お風呂ダイエットは効果あり|短期間でも痩せられる正しい入浴方法を解説!

お風呂のダイエット効果や、やり方を知りたい方へ。本記事では、お風呂ダイエットのメリットから、痩せる正しい入浴方法まで大公開!お風呂の消費カロリーや入浴のメリットも紹介していますので、気になった方はぜひ参考にしてみてください!

お風呂ダイエットの効果|そもそも痩せるのはなぜ?

お風呂ダイエットの効果_そもそも痩せるのはなぜ?

お風呂ダイエットで痩せたって聞くけど、そもそも何で痩せるの?」 「お風呂にダイエット効果があるって本当なの?

モデルやインスタグラマーなど、様々な人が体型維持のために行っているお風呂ダイエット。

しかし、普段あまり湯船に浸からない人の場合、お風呂に浸かっているだけで本当に痩せるのか疑問に思ってしまうでしょう。

そこで、ここからはお風呂ダイエットの効果について解説していきます。


お風呂ダイエットのメリット1. 体を温めて代謝を上げられる

お風呂ダイエットのメリット_体を温めて代謝を上げられる

体の内側から温まる入浴は、代謝がアップして痩せやすい体質になるためダイエットにとても効果的です。

基礎代謝が上がって汗をかきやすくなることで、脂肪を効率良く燃焼させることができるでしょう。

基礎代謝が高いと運動していなくても多くカロリーを消費するため、実はダイエットの基本。そんなダイエットに欠かせない基礎代謝がアップがお風呂で叶えられるのです。


お風呂ダイエットのメリット2. お湯の水圧でむくみを解消する

湯船に浸かるとそれだけでむくみ解消効果がある点も、お風呂ダイエットの大きなメリット。

浴槽の中の水圧がポンプになり、滞っていたリンパの流れがスムーズになることでむくみがなくなります

本来筋トレやマッサージをして流す必要のあるリンパを湯船に浸かるだけで流せるので、忙しい人でも手軽に見た目やせできますよ。


お風呂ダイエットのメリット3. 食前にお風呂に入ることで食欲を抑える

お風呂ダイエットのメリット_食前にお風呂に入ることで食欲を抑える

ダイエットの大敵である食欲を抑える効果があるのも、入浴のメリットの一つです。

食事の前に浴槽に浸かって体を温めておくと、血液が体の様々な場所へ循環。すると胃の動きが活発にならず、食欲を抑えることにつながります

一定時間経つと食欲はまた戻りますが、入浴後すぐに食事をすることでかなり食欲を減退させることができるでしょう。


お風呂ダイエットの効果的な方法|痩せるための正しい入り方とは?

お風呂ダイエットの効果的な方法_痩せるための正しい入り方とは?

代謝が上がり、むくみ解消にも効果的なお風呂でのダイエット。

ただし、どのようにして入れば痩せやすい体になったり、カロリーを効果的に消費できたりするのか分からないという人は多いでしょう。

そこでここからは、ダイエットに効果的な正しいお風呂の入り方を詳しく紹介していきます。


お風呂ダイエットの方法1. 毒素を排出する「半身浴」

お風呂ダイエットの方法_毒素を排出する「半身浴」

時間をかけてじわじわと体を温める半身浴。質の良い発汗が促されて血行がよくなり、老廃物や毒素を効率良く排出できます。

一気に汗をかく訳ではないため、入浴後目に見えて体重が減る訳ではありませんが、毎日続けると痩せやすい体質へと変わるでしょう。

下半身だけを湯船に浸けるため、熱いお風呂が苦手な人でも取り組みやすい入浴法です。


手順① 43℃程度のお湯で手足を5~10分つける

まずは、43℃程度の少し熱めのお湯を湯船に張り、両手足を5〜10分お湯の中に浸けます。

「いくら手足だけでも熱いお湯は苦手...」という人もいるかもしれませんが、手足の先にある汗腺を刺激すると効率良く汗がかけるようになるので、少し頑張りましょう。

ちなみに、後ほど下半身を浸ける時には水を足すので、ずっと熱いお湯に入り続ける必要はありません。


この間にマッサージや運動で血流アップ

両手足を浴槽の中に浸けている間、マッサージや運動を行い血流をさらにアップさせます。

具体的には足の裏全体を揉み込んだり、両手を握り締めふくらはぎを下から上に持ち上げるようにほぐしたりすると良いでしょう。太ももの裏側を押してひざ裏のリンパ節を刺激するのも効果的。

また、腕は左右それぞれを二の腕からわきの下へと流すと、リンパの流れが良くなり老廃物排出にも繋がります。


手順② 37〜38℃のお湯で10~15分半身浴

しっかり体の末端が温まったら、水を足して37〜38℃のぬるま湯にします。

そのままおへそから胸までの間を湯面ラインにもってきて、10〜15分ほどゆっくりと浸かりましょう。

上半身が濡れると体が冷えやすくなってしまうため、寒さを感じる場合はタオルをかけるか浴室内の温度を予め上げておくのがおすすめです


お風呂ダイエットの方法2. 消費カロリーを高める「高温反復入浴」

お風呂ダイエットの方法_消費カロリーを高める「高温反復入浴」

代謝をよくし、続けると体質を変える効果のある半身浴ですが、長風呂する時間がない人や、1週間に何度かしか浴槽に浸からないという人もいるでしょう。

そのような人におすすめの入浴方法が、高温反復入浴です。

体に負荷がかかるため半身浴のようにリラックスはできませんが、一度の入浴で300〜400kcalほど消費するため、ダイエット効果が高まるというメリットがあります。


手順① 42~43℃のお湯でかかり湯(かけ湯)をする

この方法では熱めのお湯にしか浸からないため、まずはかかり湯をして体を慣らします。

温度は42〜43℃とかなり熱めになるので、急に肩までしっかり浸かることは避け、温泉や大浴場に行った時のように少しずつ体にお湯をかけましょう。

たくさん汗をかくので入浴前に水分補給をしておくことをおすすめします


手順② 2~3分間入浴し5分休憩する × 2回繰り返す

体がお湯の熱さに慣れたら、2〜3分間の入浴と5分の休憩を2回ずつ繰り返します。休憩の間に髪や体を洗ったり、トリートメントをしたりすると効率良く入浴を済ませられますよ。

