nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードTOP3

nanacoにチャージする際にポイントが貯まるおすすめのクレジットカードをご紹介。nanacoのチャージの仕方から、水道料金や電気代、ガス代などの公共料金から、社会保険料、税金、国民年金をnanacoでお得に支払う方法とは。電子マネー「nanaco」について徹底レクチャーします。

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードを徹底公開

nanacoにおすすめのクレジットカードとは

多くの電子マネーの中でダントツに人気がある“nanaco”。情報感度の高い読者の方なら、“nanacoにクレジットカードでチャージするとポイントが貯まる”ということをご存でしょうか。
そこで今回はnanacoについて徹底レクチャーします

  • nanacoチャージにおすすめのクレジットカード
  • nanacoについて
  • nanacoで社会保険料・税金・公共料金の支払える


以上の流れでご紹介するため、しっかりと知識をつけてくださいね。


nanacoチャージでおすすめのクレジットカード① リクルートカード

nanacoにおすすめのリクルートカード.png


リクルートカードの基本情報

  • ポイント還元率:1.2%
  • nanacoチャージ時のポイント還元率:1.2%
  • 年会費:永年無料
  • 国際ブランド:VISA、JCB
  • 海外旅行保険付帯:あり
  • ポイントシステム:リクルートポイント

リクルートカードのおすすめ理由

年会費永年無料でポイント還元率1.2%の高還元率を誇るリクルートカード。ポイント還元率だけで比較してもトップクラスのクレカです。貯まったポイントはリクルートが展開するサービスで「1ポイント → 1円」から使えます。ボンパレモールを始め、じゃらんnet、ホットペッパーで利用できるのは大きなメリットですね。


リクルートカードとnanacoの相性は?

多くのクレジットカードは国際ブランド「JCB」以外はnanacoにチャージ(ポイント加算)できない場合が多いですが、リクルートカードは「VISA」でも可能。ポイント還元率も通常の1.2%で貯まるため、ポイント重視で決めるならリクルートカードで決まり

リクルートカードを発行する


【参考記事】年会費無料のクレカで特におすすめするリクルートカードについて徹底解説▽


nanacoチャージでおすすめのクレジットカード② Yahoo! JAPANカード(ヤフージャパンカード)

nanacoにおすすめのヤフージャパンカード.png


Yahoo! JAPANカードの基本情報

  • ポイント還元率:1.0%
  • nanacoチャージ時のポイント還元率:1.0%
  • 年会費:永年無料
  • 国際ブランド:VISA、Master、JCB
    ※JCBのみnanacoのポイント加算対象
  • 海外旅行保険付帯:なし
  • ポイントシステム:Tポイント

Yahoo! JAPANカードのおすすめ理由

ヤフージャパンが発行する年会費無料でポイント還元率1.0%のクレカ。最大の強みはファミリーマートやツタヤで利用できる“Tポイント”が貯まること。Tカードと一体型のため、ポイントカードとしても使えます。昨年からヤフーショッピングやLOHACOとのサービスとも提携しており、数倍貯まるキャンペーンも魅力の一つ。加えてソフトバングユーザーならポイント数倍のイベントもやっており、今後も目が離せないクレジットカードです。


Yahoo! JAPANカードとnanacoの相性は?

nanacoにチャージする際は国際ブランド「JCB」のみTポイント加算対象のため、カード発行時は注意が必要です。ポイント還元率は変わらずに1.0%と高還元率のため、nanaco専用のクレジットカードとして使用しても活躍するカードになります。

Yahoo! JAPANカードを発行する


【参考記事】Tポイントが貯まるYahoo! JAPANカードについてはこちら▽


nanacoチャージでおすすめのクレジットカード③ 楽天カード

nanacoにおすすめの楽天カード.png


楽天カードの基本情報

  • ポイント還元率:1.0%
  • nanacoチャージ時のポイント還元率:1.0%
  • 年会費:永年無料
  • 国際ブランド:VISA、Master、JCB
    ※JCBのみnanacoのポイント加算対象
  • 海外旅行保険付帯:あり
  • ポイントシステム:楽天ポイント

楽天カードのおすすめ理由

CMを多数うち、認知度で勝負するならトップクラスの楽天カード。年会費無料でポイント還元率1.0%と初めてクレカを持つ人から、複数枚持つ人にも選ばれるカード。貯まった楽天ポイントは楽天市場や、楽天ブックス、楽天トラベルといった、サービスに「1ポイント→1円」で利用できるのが魅力の一つ。ポイントが数倍になる多くのイベントを実施しているため、楽天ユーザーはぜひ持ちたいクレジットカードです。


楽天カードとnanacoの相性は?

