2017.06.15

「僕の薄毛はどうすれば治りますか?」AGAクリニックが語る、ケース別薄毛治療

インターネットに正しい薄毛情報を届けるために、AGAクリニックとコラボして贈る連載「オトコの薄毛」。第二弾は、薄毛の種類によって異なる治療法について、医学論文をベースに紹介します。

薄毛の種類によって、治療法は全然違う。

AGAクリニックが語るオトコの薄毛

前回の記事では薄毛の種類とざっくりとした対策を説明しました。脱毛症の治療には内服薬(飲み薬)、外用薬(育毛剤などの塗り薬)、植毛(外科治療)などがありますが、脱毛症の種類によって治療は全く異なります。今回は前回以上に治療について掘り下げ、本当に効く治療法や、治療のメリット、デメリットをお伝えします。

男性型脱毛症(AGA)には、飲み薬がおすすめ

まずは男性ホルモンの変化で起きる男性型脱毛症(AGA)について。 治療法は大きく分けて内服(飲み薬)と外用(塗り薬)、そして植毛に分かれます。

AGAに関しては、内服(飲み薬)をおすすめします。正しく薬を服用することで、高確率に進行を止められる脱毛です。
現在日本で使われている内服薬は、フィナステリド(プロペシア®という薬が有名です)、デュタステリド(ザガーロ®という薬が有名です)、ミノキシジルの3種類。

前回紹介したように、AGAとは、男性ホルモンである「テストステロン」に5α-リダクターゼという酵素が作用することで生まれる「ジヒドロテストステロン」によって起こりますが、フィナステリド、デュタステリドは5α-リダクターゼという酵素の動きを阻害します。

5α-リダクターゼの動きが阻害されるため、テストステロンがジヒドロテストステロンに変わらず、改めて育っていくというわけです。

また、ミノキシジルは元々血圧を下げる薬として使われていましたが、内服した患者の髪が濃くなったことから髪を増やす働きを強く持っていることが知られ、現在は発毛薬として使われています。

つまり、フィナステリドもしくはディタステリドで髪が抜けやすくなることを防ぎ、ミノキシジルで髪をより生やす、というのがAGAクリニックで行っている治療なのです。

外用薬(塗り薬)は内服薬よりも効果は弱まりますが副作用も少なく、使用する場合は、男性の場合、ミノキシジルが5%以上配合されたものをおすすめしています。

ただし、薬をやめたらまた抜け毛は進行する

19104784_236321516868130_707540263_o.jpg

AGAは薬の使用によって治る可能性の高い病気ですが 残念ながら男性ホルモンの変化は元には戻りません。内服、外用いずれも効果が出たところで、薬の使用をやめればまた抜け毛は進行します。

例えば、フィナステリドを飲むのをやめたら、それまで動きを阻害していた5α-リクターゼがまた動き出すため、抜け毛は再度進行してしまいます。薬を飲み続けなければならないことが実情です。

加齢と共に髪に対する意識は変わってきますので、主治医とよく話しながら治療を進めていくことが大切になります。

「薬を飲み続けたくない」「髪が生えるなら薬以外のリスクはとれる」という方は植毛という選択肢も

どうしても髪の量を維持したいという方に行う治療法が植毛になります。

植毛は、抜け毛や薄毛が進行した部分の毛穴に、自分の毛髪を植える外科的治療です。 自分の毛髪を植える自毛植毛は、薄毛になりにくい側頭部や後頭部の毛包を、薄毛の進行が目立つ前頭部や頭頂部に移植します。 移植された毛髪は新たな場所で前と同じ性質を発揮するため、自分の髪が再び伸びてくるようになります。薬を飲み続ける必要はありません。

しかし、髪を採取した場所に傷跡が残ることや、自身の髪を採取する本数に限界があるため理想のボリュームがでないことなどがデメリットとなります。

以前は人口の髪の毛を植える人口毛植毛も行われていましたが、抜けたら再度植毛しなくてはいけないこと、生涯にわたりメンテナンスが必要なこと、感染症のリスクが高いことなどから現在はほとんど行われていません。


