肌を綺麗にしたい男女へ。肌荒れになる原因&美肌になる方法を解説!

肌を綺麗にしたいと思っている方へ。今記事では、美肌の条件から、肌荒れの主な原因や肌を綺麗にする方法まで詳しくご紹介します。肌が綺麗になれば、見た目の印象がグッと改善されるはず。ぜひ参考にして、誰もが憧れる美肌の持ち主を目指しましょう!

肌荒れがあると気分が落ち込みますよね。

美肌になる方法&肌荒れになる原因

男性でも女性でも、綺麗な肌であることは大きな魅力の一つです。

最近はスキンケアを行う男性が増えていますし、女性も年齢に影響されない美肌の人が多くなってきており、肌への関心はますます高まっています。

今回は、肌を綺麗にしたい人のために、美肌の条件や肌荒れが起こる原因を解説した上で、美肌を手に入れるおすすめの方法をご紹介します。


いつ見ても綺麗で羨ましい!美肌な人の特徴

つい見とれてしまうような美しい肌を持っている人が身近にいると、自然と憧れますよね。

特に女性は美肌かどうかがメイクの仕上がりにも影響してくるため、肌のコンディションは常に気になるもの。

いつも綺麗な肌をしている人の特徴とはどういったものなのか、6つの特徴をご紹介します。


美肌な人の特徴1. 肌がキメが細かく毛穴が目立たない

美肌の人は、しっとりとした質感の肌をしています。肌全体のキメが細かく、ザラザラしたりガサガサしたりといった部分がありません。

肌に潤いがあるため、つい触ってみたくなるような透明感を持っていて、スキンケアが行き届いていることもあって毛穴は目立たないのです。

まさに赤ちゃんの肌のような美しさがあります。


美肌な人の特徴2. シミやそばかすなど、色素沈着がない

肌が綺麗と言われる人は、健康的な色の肌をしています。肌の表面にはシミが見当たらず、頬のあたりに出やすいそばかすもありません。

年齢を重ねるとシミが出やすくなるものですが、適切なスキンケアをしているため色素沈着が起きていないのです。

日頃の手入れをしっかりしていることがよく分かる状態の肌と言えるでしょう。


美肌な人の特徴3. みずみずしく肌に潤いがある

肌がみずみずしいのは、美肌の人の大きな特徴です。乾燥して白い粉が吹いているといったことがなく、弾力のある肌をしています。

肌の細胞の一つ一つにきちんと水分が届いているため、肌に潤いがありシワの発生をしっかりと抑えているのです。

肌の表面がつるつるしていて、とても触り心地が良い状態だと言えるでしょう。


美肌な人の特徴4. 肌にハリツヤがある

美肌の人は、ピンとしたハリのある肌をしています。

たるんでいる部分がない弾力性の高い肌をしていますし、ハリがあることで肌の表面には美しいツヤも出ています。

シワも目立たないため、表情が明るく生き生きとした表情に見えて、肌の輝きがさらに増しているのです。

肌のたるみがないことで実年齢よりも若い印象が強くなるでしょう。


美肌な人の特徴5. 血色が良い

美肌の人は、つい見とれてしまうほど明るく透き通った肌色をしています。

全身の血の巡りが良いので常に新陳代謝が活発に行われていて、その結果血管や肌の細胞の中に老廃物がたまらない状態なのです。

肌の細胞に栄養分がしっかりと行き渡っているため、透明感があり内側から輝くような肌をキープできていると言えるでしょう。


美肌な人の特徴6. 肌触りがなめらかでゴワゴワしない

肌が綺麗と言われる人は、肌の表面に潤いがあるため、肌がつるつるしています。肌のキメが細やかなだけでなく、乾燥していないことでゴワつきやザラつきが起こりません。

肌の細胞そのものが健康なので毛穴に老廃物がたまることがなく、吹き出物やニキビなどがないとてもなめらかな肌触りです。

肌質に合ったスキンケアをしていることの証しと言えるでしょう。


該当したら要注意!肌荒れに繋がりやすい主な原因

肌の表面から潤いやなめらかさが失われ、乾燥したりシワやシミといった様々なトラブルが起こることは珍しくありません。

こうした肌荒れが起きる原因には、様々なものがあります。

肌荒れに繋がりやすい原因にはどのようなものがあるのか、肌荒れの主な原因についてご紹介します。


肌荒れの原因1. ストレスが溜まっている

肌荒れを起こす原因としてよく挙げられるのが、ストレスです。

仕事で失敗した、彼氏や彼女に振られた、職場の人間関係がうまくいかないなど、日常生活の中で起こる嫌なことや辛いことにストレスを感じると、体内の血の巡りが滞って、その影響の一つとして肌荒れが発生します。

