2017年3月6日

JCBゴールド ザ・プレミアの特典とメリット&デメリットに迫る

JCBオリジナルシリーズの中でも特別な「JCBゴールド ザ・プレミア」について徹底解説。年会費の基本情報はもちろん、多数の特典やメリット&デメリットをご紹介。海外旅行保険やプライオリティパスなどのラウンジの利用や、JCBゴールドカードやJCBザ・クラスカードまで公開します。

JCBゴールド ザ・プレミアについて徹底解説

JCBゴールド ザ・プレミアとは

JCBオリジナルシリーズのカードをお持ちの方でも謎が多い「JCBゴールド ザ・プレミア」。JCBゴールドカードを持っている人でも、特定の条件を満たした人のみ持てるクレジットカードはどのようなものでしょうか。
そこで今回はJCBゴールド ザ・プレミアの特典からメリット&デメリットまでご紹介します。選ばれた人しか持てないカードの実態に迫ります。


まず。JCBゴールド ザ・プレミアの基本情報から

JCBゴールド_ザ_プレミア.png

出典:www.jcb-originalseries.jp

JCBゴールドカードを利用していると招待される「JCBゴールド ザ・プレミア」基本情報は以下のようになっています。

  • ポイント還元率:0.5%
    ※但し、1年目は前年度100万円以上利用しているため最低還元率0.8%スタート
  • 国際ブランド:JCB
  • 年会費:10,800円 + 5,400円(初年度無料、2年目以降年間100万円以上で無料)
  • カード締め日:毎月15日
  • カードの引き落とし日:翌月10日
  • 家族カード:あり
  • ETCカード:あり(年会費無料)
  • 発行元:株式会社ジェーシービー



多数の項目はJCBゴールドカードと同じですが、年会費のみ+5,400円となります。但し、昨年の利用額(前々年12/16~前年12/15)が100万円以上の場合は、JCBゴールドと同じ年会費で利用できるのは大きな魅力ですね。

【参考記事】JCBオリジナルシリーズを復習したい方はこちら▽


JCBゴールド ザ・プレミアのデザインとは

JCBゴールド_ザ_プレミアのデザイン.png

出典:www.jcb.co.jp

JCBオリジナルシリーズの一般カードからJCBゴールドまで一貫したデザインは「JCBゴールド ザ・プレミア」でもそのまま受け継がれています。著名デザイナーである服部一成さんを起用し、日本から世界に広がるJCBネットワークを表現。
ザ・プレミアの場合は、券面全体が黒色で、JCBオリジナルシリーズの家紋が金色に輝く上質なデザインです。今までとは違い、ミッキーマウスのデザインはありませんが、大人のゴールドカードの雰囲気が付随するカードと言っても過言ではありませんね。

【参考記事】デザイン重視でクレジットカードを見るならこちら▽


そもそも、JCBゴールド ザ・プレミアの作り方や招待の条件は

JCBゴールド ザ・プレミアの条件と作り方

JCBゴールドカードの特別招待で作れる「JCBゴールド ザ・プレミア」は自分から申し込みができず、完全招待制になります。JCBカードで必要事項が明確に公開されており、以下の2つの条件を満たすことが必須です。


① JCBゴールドカードの年間利用金額が2年連続100万円以上利用

JCBが定めた集計期間で2年連続100万円以上JCBゴールドカードを利用する必要があります。JCB一般カードやJCB GOLD EXTAGEで上記条件を満たしても招待されないため注意が必要です。
※ 集計期間は12/16~翌年12/15となります。


② 会員専用WebサービスMyJCB(マイジェーシービー)にメールアドレスを登録

「JCBゴールド ザ・プレミア」の招待は①の条件を達成した方を対象に毎年2月中旬にメールで届きます。そのため、メールアドレスを登録していない限り、招待が届きません。


選ばれた人しか持てないクレジットカードと言われる意味がわかりましたね。ただJCBゴールドカードを持っているだけでなく、一定以上の利用をするということが大切です。

JCBゴールドカードを発行


JCBゴールド ザ・プレミアの特典とは

JCBゴールド ザ・プレミアの特典

気になるJCBゴールド ザ・プレミアの今までのJCBゴールドカードの特典をそのまま使え、新たに5つの特典が付与されます。


JCBゴールドカードの特典一覧 ※一部抜粋

  • 国内主要空港に加え、ハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジが利用可能
  • ゴールド会員専用デスク利用可能
  • 対象の飲食店で割引を受けられる「JCBゴールド グルメ優待サービス」
  • 専門家にお金の相談ができる「JCB暮らしのお金ダイヤル」

【参考記事】JCBゴールドカードの特典が気になる方は以下記事を参照してくださいね▽


それでは、新たな特典を5つご紹介します。


JCBゴールド ザ・プレミアの特典① プライオリティパスが無料利用

JCBゴールド ザ・プレミアの特典でプライオリティパス

JCBゴールドカードの場合は、カード提示で国内の空港ラウンジは使えますが、「プライオリティパス」なら世界約130の国や地域、約1,000ヶ所の空港ラウンジが使用可能に。年会費399ドルが無料で登録できるため、海外旅行に良く行く方などは作る価値“アリ”です。


