豆乳ダイエットって痩せる?|効果的なやり方&おすすめレシピを紹介

豆乳ダイエットの効果ややり方を知りたい方へ。豆乳ダイエットの効果やメリットから、豆乳ダイエットの基本的なやり方まで大公開!おいしく痩せられるおすすめレシピも紹介していますので、気になった方はぜひダイエットに取り入れてみてくださいね。

豆乳ダイエットに効果はあるの?

噂の豆乳ダイエットに効果はあるの?

健康的なイメージが強い豆乳は、モデルやインスタグラマーの間でも美容効果が高いと人気の飲み物です。ダイエット中の置き換えドリンクやおやつ代わりとしておすすめという口コミも多く、注目している人は多いでしょう。

実際のところ、豆乳がダイエットに効果があるという科学的根拠はありません。しかし、豆乳には体に良い影響を及ぼす栄養素が多く含まれているため、間接的にダイエット効果を得られるケースがあります

ダイエットにおすすめと話題になるのは、そうした間接的なダイエット効果で結果が出る人が多いためなんです。


豆乳ダイエットのメリット|どんな効果を得られるのか?

豆乳ダイエットのメリット_どんな効果を得られるダイエットなのか?

健康に良い栄養素を多く含む豆乳。しかし、実際にダイエットにどのような影響を及ぼすのか気になる人は多いでしょう。

そこでここからは、豆乳ダイエットで得られる効果を詳しく解説していきます。

豆乳ダイエットのメリットが気になるという人はぜひ参考にしてください。


豆乳ダイエットのメリット1. 大豆たんぱく質が豊富に含まれている

豆乳ダイエットのメリット_大豆たんぱく質が豊富に含まれている

脂肪になりにくく、食べ過ぎを抑制する効果もあると言われているたんぱく質。

中でも、豆乳に多く含まれている大豆たんぱく質は、血中コレステロールを低下させる働きをするため、肥満の改善に効果的な栄養素だと言われています。

また、体脂肪の蓄積を抑え燃焼を促す効果もあるので、高いダイエット効果が期待できるでしょう。


豆乳ダイエットのメリット2. 腸内環境を整え、代謝を上げる

豆乳には、腸内環境を整えてくれるビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となるオリゴ糖が多く含まれています。飲むだけで腸内を綺麗にしてくれるため、便秘やぽっこりお腹の改善に非常に効果的です。

また、腸内環境が良くなり栄養素の吸収率が上がると、代謝アップにも効果的。代謝が上がれば脂肪燃焼や減量につながるため、ダイエット効果が高まるでしょう。


豆乳ダイエットのメリット3. 女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」が含まれている

豆乳ダイエットのメリット_女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」

女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをする大豆イソフラボンは、女性の美や健康を維持できる栄養素として近年注目されています。

ダイエット中、ストレスなどが原因で体内の女性ホルモンの分泌が低下してしまうと、どうしても痩せにくくなってしまうもの。

そんな時に大豆イソフラボンが多く含まれている豆乳を摂取すると、ホルモンバランスを整えられるため痩せやすい体を維持できます。


豆乳ダイエットのメリット4. 抗酸化作用がある「サポニン」が含まれている

血液中のコレステロールや脂肪は、活性酸素によって酸化されることによって悪玉コレステロールとなり、脂肪として蓄積されます。

しかし、豆乳に含まれているサポニンには、抗酸化作用があるため、脂肪の酸化を防いで蓄積を止める効果があるのです。

また、サポニンには脂肪や糖の吸収を遅らせたり食欲を抑制したりする効果もあるため、高いダイエット効果が期待できます。


豆乳ダイエットの正しいやり方|短期間で痩せる効果的な方法を解説!

豆乳ダイエットの正しいやり方_短期間で痩せる効果的な方法を解説!