また、ストレスを受けると発生する活性酸素によって、肌が持つ本来の機能がうまく働かなくなり肌荒れが起きやすくなるのです。

【参考記事】はこちら▽


肌荒れの原因2. 慢性的な睡眠不足

肌のトラブルが起きる原因には、生活習慣の悪化もあります。特に睡眠不足が毎日続いている状態は、肌に大きな負担をかけるのです。

睡眠中、肌の細胞は分裂と再生を繰り返して定期的に生まれ変わっていますが、頻繁な夜更かしや2~3時間しか寝ないといった不規則な生活を続けていると、細胞の分裂と再生のサイクルが乱れてしまいます。

また、美肌を作る上で欠かせないホルモンの分泌にも乱れが起こって、肌荒れが起こりやすくなるのです。


肌荒れの原因3. お風呂上がりに化粧水やクリームなど、保湿ケアを怠っている

適切なスキンケアを怠っていると、肌荒れを起こす原因になります。もっとも肌の水分が失われやすい入浴後に保湿ケアをしないでいると、肌が乾燥してしまうのです。

化粧水だけで済ませている場合は、化粧水が蒸発する際に肌の中の水分まで一緒に蒸発させてしまうため、さらに乾燥しやすい肌になります。

肌の細胞に潤いを閉じ込めるためには、保湿ケアは欠かせないのです。


肌荒れの原因4. 日焼け対策をしないまま直射日光を浴び続けている

肌に大きなダメージを与える紫外線は、肌荒れの原因としてよく知られています。

紫外線を浴びた肌は、細胞の遺伝子が壊れた状態になるため炎症が起きやすい上に、活性酸素によって免疫力が低下するので、肌荒れが起きやすい敏感な状態になるのです。

日焼け対策をせずに日常的に紫外線を浴びていると、紫外線が肌の中に蓄積されて、様々な肌トラブルを起こしやすくなると言えるでしょう。


肌荒れの原因5. 栄養バランスが偏った食生活を送っている

食生活の乱れも、肌荒れを招く原因の一つです。

朝食を抜くなど3食食べない、肉中心のメニューばかり選ぶ、お菓子を一日に何度も食べるなど、栄養バランスが偏っている食事を続けていると肌の本来の機能が失われてダメージが大きくなります

無理なダイエットによって、限定した栄養素ばかり摂ったり、逆にカットしたりするのも肌にとっては負担が大きいと言えるでしょう。


肌荒れの原因6. 普段から顔を触る癖がある

肌に対する摩擦が、肌荒れの原因になることもあります。

フェイスマッサージやメイクなどで顔を触る機会がある場合、例えばたるみをなくそうと無意識に力を入れてマッサージしたり、パフでごしごしと顔をこすりながらファンデーションをつけたりすると、刺激が強すぎて肌に負担がかかるのです。

また、考え事をする時などに顔を触る癖がある場合も、摩擦によって肌が傷みやすくなりますから注意しましょう。


肌荒れの原因7. 洗顔方法が間違っている

肌荒れを起こす原因の一つに、誤った洗顔方法というものもあります。

清潔にしていたいと思うあまり一日に何度も洗顔をする、洗顔料をつけた後汚れを落とすためにごしごしこする、冷たい水ですすぎをするなど、誤った洗顔方法を続けていると、肌の細胞が老化しやすくなり、毛穴の奥の汚れが取れなかったり摩擦によって肌の表面が傷んだりします。