JCBゴールド ザ・プレミアの特典② 「JCBプレミアムステイプラン」で厳選されたホテルを堪能

JCBゴールド ザ・プレミアの特典でJCBプレミアムステイプラン

全国のトップクラスのホテルや旅館が特別価格で堪能できる嬉しい特典です。ホテルから特別待遇として宿泊割引はもちろん、フリードリンクやレイトチェックアウトもついたりと、お得なことが満載です。
例えば、マンダリンオリエンタル東京や加賀屋など、一流ホテル&旅館が利用できます。


JCBゴールド ザ・プレミアの特典③ 「ダイニング30」で飲食店の割引きを受けられる

JCBゴールド ザ・プレミアの特典でダイニング30

JCBゴールドの「JCBゴールド グルメ優待サービス」を凌駕するのが「ダイニング30」です。対象の店舗でチケット提示&JCBゴールド ザ・プレミアで決済をすると、飲食代金が30%OFFになるというものです。一人だけが対象ではなく3,4人でも大丈夫なため、大人数で行くと更にお得になりますね。


JCBゴールド ザ・プレミアの特典④「JCB Lounge 京都」の利用可能に

JCBゴールド ザ・プレミアの特典でJCBラウンジ京都

JCBゴールドカードとの違いが大きいとも言える。 空港ラウンジ以外にもJR京都駅ビル内にある「JCB Lounge 京都」を利用できます。ラウンジは劇団四季の入り口の近くにあり、そこまで混んでいない印象です。
ソフトドリンク無料やガイドブックの閲覧、ソファーで一休みできます。JCB上級会員だからこそできる至福のサービスに。


JCBゴールド ザ・プレミアの特典⑤ Oki Dokiポイントが新たな優遇条件に

JCBゴールド ザ・プレミアの特典でokidokipoint

JCBオリジナルシリーズでは、クレカ決済をすると「Oki Dokiポイント」が付与されます。前年の利用金額により「JCB STAR MEMBER」のランクが確定し、ポイント還元率が変化します。「JCBゴールド ザ・プレミア」の場合は通常よりも+0.05%優遇されます。


ポイント還元率 JCB一般カード、JCBゴールドカード

  • スター e PLUS(年間30万円以上):0.55%
  • スター β PLUS(年間50万円以上):0.60%
  • スター α PLUS(年間100万円以上):0.75%
  • ロイヤルα PLUS(年間300万円以上):0.80% ※一般カードは除く

ポイント還元率 JCBゴールド ザ・プレミア、JCB ザ・クラス

  • スター e PLUS(年間30万円以上):0.60%
  • スター β PLUS(年間50万円以上):0.65%
  • スター α PLUS(年間100万円以上):0.80%
  • ロイヤルα PLUS(年間300万円以上):0.85% ※一般カードは除く

以上のようになります。JCBゴールドカードからザ・プレミアに切り替えた年は前年100万円以上は必須条件のため、「スター α PLUS」からランクが始まるのは大きなメリットですね。


招待がきたら入会したい、JCBゴールド ザ・プレミアの3つのメリット

JCBゴールド ザ・プレミアのメリット

インビテーションがきたからこそ、悩んでいる人の背中を後押しするようなメリットを3つ紹介します。


① 年会費は実質JCBゴールドカードと一緒

JCBゴールド ザ・プレミアは年会費10,800円とサービス料金5,400円ですが、2年目以降は前年100万円以上利用しているとサービス料が無料になるため、JCBゴールドカードと同じ年会費10,800円となります。お得な特典が“ただ”でつくと考えると作らない理由はありませんね。


② プライオリティパスが無料登録できる

海外の空港ラウンジに入れる「プライオリティパス」(年会費399米ドル)が、無料特典としてつくのは、海外旅行する人にとっては大きなメリットですね。


ステータス性が高いクレジットカード

国際ブランド「JCB」が発行しているプロパーカードのため、通常のカードよりも一定のステータスが保証されています。JCBゴールドカードのアップグレード版のザ・プレミアは、ステータスを気にする人でも恥ずかしくないクレジットカードに。

【参考記事】ステータスが気になる30代におすすめのクレジットカードを厳選▽


ちょっとした懸念点も。JCBゴールド ザ・プレミアの3つのデメリット

JCBゴールド ザ・プレミアのデメリット

メリットがあればデメリットもあります。ちょっと微妙かもと思うデメリットを3つ上げました。


① サービス料が5,400円かかる

メリットでも紹介しましたが、前年の利用金額が100万円に満たない場合は、サービス料が5,400円支払う必要があります。5,400円でも充分なサービスですが、これ以上年会費をかけたくない方はデメリットになりますね。


