいとされています。両親どちらかの家族が薄毛の場合、薄毛の体質を受け継ぎやすいことも原因です。


若はげになる原因2. 過度なストレスを感じ続けている

若はげの原因は過度なストレス

日常生活で過度なストレスを感じていると、血管の収縮によって頭皮環境の悪化に繋がります

ストレスが若はげの原因になる明確なエビデンスはないそうですが、頭皮環境が悪化することで、髪の成長に必要な栄養や酸素が不足する可能性があります。

またAGAでなくても強いストレスにより抜け毛が増えることもありえるので、ストレスとはなるべく無縁の生活を贈るのが望ましいでしょう。


若はげになる原因3. 運動不足や偏った食事など生活習慣の乱れ

若はげの原因は運動不足や暴飲暴食

外食やカップ麺など味の濃い食事や偏った栄養バランスの食生活になっていたり、普段全く運動せずにいると、薄毛や抜け毛は増えて若はげになる可能性があります。

髪の毛の主成分のタンパク質やタンパク質を合成する亜鉛の不足に繋がるので、過食だけでなく過度なダイエットで食事量が少ない方も進行しやすい傾向にあるでしょう。

バランスの良い食事と適度な運動で、健康的なライフスタイルを送るのが一番です。


若はげになる原因4. カラーリングやブリーチで髪や頭皮に負担をかけている

若はげの原因はヘアカラーやブリーチによる頭皮環境の悪化

特に若い世代は髪を染めたりする割合が多いため、髪の毛や頭皮に負担がかかりやすいことをしています。

薄毛とヘアカラーに直接的な因果関係はないそうですが、カラー剤によっては刺激が強いものもあり、頭皮が強くてもダメージを受ける可能性があります。その結果、毛穴の炎症が起きて発毛に悪影響を及ぼす可能性が考えられます。

参考:薄毛でもヘアカラーして大丈夫?


若はげになる原因5. シャンプーのしすぎや、逆に洗い残しがある

若はげの原因はシャンプーのしすぎや洗い残し

頭皮を清潔にしようとするあまり、シャンプーを一日に2回以上したり、育毛剤や整髪料を付けすぎて、しっかり洗い落とせなかったり、良かれと思ってやっていたことが実は若はげの原因につながってしまっていることも多々あります。

皮脂を取りすぎないようにシャンプーの回数を今までよりも減らしたり、育毛剤やスタイリング剤を付けすぎないようにして、健康な頭皮環境を維持することが大切です。


若はげを改善する方法とは?

若はげの対策

では薄毛や抜け毛による若はげの原因がわかったところで、実際に改善方法や対策を解説していきます。

直接的に若はげを改善するには、そもそも若はげになっている原因をきちんと解明することが大切です。一番手っ取り早いのは薄毛治療の専門病院に行くことですが、今日から実践できる日常生活の改善対策もご紹介していきます。


若はげを改善する方法1. 薄毛対策のシャンプーで正常な頭皮環境を整える

若はげの改善対策は育毛シャンプーに変える

すぐにできるのは、今使っているシャンプーを薄毛対策に効果が期待できるシャンプーに切り替えること。

直接的な薄毛対策ではありませんが、正常なヘアサイクルに戻ったときのために頭皮環境を整えておくためにも、的丼洗浄料と保湿力が期待できるアミノ酸系のシャンプーに変えておくことも大切です。


若はげを改善する方法2. 市販の育毛剤を使う

若はげの改善対策は市販の育毛剤を試す

薬剤師がいるドラッグストアで診断を受ければ育毛剤は購入できます。処方箋なども不要のため、お手軽にケアが可能です。

ただし、髪や汚れが邪魔をして育毛剤が正しく頭皮まで届かないこともあり、使うときには注意しないといけないのがデメリット。

加えて市販の育毛剤は、ミノキシジル配合率が5%までと決まっています。AGAの病院であれば医師による処方で、5%以上も認められているので、まずはAGAの医師に相談しながら、育毛剤を使うかを判断してもいいですね。


若はげを改善する方法3. ストレスを溜め込まない

若はげの改善対策はストレスを発散する

ストレスも若はげと直接的なエビデンスはありませんが、ストレスを感じたり強いプレッシャーにさらされることで抜け毛が一時的に増えた経験はあると思います。

なのでヘアサイクルを乱さないためにもなるべくストレスを溜め込まずに、定期的な運動や趣味に没頭するなどリフレッシュする時間を確保するようにしてみてください。

完全にストレスから開放されることは難しいかもしれませんが、ゆっくりお風呂に浸かる、瞑想をする、パソコンやスマホから離れる時間を作るなど、心と体を休める時間を確保して、ストレスと上手に付き合っていきましょう。


若はげを改善する方法4. 暴飲暴食をせず、栄養バランスの整った食事を心がける

若はげの改善対策は栄養バランスの良い食事を心がける

食事で健康な髪を維持するために必要な、タンパク質やミネラル、亜鉛などの栄養素をきちんと摂取して、髪を生成するための栄養素を日常的に摂取しておくことが重要になります。