高いダイエット効果を得られる豆乳ですが、闇雲に飲めばいいという訳ではありません。そこでここからは、豆乳ダイエットの正しいやり方を詳しく解説していきます。

短期間で効率良く痩せるためにも、正確なダイエット方法をしっかりと理解しておきましょう。


豆乳ダイエットの効果的な方法1. 「調整豆乳」よりも「無調整豆乳」がおすすめ

豆乳ダイエットの効果的な方法_「調整豆乳」よりも「無調整豆乳」がおすすめ

豆乳は大きく分けて2種類あり、大豆固形分8%以上の無調整豆乳と、6%以上の調整豆乳があります。

調整豆乳には砂糖やカルシウムが加えられており、大豆特有の臭みなどがないため、正直飲みやすいのは調整豆乳となっています。

しかし、砂糖が加えられている分カロリーが高いため、豆乳ダイエットをする場合は低カロリーで栄養素も豊富な無調整豆乳を使用することをおすすめします。


豆乳ダイエットの効果的な方法2. 豆乳を飲む量は1日200ml程度

飲みやすいためついついたくさん飲んでしまう豆乳ですが、豆乳に含まれる成分のいくつかは、1日の摂取目安量の上限が定められています。

また、いくらヘルシーな飲み物だと言っても飲み過ぎるとカロリー過多になってしまうため、1日に飲む量はコップ1杯分(200ml)程度にするよう心がけましょう。

人それぞれ体質や体格が違うため個人差はありますが、飲み方の目安として参考にしておいてください。


豆乳ダイエットの効果的な方法3. 飲むタイミングは食前やおやつ代わりに飲む

豆乳ダイエットの効果的な方法_飲むタイミングは食前やおやつ代わりに飲む

簡単に行える豆乳ダイエットですが、いつ飲むのが効果的なのかがよく分からない人もいるでしょう。

基本的には、豆乳に含まれるサポニンに食欲抑制効果があることから、食事の30分前に飲むのが良いとされています。

また、どうしても間食したくなった時におやつ代わりに飲むのもおすすめですよ。豆乳だけでは満足できない人は、後で紹介するアレンジレシピを試してみましょう。


豆乳ダイエットの効果的な方法4. 生理の7〜10日前だけ、豆乳を飲むパターンも効果的

水分や脂肪を溜め込みやすい生理の7〜10日前のタイミングに豆乳を飲むのも効果的な飲み方の一つです。

豆乳には脂肪燃焼効果や便秘を解消する効果があるため、生理前に飲むと、老廃物の排出が促され生理後のダイエットをスムーズに始められることに繋がりますよ。

また、大豆イソフラボンが女性ホルモンのような働きをするため、生理中の不快感を軽減させる効果もあります。


豆乳ダイエットの注意点|健康的に痩せるために気をつけること

豆乳ダイエットの注意点_健康的に痩せるために気をつけること

基本的には健康食品とされる豆乳。しかし、飲み方によっては健康を害する可能性があるのも事実です。

そこでここからは、豆乳ダイエットをする上で覚えておきたい注意点を紹介していきます。

健康的に痩せるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。


豆乳ダイエットの注意点① 豆乳の飲みすぎに注意する

注意点_豆乳の飲みすぎに注意する

様々なダイエット効果がある豆乳ですが、飲み過ぎは健康に害を及ぼす原因となる可能性があります。

具体的には、女性の場合、ホルモンのバランスが崩れ月経周期が乱れたり、若い男性の場合には精子形成能力や受精能力に悪影響を及ぼすことも。

従って、健康的に痩せるためにも適切な量を守ることは必ず心がけましょう。


豆乳ダイエットの注意点② 冷たい豆乳は体を冷やすので、ホットで飲むのがおすすめ

豆乳は温度によってその作用が大きく変わる訳ではありませんが、冷た過ぎると体を冷やす可能性があるので注意する必要があります。

体が冷えると代謝が下がるだけでなく、体調を崩す原因となることもあるので、基本的にはホットで飲むようにしましょう。

また、温めると少し甘みが増し飲みやすくなったという口コミもありますよ。


豆乳ダイエットの注意点③ 調整豆乳を飲む場合は、添加物やカロリーをチェックする

注意点_調整豆乳を飲む場合は、添加物やカロリーをチェックする

豆乳ダイエットの飲み方としておすすめされているのは無調整豆乳を飲む方法ですが、独特の臭みが苦手で調整豆乳を選ぶ人もいるでしょう。

しかし、調整豆乳には添加物が含まれていたり、砂糖などが加えられていたりすることでカロリーが上がるものもあるため、注意が必要です。

特に、香料などの添加物は場合によっては健康を害するものもあるため、どんなものが含まれているかは必ず確認するようにしましょう。


豆乳のおすすめアレンジレシピ|美味しくてダイエットに効果的な簡単メニューを大公開!

豆乳ダイエットにおすすめのアレンジレシピ_満腹感を得られる簡単メニューを大公開!

豆乳ダイエットで効果を出すなら毎日続けることは不可欠ですが、ただ豆乳を飲むだけなら飽きてしまうという人は多いでしょう。

そこでここからは、豆乳ダイエットにおすすめのアレンジレシピを紹介していきます。

朝ごはんや寝る前の夜食にもぴったりな、ヘルシーで美味しいレシピをたくさん紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。