② ポイント還元率が最大0.85%

【JCBゴールド ザ・プレミアの特典⑤】でお伝えしましたが、「ロイヤルα PLUS」メンバーになってもポイント還元率は0.85%です。最近は還元率1%のクレカが多くあるため、ポイント重視の方にはデメリットです。

【参考記事】年会費無料でポイント還元率の高いクレジットカードを厳選▽


③ 国際ブランドが「JCB」のみ

JCBオリジナルシリーズの宿命ですが、国際ブランドが「JCB」だけです。海外旅行先で「VISA」「Master」を使用したい方には、デメリットかもしれません。


JCBゴールド ザ・プレミアからJCBザ・クラスへ

JCBザ_クラスカード.png

出典:www.jcb.co.jp

JCBオリジナルシリーズの最上位のクレジットカードに年会費54,000円のJCB THE CLASS(JCBザ・クラス)。JCBゴールドカード or JCBゴールド ザ・プレミアを数年間・一定金額利用すると、インビテーションがくる特別なクレカです。クレジットカード業界の中でも数枚だけの“ブラックカード”の位置付けです。


JCBザ・クラスの招待条件

  • 非公表

JCBザ・クラスの特典(一部抜粋)

  • 毎年2万円分以上の「メンバーズセレクション」のプレゼント
  • ディズニーランド・ディズニーシー内にあるVIPラウンジ利用可能
  • ザ・クラス・コンシェルジュデスクの利用可能

最上位のカードとなると365日24時間対応している「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」では、ブラックカードならではの特権。社会的地位や年収などの審査項目に入っているとの噂のため、一部の限られた人しか手に入らないクレジットカードです。JCBゴールド ザ・プレミアを持ったら、JCBザ・クラスまで目指してみるのもいいかもしれませんね。

【参考記事】JCBブラックカードのJCBザ・クラスについて徹底解説します▽


JCBゴールド ザ・プレミア の海外旅行保険の内容は

JCBゴールド ザ・プレミアの海外旅行保険

クレジットカードに付帯している海外旅行保険サービスは、カード保有者が万が一の事故や、持ち物の盗難や損害、緊急入院などにかかる費用(一部)を補償してくれる嬉しいサービス。JCBゴールド ザ・プレミアは補償内容はどうでしょうか。


JCBゴールド ザ・プレミアの海外旅行保険の基本情報

  • 傷害死亡・後遺障害:最高1億円
  • 傷害治療:300万円(1回のケガにつき)
  • 疾病治療:300万円(1回の病気につき)
  • 賠償責任:1億円(1回の事故につき)
  • 携行品損害:100万円(会員期間通算で)、50万円(1旅行中につき)
  • 救援費用:400万円(1旅行中につき)

JCBゴールド ザ・プレミアの海外旅行保険適用条件は“自動付帯”

JCBゴールドカード同様にJCBゴールド ザ・プレミアも保険適用は“自動付帯”のため、海外旅行先でクレジットカードを利用しなくても、上記のサービスがうけられます。遂行品損害など、嬉しいサービスの一つですね。

【参考記事】JCBカードのセカンドカードとしてもちたい海外旅行保険が充実しているクレカに迫ります▽


JCBゴールド ザ・プレミア×ApplePay

JCBゴールド_ザ_プレミアでApplePay.png

出典:www.jcb.co.jp

2016年9月にAppeより発表された「Apple Pay」。対象端末であるiPhone7 / iPhone7 plus / Apple Watch Series 2にクレジットカードを登録し、店舗でiPhoneやAppleWatchをかざすだけで、決済ができる革新的な技術。通販やアプリ、Suicaなどにも利用でき、汎用性抜群のアイテムに。今回はApple Payに対応しているJCBゴールド ザ・プレミアについてご紹介します。


対応している店舗は?

JCBゴールド ザ・プレミアを含めたJCBオリジナルシリーズは電子マネーQUICPayに対応しているため、全国のQUICPay加盟店でApplePayが利用できます。
Apple Payに対応したネットショッピングでも使用でき、Suicaへのチャージも対応しています。

【参考記事】ApplePayに対応しているクレジットカードを一挙公開▽


ワンランク上のゴールドカード「JCBゴールド ザ・プレミア」を使ってみて

ワンランク上のゴールドカード「JCBゴールド ザ・プレミア」

今回は「JCBゴールド ザ・プレミア」についてご紹介しました。通常のゴールドカードよりも様々な点で優れているクレカに。持ったら得するカードだからこそ、JCBゴールドカードから利用金額を積み上げて、「JCBゴールド ザ・プレミア」を手にいれてみてくださいね。

JCBゴールドカードを発行

【参考記事】ステータスで選んだクレジットカードをチェックしてみて▽

【参考記事】価値ある人気クレカ。ゴールドカードについて徹底レクチャーします▽

【参考記事】20代におすすめのクレジットカードに迫ります▽

Smartlog(スマートログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!

男を磨き、人生を遊ぶ。
かっこよく、挑戦的であり続けたい現代の男性たちが
自分を楽しんで生きる情報と出会う場所が、Smartlogです。