2017.06.27

頭皮マッサージは意味がない!プロが教える、薄毛に効く生活習慣の「真実」

頭皮マッサージ・育毛シャンプー・禁煙など、様々な薄毛予防の生活習慣がおすすめされている現代ですが、真実はどうなのでしょうか。医学論文をベースに紹介します。インターネットに正しい薄毛情報を届ける連載「オトコの薄毛」第4弾。

AGAクリニックが語るオトコの薄毛

20歳を過ぎた頃から、じわじわと頭の容量を侵略してくる「ハゲ」の2文字。そりゃジェイソン・ステイサムはかっこいいし渡辺謙もかっこいい。スティーブ・ジョブズだって良い感じにおでこ上がってたけど、俺にはあんな風にハゲられる自信はない。

そう思いながら今日も頭皮マッサージをし、お酒を前に一瞬戸惑うあなたに、AGAクリニックより朗報と悲報を一緒にお届けします。

頭皮マッサージにAGA予防の効果はない

AGA対策マッサージ.png

シャンプーする時に、指の腹やシャンプーブラシで頭皮をマッサージする方、いらっしゃいますよね?

何度も書いていますがAGAは男性ホルモンの変化で起きる脱毛です。頭皮マッサージで血流を良くしたところでホルモンの量が変わるわけでは無いし、毛穴の状態とAGAは無関係です。毛穴が詰まっていなくたって禿げる人は禿げます。いくらマッサージしたところで、AGAが予防できる、あるいは治る実証はありません。

よく頭皮を洗うことは、頭皮の匂い予防にはなりますし、リラクゼーション効果もありますので、そのような使い方をするのが良いかと思います。

健康的な生活は脱毛防止になるのか

AGA対策健康的な生活.png

バランスの取れた食事や適度な運動が脱毛症の予防になると書いているサイトはインターネット上にたくさんあります。大手のAGA治療クリニックのホームページですら書いてあるところもあります。しかし残念ながら、食生活の改善や運動が抜け毛の予防に直結するという医学的な証明はありません。

とはいえ、睡眠不足がAGAの進行に影響するという研究は存在します。現場としても、夜勤の多い方はAGAの進行が早いと感じます。

大量の飲酒は睡眠を浅くしますし、運動をすることは良質な睡眠に繋がります。そういった意味で、健康的な生活習慣は薄毛防止と関係してくるともいえます。20~30代のうちは寝ることを後回しにしがちですが、ぜひ睡眠を大事にする生活をしてみてください。

薄毛が気になったらとにかく禁煙!

AGA対策禁煙.png

煙草に関して、喫煙本数が多いことがAGA進行のリスクになることが報告されています。特に1日の喫煙本数が20本以上か20本未満かでは明らかな差がでます。

AGAでない人が煙草を吸ったからといって必ずAGAになるわけではありませんが、AGAでお悩みの場合に見直す生活習慣はまずは煙草です。禁煙しましょう。

「育毛シャンプー」は「発毛シャンプー」ではない

AGA対策シャンプー.png

ドラッグストアにはいつでも「育毛効果」のあるシャンプーやコンディショナー達が大量に並んでいます。

育毛効果がある、といわれると、髪が増えるような響きに聞こえてしまいますが、実際には髪の本数自体は育毛シャンプーでは変わりません。髪に良い、といわれている成分を配合しているだけで、使用したからといってシャンプーで髪を増やすことは不可能です。

「発毛」は髪を生やすこと、「育毛」は髪を育てることですが、髪が育つ感覚というのは生える感覚以上に主観的な評価なので、どんな成分を使っていても景品表示法に引っ掛かりにくく、ヘアケア業界にとっては大変便利な言葉となっています。髪に悩む方々は、この2つの言葉の違いを意識すると良いかと思います。

つまり、薄毛は予防できない

生活習慣も、シャンプーでもほぼどうにもならない……ではどうしたらAGAを予防できるかと言いますと、残念ながらAGAに予防法はありません。 原因だって、遺伝子の要素が強いとは言われていますが、正確なところはまだ分かっていません。事前にAGAになるか知りたいと思っても、遺伝子検査には意味がないという報告もなされています。

さらにAGAになった時にも髪を維持するには薬を飲み続けるしかありませんし、これだけ多くの男性がAGAによって髪を減らしているのですから、本来であればそもそも薄毛は劣等感を持つもの、という社会の認識の方が間違っているのでしょう。

とはいえ、社会生活を送る上で本人にとってとてもとても重大な症状です。
抜け毛に悩んでストレスを溜めるよりも、早期のうちに病院を受診し、薬の量を調節しながら“病気と付き合っていく”という気持ちを持っていただければ、と考えています。

次回予告

連載5本目は、当院に治療に来た方の治療の決意に至ったエピソードをご紹介します。


参考文献

脱毛症治療の新戦略』古江増隆(編)・坪井良治(編)
治療』vol.91 No.9 p.2264~2269 小林一広

Association of androgenetic alopecia with smoking and its prevalence among Asian men: a community-based survey.  Su LH(著), Chen LH(著)2007年
Androgen receptor gene polymorphisms and risk for androgenetic alopecia: a meta-analysis F L Zhuo(著) W Xu, L Wang(著)Y Wu(著)Z L Xu(著) J Y Zhao(著)2010年


執筆者プロフィール

新宿三丁目にある、東京毛髪メディカルクリニックの広報部です。
真面目に患者様のことを考え、確かなエビデンスと妥当な価格設定を重視したAGA治療を行っています。
URL:http://tokyomm.clinic/

その他の連載「オトコの薄毛」はこちら


注目の記事

関連する記事