豆乳ダイエットレシピ1. 豆乳野菜スープ

ダイエットに効果的なおすすめの豆乳レシピ_豆乳野菜スープ.jpg

出典:cookpad.com

野菜がたっぷり入ったまろやかな豆乳野菜スープ。食べ応えがあるため、夜ご飯の置き換えに最適ですし、消化にいいものが多いので寝る前に飲んでも大丈夫です。

作り方は、玉ねぎとベーコンを油なしで炒め、冷凍ほうれん草を入れ、さらに少し炒めます。その後豆乳1Lを入れ、弱火で煮たら沸騰する前に火を止めましょう。

そこに茹でたブロッコリーもしくは冷凍のブロッコリーを入れ、鶏がらスープ大さじ2と味噌大さじ2を入れます。火をつけ30秒ぐらい軽く混ぜ合わせば出来上がりです。

レシピを詳しく見る


豆乳ダイエットレシピ2. 豆乳クラムチャウダー

ダイエットに効果的なおすすめの豆乳レシピ_豆乳クラムチャウダー.jpg

出典:cookpad.com

あさり缶を丸ごと使い、野菜もたっぷり入っている豆乳で作るクラムチャウダー。食物繊維が豊富なので、ダイエット中に便秘になりやすい人にもおすすめの一品です。

作り方は、鍋にオリーブ油かバターを熱し、ベーコンと野菜を炒めます。水を入れ沸騰したらコンソメを投入し、人参と玉ねぎを入れましょう。

人参が柔らかくなってきたらじゃがいもやさつまいもなどの芋類、カボチャを入れ、さらにそれらが柔らかくなったタイミングであさり缶を汁ごと入れます。

少し煮込んだら豆乳を入れ温め、最後に粉チーズを振りかければ完成です。

レシピを詳しく見る


豆乳ダイエットレシピ3. カレー風味の豆乳味噌スープ

ダイエットに効果的なおすすめの豆乳レシピ_カレー風味のヘルシー豆乳味噌スープ.jpg

出典:cookpad.com

ダイエット中でもカレーが食べたい時におすすめの、カレー風味の豆乳味噌スープ。カレー味で食べ応えがありますが、一般的なカレーよりもヘルシーなので、晩ご飯の置き換えにもおすすめのレシピです。

作り方は、煮立てただし汁に玉ねぎとほうれん草を入れて火を通します。その後豆乳と酒粕を入れ一煮立ちしたら火を止め、合わせ味噌を溶きカレー調味料を入れて混ぜ合わせます。

器に盛り、一口大に切ったサラダチキンやオクラ、砕いたミックスナッツなどを乗せれば完成です。

レシピを詳しく見る


豆乳ダイエットレシピ4. きのこと豆乳のスープ

ダイエットに効果的なおすすめの豆乳レシピ_きのこと豆乳のスープ.jpg

出典:cookpad.com

ダイエット食品として、口コミでも人気が高いきのこと豆乳を使ったスープ。簡単に作れるので寝る前に小腹が空いた時にもおすすめの一品です。

作り方は、ベーコンを2センチ程度の幅で切って油を入れず鍋で炒めます。ベーコンの色が変わり始めたら、しめじともやしをベーコンの油で炒めましょう。

その後豆乳と鶏ガラスープの素、舞茸をさきながら入れ、弱火で煮込んでいきます。約1分半加熱し、刻み海苔や万能ねぎ、ラー油などをお好みでトッピングすれば完成です。

レシピを詳しく見る


豆乳ダイエットレシピ5. エスプレッソ豆乳アイス

ダイエットに効果的なおすすめの豆乳レシピ_ エスプレッソ豆乳アイス.jpg

出典:cookpad.com

ダイエット中でも、どうしても甘いものが食べたくなる時はあるもの。そんな時は、豆乳とエスプレッソという低カロリーで低糖質なもので作られたこちらのアイスがおすすめです。

作り方は、エスプレッソを1杯用意し、熱いうちにラカントを混ぜ合わせます。そこに豆乳を入れ、冷めたら冷蔵庫に入れましょう。容器ごとに降って混ぜ合わせ、しゃかしゃかという音がしなくなったらスプーンでもかき混ぜます。

しっかり混ぜ合わせたら、ヘルシーで美味しいエスプレッソ風味のアイスが完成となります。

レシピを詳しく見る


豆乳ダイエットは、健康や美容にも効果的な万能ダイエット!

ダイエットに嬉しい栄養素が多く含まれている豆乳。女性の美や健康に良いだけでなく、男性が飲むと限局性前立腺がんのリスクが下がったという研究データもあり、健康面にも気を遣いながらダイエットをすることが可能です。

そのまま飲むだけなら飽きてしまいそうという人もいるかもしれませんが、アレンジレシピを取り入れれば楽しくダイエットをすることができますよ。

正しいやり方を守りながら美味しくヘルシーなレシピを取り入れ、ストレスなく健康的に豆乳ダイエットを続けてみましょう。


【参考記事】高タンパク質・低カロリーの食品を解説!

【参考記事】ダイエット中の食事制限の方法をチェック!

【参考記事】1週間で痩せるダイエットメニューを解説!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事