2017年4月2日

To Me CARD Prime(メトロカード)の特典とメリット&デメリットとは

東京メトロが発行している『To Me CARD Prime』について徹底公開。PASMO・定期券・クレカが一枚になったカードのメリットやデメリット、お得な特典まで公開。毎日の乗車で貯まるメトロポイントの貯め方や使い方はもちろん、ソラチカカードやゴールドカードまでレクチャーします。

東急メトロでポイントが貯まる『To Me CARD Prime』について公開

芸能人の石原さとみさんが宣伝をしている『To Me CARD Prime』。東京メトロで利用するとお得になるカードとはどのようなものでしょうか。
そこで今回は『To Me CARD Prime』について徹底解説します。PASMOオートチャージ機能や定期券から、メトロポイントのお得な使い方まで教えします。


To Me CARD Prime の基本情報

To_Me_CARD_Primeの基本情報.png

出典:www.to-me-card.jp

東京メトロで利用できるPASMO機能と一体になっているTo Me CARD Prime。基本情報は以下です。

  • ポイント還元率:0.5%
  • 国際ブランド:VISA、Master、JCB
  • 年会費:2,160円 (初年度無料)
    ※2年目以降、年間50万円以上利用で年会費無料
  • 毎月の締め日:毎月10日
  • 引き落とし日:翌月5日
  • 家族カード:初年度無料
    2年目以降:VISA、Master・・1,080円、JCB・・432円
  • ETCカード:あり(年会費無料)
    発行手数料:VISA、Master・・1,080円、JCB・・0円


年間50万円以上利用すると年会費無料になるクレジットカード。国際ブランドによって家族カードの年会費やETCカードの発行手数料が変化します。また、PASMO利用時はポイントが2種類貯まります(後述で説明)。

To Me CARD Primeを発行する


メトロカードことTo Me CARDのカード種類

To_Me_CARDの種類.png

出典:www.to-me-card.jp

To Me CARDはANAと合同で作成したクレカを含め、大きく3種類あります。

  • 1. To Me CARD Prime
  • 2. ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)
  • 3. To Me CARD ゴールド


To Me CARD PrimeとTo Me CARD ゴールドはPASMOの付帯有無を選べます。PASMOとクレカを一枚ずつ持っている人は一体型がおすすめ。各カードの特徴と特典をご紹介します。


1. To Me CARD Prime

To_Me_CARD_Prime.png

出典:www.to-me-card.jp

一般的に“東京メトロカード”として認知されている「To Me CARD Prime」。基本情報は概要で説明した通り、年会費2,160円(2年目以降50万円以上利用で年会費無料)でポイント還元率0.5%のクレジットカード。PASMOを利用することで、通常のポイントとは別に「メトロポイント」が貯まるお得なクレカ。


2. ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)

ソラチカカード.png

出典:www.to-me-card.jp

ANAと東京メトロが合同で作った「ANA To Me CARD PASMO JCB」。年会費は2,160円(年会費無料)で国際ブランドは「JCB」のみのクレカ。通常ソラチカカードの名で馴染んており、ANAカードとメトロカードの良い所を取り込み“陸”と“空”で使えまる。PASMO一体型のクレカのみです。


ソラチカカードの特典

  • 「メトロポイント → ANAマイル」を「100ポイント→90マイル」で交換可能
  • ANAの飛行機に乗った際にフライトボーナス10%加算
  • PASMOオートチャージ+定期券付帯可能

【参考記事】マイルを貯めている人におすすめのソラチカカードについて徹底解説▽


3. To Me CARD ゴールド

To_Me_CARD_ゴールド.png

出典:www.to-me-card.jp

「To Me CARD Prime」のワンランク上の「To Me CARD ゴールド」。東京メトロ乗車ポイントが数倍に上がるなど多数の特典を揃えています。国内主要空港ラウンジの無料利用など、地下だけでなく空の旅でも使えるクレカになります。


To Me CARD ゴールドの特典 ※一部抜粋

  • 東京メトロ乗車ポイント2倍
  • 利用限度枠UP
  • 国内主要空港ラウンジ無料利用
  • 海外旅行保険UP

To Me CARD Primeの特典やキャンペーンを一挙公開

To Me CARD Primeの特典

東京メトロが発行しているTo Me CARD Primeは、メトロユーザーが得する特典を複数備えています。ついつい欲しくなるような特典を公開。

To Me CARD Primeを発行する


To Me CARD Primeの特典① 東京メトロ乗車で“メトロポイント”がつく

To Me CARD Primeの特典でメトロポイントがつく

PASMO一体型のTo Me CARD Prime PASMOでは、東京メトロ乗車時に“メトロポイント”が付きます。クレカ決済で貯まるポイントとは別に貯まるため、少し得した気分に。カードの種類や平日 or 休日によって付与ポイントが異なります。
※ 定期件の範囲外を利用時のみメトロポイントが付与します。