円形脱毛症には明確な対策法がない

自分自身の身体を守るためにあるリンパ球が、髪の毛根を包む組織である毛包を攻撃してしまうことで引き起こされる円形脱毛症。人によって治療の効果が大きく異なり、「これをすれば必ず効く」というものがないのが特徴でもあります。

実際に皮膚科に通った場合にどんな治療を行われるかというと、軽症であれば、かぶれを起こす特殊な薬品(SADBE、DPCPなど)を脱毛部に塗って弱いかぶれの皮膚炎を繰り返し起こさせる局所免疫療法や、ステロイドの局所注射を行うことが標準です。また同時に、塩化カルプロニウム(血行を良くする作用)やステロイドの塗り薬、抗ヒスタミン薬(アレルギーを抑える薬)の飲み薬を使うこともあります。

重症の場合は、大量のステロイドを身体に入れるステロイドパルス療法を内服、もしくは点滴によって行います。ステロイドパルス療法は強力な治療で、肥満・満月様顔貌(顔が丸くなる)、糖尿病、消化器症状などが副作用として出ることが多いので、治療の効果と副作用を比較して決めることが重要です。


脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症はシャンプーから変える

スクリーンショット_2017-06-12_10.23.27.png

前回ご紹介したように、脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)および粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)とは、マラセチアというカビの一種が頭皮で急激に増加したため脂漏性湿疹が頭皮に起こり、かゆみで頭皮を掻きむしり、脱毛につながる傷を自ら作ってしまう、あるいは自分で髪の毛を抜いてしまうといったもの。

この脱毛症は、頭皮のかゆみやフケが増える(頭部粃糠疹)ことから症状がはじまるため、軽度の状態ではあまり気付かれないことが多々あります。

マラセチアは誰の頭皮にも住み着いている菌ですが、症状が進行するにつれて治りにくくなり、また再発もしやすくなります。
そのため、皮膚科で診断が出たらすぐに「ミコナゾール」という抗真菌薬(=真菌を殺す薬)が配合されたシャンプーを使って、頭皮のマラセチアの量を調整することが大切です。 脱毛が進行してしまったり、湿疹やかゆみを伴ったりしている場合は、ミコナゾールだけでなく、ステロイドの塗り薬も使用して治療します。


抜毛症は心療内科・精神科へ

自分で自分の髪の毛を引き抜いてしまう抜毛症は、自傷行為と捉えられがちですが、実際は爪を噛むのと同じ「クセ」の一種です。 とはいえ背景には精神的なトラブルや疾患がある場合が多く、髪を抜く行為「だけ」を止めるのは難しい状態。

多くの抜毛症患者は、周囲が髪を抜いていることを指摘してもそれを否定します。 抜いている自覚がない場合や、抜いているのを知られたくない場合など、理由は様々です。

心療内科・精神科を受診し、髪を抜いている自分を認めたうえで、どのような状況で抜いてしまうのかを自覚し、抜かないためにはどうしたら良いのかを相談しながら徐々に治していくことが治療となります。


原因によって対策は異なる。専門家の元での治療をおすすめします

19104939_236321513534797_420874469_o.jpg

看板広告やインターネットにある広告が広まるにつれ、薄毛=AGAというイメージがつきがちです。とはいえ実際には薄毛の原因は多様にあり、間違った自己判断と対応で薄毛を悪化させてしまう人もいます。 薄毛は命に関わる病気ではありませんが、生活を送る上でとても気になるもの。 もしかして薄くなってきたかな?と思ったら、自分で判断して市販の育毛剤などを使うのではなく、早めに専門家の元で診断と治療を受けてください。

連載3本目は、AGAクリニックが行う治療法について詳しく解説します。


参考文献

脱毛症治療の新戦略』古江増隆(編)・坪井良治(編)

治療』vol.91 No.9 p.2264~2269 小林一広

日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2010

男性型脱毛症診療ガイドライン2010


執筆者プロフィール

新宿三丁目にある、東京毛髪メディカルクリニックの広報部です。
真面目に患者様のことを考え、確かなエビデンスと妥当な価格設定を重視したAGA治療を行っています。
URL:http://tokyomm.clinic/


注目の記事

関連する記事