2015.04.30

腹筋を割るためのたった2つの正しい方法

あなたの腹筋は割れていますか?夏だ!海だ!と騒ぐ前に、かっこいい身体づくりが大事。水着美女を捕まえられません。筋トレをしても筋肉が付かないあなたに。今回は腹筋を割るための正しい方法を紹介します。実はたった2つを意識するだけです!

腹筋を割る方法を間違えていませんか?

 

腹筋をばキバキに割るためにはしっかり鍛える必要がありますが、

腹筋運動をたくさんやればやるほどいいというわけではありません、

今回はそんな腹筋の正しい割り方をご紹介します!

 

まずは脂肪を減らそう!

 

多くの人が筋肉を大きくすること重要視しています。

それゆえになかなか割れないという人も多いのではないでしょうか?

実は腹筋は構造上もともと割れているのです。

まずは、腹筋を鍛えつつ脂肪を落とす努力をしましょう!

 

脂肪を直接燃焼させるには

 

脂肪を効率よく燃焼させるのには、有酸素運動がもっとも効果的!

有酸素運動とはエアロビクスやエアロバイク、ウォーキング、ランニングなど。

ちなみに、筋トレのあとにランニングやウォーキングを行うと

通常より代謝が高まっっているので、より脂肪燃焼効果がアップします。

 

そして、効率的な腹筋の仕方

 

通常の腹筋であれば写真のようにして上半身をすべておこします。

しかしその方法だと、回数を重ねていくと疲労により反動をつけるなどしてしまいます。

そうすると腹筋への負荷が小さくなってしまい効果が著しく落ちてしまいます

 

おすすめのクランチ

 

効率的な腹筋の方法の一つにクランチという方法があります。

通常とは違うところは、背中だけを丸めて肩甲骨を床から浮かせて行う方法です。

この方法で行うことによって負荷がほぼ腹筋のみにいくので非常に効率がよく行うことができます!

 

まとめ

いかがでしょうか?

「脂肪燃焼」×「効率的な腹筋」

この二つを行うことで夢の6バックもあなたの手に!

ほんの少しの努力の積み重ねです!

ぜひ頑張ってみましょう!

お気に入り

注目の記事

関連する記事