肌荒れの原因8. タバコを吸っている

健康に悪いと言われるタバコは、肌にとっても大敵です。タバコを吸うと、体内の細胞を酸化させ機能低下を起こす活性酸素が大量発生します。

この活性酸素を除去するためにメラニンが増えることでシミができやすくなったり、細胞そのものの機能低下によって肌のくすみやたるみも起こりやすくなるのです。

タバコは、肌の老化を早めてしまう原因になりかねません。


肌荒れの原因9. 運動不足に陥っている

普段から体をほとんど動かさないでいる生活も、肌荒れの原因になります。

一日中座りっぱなしでいる、パソコンやスマートフォンを長時間使うといった生活を送っていると、全身の血の巡りが悪くなり、肌の細胞に栄養が行き渡らなくなるのです。

肌の新陳代謝がスムーズに進まなくなって、受けたダメージが修復できず、肌が荒れやすくなってしまいます。


肌を綺麗にしたい人必見!美肌に近づく方法とは

美肌を常にキープしている人は、輝いて見える憧れの存在ですよね。肌を綺麗にしたいと思ったら、努力によって自分で美肌をつくることができます

憧れのあの人のような美肌に近づくにはどうしたらいいのか、その方法をご紹介します。


スキンケアで美肌に近づく方法

美肌になるために欠かせないスキンケア。

毎日しっかりと続けるのは難しそうに見えますが、実はシンプルで簡単な方法がもっとも効果的だと言われています。

スキンケアによって美肌に近づく方法を5つご紹介します。


スキンケア方法1. 夏だけでなく、秋冬の季節でもUV対策を怠らない

肌が綺麗な人は、必ずしっかりとUV対策をしています。

紫外線を浴び続けると、乾燥や日焼けといった肌のダメージが大きいだけでなく、ダメージを修復しようとメラミンが増えるのでシミも増えやすいのです。

こうした肌トラブルは、紫外線を浴びてすぐに出てくるのではなく、蓄積されて徐々に出てくるため、夏場だけ対策していればいいというものではありません。

年間を通して、日常的に日焼け止めを使いしっかりとUV対策を行いましょう。


スキンケア方法2. ゴシゴシこすらず、肌に優しい洗顔方法を実践する

肌を綺麗にしたいなら、洗顔方法の見直しも必要です。意識したいのは、汚れをきちんと落としながらも肌に刺激を与えないようにすること。

洗顔料はよく泡立てて、その泡をふんわりと肌の表面に乗せ包み込むようにして洗いましょう。

冷たい水ですすぐと肌が収縮して毛穴の中の汚れが取れなくなってしまうので、ぬるま湯で泡が取れるまでゆっくりと洗い流して、タオルで押さえるようにして水気をふき取るのが正しい洗顔方法です。


スキンケア方法3. 女性の場合、しっかりとメイクは落とし切る

美肌を作るためには、肌を毎日綺麗な状態に戻す必要があります。メイクが残った状態のまま寝ると、肌の新陳代謝がうまくいかず、肌荒れの原因に繋がるからです。

適量のクレンジング剤を使って、力が入りにくい中指や薬指の先をくるくると動かし、毛穴の奥まで入り込んだメイクとなじませてから洗い流します。

取れにくいアイメイクや口紅は、あらかじめ専用のリムーバーで落としてからクレンジングを行うと確実です。


スキンケア方法4. お風呂上がりは乳液や保湿クリームを塗り、肌の乾燥を防ぐ

綺麗な肌になる方法の一つに、適切な保湿ケアも含まれます。

最近は、肌の表面が脂っぽいのに肌の内部は乾燥しているというインナードライ肌の人が増えていますから、乾燥を感じていなくても保湿ケアをすることが大切です。

保湿成分が入っている化粧水でしっかりと水分を肌になじませてから、乳液や保湿クリームをゆっくり塗り広げるのがポイント。

洗顔後だけでなく、お風呂上がりのタイミングでも忘れずケアしましょう。


スキンケア方法5. 顔の肌を綺麗に保つなら、こまめに顔パックをする習慣をつける

仕事や家事などで忙しく、スキンケアに時間を取れないという人は、簡単で効果的なスキンケアができるパックを上手に活用しましょう。

コットンに化粧水をしみこませて顔にパックとして乗せたり、保湿成分や美容成分を含んだシートマスクを顔に貼るだけで、乾燥を防いだり毛穴を目立たなくさせるためのケアが集中的にできます。

特に、ベタつくのが嫌で乳液を使わない、乾燥を防ぐために保湿クリームばかり塗るなど、偏ったスキンケアをしている人は、いろんな効果がある顔パックを時々使うのがおすすめです。


食べ物や飲み物を気を配って美肌に近づく方法

美肌になるためには、体の中からケアすることも重要です。

毎日の食事は肌にダイレクトに影響を与えるので、逆に考えれば食生活を整えることで美肌に近づけると言えるでしょう。食生活によって美肌に近づく方法を4つご紹介します。


おすすめの食べ物&飲み物1. フルーツやサプリなどでしっかりとビタミンCを摂取する

美肌を作る上で欠かせない栄養素の一つは、ビタミンです。レモンやキウイ、オレンジ、赤ピーマンなどにたっぷり含まれているビタミンCは、肌にとって特に重要な栄養素。

肌の細胞の機能を活発にさせるだけでなく、活性酸素から肌を守る抗酸化作用もあります。

野菜や果物だけで十分な量をカバーするのは難しいので、サプリメントも上手に活用してみましょう。


おすすめの食べ物&飲み物2. コラーゲン豊富な食べ物や飲み物を積極的に取り入れる

美肌にとって大切な成分であるコラーゲンは、意識して摂取したいものです。

肌のたるみを防ぎツヤを出してくれるため、牛すじ肉やレバーなどから日常的に摂り入れることが重要。

ただし、コラーゲンの分解を促し吸収をよくするタンパク質と一緒に摂らないと効果が低いため、豚こま切れ肉や鮭、ウナギ、ちりめんじゃこといった食材を積極的に食べて、タンパク質とコラーゲンの両方を同時に摂るようにしましょう。