食生活を正したからといって若はげの防止になるわけではありませんし、巷でよく聞くわかめなどのハゲに良いとされる食べ物や、サプリで栄養素を大量に摂取したとしても改善されることはありません。

あくまで食事は日常生活の中で気をつけられる予防策一つの方法として、心がけていくようにしましょう。


若はげを改善する方法5. 適度な睡眠・運動など規則正しい生活をする

若はげの改善対策は生活リズムを整える

髪の成長に必要な成長ホルモンが分泌されないので、睡眠不足や夜ふかしも止めるようにしましょう。

一般的にはゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時に成長ホルモンが分泌されやすいので、ゴールデンタイムを含めて、6〜8時間の睡眠をきちんと取るように心がけましょう。

また有酸素運動を行うことで全身の血行促進につながり、ストレス発散にもなるので、「階段を使う」「一駅分歩く」など日常のちょっとしたシーンで体を動かすように意識していきましょう。


若はげを改善する方法6. 薄毛の治療ができるAGAクリニックに相談する

若はげの改善対策はAGAクリニックに相談する

最後になりますが、若はげの原因となっているAGAは病気なので、医療機関で治療ができます

そもそも若はげの原因がAGAなのか、それ以外なのかによっても改善策や対策が変わってきますので、専門の医師がいるAGAクリニックでまずは診断してもらうことをおおすすめします。ほとんどのクリニックが相談とカウンセリングが無料なので、まずは頭皮乗っ状態を診てもらうことから始めてください。


若はげの治療をするならAGAクリニックに相談がおすすめ!

若はげの原因がAGAの場合、早期に治療を開始すればかなりの確率で進行を遅らせられます。

AGAは進行性のため、放っておくとどんどん薄毛が進んでしまいます。若いからまだ大丈夫だろうという方も、予兆を感じているなら今のうちからの対策が重要です。

そこで、若はげに悩んでいる男性、若はげになるかもしれないと不安になっている男性におすすめの無料相談ができるAGAクリニックのおすすめをご紹介します。


若はげの相談におすすめの病院1. AGAスキンクリニック

若はげ治療におすすめのAGAクリニックはAGAスキンクリニック

カウンセリング:無料

AGA治療の学生割引:あり(治療費が10%OFF)

オンライン治療:対応

AGAクリニックではあまり見かけない学割制度を導入している『AGAスキンクリニック』。若はげに悩む学生にとっては治療費を抑え将来のために対策ができるので、一度は相談に訪れてほしいAGA専門クリニックです。

AGAスキンクリニックで行われる、オリジナル発毛薬とメソセラピーを使用した治療は、アメリカの論文で効果が認められている点も嬉しいポイント。信頼度の高い治療を行ってくれますよ。

カウンセリングは無料なので、まずは抜け毛や薄毛の悩みについて気軽に相談してみてください。またオンライン治療にも対応しているので、若はげ対策として病院に通っているところを知り合いに見られる心配もありません。

公式サイトから無料相談を申し込む


【参考記事】はこちら▽


若はげの相談におすすめの病院2. イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニックの口コミや評判をグラフにしたデータ

カウンセリング:無料

クリニックのスタッフ・医師全員が男性

病院にいるスタッフや医師が全員男性なので、若くして薄毛治療に通っていることを、女性の医師やスタッフに知られるのが恥ずかしい男性は、イースト駅前クリニックに相談してみるのがおすすめです。

学割はないものの、予防、薄毛改善を目的とした治療なら月々3,800円〜と10代、20代の学生や若い世代にも続けやすい料金設定となっていますよ。

来たるべき若はげに備えるべく将来のために薄毛治療を始めたい方は、イースト駅前クリニックに相談してみてください!

公式サイトから無料相談を申し込む


若はげの相談におすすめの病院3. AGAヘアクリニック

若はげ治療におすすめのAGAクリニックはAGAヘアクリニック

カウンセリング:無料

オンライン治療:完全対応

初診からオンラインでの診察に対応した『AGAヘアクリニック』。誰にも見られることなく、若はげの治療を始められます。患者さんに分かりやすい治療を心がけてくれていて、料金プランが3種類に統一されているのが特徴です。

若はげの兆しがある10代〜20代なら、「髪の毛を維持したい」プランの月々1,800円〜から治療を始められるかもしれないので、余計な治療にお金を使いたくない男性におすすめのAGAクリニックです。

公式サイトから無料相談を申し込む


【参考記事】はこちら▽


若はげの対策は早ければ早いほうがいい

若はげの見分け方・原因・対策について解説していきました。若はげの原因のほとんどがAGAによる薄毛とのことなので、気になる男性はまずは病院に相談してみるのも有効な手です。

一歩踏み出すのが不安な方は、無料相談を行っているクリニックを活用してみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事