乗車ポイント一覧

  • ソラチカカード
    → 平日:5ポイント 休日:10ポイント
  • To Me CARD Prime
    → 平日:10ポイント 休日:20ポイント
  • To Me CARD ゴールド
    → 平日:20ポイント 休日:40ポイント

定期件の範囲外になりますが、東京メトロを頻繁に利用する人にとっては嬉しい特典になりますね。 ※事前にインターネット上の「メトロポイントPlus」登録しておく必要があります。


To Me CARD Primeの特典② 定期券購入でメトロポイント付与

To Me CARD Primeの特典で定期券購入するとメトロポイント

PASMO一体型のTo Me CARD Primeの場合は、カード裏面に定期券を搭載でき、定期券を購入した際に1,000円につきメトロポイント5ポイント付きます。カード利用ポイントも付くため、ダブルでお得になります。


To Me CARD Primeの特典③ PASMOオートチャージでもポイントが貯まる

To Me CARD Primeの特典でオートチャージでつく

PASMOの残高が一定の金額を下回ると、改札にタッチした際に予め設定した金額がチャージされる「PASMOオートチャージ」。To Me CARD Primeは自動でチャージすることで通常の還元率と同様に0.5%のポイントが付与されます。便利&お得を楽しめるのサービスですね。


To Me CARD Primeの特典④ 年間の利用金額でボーナスポイント付与

To Me CARD Primeの特典で利用金額でボーナスポイント

To Me CARD Primeは年間の利用金額に応じで、ボーナスポイントが付与されます。ボーナスポイントは“メトロポイント”で加算されます。


  • 年間30万円利用 → 100メトロポイント
  • 年間50万円利用 → 300メトロポイント
  • 年間100万円利用 → 1,000メトロポイント


還元率に換算すると少ないですが、少しでもお得になるのは嬉しい点ですね。


To Me CARD Primeの特典⑤ 優待店で特別割引を受けれる

To Me CARD Primeの特典で優待店で割引

To Me CARD Primeは東京メトロが提携している店舗で優待券やポイント付与といった特典を受けられます。良く通う飲食店などでサービスがあったら、使わない手はありませんね。


メトロカード優待店一覧 ※一部抜粋

  • 新宿メトロ食堂街
    →ワンドリンクや各種サービス
  • 椿山荘、ヒルトン東京、ロイヤルパークホテル
    →対象のレストラン、バー、ラウンジの飲食代10%割引
  • オリックスレンタカー
    →利用金額より5~15%割引。割引チケットプレゼント
  • カレコ・カーシェアリングクラブ
    →入会金無料。入会後2ヶ月間無料。割引チケットプレゼント
  • 東京シティビュー
    大人一般料金200円割引

To Me CARD Primeを発行する


To Me CARD Prime のポイントは2種類?

To Me CARD Primeのポイント

To Me CARD Prime は国際ブランドによってポイントプログラムが変化します。「JCB」を選んだ場合は「Oki Dokiポイント」、「VISA or Master」を選んだ場合は「わくわくポイント」をポイント還元率0.5%で獲得できます。
通常のポイントシステムにプラスして、国際ブランドに関係なく「メトロポイント」も付与するため、一枚で2つのポイントが貯まるお得なカードです。メトロポイントの貯め方は【特典】でご紹介したため、メトロポイントの使い方をご紹介します。


メトロポイントのお得な使い方① PASMOにチャージ

To Me CARD PrimeのポイントをPASMOにチャージする

一番おすすめのポイントの貯め方は「PASMO」にチャージすること。メトロポイント10ポイントからPASMO10円分に交換できるため、少ないポイント数でも失効せずに利用できます。なかなか多額のポイントを貯めるのが難しい方は、PASMOに変更するのが吉ですね。


メトロポイントのお得な使い方② 楽天スーパーポイントに交換

To Me CARD Primeのポイントを楽天スーパーポイントに交換する

楽天が運営している「楽天スーパーポイント」に「500ポイント→500ポイント」で交換できます。楽天市場を良く利用している肩や楽天カードユーザーはぜひ、交換してみてくださいね。

【参考記事】楽天ポイントが貯まる楽天カードについてご紹介します▽


メトロポイントのお得な使い方③ ANAマイルに交換する

To Me CARD PrimeのポイントをANAマイルに交換する

ANAマイラーなら文句なしでANAマイルに交換するのをおすすめ。「1000ポイント→600マイル」に交換できるため、通常のカードのポイント還元率よりも高いです。ソラチカカードの場合は「100ポイント→900マイル」となるため、マイルを貯めるならソラチカカードがおすすめ。