2度目の入浴をしている時には、体が芯から温まっているためかなり汗をかいてカロリーを消費。

マッサージや簡単な運動を取り入れるとさらに脂肪燃焼効果が高まるので、ぜひ合わせて行ってみてくださいね。


手順③ 最後に5分ほどゆっくり湯船に浸かる

最後は、約5分間肩までゆっくり湯船に浸かりましょう。たくさん汗をかき、かなりデトックスできているのを自分でも感じることができますよ。

なお、しっかり痩せたい人はその間も太ももやふくらはぎなどマッサージしたり、体操をしたりするのがおすすめです。

また、長風呂になってしまうと危険なため、何分入ったのかを常に把握できるように時計やタイマーを浴室に置いておくと安心です。


お風呂ダイエットの注意点|正しく痩せるために押さえておきたい4つのポイント

お風呂ダイエットの注意点_正しく痩せるために押さえておきたい4つのポイント

体質改善や大幅なカロリー消費が期待できるお風呂でのダイエット。しかし、やり方やその時の体の状態によっては、お風呂でのダイエットが悪影響を与える可能性があります。

そこで、ここからはお風呂でダイエットを行う際に注意したいポイントについて解説していきます。


お風呂ダイエットの注意点1. 水分補給をしながら入浴をする

お風呂ダイエットの注意点_水分補給をしながら入浴をする

お風呂でのダイエットはたくさん汗をかくため、水分補給は必ず小まめに行いましょう

よく冷えたペットボトルや水筒をお風呂場に持ち込んでおくと、喉が乾いた時にすぐ飲めるので便利ですよ。

なお、入浴前にもコップ1杯分ぐらいの水を飲んでおくことも大切なポイントの一つです。事前に水分をしっかりとっておくことで、脱水症状を防ぐだけではなくダイエットの効果を高めることにも繋がりますよ。


お風呂ダイエットの注意点2. 入浴剤やバスグッズを活用して続けやすい工夫をする

お風呂でのダイエットは、痩せやすい体質にするためにも長期間続けて行うのが理想的です。

しかし、普段シャワーで済ませてしまう人や熱いのが苦手な人が続けるのは簡単ではありませんよね。

そこで、香りのいい入浴剤やお風呂で使える美容器具などのグッズを持ち込み、楽しく続けられる工夫をすることが大切となります。

長風呂が苦痛にならないよう、お気に入りのものをお風呂場で使うようにしましょう。


お風呂ダイエットの注意点3. 貧血や高血圧の人、妊婦さんは避ける

お風呂ダイエットの注意点_貧血や高血圧の人、妊婦さんは避ける

血流とリンパの流れがよくなり、代謝がアップする入浴でのダイエット。

しかし、血管にダメージを与える可能性があるため、貧血や高血圧の人にはあまりおすすめできません。

また、血液量が多くなっている妊婦さんも普段よりのぼせやすい状態のため、お風呂ダイエットを行う際は、医師に相談した上で行う方が安心でしょう。


お風呂ダイエットの注意点4. 具合が悪くなったらすぐに中止する

たくさん汗をかくお風呂でのダイエットは、意外と疲れるもの。

人によっては体に負担がかかっている可能性があるので、不調を感じた場合はすぐに中止する必要があります。

特に、生理中や痩せたいあまり食事制限を行っている時に長時間の入浴をしてしまうと、体に悪影響を及ぼす場合があります。また、食後すぐの入浴も胃が持ち上がって心臓に負担をかける可能性がありますよ。

自分の体調と相談しながら、無理をせず行うことを心がけるようにしましょう。


入浴中にできるマッサージ|むくみ解消に効果的なメニューとは?

 width=

出典:

「お風呂ダイエットでもっと効率良く痩せたい」と思うのであれば、代謝を上げ、むくみ解消にも効果的なマッサージを併用するのがおすすめです。

例えば、

  • 両手で太ももの内側の肉を潰すようにマッサージ
  • お腹全体のお肉をまんべんなくつまんでねじるマッサージ
  • 足首から膝に向かって老廃物を流すようにマッサージ

などをしたりすると、リンパの流れが良くなってむくみ解消に繋がりますよ。


毎日入るお風呂を、ダイエットに役立ててみよう!

体を温め、むくみ解消や減量につながるお風呂でのダイエット。特別な器具は必要なく簡単にできるダイエットですが、中にはやり方がよく分からず効果を感じられない人もいるでしょう。

ただし、正しいやり方と注意点を守りながら行えば、お風呂ダイエットは必ず体質改善やカロリー消費に繋げられるダイエット法です。

マッサージや運動も取り入れながら、正しい方法でまずは1週間続けてみましょう。


【参考記事】サウナで痩せやすい体を作る方法を解説!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事