Yahoo! JAPANカード同様に国際ブランド「JCB」のみ、ポイント加算対象になっています。nanacoチャージ時もポイント還元率1.0%のため、楽天とチャージ専用のクレジットカードにするのも“アリ”ですね。

楽天カードを発行する


【参考記事】CMでおなじみの楽天カードについて徹底解説します。▽


nanacoチャージでクレジットカードを利用する方法

nanacoチャージでクレジットカードを利用する方法

通常現金をnanacoにチャージをする場合はセブンイレブンにある「セブン銀行ATM」or「お店のレジ」を利用します。残念なことに現金チャージの場合は1ポイントも現金が付きません。但し、クレジットカードからnanacoにチャージをするとクレカのポイントが付きます。簡単なフローを紹介します。


nanacoにクレジットカードでチャージする方法

  • ①nanaco&使用するクレジットカードを発行
  • ②パソコン・スマホのnanaco会員メニューにログインしクレジットカードを事前登録
    ※nanacoカードは入会から10日後にクレジットカードの事前登録ができます。
  • ③nanaco会員メニューよりチャージする金額を選ぶ
  • ④1日後、対象店舗(セブンイレブン)やセブン銀行ATMで残高確認するとnanacoにチャージ金額が反映されます。

nanacoの一回でチャージできる限度額

nanacoのクレジットカードチャージは1回で5,000円〜29,000円までとなっています。1,000円、3,000円だけのチャージができないため、注意が必要です。


nanaco利用で貯まるnanacoポイント

対象店舗でnanacoを利用すると「100円ごとに1ポイント」nanacoポイントが貯まります。クレカと組み合わせるとポイント還元率2.0%以上も目指せます。貯まったnanacoポイントはお得な商品などと交換できます。
※公共料金や社会保険支払い時はnanacoポイントは付きません。


nanacoで社会保険料・税金・公共料金の支払えてポイントも貯まる?

nanacoで公共料金を支払える

会社務めの方は公共料金、自動車税、個人事業主の方は住民税や国民健康保険の支払いの払込用紙が届きコンビニで決済しているため、現金払いのイメージも多いかと思います。上記の払込用紙の支払いはセブンイレブンでnanacoで支払いができます。そのため、公共料金の支払いでも事実上クレカが使え、ポイントが貯まるということになります。


nanacoカードに一回でチャージできる限度額は100,000円?

nanacoカード、nanacoモバイルにチャージできるのは最大50,000円となっています。クレカチャージ時の際、一時的にセンター預かり分として最大50,000円のため、カードにチャージ後さらに50,000円チャージすると一枚で合計100,000円までチャージできます。つまり、払込用紙が100,000円以内であれば、nanaco一枚で決済できてしまいます。


他のnanaco&クレカを持っていればもっと高額な税金を支払える

先程の応用版でnanacoを複数枚持ち、他のnanacoクレジットカードを持っていれば、さらに支払い金額が大きい税金なども支払えます。コンビニ払込用紙は1枚につき25万円以内となっているため、実質nanacoで払込用紙(税金、公共料金)を25万円まで支払いができます。これを1%で計算すると2,500円のポイントになるため、大きなメリットになりますね。

【参考記事】電気やガスの支払いを払込用紙ではなくクレジット払いにするなら、公共料金におすすめのクレカをしてみて


nanaco×クレジットカードで最高のお得ライフを満喫してみて

nanaco×クレジットカードでお得な生活を体験してみて

今回はnanacoチャージにおすすめのクレジットカードを紹介しました。チャージで還元率1.0%になるのは、nanacoを毎日使用する人にとっては大きなメリットになります。また、税金や社会保険料などの支払いにもnanacoが使えるため、nanaco専用のクレジットカードを検討してみてくださいね。

【参考記事】通勤・通学に使用するならPASMOと相性の良いクレジットカードをご紹介▽

【参考記事】ステータスを気にする年頃30代におすすめのクレジットカードを厳選▽

【参考記事】nanacoはもちろん数百枚のクレカを比較して徹底解説▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事