To Me CARD Primeを発行する


To Me CARD Primeの3つのメリット

To Me CARD Primeのメリット

これまでのおさらいを含め、To Me CARD Primeのメリットを3つ紹介。


① PASMO・定期・クレカと一枚で3役

クレジットカードやPASMOを別々に持っていると、財布が分厚くなります。しかし、To Me CARD Primeは一枚で定期券もPASMOも使えるため、通勤・通学をメインに考えている方には大きなメリットです。


② ポイントが2種類貯まる

To Me CARD Primeは通常のポイントにプラスして“メトロポイント”が貯まります。メトロポイントは東京メトロ乗車時にポイントが貯まるのは地味に嬉しいですね。


③ 東京メトロユーザーに嬉しい乗車ポイント

定期券の範囲外にはなりますが、普段使用している電車に乗るだけでポイントが貯まり、通常のポイントと一緒に使えるのは大きなメリット。


To Me CARD Primeのデメリット

To Me CARD Primeの・デメリット

とてもPASMO一体型で便利なTo Me CARD Primですが、少し残念なデメリットがあります。


① 東京メトロユーザーでないとメリット半減

東京メトロユーザーは、電車に乗るだけでメトロポイントが加算されますが、東京メトロを使わないと、ポイントが付きにくいためメリットは半減します。


② 通常のポイント還元率が0.5%と少し低め

年会費無料でポイント還元率1.0%のクレカが多く存在する中で、通常のポイント還元率が0.5%は少し残念な点。メトロポイントを上手に活用すると合計還元率1.0%になるため、積極的にPASMOを使用しましょう。


③ 年会費が“有料”

年会費無料のカードが多い中で、To Me CARD Primeは年会費2,160円かかります。年間利用金額が50万円以上使うと年会費無料になるため、50万円使わない人には少しデメリットになりますね。


東京メトロをお得に使える。To Me CARD Primeの申込み方法は?

To Me CARD Primeの申し込み方法

To Me CARD Primeはインターネット申し込みができ、必要事項を記入するだけです。審査期間は長くても1~2週間程。審査が終了すると1~2週間で自宅に届きます。


To Me CARD Primeの入会条件は?学生・主婦も作れるの?

東京メトロでは以下のような入会条件を出しています。
- 原則として18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方
※また高校生を除く18歳以上で学生の方


安定収入があれば学生でも作れ 、主婦の方でも配偶者に安定収入があれば、To Me CARD Primeが作れます。カードを作ってお得な機能を使い切ってみて。

To Me CARD Primeを発行する


海外では使えるの? To Me CARD Primeの海外旅行保険の補償内容は

To Me CARD Primeの海外旅行保険

クレジットカードに付帯している海外旅行保険サービスは、カードの持ち主の怪我や、持ち物の盗難、事故発生時などに、クレジットカード会社がかかる費用(の一部)を負担してくれる嬉しいサービスです。旅行に行く前に別途保険に入る必要がありますが、クレカについている補償内容が充分なら、そのまま海外旅行を楽しめます。To Me CARD Primeは「VISA、Master」は海外旅行保険が付帯し、「JCB」は付帯しません


To Me CARD Primeの海外旅行保険の内容

  • 傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
  • 傷害治療:100万円(1回のケガにつき)
  • 疾病治療:100万円(1回病気につき)
  • 賠償責任:2,000円(1回の事故につき)
  • 携行品損害:1旅行につき最高20万円
  • 救援費用:100万円(保険期間中)


To Me CARD Primeは“利用付帯”のため、旅行代金やツアーの一部を支払って初めて保険が適用されます。逆に何も支払わないと補償がうけられないため注意が必要。


To Me CARD Primeの海外旅行保険は、平均的なカードに比べて低い水準です。海外旅行保険が充実しているサブカードを利用するのをおすすめします。

【参考記事】年会費無料で海外旅行保険が付帯しているクレジットカードをご紹介▽


普段の生活を格上げする東京メトロカードを利用してみて

To Me CARD Primeを上手に使ってみて

今回は東京メトロユーザーなら必ず持ってもらいたい「To Me CARD Prime」を紹介しました。通常のポイントとは別にメトロポイントが付いたり、PASMOも付いているとてもお得なカードでしたね。PASMO一体型のクレカを探しているなら、To Me CARD Primeをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

To Me CARD Primeを発行する


【参考記事】30代におすすめのクレジットカードを厳選しました▽

【参考記事】毎月の固定費公共料金におすすめのクレジットカードを厳選しました。▽

【参考記事】かっこいいデザインのクレジットカードに迫ります。▽

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。