おすすめの食べ物&飲み物3. スナック菓子など、油分が多い食べ物をなるべく避ける

美肌になりたいなら、きちんとした食生活を心がける必要があります。

お菓子やジュースを食事代わりにする人がいますが、糖分や脂質がとても高く栄養バランスが大きく崩れてしまうので要注意

血液に粘りが出て血の巡りが悪くなり、肌の細胞の分裂や再生が滞る原因にもなりますから、「今日はこれだけ」と決めてそれ以上は食べないようにしましょう。


おすすめの食べ物&飲み物4. サラダやスムージーなど、日頃から緑黄色野菜を食べることを意識する

健康にいいと言われる緑黄色野菜は、肌にとっても様々な効果を与えてくれます。緑黄色野菜にはカロテンが多く含まれており、肌が酸化するのを防いでくれると言われてます。

この抗酸化作用は、加齢や日焼けによって起こりやすいシミやシワを起こりにくくしてくれる効果もありますから、積極的に摂りたいもの。

ブロッコリーや小松菜、人参、ほうれん草などを、サラダやスムージー、蒸し野菜などにして食べるようにしましょう。


スキンケアや食生活以外で美肌に近づく方法

美肌になるためには、適切なスキンケアや栄養バランスが整った食生活に加えて、生活習慣の改善も必要です。

顔の部分だけをケアするのではなく、体全体を健康にすることが肌のコンディションを整えることに繋がります。

スキンケアや食生活以外で美肌に慣れる方法についてご紹介します。


美肌に近づく方法1. どんなに忙しくても、しっかりと睡眠時間を確保する

肌が綺麗な人は、必ず睡眠時間をしっかり確保しています。

日中ダメージを受けた肌の細胞は、睡眠中に修復されて再生しますから、睡眠時間が不足すると肌にダメージが蓄積してしまうのです。

肌を綺麗にしたいと思ったら、新陳代謝を活発にして肌を再生させるためにも7~8時間は日常的に睡眠を取るようにしましょう。


美肌に近づく方法2. こまめにリフレッシュして、ストレスを抱え込まない

仕事や恋愛、人間関係など様々な面でストレスはあるものですが、ため込まずにこまめに発散することが大切です。

友人とランチに行く、映画や美術展などを観に行く、日帰り旅行をするなど、休日や空いた時間を上手に利用してリフレッシュすることを心がけましょう。

【参考記事】はこちら▽


美肌に近づく方法3. コンスタントに運動する習慣をつける

美肌を手に入れるには、定期的な運動を続けるのが効果的です。

体を動かすことで血行が良くなり、全身の細胞の新陳代謝が活発になるため、肌の細胞も同じく分裂と再生が促されて肌トラブルが起きにくくなります。

運動によって汗をかくことで体内の老廃物が排出されやすくなるので、肌を綺麗にしたいと思ったら週2~3回はウォーキングやストレッチなどを行いましょう。


美肌に近づく方法4. シャワーだけでなく、湯船にしっかりと浸かる

血行の良し悪しは、肌の状態にダイレクトに影響を与えます。

体が冷えていると、筋肉が固まり老廃物がたまりやすくなるため、顔色の悪さや肌のくすみといったトラブルが起きやすくなるのです。

体を芯から温めるには、シャワーではなく湯船につかって入浴するのがおすすめ。血行が改善されて肌の細胞に栄養が行き渡るようになり、明るい顔色が戻ってくるでしょう。


周りに憧れられる美肌を手に入れましょう!

男性でも女性でも、つやつやとした美しく明るい肌を持つ人は、健康的で普段から自己管理ができているという印象があります。

ただし、人からうらやましがられるほどの美肌は、日頃の地道な努力の賜物なのです。

肌荒れを最低限に抑えて肌を綺麗にしたいと思うなら、この記事を参考に肌トラブルの原因をつかみ、美肌を手に入れるための習慣を今日から一つでもいいのでスタートさせましょう!


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事